searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール PROFILE

稜威さんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
答えを持たない、質問者
ブログURL
https://kotaeganai.hatenablog.jp/
ブログ紹介文
答えを求める生き方をやめる。
更新頻度(1年)

4回 / 105日(平均0.3回/週)

ブログ村参加:2020/02/22

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、稜威さんの読者になりませんか?

ハンドル名
稜威さん
ブログタイトル
答えを持たない、質問者
更新頻度
4回 / 105日(平均0.3回/週)
読者になる
答えを持たない、質問者

稜威さんの新着記事

1件〜30件

  • なぜ、過去から現代までエネルギーは渦なのか

    この世界には渦がエネルギーの源として重要なものとして存在しています。 代表的なものでしたら、台風。これは左回り。 植物も左回りに渦を巻いているものがあります。 時間は、渦では無いですが、回転しています。これは右回り。 過去の宗教、密教を含み歴史上の紋章や記号には渦がかなりたくさん登場します。 そこで。 |本日の問い| ”なぜ、過去から現代までエネルギーは渦なのか” 答えをもたない、質問者 より

  • なぜ、人は言葉を操れるのか

    この世界に絶対と言い切れることは少ないのですが、例外をのぞいて人間の知能指数にかかわらず、必ずできることがあるとすれば、それは言語でしょう。 時間をかければ、必ず話せるようになると証明されているようなものです。 しかも、学習という感覚もなく1年から2年ほど経ったある日、幼児は突如言葉を発します。 脳の学習プロセスや環境要因説、色々と後付けによって説明されていますが、本当のところなぜなのか。 これが本日の問いです。 |本日の問い| ”なぜ、ある地域で生まれたこどもは、その地域の言葉を話せるようになるのか” 答えをもたない、質問者 より

  • 知っていることと記憶、生命の情報

    DNA・遺伝子。 私たちの理性では捉えることのできない生命の情報があります。 これは、私たちが生を受け様々な情報を浴びながら自らが学習して蓄積した記憶や体験ではなく普遍の法則が含まれています。 しかし、理性は普遍の法則よりも自らが後付けで蓄積した情報や体験を真実として信じる傾向にあります。これは脳の働きか脳の特性なのかもしれません。 そして言葉を手にした私たちは、二つの能力を手に入れます。 一つ目は、人に情報を伝達できる。 二つ目は、自らに情報を落とし込む。 言葉によって可能になったわけです。 しかし言葉によって自らを縛り付けていると捉えることもできます。 |本日の問い| ”言葉が存在しない過…

  • これは真実であると語る時の根拠は何か

    これは本当の話です。 これは真実である。 医学的なエビデンス。 実験による結果。 このような文言が並ぶと、私たちの脳はそれが真実であるかのように錯覚してしまいます。 しかし、真実とはなんでしょうか。 実験の結果、人間の体はこうであると研究者が言ったところで、それが本当に身体の中で行われている結果と一致するのかどうかは疑問であるわけです。 簡単に考えれば、実験は体内以外で行われている化学実験です。 もっと人間の身体は神秘に満ちていると思うわけです。 |本日の問い| ”なぜ、真実という言葉が生まれたのか” 答えをもたない、質問者 より

  • なぜ、体温は36度が平熱なのか

    体温が36度であることは周知の事実です。 しかし、どのようなメカニズムで体温が36度になっているのか。そしてその理由についてはわかっていないことばかりです。 世間一般では、36度が身体の免疫のために有効だと、一旦の答えを出しているようですが、本当の意味で、なぜ体内は36度なのか。 |本日の問い| ”なぜ、体温は平熱で36度なのか” 答えを持たない、質問者 より

  • 信念は時に、自らに刃を向ける

    答えを探すことをやめる。 私たち人間にこれから必要なことだを思いこのブログを立ち上げました。 |なぜ? は人類を進歩させるのに必要。しかし諸刃である| 全ての物事に答えがあると信じること。それは信念として私たちの中に深く刻み込まれています。 私たちは物心がついた頃から、両親に答えを探すように求められ、学校では答えを間違えぬように求められ、社会に出てからは答えを探す為の努力が求められます。 果たして、私たちに「答え」は必要なのでしょうか。 この、答えのない問を淡々と綴っていきます。 私たちは、知りたいとの欲求から知識を追い求めますが、全てのことを私たちは知っているようで本当は何も知らないのと思う…

カテゴリー一覧
商用