searchカテゴリー選択
chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
Avaloncity Central Park https://avaloncity-central-park.blog.jp

不肖「信頼出来ない語り手」明智紫苑の自作小説とエッセイとドールカスタマイズのブログです。

松永久秀「果心よ、俺は見たのだ」 果心居士「何をだ?」 久秀「ランスロットが目薬を使いながら楽毅の手紙を読んでいたのだ」 果心「嘘泣きで忠臣アピールか…」 ランスロット「いい加減な事言うなー!!」 久秀「あっち向いてホイ!」 ランスロット「…あ」

明智紫苑
フォロー
住所
北区
出身
釧路市
ブログ村参加

2020/02/16

1件〜100件

  • なぜか知っていた名前

     ある人が「ミソジニスト男性は『母親が毒親』というパターンが少なからず存在するのではないのか」と言っていた。なるほど、自分にとって最も身近な「女性」である母親が毒親ならば、男も女もミソジニストになる危険性が高いだろう。 毒親育ちを告白する人は、女性が目

  • 太陽を盗んだ女

    《【2010年11月27日 AFP】雨のよく降るスペイン・ガリシア(Galicia)自治州の女性が26日、地元公証役場で「太陽」の所有権を登記したと発表した。(中略)所有権を獲得したデュランさんは、これから「太陽を使う人」全員から利用料を徴収する考えだという。利用料のう

  • 人生を棒に振る若人たち

     世の中には「個人主義」と「利己主義」を混同する人は少なくない。これらは実際には全くの別物なのだが、「集団主義」に対する依存心の強い人は本気でこの2つの概念を同一視しているようだ。もちろん、中には意図的にこれらを混同してみせるずる賢い人もいるだろ

  • 自らの「差別欲」に負けた人

     私は最近、80年代にいたファンクバンド「獅子舞」のデビューアルバム『3.21獅子舞』の復刻CDを入手した。これには、同時代のアメリカのファンクバンド「クライマックス(Klymaxx)」の曲「Sexy」のカバーが収録されているが、この日本語詞が実に大胆だ。KUWATA BANDの「

  • 五虎将軍、参上!

     これは、数年前にダイソーで購入した三国志の五虎将軍のフィギュアである。元々は全身銀色に塗装されていたのだが、私はその塗装をマニキュアの除光液で剥がした。しかも、それはかなり乱暴なやり方だった。 まずは、フィギュアをガラスの瓶に入れ、それに除光液をタ

  • もしもコスモバルクがウマ娘化したらどうなるのか?

     ガールズちゃんねるにこのようなコメントがあった。《「働かないで食べる飯はうまいか?」と言われるが、働かないでご飯食べれるなんて、働いて食べるご飯より美味しい》 なんて正直な人なのだろう! そこまで正直に言える人なんてそうそういないよ。まあ、インター

  • 都市という名の主人公 ―荒俣宏『帝都物語』―

     我が心の師匠である永野護氏は、言わずと知れた『ファイブスター物語』(以下、FSS)の作者である。この漫画は、単なるロボットSF漫画ではない。歴史や衣食住や音楽などにまつわる様々な文化や「教養」を丁寧に描写している。FSSという作品に描かれる世界観とは、単な

  • 「善人」は想像力が貧しい

    「差別は無知が原因で起こる」という意見があるが、私はむしろ、差別の根本的理由は損得勘定と優越欲求だと思う。無知はあくまでも口実やきっかけの一つであり、本質的理由ではない。人間社会が競争原理に基づいて築かれている限り、人は誰かを差別する。 人間社会は「

  • 二虎競食の計?

     トリスタン「貴様! 俺が食おうとしていたアンパンを二つも食いやがったな!?」 パロミデス「ふん、弱肉強食だ!」 トリスタン「てめぇ、ぶっ殺すぞ!」 パロミデス「何だとオラァ!!」 トリスタン「サノバビッチ!」 パロミデス「マザーファッカー!」

  • ディープインパクトVSゴールドシップ

     ふと思った。ギュスターヴ・モローの『オイディプスとスフィンクス』の絵って、何となく「ガッカリ名所」っぽい。スフィンクスの体の大きさがライオンとはほど遠い小ささだ。せいぜい「山猫」程度でしかない。顔立ちの美しさ以外は貧相だ。 まあ、神話の中では人間男

  • 「ただくっちゃべるだけ」ではない

     戦慄かなのさんというすごい芸名の女性アイドルがいる。個人的には、芸術家のろくでなし子さんやコラムニストの辛酸なめ子さんのような自虐的な芸名やペンネームは苦手だが、あちらとはまた別の方向性のネーミングかもしれない。 それはさておき、この人はZOCという

