searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

アカツメさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
アカツメ時計研究室
ブログURL
https://watch.akatsume.com/
ブログ紹介文
少ないお小遣いで国産時計の収集をしています。時計の紹介・修理・改造・関連話・お得な情報などの記事を書いています。
更新頻度(1年)

37回 / 290日(平均0.9回/週)

ブログ村参加:2020/02/08

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、アカツメさんの読者になりませんか?

ハンドル名
アカツメさん
ブログタイトル
アカツメ時計研究室
更新頻度
37回 / 290日(平均0.9回/週)
読者になる
アカツメ時計研究室

アカツメさんの新着記事

1件〜30件

  • とりとめのない時計話

    こんにちは。ネット巡回しているとこんな記事がありました。2020時計屋大賞発表 tokeiyataisho.jp 2019年から始まったようですが、どうやら全国の時計スタッフ200人のアンケート投票によって決まるようです。まあノミネートされた27商品から選ぶようなのでずいぶんと偏っている気がします。今年話題になった時計を参考程度に見るには良いのかな・・・時計マニアには物足らない感じもします。TiCTACが主導でやっているようで、売りたい商品が受賞するのでしょう。大賞はTIMEX オリジナルキャンパー でした。 写真はTIMEX公式webサイトより転載https://www.timexwatch…

  • セイコー・アルバ新製品に思ふ

    アルバ AQPK414~418 先日のブログで、アルバは死に体と書きました。私の好きなアルバミリタリーもコストダウンと効率化で、突出していた性能はなくなり凡庸なモデルになりました。他モデルも随時ムーブメントが変更されています。この新しいVJシリーズは平均月差±20秒ですし電池寿命も3年しかありません。まあコストダウンと、カレンダー位置変更による文字盤の大径化が目的でしょう。あまり魅力のあるムーブメントではありません。APBS137 写真はAmazon公式webサイトより転載http://www.amazon.co.jp/dp/B000VT587K アルバトレーサー(トレーサーに似ているから私が…

  • アルバの新ブランド fusion に思ふ

    もはやALBAは死に体である。細々と渡辺力デザインや、アニメやゲームなどのコラボをしているが、ほとんど話題になることもない。マニアが指定買いしていたアルバミリタリー(APBT211など)は、モデルチェンジでコストダウンされ性能劣化したためマニアからも見放されてしまった。あとは200mダイバーズが生き残っているけど、絶版になるのも時間の問題だろう。アルバは時計販売店の隅っこに安っぽく吊られて売られているだけである。しかも地方の店舗では置いてないモデルのほうが多い。もう積極的に売る気もないのだ。そんなアルバから新ブランドが派生したようだ。 fusion.alba.jp 2019年から始まっていたよ…

  • 中古時計を購入したら何をするか

    こんにちは。最近はやりたいことが色々ありブログ記事が書けなくて申し訳ありません。「いや別に待ってないよ」ははは。ごもっともです。時計趣味をはじめて最大の金欠状態で、趣味口座残高が限りなく0なんです(泣)いい大人が情けないですね。というわけで時計も買うことができません。はああ。 ヤフオクやメルカリで購入した時計 お店で売っている中古時計はそれなりに手が入っていることが多く、何もしなくてもそのまま使えるようにしています。そのぶん価格も上乗せされているわけです。しかしヤフオクやメルカリで個人売買されている時計は現状販売です。前オーナーの使い方や保管方法で状態が大きく変わります。ほとんどはノーメンテナ…

  • アルバミリタリーの最終形態 アルバ サバイバー APBV109(7T92-0AY0)

    アルバ末期の逸品 アルバは2002~2003年頃に大きく変わってしまいました。今でもアルバブランドは継続されていますが、私の中では2003年以降のアルバはラインアップに魅力がありません。つまり2002年頃がアルバ末期なのです。あくまで私見であります。このアルバ末期に発売されたサバイバーの1モデル。アルバミリタリーの最終形態とも言えるモデルが、今回紹介する時計です。 サバイバーは、フィールドギアの上位シリーズとして、24時針(今回のモデルにはつきません)やチタニウム外装などを装備した本格アウトドアウォッチです(20気圧防水)残念ながらちょうど2002年のカタログを所有してないので、カタログ写真は…

  • 美しい道具 セイコー オービタックス ASKT001(V701-2K10)

