searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール PROFILE

シゲさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
借金の履歴書
ブログURL
http://rirekisyo.blog.jp
ブログ紹介文
平成の始め頃からの自分の借金の記録です。
更新頻度(1年)

3回 / 40日(平均0.5回/週)

ブログ村参加:2020/02/23

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、シゲさんの読者になりませんか?

ハンドル名
シゲさん
ブログタイトル
借金の履歴書
更新頻度
3回 / 40日(平均0.5回/週)
読者になる
借金の履歴書

シゲさんの新着記事

1件〜30件

  • その100。コンビニ戦争勃発!

    家のすぐ近くに国道の大きな十字路がある。いつの間にかその四角全部にコンビニが出来ていた。そんなに大きな町じゃないのだけどいつの間にかそうなっていた。その当時、地元の新聞の一面にコンビニ戦争勃発!って記事が掲載された位珍しかったんだろう。俺的にはコンビ

  • その99。返済だけは忘れない。

    借金をしていて大変な事は返済をするって事は忘れないって事だろうけど大切な事はもう一つ。身内とかにはバレたらいけないって事だろう。本当は見つかってしまった方が楽なのかもだけど。だから借金の延滞だけには気を付けていた。給料日の少し後に返済日が来るようにサ

  • その98。頭の中を整理してみています。

    休んでいる間が長かったので少し頭の中を整理してみていました。借金している間は誰にも内緒。だから経過なんかはメモをする事も全然ありません。サラ金と契約した時の契約書も帰りにコンビニのゴミ箱なんかに捨てていました。返済があるから持ち帰るのはカードだけ。

  • その98。再開します。

    体調が悪かったりしていたのでブログを休んでいました。少しづつ再開したいと思います。よろしくお願いします。にほんブログ村

  • その96。多分ここが踏ん張り所。

    相変わらず借金を抱えたまま残高が減ることはなかった。武富士とプロミスに各50万円づつとアコムに30万円。返してはまた借りての繰り返し。毎月利息だけ払っていたような感じになっている。普通に働けているのにお金はいつも持っていない。車も古くなって来ているし、そ

  • その95。今、俺は自由の身。

    結局、彼女と別れて俺は自由になった。仕事している時以外は好きな事が出来る。自由な時間ばかりだ。だから暇さえ合ったらパチンコ店に足を運ぶ。勝ってお金を得る為にだ。打つ時間は沢山あるけれど借金持ち。お金が続かなくなるのは当然の事。この頃はサラ金に5万

  • その94。ん?ドニーチョ?

    初めてのケイタイの契約。せっかくだからお店の中にいた自分の中では1番可愛く見えた店員のお姉さんに声を掛けた。そんなに選べるほど機種はなかったから人気がありますよって言われたのを選んだ。そんなに本体価格に差はなかったから。次に月額契約の説明が。どうや

  • その93。便利な道具。続き。

    ケイタイを初めて契約した時の事を思い出したので書いてみます。それは確か冬のボーナスを貰った後だったと思う。思うと言うかまとまったお金をもっていたのはそんな時くらいだからそうだろう。一緒に働いていた会社の人にそろそろケイタイはどうだ?って誘われたん

  • その92。厄介だけど便利な道具。

    多分ハッキリといつだったって事は覚えていない。ちょうど彼女と別れた辺りに携帯電話を購入したんだ。俺が持ったのは遅い方だったと思う。今だとスマホとか持っていない人を探す方が大変だろうけど。携帯電話が出た当初は基本料金や通話料が高いからそんなに普及は

  • その91。行き着く先はただ一つ。

    一人になった俺は仕事をしてる時以外は時間が沢山ある。好きなだけパチンコを打てる!軍資金が続く限りだけど。目的は勝って少しでも借金を減らす為に。この頃、本当にパチンコが好きだったか?って聞かれたら良く分からないんだ。でもお金を作る為には勝たなくちゃだっ

  • その90。新しい自分が始まる気がしている。

    サオリと別れて一人になった。一緒にいる頃はウザいなって思った時もあったけど、やっぱりいつも隣りにいてくれてた人が居なくなったのは寂しかった。でもそれも最初の2、3日だけ。これからは何をするにも誰にも邪魔される事はない。好きな事を好きなだけ出来る!そう思

  • その89。もう終わりにしましょう。

    ある日突然、当時付き合っていたサオリに話しがあるからと呼び出された。そしてもう関係は終わりにしたいと言われた。言われた時に一応悲しい振りはしてみたけど。どっかでそう言われるのを待っていたのかもだ。正直飽きていたと言うか、やっぱり女性だから結婚もしたい

  • その88。何もかも中途半端。

    当時付き合っていたサオリとはケンカしたりしながらも関係は続いていた。飽きて来たと言うか、借金の事以外にもまだ結婚はしたくないかな?って思っていたからだけど。きっと結婚しちゃったら好きな事して遊ぶなんて出来なくなるだろう。いつまでも自分に甘いままだった

  • その87。ケンカをする事が多くなった。

    パチンコばかり打ってたり、飲みに出たりばかりだったからだろう。当時付き合っていたサオリとケンカをする事が多くなった。行けば勝っていたりしたからサオリの事なんか、ほっといたんだ。だから俺が悪いのだろうけど。やはり周りが少しづつ結婚をしているのに俺か

  • その86。平穏な日々が続く。

    本当だったら借金が増えてしまったから焦るはず。でもその時の俺は少し違っていた。少しの間だけどパチンコの調子が良かったからだ。あまり負けないんだ。パチンコ台に向かうと勝つんだからやはり打ちに行きますよね?何度目かの天下を取った気分でいましたよ!行けば勝

  • その85。何故か始めは調子が良い。

    お金を手にした俺はまずおばあちゃんの所に向かった。5万円を渡す為だ。やはりと言うか最初は受け取ろうとしなかった。だけど俺が小さい頃からかなり世話になっている。これで温泉に行くとか、何か美味しいモノでも食べに行ってきなってやっと説き伏せた。折れたのか受け取っ

  • その84。初めてのアコム!

    結局また借りようと思った俺は隣りの町に向かった。自分が住んでいる所には無人契約機がなかったのと、入って行く所を誰か知っている人に見られたく無かったからだ。アコムの入り口はかなり目立つ所にあったんだけど、見られた所で俺の事を知っている人なんていないだろ

  • その83。迷いは完全に消えていた。

    迷ったんだけど結局はむじんくんの扉を開ける事に決めた。おばあちゃんに渡したい5万円。それともしかしたらだ。それ以上貸してくれたらパチンコに行ける軍資金も増える!その事しか頭の中には無くなっていた。まだ俺の住んでいる町には無人契約機はなかった。だから夜勤

カテゴリー一覧
商用