searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール PROFILE

森野福郎さんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
転職
ブログURL
https://twenshok.seesaa.net/
ブログ紹介文
転職、就活の専門家キャリアカウンセラーが履歴書や面接、就職サイトなどのポイントを語ります
更新頻度(1年)

15回 / 23日(平均4.6回/週)

ブログ村参加:2020/02/04

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、森野福郎さんの読者になりませんか?

ハンドル名
森野福郎さん
ブログタイトル
転職
更新頻度
15回 / 23日(平均4.6回/週)
読者になる
転職

森野福郎さんの新着記事

1件〜30件

  • 50代 敬語

    50代、60代の特に男性の転職の妨げになっているのが敬語です。敬語を使うのが苦手な世代です。敬語を使われるのは得意な世代です。 使われる人が使えない理由は、尊敬語と謙譲語を混同するのも大きな理由です。丁寧語を敬語と捉えることもできます。しかし丁寧語は敬意が入っていなくても文章として成立します。 尊敬語と謙譲語さえマスターすれば敬語はこわいものなしです…

  • 合同説明会 中止

    今年は社会的状況で、就職活動において重要と目されている合同説明会が各地で中止されています。 合同説明会:略して合説。 転職サイトを運営しているような会社が、イベント会場などを借りて多くの企業のようにブースを用意します。そこで会社の紹介をして、求職者を集めようとする会ですね。 求人企業と求職者が接する良い機会として、ここで就職が決まることもしばしばです。

  • 就職面接 ヘラヘラ

    就職面接はニコニコしていてもいいのか?クライアントに聞かれたことがあります。「面接の時に笑顔でいると、ヘラヘラしている奴と思われませんか?」 うーん、思われるかもね。 でも、それが悪いことなのかどうかです。面接の時に笑顔が全く出ないと、怒ってるんじゃないかと思われるかも知れません。自分の会社に就職面接に来て「ニコニコしてい…

  • 履歴書写真 目的

    履歴書写真、何のために貼る?履歴書写真は笑顔が大切です。なぜ、笑顔が大切なのか?それは、採用側にいい印象を与えるためですよね。 それだけが目的であれば、何も自分の写真じゃなくてもいいのです。しかし、履歴書写真の目的はそれだけではありません。 履歴書写真の最大の目的は照合です。面接でやってきた人が、ちゃんと履歴書に書いてある…

  • 履歴書写真 取り扱い方

    履歴書写真、どのように取り扱う?ここでいう、取り扱い方というのは写真をどうするかということですね。以前、履歴書写真は笑顔にしましょうと書きました。 その写真は何枚ぐらい現像するか?ですよね。もちろん、使い回しは可能ですので多めに現像します。もし、データで手に入るのであれば、データで入手します。そして、ご自宅のプリンターで印刷した…

  • 転職準備 通信講座

    スキルアップの仕方について転職準備として、職業訓練校で訓練を受けるのは有効な手段です。ただ、そのような時間や機会がないこともあります。むしろ、時間や機会がある人のほうが少ないかも知れません。 訓練校に行くとなると、時期的な問題もあります。通学にも時間と費用がかかるかも知れません。自分の都合のいい時に開講してくれるとは限りません。<…

  • 履歴書写真 取り扱い方

    履歴書写真、どのように取り扱う?ここでいう、取り扱い方というのは写真をどうするかということですね。以前、履歴書写真は笑顔にしましょうと書きました。 その写真は何枚ぐらい現像するか?ですよね。もちろん、使い回しは可能ですので多めに現像します。もし、データで手に入るのであれば、データで入手します。そして、ご自宅のプリンターで印刷した…

  • 就職面接 笑顔

    就職面接には緊張は付き物就職面接は緊張しますよね。何しろ相手は初対面で、どのような人が待ち受けているかわかりません。話したいことがうまく話せないかも知れません。うまくアピールできないかも知れません。どうしましょう? しかし、考えてみれば相手だって緊張しています。あなたが面接官と初めて会うということは、向こうだってあなたと初…

  • 履歴書 写真

    履歴書で最も重要視すべき欄は?転職や新卒の就活の際に作成するのが、履歴書。履歴書の中で、最も重要な欄はどこでしょう? そう尋ねると「全部重要」なんて答えが聞かれます。そりゃそうなんですけどね。では、採用側が最初に見るところは? それは、もう、写真に決まっています。 履歴書は基本的には表に文字が書かれている書類です。この書…