    実は同じ時計を買っている 旧ブログで書いた記事 oldjapanwatch.blog.fc2.com この個体も気に入って使っていましたが、純正ナイロンベルトが馴染めなかったのです。後述しますが、この時計はベルトの固定方法が特殊なので汎用ベルトはそのままでは付きません。一応改造プランを考えて、材料も揃えたところで財政難に陷り売ってしまいました。それなりに残存数もあるモデルなので、また買い戻せばいいと思ったのです。 ようやく買い戻す しかしここ数年で少しずつ相場が上がってきました。キレイな個体は10000円超えが珍しくありません。王道デザインではありませんから万人受けはしないのです。しかもアルバ…

  • はじめての時計 アルバ フィールドギア APAV016 (V601-9020)

    懐かしい時計との出会い 旧ブログでこんな記事を書きました。 oldjapanwatch.blog.fc2.com 文中にもありますが、実家に置いたままだと思っていたこの時計は見つかりませんでした。ネットで写真を集めて、アルバのカタログも手に入れたのですが、また手に取ってみたいなあと思い続けていました。なにしろはじめて自分で選んだ時計なのです。ずっと大事に使いました。テストの時、電車に乗る時、時刻を意識するときにはいつも腕にありました。これ1本しか持ってなかったので、多くの思い出が詰まっているはずです。数年後ポケベルや携帯電話を持ち始めた頃から腕時計はしなくなるのですが・・・ 滅多に市場に出てこ…

  • 端正な防水時計 セイコー シルバーウェーブZ(7546-6050)

    短命に終わったZ クオーツ シルバーウェーブの歴史 最初から脱線しますが、ドラゴンボールZの「Z」って鳥山明氏が命名したのですね。Zはアルファベットの最後の文字だから、これで(原作連載)もうおしまいという意味だったようです。ははは。流石にそれではマイナスイメージなので、究極とか最強という意味ということに変えましたが。シルバーウェーブZの「Z」ってどんな意味だったのでしょうね。当時のカタログでもあれば書いてあるかもしれませんが、今となっては知る由もありません。おそらく日産フェアレディーZ とおなじ最高・究極という意味なのかな。当然Zのつかない無印のシルバーウェーブもあります。シルバーウェーブの歴…

  • 最高のアウトドア時計 セイコー プロスペックス SBDY061(後編)

    前回の続き watch.akatsume.com 渾身レビュー ケース・外胴プロテクター ケースと外胴プロテクターは、硬質コーティングとカタログには記載してあります。ダイヤシールドとは書いてないので、PVCコーティング(イオンプレーティング)かな?詳細は不明だけど、キレイに濃いグレーに染まっています。外胴プロテクターは、単純なテーパー付きの円筒ですから、加工も仕上げも容易という利点があります。通常の時計ケースは複雑なカーブの組み合わせなので、精密に仕上げようとするなら最後は職人技に頼るしかありません。普及品にはそこまでコストが掛けられませんから、大量にバレル研磨するわけです。そうすると平面はダ…

  • 最高のアウトドア時計 セイコー プロスペックス SBDY061(前編)

    セイコーの伏兵にヤラれる 先日、気になる時計として記事に書きました。 watch.akatsume.com 写真はセイコー公式webサイトからの転載です www.seikowatches.com 2018年に海外でストリートシリーズが先行販売されていたようです。 www.seikowatches.com 基本デザインは、セイコーダイバーズ伝統のひとつである外胴を採用しています。脚が短い丸形ケースに外胴と呼ばれるケースプロテクターがボルト止めされ、その外胴の内側に回転ベゼルが収められます。このデザイン方程式を基本とし、文字盤やその他ディテール、カラーリングを変更して既存のダイバーズとは違うイメー…

  • 気になる時計 4(セイコー プロスペックス SBDY059・061)

    こんにちは。コロナウイルスの影響で新製品の発売が遅れていましたが、ボチボチ動き出すようです。皆さん楽しみにしているセイコーファーストダイバー現代デザイン SBDC101 は6月下旬に発売されるそうですね。私もこの後に発売予定のセカンドダイバー現代デザイン SBDC109 を手に入れるためにお金の工面をしなければならないのですけど、どうにも面倒くさくてダラダラと安い時計を買い続けております。わはは。こりゃ発売日までに間に合わないなあ(笑) 今年のセイコーは豊作 前述の復刻が目玉なので、目新しさはありません。マニアの物欲で盛り上がっているだけです。しかしGS60周年として新しいムーブメントも誕生し…

  • 気になる時計 3(セイコー 5スポーツ SRPE51~69)

