searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール PROFILE

groupfさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
母の認知症。ただ時が流れゆく。
ブログURL
https://groupff.exblog.jp/
ブログ紹介文
数年前から認知症になった母親を遠隔地にいる親族の目で、日々起こる事件や周りの対応を現在進行形で記録しています。同じ悩みを持たれる方の心の負担が少しでも軽くなり、何かを参考にしていただければと思います。
更新頻度(1年)

7回 / 9日(平均5.4回/週)

ブログ村参加:2020/02/12

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、groupfさんの読者になりませんか?

ハンドル名
groupfさん
ブログタイトル
母の認知症。ただ時が流れゆく。
更新頻度
7回 / 9日(平均5.4回/週)
読者になる
母の認知症。ただ時が流れゆく。

groupfさんの新着記事

1件〜30件

  • 父親、2度目の入院。

     母親の好きなハーゲンダッツのアイスクリームを買い置きするのを忘れて、タクシーがくる寸前にコンビニへ走った。あれも、これも、あれも。子供がまだ小さい時にし...

  • 父親、2度目の入院。

     「見守りカメラ」の設置と設定を終えて、母親と昼食をとりにいった。東京に来たことは覚えていない。ハンバーグが食べたいというので、少し遠出した。母親が東京に...

  • 父親、2度目の入院。

     駆け足で羽田空港へ向かう。今日帰ることを母親へ伝えたが恐らく伝わっていない。帰宅は23時を過ぎるだろうから鍵をかけられていないことを願う。ここ数週間の疲...

  • 父親、2度目の入院。

     息子が帰京してきた。「できる限りの考えられることをしてきた、おばあちゃんにバナナとジャムパンを買っておいてきた」弟嫁や孫たちは顔を出さなかったことや、弟...

  • 父親、2度目の入院。

     入院初日、妻も私も仕事だったので、父親の着替えと身の回りの物の準備と病院までの付き添いのために息子が実家に3日間行ってくれることになった。 「なんで近...

  • 父親、2度目の入院。

     母親が実家に戻って数週間がたった。週に2~3回、父親から泣き言の電話がかかってくる。 「どうしても俺が他人と言って出て行けというから説明してくれ」いつ...

  • 東京での短い生活。

     母親を連れて、羽田に向かっていた。帰れるからうれしいという感じでもなく、これから自分がどこに向かっているのかさえ理解できていない、気にしていないといった...

  • 東京での短い生活。

     腹立たしい、暗い気持ちでお好み焼屋から自宅に戻る。何を母親としゃべったかは覚えてない。恐らく母親は東京にあと数日しかいないこと、何もできなかったこと、母...

  • 東京での短い生活。

     ようやく週末になった。坂を下ったところのお好み焼き屋へ夕飯を食べに行くことになった。相変わらず、母はカバンにすべての荷物を詰めていつでも帰れるようにして...

  • 東京での短い生活。

    翌日、昨日と同じようにカバンを持って玄関に立つ母親に 「あと少ししたら帰れるから」 「あら、そうなの」 と、昨日の父親の電話を聞いて一人でも帰ると...

  • 東京での短い生活。

     3日目の朝、母親がカバンを持ってそわそわしている。 「私は、今日帰るんだったかねぇ?」 「違うよ、ゆっくりして行って」 「あら、そう。...

  • 東京での短い生活。

     無事に初日を乗り切ることができた。 「お宅の猫は何歳になったの?」 「私のカバンはどこにいったんだろう」 「携帯が見当たらない」 を繰り...

  • 父親の入院。

     昨年の3月、父親が入院した。  透析を始めたばかり、原因不明で肺に2リットルもの水が溜まっていた。即入院。主治医の先生に何度か病状の説明を受けることと...

  • 父親の入院。

     年に2回、東京から実家へ家族で戻っていた。母親が同じ話を何度もすること、少しづつ記憶があいまいになっていくこと、たまに会うからなおさらにその変化を感じて...

  • 認知症の不思議を知る。

     金曜日に実家のある警察からの電話から始まり、4時起き始発の飛行機での帰省。何が起こっているのか何が原因なのか、目の前で起こっていることが夢であってほしい...

カテゴリー一覧
商用