  • カバレロドラドの邯鄲の夢

    「ドラドさん。今日の種付けの相手は、あのロードシャンヤンさんの孫娘さんですよ」「ああ、あの短距離の驀進王の孫か」 よし、未来のダービー馬が授かるための儀式。願掛けとして、後ろ足で立ち、万歳三唱。「わーっしょい、わーっしょい、わーっしょい!」「相

  • 傲慢な「正気」と「善良さ」

     昔、永野護氏は「自分より若い世代には、自分の『ファイブスター物語』みたいな作品は作れないだろう」とインタビューで発言していたらしいが、それは単なる世代の違いの問題ではないだろう。異世代間格差のみならず、同世代間格差の問題もあると、私は思う。 ズバ

  • 「そんな人」だとは思わなかった

     私はツイッターでアンケート調査をした。《あなたの「やる気」を表すのはどちらですか?》①やる気スイッチ②やる気ゲージ 残念ながら、4人しかサンプルは集まらなかったが、結果はその4人のうち3人が「やる気ゲージ」に投票し、1人が「やる気スイッチ」に

  • ハインリッヒの法則

     「ハインリッヒの法則」というものがある。一件の重大な災害の裏には29件の軽災害があり、さらに300件の事故につながらない何かがあるというものだが、爆笑問題のラジオ番組『爆笑問題カーボーイ』ではこれをパロディ化したコーナーがあった(ちなみに私は、この番組を

  • 六花亭の柏餅2022

     新たなウマ娘が二人発表されたが、そのうちの一方は種牡馬入りしてからの「ある事情」が問題なのでは…と思ったのだが、アーサー王の先例があるよなぁ。某既成ウマ娘の元になったお馬さんは、色々とややこしいインブリードで生まれたらしいし。 それはさておき、3月

  • 同性婚と異性婚

     私は以前、アメブロで一人のネトウヨ男性を見かけた。その後、その男性は婚活のためにネトウヨをやめたという。しかし、ネトウヨ経験がある上に、引きこもり歴も数年あるという時点で、婚活には不利なハズだ。仮に当人が「男性フェミニスト」をアピールしたとしても、

  • 宣戦布告!?

     数年前の文春オンラインに、『達人伝』の作者 王欣太 ( キング ゴンタ ) 氏のインタビュー記事があった。《めっちゃ売れてる 某キングダム ( ・・・・・・ ) をぶち抜く勢いでこれからも描いて行きますよ(笑)》 ハッキリおっしゃってる…。やはり、意識せざ

  • バベルシティのモードギャング

    「ねぇ、聞いた?」「何さ?」「〈コモン・バベル〉に大物の賞金稼ぎが来たって」「ふーん」 花柄やアニマルプリントのトップスや、フェイクレザーのホットパンツやミニスカートを身に着けた若い女たちが噂する。地球史の21世紀序盤の日本で流行っていた「ギャル

  • なるべく陳腐にならないように

     人気漫画『ゴールデンカムイ』(以下、金カム)の実写映画化が決まったが、どうせならば、同じ作者の『スピナマラダ』を実写映画化もしくはテレビドラマ化した方が良さそうに思えるなぁ…。金カムの実写映画化については、反対意見が少なからずあるようだが、どうやらそ

  • 「文化資本」としての食生活観

     ツイッター上でたまにあるネタ、それは「初デートでサイゼリヤに行って満足が出来る女かどうかを試す男」である。そのような事態があるたびに、サイゼリヤに行きたくなると主張するツイッターユーザーさんたちが少なからずいるので、「実はサイゼリヤのステルスマーケテ

  • Cherrypink2022

     北海道のゴールデンウィークは、桜の季節。私は一昨日、札幌の円山公園に桜の写真を撮りに行った。まずは、腹ごしらえだ。 円山公園の近くにそば屋さんがある。隣にスープカレーの店があるが、別の機会にしよう。 メニューです。 天ぷらそばを注文し

  • ヒルダの決意

     私の自作小説シリーズ『Avaloncity Stories』(以下、AS)第二部に登場するヒルダ・マーズ(Hilda Mars)の勇姿(?)を披露する。彼女の人形はオビツヘッドとボークス25cmドルフィー素体を組み合わせている。ただし、アスターティと同じ27cm女性用02ヘッドだが、頬を紙

  • 転生したら焼きそばだったらしい

     今どきのオタク文化業界でおなじみの「異世界転生」ネタをパロディにした珍商品を、近所のイオンで発見し、購入し、食べた。パッケージデザインは「カップラーメン」だが、中身は「カップ焼きそば」という代物である。味は、可もなく不可もなしだが、話のネタとしては悪

  • 『Avaloncity Stories』の登場人物について

     私のライフワーク『Avaloncity Stories』(以下、AS)の登場人物について書く。ASは地球が舞台の歴史編「第一部」、未来の植民惑星アヴァロンが舞台のSF編「第二部」、そして、そのアヴァロンのさらに未来が舞台のファンタジー編「第三部」に分けられるが、これらの登場