    こんにちは。コロナウイルスの影響で、時計業界も発売延期になったりと大変なようです。楽しみにしているセイコーの新製品も発売日が遅れているようですね。そんな中、こんな時計が発売される情報が入りました。 新作 セイコー5スポーツ worn&wound blogより画像転載 wornandwound.com もう1月くらい前に、Beginが特集記事を書いていましたから知ってる人もいるでしょう。某巨大掲示板でも話題になりました。 www.e-begin.jp セイコーが依頼して先行記事を書いて話題づくりしているわけです。その割にいまだにセイコー公式WEBページに何も掲載されてないことが不思議ですね。セイ…

  • 5に始まり5に終わる セイコー5 SNXS79(7S26-0480)

    セイコー5とは はじめて購入した機械式時計はセイコー5です。 oldjapanwatch.blog.fc2.com その後、色々な時計を購入するのですが、最近また5が気になるようになりました。まあ高級時計には縁がありませんし、1960年以前のアンティーク時計にもあまり興味がありませんから、大した振り幅はないのですけど。最初に購入したセイコー5はもう手元にはありません。その後購入したオールド時計や、もう少し上のグレードの時計を手にすることで、コストダウンされた部分が分かるようになり見劣りしたからです。セイコー5は歴史も古く、1963年の登場からずっと製造され続けています。ただし1980年代にセイ…

  • ステンレスベルトの選択と調整

    悩むステンレスベルト 先日購入した、セイコー5 DX には純正ステンレスベルトが付いてませんでした。 watch.akatsume.com ちなみに純正のステンレスベルトはコレです。 写真は1969年セイコーカタログvol.2からの転載です 無垢ではなく巻きですが、結構凝ったつくりのベルトです。この年代の時計を安く手に入れるためには、純正ベルトがついてない個体が多いので仕方ありません。とりあえず私のガラ箱から使えそうなベルトを探してみます。 何に付いていたか分かりませんが、シンプルな5連ベルト。純正に似たデザインなので似合いますが、残念ながら弓管の幅が19mmでした。この5DXのラグ幅は18m…

  • 昭和スポーティー3針 セイコー5 DX 6106-7000

    こんにちは。お久しぶりでございます。はてなブログからも、「そろそろ次の記事を投稿してみませんか?」と諭されました(笑)そうですよね。楽なインスタグラムにうつつを抜かしてばかりではいけませんね。こちらが私の本道なのですから。 思わずポチってしまった時計 最近久しぶりにオールド時計を購入しました。今回紹介する時計なのですが、最初から狙っていたわけではありません。本当は、セイコー5 SNXS79(7S26-0480)を購入しようと思っていました。 写真はオークフリー(ヤフオク落札結果)からの転載です。https://aucfree.com/items/j631526707もう絶版ですが、今でもまだ新…

  • 新型コロナの影響と時計趣味

    緊急事態宣言が出されました。在宅勤務体制へ移行する会社、休業する会社と対応は色々ですが、医療崩壊・経済崩壊することなくウイルスの国内終息が目的ですから仕方ありません。該当地域の方々は不自由で窮屈な生活になるでしょう。私が住む地方にもコロナ患者はいますから他人事ではありません。同じ様に自粛して3密を避けるしかありません。いまのところ自動車通勤で出社していますが、今後どうなるかわかりません。同調圧力を否定される方々もいます。私も心地よいものではありません。しかしこの国では緊急事態宣言による罰則も強制力もありませんから、同調圧力こそ庶民を動かす力です。方向さえ間違わなければと良い思います。少しの間、…

  • 掲示板を設置しました

    こんにちは。今日は暖かくお花見日和ですね。コロナの影響で外出できない方もおられますし、皆さん自粛されていること思います。私は自動車通勤ですから桜を見ながら窓をあけて春を感じております。 掲示板について このブログ専用の掲示板を設置しました。前のブログのときにも設置してましたが、今回は違う無料レンタル掲示板を使っています。 zawazawa.jp 前回のFC2掲示板よりも使える機能も多く、写真も複数枚貼れるようになりました。あまり自由度が高すぎると色々と問題もあるので、こちらの設定で規制をしている部分もありますが、基本的な機能は使えます。とはいえ。あまり投稿に凝っても仕方ありません。大事なのはな…

  • おすすめ時計書籍(その1) セイコーダイバーズウオッチ進化論

    こんにちは。年度初めでバタバタとしております。コロナウィルスの影響なのか、パッとする時計ニュースもありません。今日は時計書籍ネタをいくつか。ずっと絶版でプレミア価格だった、「セイコーダイバーズウオッチ進化論」が増版されたようです。 セイコーダイバーズウオッチ進化論 (ワールドムック 1078) 作者:徳永幾男 発売日: 2015/06/12 メディア: ムック ムックとしては少々高価ですが、ダイバーズウォッチをここまで掘り下げた書籍はほとんどありませんから、内容は間違いありません。ただし専門的な話もあるので、全てを理解するのは難しいです。何度も読んで少しずつ理解を深めていく書籍です。私は発売さ…

