searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール PROFILE

トラルさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
Toon and Thought
ブログURL
https://toonandthought.hatenablog.com/
ブログ紹介文
日日是好日
更新頻度(1年)

18回 / 105日(平均1.2回/週)

ブログ村参加:2020/02/17

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、トラルさんの読者になりませんか?

ハンドル名
トラルさん
ブログタイトル
Toon and Thought
更新頻度
18回 / 105日(平均1.2回/週)
読者になる
Toon and Thought

トラルさんの新着記事

1件〜30件

  • 無為自然

    やる気が出ない時、無理やりやる気を出そうとするのは僕には合っていないようだ。 そんな時はむしろ徹底的に何もせずダラダラする方が好きだ。仕事なら軽めの仕事を進めたり、書類の整理をしたりする。 趣味ならそういう時何もしない。だって趣味なのだから。人間常に100%の力を出し続けることは無理だ。 時には10%、20%となることもあるだろうし、それが数日、数週間続くこともあるだろう。そういう時、自分の気持ちに正直にならずに頑張りすぎると、後で反動が来てしまう。 張り詰めた糸は切れやすい。無為自然という言葉があるように、 作為をせず、足の向くまま気の向くまま、道に従ってあるがまま生きていきたい。 自分の人…

  • 平和の祭典は混乱を巻き起こす

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200320-00000027-asahi-spoこういう発言をする山下会長が極めて残念だ。・異なる意見を抑圧する点 ・抑圧する理由が、みんな頑張っているのに水を差すなという精神論でしかない点 ・自らがアスリートであったにもかかわらず、世界各国のアスリートたちが現在置かれている苦境に全く配慮しているように思えない点 ・延期や中止がほとんど検討されていない点 ・開催したいのであればメリットや問題点、問題点に対する解決策を提示した上で説明し、理解を得る責任があるにもかかわらず、開催ありきで突き進んでいる点 などなど、数え上げ…

  • 人生観なんてそう簡単に変わらない

    日本一有名なワニが死んだらしい。https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200320-00000210-spnannex-ent読んだことがないので詳しい内容は知らないが、 このワニは100日後に死ぬと決まっていて、 今日がその100日目だったのだとか。このワニが、自分が100日後に死ぬことを知っているという前提で100日間を過ごしていたのかどうかは知らない。 だが、ネット上のリアクションを読むに、 おそらく自分が死ぬことは知らないという設定の下、突然死がやってきたのだろう。これだけの反響があったということは作風や設定、絵柄などの面できっと素晴らしいものがあっ…

  • FIRE

    仕事で辛いことがあるたびに仕事を辞めてしまいたいと考える。でも、僕は多分仕事がない生活は1年も耐えられないと思っている。僕は諸事情によりしばらく無職だった時期がある。 (しばらくと言っても3ヶ月程度だが) 一度仕事を辞めたからだ。仕事を辞めることが決まった時、 それまでの悩みはどこ吹く風、 人生は何て素晴らしいのだろうと思った。 透明な檻から解放されたようだった。仕事を辞めて1週間は、 自分が無職であることに興奮していた。 24時間全てが自分のために使えて、 寝たい時に寝て、 遊びたい時に遊んで、 食べたい時に食べればいいからだ。 そしてまた、無職を機にやりたいことをリストアップしていた。退職…

  • 利他

    幸い、生まれてから今まで、 周囲の人たちのおかげで幸せな人生を送ることができてきたし、今も継続して幸せだと思っている。屋根のある住処があり、 毎日食事をすることができ、 清潔な衣服を着ることができる。また、小中高大と気の向くままに学び・遊び・欲しいものも頑張れば買うことができた。 それはとても幸せなことで感謝もしているのだが、 そういった自分のためだけの幸せというのに限界を感じている。特に、お金を費やせば手に入れられるモノ、 車・腕時計・革小物・御馳走…なんかはどれだけいいモノを買っても1日でその満足感は消えてしまうだろう。経済学には「限界効用逓減の法則」なんて概念があるように、 物欲や食欲を…

  • 歴史を繰り返してはいけない

    コロナウイルスによる急激な経営悪化からか、 内定取り消しとなった学生が出てきたらしい。就職なんて生まれた時代に大きく左右される。 同じ能力を持った学生でも、 一方は大手企業に就職できたのに、 もう一方は非正規にしかなれなかったということなんてザラにある。戦争、氷河期、リーマン、震災… これに限らず、急激な技術革新で一気に人が不要になったということもあるだろう。さて、コロナにより急激に環境が変化したが、 しっかりした企業に内定をもらい、 4月から予定通り働くことができる人も少なくない。 彼・彼女らに対して、喜びすぎるな、とか謙遜しろとか言うつもりはない。 でも、世の中には自分の力ではどうにもなら…