  • 『Fortune』後書きに代えて、三好長慶と松永久秀の与太話

    「ようやっと完成したようじゃな」 そうですね、殿。何しろ、「小説家になろう」でのこの小説(改訂前)の第一話の投稿は「2016/03/19 20:23 (2017/10/27 17:38 改稿)」でしたからね。紫苑めは、当初は60話前後を予定しておりましたが、奴は 柞刈湯葉 ( いすかり ゆ

  • 『Fortune』アスターティ・フォーチュンの周辺

    《年齢は物語開始のアヴァロン連邦暦345年の時点です》 アスターティ・フォーチュン(Astarte Fortune)…ミュージシャンデビューを目指す少女。15歳。7月7日生まれ。フォースタスの婚約者。実は人造人間「バール(baal)」であり、人類とバールたちとの「融合」の

  • 『Fortune』アスターティ・フォーチュンのディスコグラフィ(一部のジャケットデザインのみ)

     私の小説『ファウストの聖杯 ―Please burn me out―』並びに『Fortune ―ファウストの聖杯―』のヒロイン、アスターティ・フォーチュンのアルバム/シングルジャケットのデザインをこしらえてみた。 デビューアルバム『Lucidity』。彼女が16歳の頃の作品である。

  • 『Fortune』17.新生

     歴史は生き物だ。私たちは、巨大な龍と共に生きていく。 ティアマット。 海は切り裂かれ、新たな世界が生まれる。 創造し、維持し、破壊する女神。私の名前にはそのような意味があったという。 今の私は「個人」ではない。 私は世界樹を眺めながら天に昇る

  • 『Fortune』16.Beyond The Heavens

     365年、9月。私たちはフォースタス・マツナガ博士の葬儀に参列した。 私たち夫婦には五人の子供たちがいる。 長男、グウィディオン・チャオ・フォーチュン、354年生まれ。 長女、イオストリー・チャオ・フォーチュン、356年生まれ。 次女、ニース・チャオ・

  • 『Fortune』15.世界樹

    「アスターティ!」「ネミ?」 ネミッサ・ハラウェイがいた。「良かった…」 私たちは抱き合って泣いた。「他のみんなは無事なの?」「災害掲示板サイトを診ても分からないね」 ネミも私と同じく、無期限休業中だった。彼女は〈ソロモン・プロジェクト〉

  • 『Fortune』14.大いなる転換点

     353年7月7日、すなわち私の誕生日。アヴァロン大学を無事に卒業した私は、フォースタスと共に記者会見を開いた。邯鄲ドリームの社長ヴィクター、私のマネージャーであるミヨンママ、アガルタのマーシャ・ウキタ所長、ミサト母さんとシリル父さん、そして政府要人たちがい

  • 『Fortune』13.女神の秘密

     また、桜吹雪の季節を迎え、私は例年通り桜の写真を撮る。桜は散り、緑が輝く夏が来た。 私は今、自動車教習所に通っている。この教習所には、老若男女問わず様々な生徒が通っているが、そこで意外な人物との再会があった。 シャーウッド・フォレストの主宰、スコッ

  • 『Fortune』12.受け継がれるもの

    「ハッピーバースデー!」「Happy Birthday !」「おめでとう!」 7月7日、私は邯鄲ドリーム社内で20歳の誕生日を祝われた。広間にはミヨンママ、ヴィクターとミナ、ブライアンらスタッフ、サーシャらバックバンドメンバーたちやデヴィル・キャッツの二人がいる。

  • 『Fortune』11.フォースタスのキッチン

    「久しぶりのアガルタだな」 山々が並ぶ風景。車を走らせている途中でフォースタスが言う。私たちはアガルタに向かっている。 アガルタ特別区はアヴァロンシティの奥地にある。そこは研究者たちと退役軍人たちとバールたちの街だ。区全体は、一見他の地区と大差ない

  • 『Fortune』10.ネミ

     舞台『ファウストの聖杯』の全公演は無事に閉幕し、私は大学入試に備えて学業に専念する。セカンドアルバム『Sweetness』の売れ行きは順調だが、私はメディアでの露出を控える。 私は月に一度、アガルタに検診に行くが、マツナガ博士は今回、ある人を紹介した。「実験

  • 『Fortune』9.舞台『ファウストの聖杯』

     10月、すっかり秋だ。ついに今日、問題の劇『ファウストの聖杯』が開演する。私の女優としての初仕事であり、フォースタスと私の関係も含めて色々と話題になっていた。 私はマリリンとベリンダにチケットを贈ったが、スコットはフォースタスの親友ランスにチケットを

