searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール PROFILE

祭城狂志郎さんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

先にBLジャンルでブログを始めていましたが、ミステリに関する記事やオリジナル小説に関して祭城狂志郎の名義で新たなブログを立ち上げました。ついついBLに言及してしまいがちなんですが、ミステリ愛には自信があります。好きな作家は横溝正史、有栖川有栖、綾辻行人の諸先生方。色々語っていきたいと思います。コメント等いただければ大変うれしく思います。どうか御贔屓に。

ブログタイトル
My hero,my mystery
ブログURL
https://kyoshirou2010.hatenablog.com
ブログ紹介文
いつもBLのことばかり考えているわけじゃない、オリジナル小説はBLばかりじゃない、ってところを見せたくて(苦笑)稀腐人が別名義で始めたミステリ用ブログです。たまに特撮ヒーローについても語っています。よろしかったら覗いてみてください。
更新頻度(1年)

4回 / 9日(平均3.1回/週)

ブログ村参加:2020/02/15

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、祭城狂志郎さんの読者になりませんか?

ハンドル名
祭城狂志郎さん
ブログタイトル
My hero,my mystery
更新頻度
4回 / 9日(平均3.1回/週)
読者になる
My hero,my mystery

祭城狂志郎さんの新着記事

1件〜30件

  • オリジナルミステリ小説 リバースモード③

    3 あれから一週間が過ぎた。 オレは刑務所に入ることもなく、今日もこうしてバイトに来ている。 いつもの生活、見慣れた光景、それもこれも平穏な日々の証。幸せを噛みしめながらロッカーを開けると、あの時の紙袋がそのままそこにあった。「返しそびれちゃったな」 美咲は事件のあったその日のうちに店を去り、二度と現れなかった。 池上さんのいないバイトなんて続けたくないと考えたのか、彼を思い出して辛いと思ったのか、どちらにしても肩の荷が下りた気分だった。「おはようございまーす」 元気よく挨拶すると、チーフやパートさんたちの明るい返事が返ってきた。「ああ、おはよう」「品出し、今日は家電のところを頼むわね」「はー…

  • オリジナルミステリ小説 リバースモード②

    二 二日後。この日も開店前から出勤したオレは持ち場につくと品出しやら前出しをやりながら、久しぶりに顔を出した九重店長に話しかける機会を窺っていた。 ところが、留守の間に仕事は溜まっていた上に、チーフたちが店長の指示を仰ごうと、入れ代わり立ち代わり押しかけるせいか、彼は一箇所に留まる気配すらなかった。 マイッたな。あれじゃあ帰りまでに挨拶もできそうにないやと恨めしげに眺めていたオレの視線に気づいたのか、店長はこちらを見て「やあ」と言わんばかりに微笑んだ。 やった、チャンス到来だ! 勢い込んで駆け寄ろうとするオレの背後に誰かが近づく気配がした。「よう、ニイちゃんよ」 低く、凄味のある声、背中に刃物…

  • オリジナルミステリ小説 リバースモード①

    1 防犯カメラの死角を狙っての万引、店内の様子を知り尽くした、あれは絶対に常習犯だ。間違いない。「清水さん、清水さん。売り場に怪しい人がいます。えっと、工具コーナーのところです。茶色っぽいポロシャツを着て、髪を短くした中年男性です」「工具コーナーですね? わかりました、行ってみます」 ※ 「俺が万引しただと? このクソジジイめ、どこに証拠があるんだ? おいこら、てめえ、ふざけんじゃねーぞ。この俺を泥棒扱いしやがって、ただで済むと思うなよ!」 ※ 「そうそう、この前の万引騒動、誤認逮捕だったってアレよ。捕まえられた犯人って、その筋の人ですって。ウチの店を訴えるとか何とかって騒いでいたけど、けっき…