  • 正社員 非正規社員

    正社員になりたいですか?転職理由として多いのが「正社員になりたいから!」です。 たしかに非正規社員の経験しかない人にとっては切実な問題かもしれません。若い人たちを対象に正社員を目指すための求人サイトもたくさんあります。 ところで本当に正社員のほうが、それほどまでにいいのでしょうか? この判断は年齢によって変わります。性格に…

  • 転職サイト 職種

    転職サイトは職種専門も検討に値します転職サイトはある職種専門のところもたくさんあります。例えば、営業職、保育士、工場の製造部門などです。他にも、ITエンジニア、介護士、コンサルタントなどもあります。 特に医療業界はかなり細かな分類を専門としている転職サイトも多いですね。医師薬剤師看護師歯科医師美容外科…

  • 転職 地域

    転職は地域でも違いがあるけれど・・・ 仕事が豊富なのは、関東が一番です。もちろん職種、業種にもよるのですが、とにかく関東が最も求人が多いですね。 言うまでもありませんが、中でも最も多いのは東京です。 そして、次が関西、そして中京。 求人は人口に比例すると言っていいですし、ひょっとしたら、都会であるほど指数関数的に増…

  • 転職 志望動機

    志望動機は大切ですが、正直すぎると困ります志望動機は大切です。とっても重要です。 何しろ、その会社(あるいはその組織)に入りたい理由ですから。 採用側は志望動機によって、その人のやる気、熱意を読み取ろうとします。 志望動機が書いてないと、やる気がない人だと思ってしまうでしょう。 しかし正直に書けば良いというものでも…

  • 転職 理由

    転職の理由というのは退職理由のことですよね 転職の理由はどうしたらいいですか? 悩んでいる人がいます。転職の理由というのは、退職理由のことですよね。「なぜ転職しようと思ったか?」ですから。 転職をしようと思ったきっかけがありました。と、思い出話をするのであれば、その後の就活には関係ありません。 悩むのは、退職理由をどのよう…

  • 転職 自己PR

    自己PRとは自分の宣伝のこと 自分を宣伝できますか?苦手ですか? 奥ゆかしいあなたは苦手かもしれません。謙虚なあなたは苦手かもしれません。 しかしそれでは転職はできません。 採用側の気持ちになってみましょう。 「私はなんにも得意なことはありません。何をやったとしてもうまくできる自信がありません。」 このよう…

  • 転職 スーツ

    転職のスーツとは? リクルート(recruit)とは「新兵、補充兵、最下級兵」という意味が最初に出てきます。次に「新人、新会員、親党員、新入生」 それなのに日本ではリクルートといえば「就活」の意味として捉えられています。 もちろん企業名としても有名です。 むしろそちらのほうが先で株式会社リクルートホールディングスの影響力は…

  • 転職 年代

    転職するのに最もいい年齢というのはあるのでしょうか? あります! こればっかりはどうしようもないことで、しかも厳然たる事実として存在します。 最も転職しやすい年齢は30代です。 理由は2つあります。1つ目は、20代に比べてある程度社会経験があるということ。2つ目は、自分の会社で長く働いてくれる期待ができること。 採…

  • 転職 女性

    女性は転職に不利かどうか、あるいは中途採用に不利かどうか? この質問はあまりにも大雑把すぎます。求人には、女性が有利な仕事もあれば、女性が不利な仕事もあります。 この場合の有利、不利というのは採用されやすいかどうかです。 会社側が求人を出す場合は、必ずと言っていいほど、年齢と性別は想定してい…

  • 転職 面接

    転職をするときの就職面接のポイントとは? 就職面接がなぜ行われるかといえば、採用側が入社前に、少なくとも一度は会っておきたいからです。 できれば何度も会いたいのですが、時間と費用の制限があります。 中には6次面接まであったというクライアントもいましたが、ほぼほぼ2次面接までで決まることが多いようです。 尋ねられる内容も様々ですが…

  • 転職 履歴書

    新卒の採用にしろ、転職にしろ、就職活動で避けて通れない関門が2つあります。 ひとつは履歴書、もうひとつは面接です。採用側としてはどこの誰だか素性もわからない人を入社させるわけにはいきません。 まずは履歴書でどのような人であるかを確認し、面接で実際にあってみて、見極めたいのです。 転職の際の履歴書の書き方 それでは、転職の際…

  • 転職 サイト

    はじめに転職サイト、求人サイト、就職サイト、就活サイトなどと様々な呼び方がありますが、一体どれが正しいのでしょう? 答えは・・・どれでもいい! 特に正解はありません。 強いて言えば、求人情報を紹介するサイトですので「求人サイト」と呼ぶのがいいのでしょうが、一般的には転職サイトなどと広く呼ばれています。 この事実は就職活動…

カテゴリー一覧
商用