  • 『Fortune』8.Sweetness

    「お前、来年は大学入試だな」 フォースタスが訊く。そう、私は来年試験を受ける。 私たちは稽古途中の休憩で街に出ている。鮮やかな黄金色のイチョウ並木を歩いている。街では私のセカンドアルバム『Sweetness』からの同題のシングルカット曲が流れている。このシン

  • 『Fortune』7.FORTUNA IMPERATRIX MUNDI

     例の舞台、当日。私はミヨンママとモンマス母娘と一緒に劇場に来ていた。ミヨンママは何とか運良く当日券を買えた。ただ、席順の都合上、ママは私とモンマス母娘とは離れた席に座った。『The Lords of Shalott』、それが劇団〈シャーウッド・フォレスト〉の演目だ。タイ

  • 『Fortune』6.今年の桜は良い桜

     9月、新学期。私は相変わらず、仕事と学業の両立で忙しい。ルシールやフォースティンとも、メールのやり取りをたまにするだけだ。 あれ以来、ヒルダは来ない。電話やメールも来ない。何の問題もなければ良いが、気になる。 私はロクシーと共演しなくなった。どうや

  • 『Fortune』5.ロクシーとヒルダ

     私とミヨンママはテレビ局に到着した。私たちは楽屋に向かった。 廊下の向こう側に、艶やかな長い金髪の女性がいた。彼女はサングラスをかけており、何人かの付き添いに囲まれていた。彼女がサングラスを外したのを見て、私は「あっ!」と声をあげた。 ロクシー…ロ

  • 『Fortune』4.Lucidity

     今のアヴァロンシティは一面雪景色だ。私は相変わらず、家と学校と事務所を行き来するだけだ。今の私は勉強と楽曲制作に専念している。 明日から冬休みだけど、怠ける余裕はない。もうすぐクリスマスだけど、私はクリスチャンではないので、クリスマスはただ単に「ご馳

  • 『Fortune』3.虹を見上げて

     フォースタスとユエ先生夫妻が自分たちの関係を清算するために、弁護士を交えて相談している時に、事件が起こった。 ユエ先生夫妻の一人息子、あのマーク…マーカス・ユエが、母親のライラさんを刺し殺したのだ。しかも、マークはフォースタスを狙って包丁を突きつけた

  • 『Fortune』2.アガルタ

     ちょっと前に 邯鄲 ( ハンタン ) トイズからロクシーの人形が発売された。邯鄲トイズとは、フォースタスの父親であり、ミサト母さんの夫であるシリル・チャオ氏が会長を務める邯鄲ホールディングス社傘下の玩具メーカーだ。 フォースタスには、二人の兄と一人の姉、そ

  • 『Fortune』1.桜吹雪の季節

    「やっぱり桜ってきれいね」 アヴァロン連邦暦345年、4月。桜吹雪の季節が来た。私は今年も、セントラルパークの桜並木の写真を撮っている。かつては地球の日本の象徴だった花。淡いピンクの雲のように、セントラルパークを埋め尽くしている。 公園には、何組かのカ

  • 『Fortune』【劇中CM】アスターティ、かわいいよ、アスターティ

     邯鄲ホールディングス傘下の玩具メーカー、邯鄲トイズが、人気女性アーティスト「アスターティ・フォーチュン(Astarte Fortune)」をモデルにしたオリジナルドールを発売した。 アスターティ・フォーチュンは、アヴァロン連邦暦330年生まれの現役大学生ミュージシャ

  • 『ファウストの聖杯』後書きに代えて、趙襄子の挨拶

     バーナード・コーンウェルの小説に出てくるランスロットめ、 智伯 ( ち はく ) 以上のロクデナシだな。 …おっと、失敬。まずは自己紹介だな。 私は姓は 贏 ( えい ) 、氏は 趙 ( ちょう ) 、 諱 ( いみな ) は 無恤 ( むじゅつ ) 、 諡 ( おくりな

  • 『ファウストの聖杯』フォースタス・チャオの周辺

    《年齢は、物語開始の時点です》 フォースタス・ショウタ・チャオ(Faustus Shota Chao)…新進気鋭の小説家。20歳。恩師アーサー・ユエの妻ライラと不倫関係に陥ってしまう。 アスターティ・フォーチュン(Astarte Fortune)…ミュージシャンデビューを目指す少

  • 『ファウストの聖杯』18.終わりの始まり

     5月の風は、極彩色の〈ビッグ・アップル〉アヴァロンシティを吹き抜ける。平和と繁栄の果実を味わう市民や観光客らは、この「世界都市」に華を添える。セントラルパークでは、ストリートミュージシャンや大道芸人たちが耳目を集めている。楽しみそのものを楽しむ街がア

  • 『ファウストの聖杯』17.祝福の果実

     極彩色のアヴァロンシティに粉雪が降る。ひんやりとした冬の街の中、アスターティのサードアルバムの制作は順調に進んでいる。今回は俺もバックヴォーカルとしてレコーディングに参加した。 俺も自分自身の仕事が順調だ。あの頃の シッチャカメッチャカ ( ヘルタースケ