  • オリジナルミステリ小説 リバースモード 解説

    ミステリのオリジナル小説、第一弾は『リバースモード』です。ワシのミステリには探偵と助手が確立したシリーズがあるのですが、それらはまた次の機会にということで、まずは単発物から。この作品は今から十年程前のもので、短編ミステリの新人賞に応募したのですが、当然ながら一次選考すら通過しませんでした。 ミステリというよりはかなりBL寄りで(笑)BLの新人賞にも並行して応募していたものですから、BLなのかミステリなのか、どっちがどっちなのか? みたいなところはありますね。まだスマホがメジャーになっていなかった時代の作品ですので、現代とはズレた表現があるやもしれません。特に修正はしておりませんが、ご承知おきく…

  • 狂志郎のお勧めミステリ①

    こんにちは、狂志郎です。ワシがハマッたミステリの数々については12/14付の記事で述べましたが、ここで皆様にオススメな作品を御紹介しようかと。メインブログは主にBLネタを語っておりますので、まずはBL好きな方に受け入れてもらえるのではと思うものをピックアップ。 まずは有栖川有栖先生の火村英生シリーズ(作家アリスシリーズ)。『46番目の密室』から始まった、英都大学准教授の火村英生をホームズに、ミステリ作家の有栖川有栖(作者と同名)をワトソンにしたこのシリーズは英都大学の同期で親友の二人の関係が腐女子にもウケており、BL系の二次創作もされております。 その昔「ぱふ」という雑誌(今でもある?)に一般…

  • 回顧録(特撮ヒーロー編Ⅰ)イケメンヒーローにハマッたからには

    こんにちは、初めまして、狂志郎です。なぜに「初めまして」を入れているかというと、ブログを始める時に申請したカテゴリの中で特撮ヒーローに関する記事のみ、未だ書いていなかったからなのです。え~、ブログ始めてひと月近く経つんじゃないの、失礼な話ですね。申し訳ありません。 以前、Twitterで話題になったお題、#歴代の推しを10人集めると好みがわかる ←コレをやってみました。推しの種類?は指定されていないけれど、みんなの回答を見ると、なんとなくマンガ・アニメキャラに限定されている感じで「最初にハマッたのは誰だっけ? そーか、009島村ジョー(井上和彦氏が声をあてていた二期のやつ)だわ」しかし、009…

  • 回顧録(ミステリ編Ⅰ)映画『屍人荘の殺人』公開記念 ミステリ歴を語る

    こんにちは、狂志郎です。今回は初ジャンル、ミステリについて語ります。 ワシの語りはほぼマンガ・アニメBL二次創作の話ですが、腐った女子になる前からの趣味が読書、それも本格ミステリが大好きなんです。昭和の子供にとってミステリとの出会いは小学校の図書室にあるルパン(三世ではなくルブランの方)やホームズのジュナイブル。読みまくりましたね、たぶん全巻制覇したと思う。今は児童向けのミステリも色々出版されているし、コナンのような作品もあるし、選択肢が多彩で羨ましいですね。 その後、大きなミステリの波に襲われました。言わずと知れた、横溝正史ブームです。ハマりましたよ~、角川書店の思うツボ。なけなしの小遣いで…

  • 狂志郎のブログへようこそ!

    こんにちは、初めまして、祭城狂志郎(as稀腐人)と申します。この度、三番目のブログを開設することにしました。 かつてBL商業誌の新人賞に応募し、また、ミステリや児童文学にも応募した経験があります。メインブログでは専らBLや同人活動の話をしておりまして、それに付随して新人賞に応募した時のオリジナルBL小説を公開するサブブログを立ち上げました。しかしながら、そこにミステリを混在させるのもどうかと思い、ならば別名義でミステリ用のブログを開設しようと考えたのです。 メインブログではミステリや特撮ヒーローについても語っていましたが、ついBLのネタが多くなってしまい、少数派で浮いた存在に(笑)。そんな小説…

カテゴリー一覧
商用