  • それは希望の光か、それとも風前の灯か

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200312-00000139-kyodonews-spoオリンピックの聖火リレーが始まったそうだ。コロナウイルスにより多くの商業活動がストップしている中、 4年に1度の大イベントであるオリンピックの開催を心待ちにしている人もいると思う。僕はチケットを買っていないので分からないが、 チケットが当選した人、特に見たい競技や席が当たった人は、 オリンピックを楽しみにしていただろう。またそうでない人でも、 自国でのオリンピック開催をリアルタイムで見れるということで、他国開催とはまた違った喜びを感じていた人もいると思う。そして特…

  • 田舎の足

    車なんて本当は乗りたくない。 けれども、都会に住んでいれば別だが、 僕が住んでいるのは地方なので、やはり車はないと不便だ。1番大きい路線でさえ1時間に1本しか電車はこない。 いわんやバスをや。 そして最寄り駅まで徒歩1時間なんてザラだ。職場が一生変わらず、かつ、職場のすぐ近くに住居をかまえることができること。 徒歩圏内にスーパーやドラッグストアが揃っており、かつ、それが永遠に存在すること。 子供がいないこと。 外出頻度が少ないこと。 珍しい目で見られることが気にならないこと。これらの条件を満たせば、公共交通機関が十分に発達していない地方でも車はいらないかもしれない。 が、一つめと二つめは正直無…

  • 運が良かっただけ

    「頑張れば報われる」 ほとんどの人は学校でそう教わってきたわけで、 現在「自分は成功している」「勝ち組だ」と思っている人の多くは、今の自分があるのは自分の頑張りのおかげだと思っている節がある。 そして、そういう人の多くが、いわゆる「勝ち組」ではない人、もしくは転落していった人を「自己責任」と片付け、自分とほんの一部の周囲の人々の利益のためだけにその努力を向けているように思える。さて、ここ数年で読んだ文章で最も感銘を受けたものの一つが、上野千鶴子氏の東京大学入学式での祝辞だ。https://www.u-tokyo.ac.jp/ja/about/president/b_message31_03.h…

  • 楽しいはずなのに

    パートナーと笑い合う時 友達と遊ぶ時 旅行に行く時 趣味に没頭する時日々様々な楽しい瞬間があって、 それを本当に幸せで恵まれていることなのだと思っている。だけれども、 それが終わったあとの悲しさ、 祭りの後のような寂しさが日に日に強くなってくる。自分は落ち着いた生活が好きで、 どちらかと言うと1人でじっとしている方が心地よい。 そう信じていた。それでも、誰かと会ったり新しい刺激を感じたりすると、 それに対して幸福を感じる自分がいる。 そしてその幸福を失うのを恐れ、悲しむ自分がいる。この幸福は決してお金では買えない。 地位や権力をもって得られるものでもない。 その幸福があまりにも尊いからこそ、 …

  • 会議は踊る、されど進まず

    コロナウイルスの影響で色々なイベントが延期・中止となっているが、会社の会議も例外ではない。ただ、そもそも会議なんてやらなくても世の中は回るのではなかろうか。 話し合う時間や資料を作る時間、 色々な時間が会議には取られるけれども、 会議をやったところで会議そのものは何も生み出さない。これだけITが浸透している時代、 会議をどうしてもやりたいのであれば、 書面開催やネット会議で十分だと思うのだが、 今までのやり方を変えたいと思うところはそんなに多くないらしい。直接会うことに意味があるという人もいるが、 会ったところで何も生み出さない。 直接会おうが遠隔地から会おうがメールだろうが、 それはあくまで…

  • 休校

    コロナウイルスにより小中高が一斉休校となった。自分の幼少期を思い出すに、 休校と言われて、はい家にいますと言う子供はほとんどいないだろう。休校のケースで多いのは台風だが、 台風の場合は自分の身が危ないということが見て取れる。でもコロナウイルスは違う。 ウイルスだから目には見えない。 テレビは危険だと言っているが、 大人は普通に外に出て働いている。 テレワークができるほどの体力がある企業なんてほんの少しだ。 だから、子供にとっては全然危機感を感じない。 彼彼女らのほとんどは、自分たちの日常生活は当然大人たちが担保してくれると思っているから、危機感を持っていない。 自分が同じ立場でもそうだ。おそら…