  • 『ファウストの聖杯』16.黄金の秋

     豊穣の秋、色気より食い気。フォースタス・チャオは、最愛のアスターティと一緒に様々なイベントで舌鼓を打つ。アヴァロンシティの空気はまばゆい金色だ。この「世界の首都」は一年中極彩色で満ち溢れているが、今は秋のしっとりとした風情が、夏より落ち着いた空気をか

  • アーサー王宮廷の謀反ジャンキー

     松永久秀「今日からキャメロットの宰相に就任した松永久秀です。どうかよろしくお願いいたします」 ランスロット「な…!?」 久秀「では、早速皆様に身体検査を受けていただきます」 ガーウェイン「な、なして身体検査?」 久秀「まずは、皆様のサイズをチェ

  • 『ファウストの聖杯』15.喝采と祝福

    《俺を焼き尽くしてくれ》 紅蓮の炎に彩られたポスター、戦国の世の激情を表す言葉。 ついにこの日が来た。 舞台版『ファウストの聖杯』の公開初日だ。チケットはすでに完売している。果心居士役の俺は衣装を着る。和服とも漢服とも言えそうで言えないような、エ

  • 『ファウストの聖杯』14.友よ

     アヴァロン島南部、南アヴァロン湾には海水浴場がある。今のアヴァロンビーチは海水浴客たちで賑わっているが、かつては、フォースタス・マツナガ博士の初恋相手が海に還った場所だった。 恋も花咲けば、愛も実る。無邪気な子供たちが駆け回る様を、微笑ましく見守る

  • 『ファウストの聖杯』13.女神の赦し

     地球史。俺が学生時代に一番得意で好きだった科目だ。そして、今の俺は地球史をモチーフにした小説を書いている。これから舞台化する『ファウストの聖杯』も地球史小説だ。 この小説は、数年前に俺が見た夢を元にしている。俺は目覚めてからすぐに、夢のあらすじをタ

  • 『ファウストの聖杯』12.悪魔を憐れむ歌

     かつての地球人の子孫たちが移住した惑星はいくつもある。ここアヴァロンもその一つだ。 地球連邦政府は、一握りのエリートたちが牛耳る「伏魔殿」だったが、アヴァロンの民たちは反旗を翻した。地球連邦政府軍のアヴァロン市民弾圧は過酷だった。しかし、その地球連

  • 『ファウストの聖杯』11.道化は再び歩き出す

    「少しは気分が晴れたか、フォースタス?」「うーん、何とも言えない」 俺はヴィックと父さんと三人で、キャムラン湖のほとりに来ていた。親子三人のバカンスだ。父さんとヴィックは、わざわざ俺のために休暇をとってくれたのだ。 キャムラン湖は、アヴァロンシテ

  • 『ファウストの聖杯』10.ドクター・マツナガのお楽しみ

    「創造し、維持し、破壊する女神」「アヴァロン史上最高の 美神 ( ミューズ ) 」「誰も彼女にかなわない」 華々しいキャッチコピーが次々と飛び出す。スター誕生。 彗星の如く現れた若き新人女性シンガーソングライター、アスターティ・フォーチュン。彼女のデ

  • 『ファウストの聖杯』9.溢れる罪と血

    「『ある文士たちの悲劇』…か」 シャレにならないタイトルの記事。頭が痛い。自業自得だが。 俺とユエ先生夫妻のスキャンダルが大々的に報道されるようになって以来、俺はテレビやラジオの出演依頼が減っており、本業でも徐々に敬遠されるようになっていた。さらに

  • 『ファウストの聖杯』8.致命的な裏切り

     惑星アヴァロンにおける最大の大陸は、かつての地球にあったとされる「超大陸」にちなんで〈パンジア〉と呼ばれる。アヴァロン諸島の東にあるこの大陸の南部に、ソーニア州がある。そこの知事プレスター・ジョン・ホリデイは、カルト教団〈ジ・オ〉並びにその政治部門で

  • 『ファウストの聖杯』7.甘い蜜の美神

    「戦の女神が 生娘 ( きむすめ ) だなんて大嘘だ」 久秀は言う。多分、アガルタのフォースタス・マツナガ博士も同じ事を言うだろう。 俺は今、『ファウストの聖杯』を書いている。右往左往しながら、俺は物語をつづる。引き受けてくれる出版社のアテもないまま、

  • 『ファウストの聖杯』6.人生は朝露の如し

     アヴァロンシティは24時間眠らぬ街だ。植民惑星アヴァロン最大の不夜城は、美徳と悪徳が交差する。 かつての地球の栄華を再現させた繁栄を満喫する者たちは多いが、反面、それからこぼれ落ちた者たちが暗い何かに引き寄せられる。アンダーグラウンドでうごめく売人や