  • セイコーダイバーズカスタム考察

    何度も書いている話ですが、ここ1年くらいはランクルを購入したため、時計業界チェックから遠ざかっていた。ほとんど時計も購入していない。時計ブログを再開してから、毎日時計情報をネットから仕入れて読む、ヤフオク・メルカリ等の中古市場調査、その他ネットショップなどを巡回して、リハビリを続けている。 セイコーダイバーズカスタム業界の現在 セイコーダイバーズカスタム業界もずいぶんと変わっているみたいですね。基本的には、セイコーダイバーズを買う、サードパーティー製のカスタム部品を買う、部品交換する。この流れは20年くらい変わってませんでした。しかしここ1~2年くらいで、レプリカケースを販売する業者が出てきま…

  • ここ一番で使う時計

    タイトルは少々大袈裟ですね。人生でここ一番なんて滅多にありません。しかし冠婚葬祭や節目のイベントは誰しも必ず訪れます。私のようにいつもは作業着で仕事してる人なら、慣れないスーツに袖を通すことでしょう。そんなときに決まる時計を1本持っていれば、ビシッと締まりますよ。私はこの時計を手に入れてから、スーツ着用時は必ず装着します。 セイコー キングセイコー 5621-7020別に時計なんてなんでも良いのです。決まりはありません。よくある冠婚葬祭には云々なんて、時計売りたい販売員の謳い文句ですからスルーです。しかしスーツを着るときは、この時計を選んでしまいます。ザ・セイコースタイル。シャープで切れそうな…

  • 経年変化について考える

    長く使えるモノは経年変化を愉しめる。以前から同じようなことを考え続けている。 oldjapanwatch.blog.fc2.com エイジングとは エイジングなんて言葉がある。精密機械や電気製品を安定するまで動作させることを意味するが、木や革などの素材が色焼けしたりする変化もエイジングと言う。エイジング加工とは、塗装や研磨など人工的に加工することで、時を重ねて経年変化したように見せること。市民権を得られた加工は、ジーンズのダメージ加工でしょう。もはやリジットやワンウォッシュを買うほうが少数派だと思う。鉄や木に錆・汚れ・色褪せなどの古色を塗装することも一部では需要があるらしい。時計も少し前から、…

  • 私の選ぶ現行ダイバーズウォッチ

    ダイバーズウォッチとは こんにちは。先日コメント欄で、読者さんから『私の選ぶダイバーズ』が知りたいとリクエストがありましたので、お応えいたします。まずダイバーズウォッチをさらりと理解したほうが良いです。少々長文になりますが、過去に記事を書いてますから読んでみて下さい。 oldjapanwatch.blog.fc2.com 世の中では、回転ベゼルがついてる防水時計を全てダイバーズウォッチとして売られています。特に舶来時計はイメージ先行なモノが多く、曖昧な感じがします。別にカッコよければ何でもいいじゃん。という方もいるでしょう。私もダイバーズウォッチつけて海に潜るわけではありません。陸で使うならダ…

  • 時計の売り方

    最近は、リハビリを兼ねて時計情報収集が日課となっています。しかし時計ジャンルだけでも毎日膨大な量の情報が生み出されるので、全てに眼を通すのは不可能。斜め読みで流しつつ、気になったところだけ読み込むスタイルです。 セイコー オリジナルウォッチ 最近よく見る、セイコー別注・セイコーコラボウォッチ こんな時計が発売されてました。 写真は下記ナノ・ユニバース公式webサイトからの転載です store.nanouniverse.jp 公式インスタグラムでも予約受け中と宣伝していたようです。 この投稿をInstagramで見る ◆予約受付中◆ 『nano・universeプロデュースによるセイコーオリジナ…

  • 偽物時計考察

    コメントにて偽物について情報交換をしたので、ここまでの偽物情報をまとめておこうと思う。偽物の大きな流れは変わってないけど、流通する偽物は少しずつ進化しているし、流通経路も変わっているので、その都度記事にしたほうが良いでしょう。 偽物時計とは 前ブログから、偽物についての考察は何度も書いている。 oldjapanwatch.blog.fc2.com oldjapanwatch.blog.fc2.com oldjapanwatch.blog.fc2.com oldjapanwatch.blog.fc2.com 古いのでebayリンクなどは切れてしまっているけど、大まかな考え方は変わっていない。知的…