  • いつまで頑張らないといけないのか

    いい学校に行き、 いい友達を持ち、 いい会社に入り、 いい給料をもらい、 いい車を持ち、 いい配偶者を持ち、 いい子供を持ち、 いい家を持ち、 いい老後を迎え、 いい死に方をする。そのために、勉強を頑張り、 気遣いを頑張り、 就職活動を頑張り、 仕事を頑張り、 恋愛を頑張り、 子育てを頑張り、 健康維持を頑張り、 貯金を頑張る。次のステージで「成功」するために、 常に頑張ることを強いられて、 やりたくないことをやらされて、 本来であればしなくてもいい苦労をさせられて、 耐えられなくなった人は切り捨てられ見下され憐まれる。頑張ることは良いことという人は、 それが結果的に自分にとって良かっただけで…

  • 夢の国

    少し前のニュースだが、TDRの入場券が4月から値上げとなるらしい。いずれは1万円台にも到達するかもしれない。https://www.google.co.jp/amp/s/www3.nhk.or.jp/news/html/20200130/amp/k10012265911000.htmlそれはさておき、ディズニーには僕も何回か遊びに行ったことはあるが、 アトラクションが頻繁に増えたり変わったりするわけではないのに、 行くたびに非現実的な世界にいるような気持ちにさせてくれるのは本当にすごいことだと思う。 (ちなみにどちらかというとシーの方が好きだ) 最近行った時は初めてソアリンに乗ったけど、 終わ…

  • のらりくらり

    目的のない旅がしたい。観光でもいい、食事でもいい、何もしなくてもいい、そんな旅。行けるところまで普通列車で行き、適当なそこそこな大きさの駅で降りて、適当なビジネスホテルに泊まる。僕は「目的」だとか「計画」に毒されている。 生き物として牙を抜かれていっているようだ。 娯楽でさえも何か有意義なものに繋がらなければならないという病。 仕事のためのリフレッシュとか脳の活性化とかどうでもいい。 風の吹くまま気の向くまま、やりたいことをやるのだ(犯罪や良心に背くものを除く)死ぬまでに新幹線や特急を使わず普通列車で日本一周したい。 行く当てのない旅を。https://m.youtube.com/watch?…

  • 上海蟹食べたい

    冬の味覚といえば色々あるけど、 僕にとっては蟹だ。ただし、美味しいのだが実に食べづらい。 脚を割るか切るかして中から身をこそぎ出さなければいけない。 その過程で手に香ばしい磯の香りも染みつく。そこまでして食べたいかと言われるとなやみどころではあるのだが、やはり年に一度は食べたくなる。太い脚をしゃぶしゃぶにしてがぶりといきたいものだ。そしてミナミコメツキガニという蟹は横ではなく縦に歩くそうだ。もし縦にあるか何を見つけたらこやつだと一目で分かるに違いない。https://m.youtube.com/watch?v=NyddMMiViZc

  • コロナウイルスの感染がおさまらない。 風邪の症状が出た時は休むよう国の人が言ったけれど、 休む人はほとんどいないだろう。他の人に迷惑がかかるという自責の念。 自分に向けられる視線や評価への不安。 減る給料。 皆勤礼賛。何十年にも渡り形成されてきたこの空気がちょっとやそっとで変わるわけがない。社会に余裕がないからだ。 最小限の駒で最大限の成果を「常に」出すことを求められる。本当は1人や2人不在でも組織が回るようにするのが上の者の役目なのに。生きるために働くのか。 働くために生きるのか。みんなもう十分にがんばっているのだから、 風邪の症状がでなくても、少しでも辛かったら休んでいいのだと思う。そして…

  • 枯れ

    一般的には、僕はまだ「若者」という部類だろうけど、 四半世紀も生きると心身ともに枯れてきているのを感じる。 腰も痛ければ目もかすむ。 肉体労働は辛いがデスクワークも堪えるものがある。楽しみは土日の二度寝。 悲しみは日曜16時ごろの夕暮れ。これを52回繰り返せば1年が終わり、 あと60回も繰り返せば平均的な死に時らしい。10年前までは心の中にあったであろう好奇心とか高揚感といったものは、どうやら有効期限を過ぎてしまったようだ。起きて、仕事をして、家事をして、ご飯を食べて、お風呂に入って、寝る。人生これでいいのだろうかという不安に駆られることもあるけれど、 これでいいのだ。生きてるだけ偉いと自分に…

カテゴリー一覧
商用