  • 『ファウストの聖杯』5.楽園の蛇と黒い瞳のランスロット

    「リジーか…」 俺は唐突に思い出した。リジー…エリザベス・バーデン。俺の大学時代の恋人だった女だ。そいつはある日突然、何やら訳の分からない因縁をつけて、俺を怒らせた。俺は腹を立てて、自分から別れを切り出した。さすがに暴力は振るわなかったけど、理性が壊

  • 『ファウストの聖杯』4.5月の風

    「いい風だ」 のどかな春の陽気。気分が良い。授業を終えた学生たちがあちこちにたむろしている。 シャホウ・レイ(夏侯雷)、またの名をアイヴァン・レイ・シャホウは、アヴァロン大学医学部の構内をうろついていた。彼自身がここの学生なのだから、それ自体はおかし

  • 『ファウストの聖杯』3.妖しい香り

     昼下がりのアヴァロンシティ。春真っ盛りの「世界の首都」は、常に活気ある輝きを放つ。この現代の〈ビッグ・アップル〉は、まさしく巨大なおもちゃ箱だ。俺たちアヴァロン市民は、このおもちゃ箱の中で生きている。 俺たち人間はおもちゃの遊び手か、それともおもち

  • 『ファウストの聖杯』2.楽園の女神

    「やっぱり桜ってきれいね」 彼女は携帯電話を取り出し、カメラのシャッターを切った。 快晴の下での陽気、辺り一面、淡いピンクの洪水。プラチナブロンドの真っ直ぐなボブカットの髪と空色の目、透き通るような艶やかでなめらかな白い肌の美少女は、無我夢中で桜並

  • 『ファウストの聖杯』1.二人のフォースタス

    「フォースタス・ヒサヒデ・マツナガ、それが俺の 人間 ( ・・ ) としてのフルネームだ」 ドクター…フォースタス・マツナガ博士は言う。ドクターは、袋から味噌汁カプセルを取り出し、マグカップに入れてお湯を注ぐ。俺は味噌汁の代わりにコーンポタージュのカプセル

  • チャイナドレス

     ネタに困れば『ガルショ』頼み。これまた、以前のアメーバアカウントでの画像だが、上海で買い付けして得られるアイテムを用いている(タイツは違う都市で買えるものを使用)。さらに、髪型を衣装に合わせて変えている。背景やデコレーションは、イベントかガチャで手に

  • 歌うプロレスラーたち(+α)

     ある人が「柔道100キロ超級は音がすごい」と言っていた。音を楽しむスポーツといえば、野球やテニスや卓球などの球技があるが、まさか、柔道までもが「音を楽しむ」スポーツだとは思いもよらなかった。 確かに、体重100キロを超える人同士が組み合って投げ合うならば

  • ブルーハウス伝説

    【ブルーハウス CM】 念のため言っておくが、ロックバンドの「ブルーハーツ」ではない。ヒップホップグループの「ブルーハーブ」でもない。リンダリンダ。 それは、かつて北海道に存在した伝説の、ほとんど都市伝説並みに怪しいいわくつきの雑貨屋さんである。そ

  • 私がはてな匿名ダイアリーを使わない理由

     はてな匿名ダイアリーに「30歳だが人生に飽きた」という人の記事があった。ここまで徹底的に物事に対して「飽きまくる」のは、中途半端に物事にハマる以上に「才能がある」と思う。ここまで「飽き力」が高いと、仮に違法薬物に手を出したとしても、その類まれな「飽き

  • 出さずにはいられない

     榎本俊二氏の漫画『えの素』には、強烈なブスキャラクターが何人か出てくる。そのほとんどは、美人設定の女性キャラクターと比べて好色で恥知らずであり、まともに人間扱いされていない。要するに、性欲お化けの「物体」として描かれている。 あるサイトで、次のよ

  • カバレロドラドの「空白」

     俺はなぜか、あの大震災以前の記憶がない。母馬の顔を覚えていないだけならまだしも、人間社会における小中学校に相当する施設である育成牧場にいた際の記憶すらなくなっている。 あの激震によって、俺の中の何かがなくなり、別の何かが生まれたかのようだった。 

  • らーめん さかいのホルモンつけ麺

    【ウタエル - プロレスリングシバター テーマ曲】 札幌楚漢戦争 参上 項羽と劉邦とその他大勢 札幌市内のうまいもん食いまくる ラーメン、スープカレーにジンギスカン 気づけば腹回りが豊か 空腹を抱いてメシを食う どれだけ食っても腹は減ってる

  • Queen of Dolls

     私は何年か前に、札幌市内のトイザらスに行ってみた。目的はお人形関係の買い物だ。そして私はそのコーナーに行ってみたが、先客の小さい女の子がこう叫んでいた。「ママの好きなバービーだ!」 これは我が国におけるバービー事情を表している。現在の日本において

