searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール PROFILE

ゆかりFPさんのプロフィール

住所
未設定
出身
坂井市

ファイナンシャルプランナーです。 日本FP協会CFP®(国際上級資格) 厚生労働省1級FP技能士

ブログタイトル
<おすすめ資産運用>資産家のための悠々自適生活
ブログURL
http://yuyu-life.pro/
ブログ紹介文
資産運用に時間が割けない資産家や富裕層のために、相続・節税・資産運用・プライベートバンクなどの情報を提供しています。
更新頻度(1年)

15回 / 120日(平均0.9回/週)

ブログ村参加:2020/02/02

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、ゆかりFPさんの読者になりませんか?

ハンドル名
ゆかりFPさん
ブログタイトル
<おすすめ資産運用>資産家のための悠々自適生活
更新頻度
15回 / 120日(平均0.9回/週)
読者になる
<おすすめ資産運用>資産家のための悠々自適生活

ゆかりFPさんの新着記事

1件〜30件

  • アフターコロナの教育資金作り。

    9月入学で大学進学はどう変わるのか?   新型コロナの影響で、「9月入学」への移行が現実化しそうです。 現在、9月入学となっている国は、アメリカ・カナダ・イギリス・フランス・イタリア・ロシア・スペイン・中国・台 …

  • コロナ後のインフレ、資産運用のために複利計算をマスターする。

    新型コロナの後にくるインフレ・増税? 新型コロナではマスクのほとんどを輸入に頼っていることがわかり、今回のように世界的な問題が発生すると生活用品などの不足や値上がりがあることを学びました。 今後も新型コロナのようなウイル …

  • 新型コロナが資産運用に与える影響

    新型コロナでマイナス金利はもうプラスに戻らない? 日本銀行のマイナス金利政策の導入は、2016年2月16日。 すでに4年を経過します。 ゼロ金利政策を導入したのは、1999年2月で、20年以上も経過しているわけで、 日本 …

  • 増税・インフレから資産を守るには?

    新型コロナであなたの資産が狙われる! 新型コロナの後は、資産を持っている方が増税対象になってくると思います。 現に、銀行口座から海外への送金が難しくなっているどころか、まとまったお金を一度に下ろすことすら難しくなってきて …

  • コロナ税が先か、貯蓄税が先か。

      東日本大震災後、震災からの復興財源に充てるため、復興特別税(復興税)というものができました。 新型コロナでは経済も財政も大きなダメージとなりますので、そのうちこれと同じような形で新たな税が導入されるのではな …

  • 新型コロナの資金調達や資金繰りに。

    審査なし、金利ゼロの夢のような借り入れが可能に。 今回の新型コロナで、国は頼りにならない、というのが痛いほどわかりましたよね。 また、新型コロナは収まる気配がなく、まだまだ私たちの生活に影響を及ぼしそうです。 今まで順調 …

  • 預金封鎖の対策を考える。

    マイナンバー制度の導入で資産家が心配すること。 マイナンバー導入で預金封鎖や財産税が現実味を帯びてきたため、対策を考える資産家も多いですね。 新型コロナが財政に与える影響も大きく、また社会保障費も膨らみ続けるので、財政悪 …

  • 新型コロナが早期退職者に与える影響。

      新型コロナが私たちの人生に与える影響   2019年は、「黒字リストラ」が1万人にもなり、事実上、終身雇用が崩壊したとも言われました。 2020年も黒字リストラが続くと思われましたが、予想もしなか …

  • 新型コロナウィルスは財政危機の火種となるか?

    年金30%カットとなるのか? 新型コロナウィルスで経済への影響が連日話題になっていますが、これはやがては財政への問題にも波及するのではないか、と考えています。   そんな時「オペレーションZ」というドラマをたま …

  • 新型コロナウイルスで日本経済は2020年に危機到来か?