  • 私の中古品の買い方

    以前にこんな記事を書きました。 oldjapanwatch.blog.fc2.com oldjapanwatch.blog.fc2.com 今も概ね考え方は変わってません。ただ最近のヤフオクやメルカリを見ていると、やたらデッドストックを見かけるので、また色々と考えてしまうのです。個人差はありますが、売買品の状態はこんな感じに表記される。新品 > 未使用品 > 極上品 > 美品 > 良品 > 並品 > 難あり品 > ジャンク品 > 部品取りデッドストックは、売れ残り品・不良在庫という意味ですから、保存環境により状態は異なります。時計の場合、長時間紫外線にさらされて色褪せたり、時計同士がぶつかって…

  • セイコー新製品に思ふ(ダイバーズ・その他編)

    こんにちは。前回の続きです。 watch.akatsume.com セイコーダイバーズ 55周年記念モデル 庶民には縁のない復刻三部作 セイコーが推したいモデルはこれでしょう。 www.seikowatches.com www.seikowatches.com ただこの復刻三部作は、お金持ちのマニア向けですね。ファースト復刻 SBEX009 65万円+税300mダイバー復刻 SBEX011 70万円+税600mツナ復刻 SBDX035 45万円+税 上記の3本+スペシャルボックス+オプションストラップトリロジーコレクションボックス 200万円+税ははは。なんだこれ。もう庶民には縁のない世界です…

  • セイコー新製品に思ふ(GS編)

    こんにちは。先日、セイコーの2020年モデルが公式発表されました。セイコーは今年のバーゼルにも不参加で、そのバーゼル自体も延期になってしまいました。毎年バーゼルに、その年の新製品が出品されていたので楽しみにしていましたが、高い参加費を支払ってまで出品するメリットがなくなってきたのでしょうね。 グランドセイコー60周年記念限定モデル ダイバーズも非常に気になる所ですが、今年の目玉はコレでしょうね。 写真は下記セイコー公式webサイトからの転載です www.grand-seiko.com www.grand-seiko.com 写真はセイコー公式webサイトからの転載です 新設計のムーブメント な…

  • ヤフオク・メルカリ巡回

    中古市場のアンテナを立て直す こんにちは。時計ブログを再始動してから、ヤフオクやメルカリなどの巡回も再開しました。ずっと欲しい時計はありますが、アラートに入れて探している時計はありませんから、適当なキーワードで順繰りに眺めているだけです。それでも昔とった杵柄で、なんとなく相場や出品傾向など色々なことが分かります。面倒くさいので統計はとりませんが、1年前とどう変わったか見ていくのです。まずは様子見です。気になった時計を片っ端からウォッチリストに入れて入札状況と落札価格をチェックします。まだ再開したばかりなので、手探りな部分もあります。しばらく巡回し続けてから、いくつかの時計を狙ってみようと思いま…

  • 飽きのこない愛用品 セイコー ロードマチック 5601-9000

    こんにちは。先日は多くのランキングバナークリックありがとうございました。1日で200ポイントって・・・皆様の本気にビビりました(笑)そして皆様の期待と想いが嬉しかったです。モチベーションチャージ満タンであります。期待に応えられる記事を書くために精進いたします。 私の愛用品 今回はロードマチック ノンデイト 5601-9000 です。 前時計ブログでも何回も紹介している時計で私のお気に入りです。昔から読んでくださっている読者さんには、いい加減ネタ切れ感があるかな。記事の焼き直しになる部分もありますが、今の視点・考え方で語ってみようと思います。 oldjapanwatch.blog.fc2.com…

  • 時計ブログの行く末

    こんにちは。ネタの準備ができてないので、今回は時計ブログについて語ってみようと思う。 ブログとの出会い 私は2015年4月に時計ブログを書きはじめました。すでにフェイスブックやインスタグラムなどのSNSが浸透していたけど、まだブログが盛り上がっていた時期でした。正確なデータをとっているわけではないし、時計というカテゴリーはブログの中でもマイナーで、狭い世界の話です。いまだにブラウザのお気に入りには時計ブログがいくつも入っています。時計ブログは、今は無きヤフーブログに多かったですね。実は私もブログをはじめるときにヤフーブログにしようと思ったのです。いくつかのグループはあったけど皆さんワイワイと楽…

カテゴリー一覧
商用