  • 石川や浜の真砂は尽くるとも、世に炎上商法の種は尽くまじ

     足利義昭「リコリス屋ー!!」 商人「まいど!」 義昭「信長の食事にサルミアッキ味をつけてくれ」 商人「8円です」 義昭「 安 ( やし ) いー!!」 うーん、『ゴールデンカムイ』の時代では、8円はまだ大金だったが…。それはさておき、剛力彩芽さんは

  • 恋愛至上主義の代替品としての趣味と特技 ―湯山玲子『女装する女』―

     今回取り上げる湯山玲子氏の『女装する女』(新潮新書)は、2008年に出された本である。あの酒井順子氏の『負け犬の遠吠え』よりちょっと後に出されたものであり、ある程度「時代を感じさせる」内容だが、それは現在の日本が当時に比べて貧しくなったからである。 

  • もはや「サブカルチャー」は「サブカルチャー」ではない

    【『Winning Post 9 2021』ステイゴールドの冗談みたいな末脚】 YouTubeで見つけた『ウイニングポスト』の謎動画。私は据え置きゲーム機版ウイポはやった事はないけど、この展開は凄まじい(笑)。 ちなみに、私の弟は少年時代、ウイポではなく『ダービースタリオン』

  • 六花亭の桜餅

     私は一昨日、近所のイオンにある六花亭のテナントで桜餅を買ってきて食べた。昨日のうちに記事を投稿出来なかったのは、すでに別の記事を投稿しているからだが(私は基本的に、一つのブログには一日一回しか記事を投稿しません。予約投稿の場合でも、一日一回投稿の設定に

  • プーリップ「オプティカルアリス」

     前々から気になっていたプーリップ「オプティカルアリス」を、先月アマゾンで注文したのが届いた。赤白黒の3色が良いのね。プーリップファミリーには様々な「アリス」系ヴァージョンがあるが、私が特に目を奪われたのが、この子である。 正確に言えば、「この子の衣

  • 桜緋奈

     今日はひな祭りらしい記事にする、つもりだ。問題の彼女は自作小説の登場人物であり、『Avaloncity Stories』の二人のメインヒロインの一方である 松永緋奈 ( まつなが ひな ) (Hina Astarte Matsunaga)である。もう一方のメインヒロイン、アスターティ・フォーチ

  • 音楽界の「ミアキス」

    【The Beatles - Helter Skelter】 ロック音楽には様々な分類があるが、特にパンク・ロックとヘヴィ・メタルの2ジャンルは、犬と猫のような「対比」関係にされる。まあ、どちらが「犬」でどちらが「猫」かは分からないが(そもそも、個人の主観次第で違うし)、この

  • 鼻と口

     司馬懿曰く「飯には五つの要点がある。食材があるときに調理し、なければ買いに行き、買えなければ出前を取る。あとは外食するか死ぬかだ。しかし、貴様らは外食しようともしなかったな。ならば残るは死あるのみ。ダイエットなど無用だ」。 そんなぁ、ヒドい。それは

  • チェリーガール緋奈

     ネタに困った時の『ガルショ』頼み、「チェリーガール」シリーズ第3弾である。どうしても、このコーディネートが気に入っているのね。これまた以前のアメーバアカウントでの画像だが、背景は4月恒例の「桜」アイテムガチャで入手したものだ。私はこの毎年の桜ガチャの

  • 駆け引きなんて十年早い

     当記事の原文を書いた当時(2018年)、セイコーマートの山わさびカップ焼きそばを食べていたのだが、あまりにも理不尽極まりない辛さに、涙がボロボロ流れてしまった。あんな残忍極まりない辛さの代物なんて、もう、買わない。 でも、同じセイコーマートのメロンソフ

  • 説明下手の私

     私は昔、何かの用で札幌市内をウロウロしていた。当時の私は石狩市民だったので、札幌市内の地理には詳しくない(そもそも、札幌に移住してからも詳しくない)。そんな私に、ある外国人女性が尋ねた。「Where is the post office?(郵便局はどこですか?)」 間抜け

  • 林檎ちゃんはほめられるのが不得意?