    日本の国債リスクが拡大!?  世界各国が金利を下げている中、 2016年から日本はすでにマイナス金利となっており、思い切った手を打てなくなっています。 また国債等はすでに日本の中だけで動いているわけではなく、海外の保有額 …

  • 相続でモメないための相続対策と相続税の準備

    1億円以上の遺産額の場合、相続税の計算結果は? 下記の例での相続税額を計算してみます。 例)親から(もう一方の親はすでに死亡)子ども二人(兄弟)へ相続が発生した場合。 被相続人の配偶者:なし 法定相続人:子(生存)2人( …

  • 老後資金5,000万円をめざす 「自宅で学べる資産構築セミナー」

    自営業・フリーランス向け「自宅で学べる資産構築セミナー」ご案内   自営業やフリーランスのほとんどが国民年金だけで、老後の年金生活に不安を感じている人も少なくありません。 近年「老後2,000万円問題」が話題と …

  • 自営業は老後2000万円問題ではなく老後5000万円問題?3つの問題とは?

    自営業・フリーランスは年金不足。 自営業で一番問題にされるのは「国民年金」だけ、という問題です。 若い時代にサラリーマンで厚生年金に加入していたとしても、低い賃金や短い期間での加入というケースであれば、厚生年金部分も思う …

  • 過去の預金封鎖や財産税を振り返り、これからの資産保全を考える。

      戦後の預金封鎖・財産税徴収はどのように起こったか? 団塊世代が後期高齢者になる2020年前半。 増え続ける社会保障費により国債の増発が気になるところです。 経済力も弱まっていく今後、戦後の借金を日本はどのよ …

  • 実質、財産税がいよいよスタート?まずは高齢者から狙われる。

    後期高齢者の医療費負担が2割へ。 2019年12月、全世代型社会保障検討会議にて、増え続ける医療費対策として、2022年度から75歳以上の後期高齢者を対象に医療費の窓口負担を原則1割(*1)(*2)から2割に引き上げる方 …

  • 海外口座でかんたん資産作り。

    海外口座を作るメリットは?おすすめの理由。 分散をリスク回避と考えると、海外に口座を作っておくのも一手です。 日本国内にだけお金を置いておくよりも海外で直接外貨を持っているのは手数料的にも有利です。   日本人 …

  • 国の借金の多くを占める国債がレッドゾーンへ。

    東京オリンピックの後に景気悪化する理由 財務省は東京オリンピックの2020年以降10年間の国債発行残高を発表しましたが、私たちの生活はかなり大変なものになりそうです。 単純にオリンピック後の経済成長率がダウンする、という …

  • 相続税の税金対策でアパートを使った節税方法が厳しくなる?

      相続税の節税対策でアパート建築する理由 相続税対策としてアパートやマンションの建築を勧められたことはありませんか? アパート等の建築がなぜ相続税対策になるか、確認していきましょう。   未利用の土 …

  • 円はいつまで安全資産なのか?

    年初、米国とイランの中東情勢で一時円高になりました。 市場が混乱すると、「比較的安全資産と言われる円が買われ」円高になります。 ??? 円がなぜ比較的安全なのか?考えたことがありますか?

  • 日経平均株価が下がっても安心できる資産運用法は?

    失敗しない運用法でおすすめの分散投資のやり方は? 投資で必要なのは「分散」です。 できるだけ分散することで、リスクを小さくすることができます。 「分散」というと、商品や通貨の分散を思い立つ人が多いと思いますが、時間を分散 …

  • 富裕層としてのステイタス。プライベートバンク。

    富裕層のステイタスともいえる「プライベートバンク」について説明しています。 日本と海外のプライベートバンクのサービスの違いとは? 海外のプライベートバンクを利用する本当の理由とは?

  • 将来を元本確保型の商品で備えるのがおすすめ。

    将来のために確実に備えるには、元本確保型の商品がおすすめです。 積立型でほったらかしで増えるものであれば、忙しい方でもしっかりした資産作りができますよ。

  • 教育費は大学入学までにいくら準備が必要か?

    「お子さんが産まれたら学資保険」と決めていませんか? お子さんが大学に進学する時期の日本の状況を考えた資金作りが必要です。 資産運用の面から教育費や学資保険を考えてみましょう。

  • 学資保険は必要か?長期の資産運用から考える。

    大学生をお持ちの親御さん、 学資保険で教育費は足りましたか? 教育費を長期の資産運用という面から考えていきましょう。

  • 海外での資産運用、税金や資産防衛も考えよう。

    資産家の方にとっては、税金で頭を痛めるケースも多いでしょう。今後考えられる課税強化や資産防衛について見ていきましょう。

カテゴリー一覧
商用