     ヤフー知恵袋に「椎名林檎は天才ですか?」という率直な質問があった。それに対して、ある人はこう答えた。《生まれ持っての素の天才と言うよりは、育った環境や独学などの努力で培った天才って感じ。なので、どちらかと言えば秀才ってイメージです》 それで私は

  • 自らを「バカ」だと認める必然性 ―かたおかみさお(原作:egumi)『ワタシ以外みんなバカ』―

     以前、「もし仮に関ヶ原の戦いの東軍の総大将が韓信で、西軍の総大将がハンニバルだったら、どちらが勝つか?」という記事を書いたが、とりあえず、まあ。ツイッターでアンケート調査をした。 なぜか余計な選択肢2つをウケ狙いとして入れているが、ハンニバル率

  • 「あってはならない自画像」としての不美人

     女性は男性が思うよりは、美人の同性に対して寛容である。少なくとも、自分自身の利害得失にからまない限りは。逆に言えば、女性は男性が思う以上に、不美人の同性に対して不寛容である。男性にとっての「不美人」の異性が「都合が悪い他者」のイメージであるのに対して

  • 「強者女性たちのシスターフッド」としての『ウマ娘』

    「ベクデル・テスト」なるものがある。これは、フィクションにおける「ジェンダーバイアス」を測定するものだが、どこか違和感がある。①最低でも、二人の女性が登場するか?②女性同士の会話はあるか?③その会話の中で、男性に関する話題「以外」が出てくるかが

  • トロイのヘレナはグレートヒェンに負ける

     森三中やPerfumeは、明確にリーダーを決めていないらしい。しかし、森三中は大島美幸氏が大物放送作家である鈴木おさむ氏を夫にしている時点で「事実上のリーダー」のように見える。まあ、3人の中で最もお笑い芸人としての才能に恵まれている黒沢かずこさんが、同時に「

  • 私とニルヴァーナ

    【Nirvana - Smells Like Teen Spirit (Official Music Video)】 今日2月20日は、ニルヴァーナのリーダーだったカート・コバーン氏の誕生日らしい。そのニルヴァーナがデビューしたのと前後して、当時の私は以前ほど音楽を熱心には聴かなくなっていた。 ニルヴァー

  • 差別する女

     ツイッターで、ある人が「七つの大罪を逆にすると鬱が完成する」という説を唱えていた。①傲慢→自己評価が低い②憤怒→怒り方がわからない③色欲→性欲がない④怠惰→労働への強迫観念⑤嫉妬→他人に関心が持てない⑥暴食→何も食べたくない⑦強欲→欲し

  • チェリーガール(和風)

     困った時の『ガルショ』頼み。以前の「チェリーガール(洋風)」の続編、和装版コーディネートである。これまた、以前のアメーバアカウントの画像で、地域限定都市「東北2」で入手出来る。さくらんぼ柄の浴衣に、半纏を羽織っているが、長髪垂らしっぱなしはコーディネ

  • 食の「インセル」と「ミグタウ」「ウィグタウ」

     トゥギャッターにこのようなまとめ記事があった。「メシマズな人は、うまいメシが憎いんだよ」。まさか、良家の子女がそんな人だなんて。 これが貧困層に属する人の主張であれば、納得出来る。いわば「食のインセル」というべき状況に陥っている人たちならば、自分

  • ウマウマ娘

     私は以前のアメーバアカウントでのブログで「ラファエル前派は問題児集団だ」と書いたが、当時のブロ友さんの一人は「ラファエル前派のメンバーのほとんどは幼稚園児で、ウィリアム・モリスは幼稚園の先生だ」と言っていた。身も蓋もない。 現在のアメブロでは、その人

  • 「高等遊民」木嶋佳苗

     私が何度となくインターネット上で話題にしている人物の一人が、首都圏連続不審死事件の犯人だった木嶋佳苗受刑者である。当然、インターネット上では無数の人々が木嶋受刑者を話題にしているが、その中にこのような意見があった。《この人は、尋常ではない食欲と性

  • 有名人の名言

    【種牡馬展示会にて】 ゴールドシップ「私が未来のダービー馬の父、ゴールドシップです。どうか清き一票を…あ、選挙じゃねぇけど、ある意味似たようなもんか(?)」 ウインブライト「…まあ、下手な人間の政治家よりも、シップ兄さんの方がよっぽどマトモに政治が出

  • 「いい人」が持つ毒やトゲ

     性格が良い人は、たいてい他人に好かれる。当然、逆に性格が悪い人は、たいてい他人に嫌われる。しかし、世の中には性格が良い人ならではの「無意識の攻撃性」があると、性格が悪い私は思う。 相手をほめたつもりが、かえって相手を傷つけてしまう言動などの、見え

  • 謎の謀反

     ある人のブログに、こういう記事があった。「司馬昭と姻戚関係にあった(司馬昭の弟に自分の娘を嫁がせていた)諸葛誕には反乱を起こす理由はない」 そう、賈充は政敵になり得る諸葛誕を陥れた可能性がある。さらに言えば、日本の戦国武将の荒木村重にも似たよう

ブログリーダー」を活用して、明智紫苑さんをフォローしませんか?

ハンドル名
明智紫苑さん
ブログタイトル
Avaloncity Central Park
フォロー
Avaloncity Central Park

にほんブログ村 カテゴリー一覧

商用