searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE

虎流砕さんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
ドラフトの通信簿
ブログURL
https://koryusai.hatenablog.com/
ブログ紹介文
NPBドラフトにおける、各球団の指名結果を採点します。
更新頻度(1年)

144回 / 154日(平均6.5回/週)

ブログ村参加:2020/01/31

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、虎流砕さんの読者になりませんか?

ハンドル名
虎流砕さん
ブログタイトル
ドラフトの通信簿
更新頻度
144回 / 154日(平均6.5回/週)
読者になる
ドラフトの通信簿

虎流砕さんの新着記事

1件〜30件

  • 2018年ドラフト<集計編>

    さて、チーム毎に振り返ってきた2017年ドラフトですが、獲得ポイント順に並べると次の通りとなります。(ポイントの横は、獲得した主要選手です。カッコ内はまだ1軍で目だった結果は出していないものの、期待値の高い選手です。) 阪神 256 近本・木浪(小幡) De 215.2 上茶谷・大貫(伊藤) 楽天 190.1 辰巳・弓削・渡邊(太田光) オリ 185.2 中川・荒西(太田椋・頓宮) 西武 132.1 松本(山野辺) 読売 103.2 髙橋(戸郷・山下) ロッ 102.1 小島(藤原・東妻) SB 94.1 甲斐野 ヤク 92.2 (中山) 広島 69.2 小園(林) 中日 51 梅津(根尾) …

  • 2018年ドラフト<野手ファーム成績編>

    昨年度に続き、この年度も野手ファーム成績をまとめておこうかと思います。 ファームで2019年シーズンに300打席以上与えられた選手を中心に、名前・球団・打席数・OPS・BB/Kの順に記載しており、BB/Kの値でソートしています。 BB/K、つまり1回三振するまでに何個の四球を取るかを示す数値で選球眼の指標ですが、この数値が高いほど1軍で通用する可能性が高いと言われています。(OPSが高くてもBB/Kが低くミスの多い選手は、「二軍の帝王」化する可能性が高いです。) <高卒選手> 山下 読売 育1 344 .843 .843 太田 オリ 1位 263 .743 .491 林 広島 3位 348 .…

  • 2018年ドラフト<広島東洋カープ編>

    この年のカープの指名は以下の通りでした。(選手名の横の数値は、2019シーズン終了までの通算成績になります。)そろそろ、一軍成績だけで語れる年ではなくなってきたので、2軍成績にも言及してまいります。 1位 小園海斗 40安打(4球団競合) 2位 島内颯太郎 28.2回 3位 林晃汰 0安打 4位 中神拓都 0安打 5位 田中法彦 0回 6位 正隨優弥 0安打 7位 羽月隆太郎 0安打 育1 大盛穂 0安打 1P=1安打=1回とすると、この年のドラフトはトータルで69.2Pになります。 1位で高校BIG3の一角、小園を4球団競合の末に獲得します。1軍で正遊撃手の田中が絶不調に陥ったこともあり、1…

  • 2018年ドラフト<埼玉西武ライオンズ編>

    この年のライオンズの指名は以下の通りでした。(選手名の横の数値は、2019シーズン終了までの通算成績になります。)そろそろ、一軍成績だけで語れる年ではなくなってきたので、2軍成績にも言及してまいります。 1位 松本航 85.1回 2位 渡邉勇太朗 0回 3位 山野辺翔 1安打 4位 粟津凱士 2回 5位 牧野翔矢 0安打 6位 森脇亮介 31回 7位 佐藤龍世 13安打 育1 東野葵 0回 育2 大窪士夢 0回 育3 中熊大智 0安打 1P=1安打=1回とすると、この年のドラフトはトータルで132.1Pになります。 野手育成に定評のあるライオンズですが、昨年に続いて高校BIG3をスルーして即戦…

  • 2018年ドラフト<東京ヤクルトスワローズ編>

    この年のスワローズの指名は以下の通りでした。(選手名の横の数値は、2019シーズン終了までの通算成績になります。)そろそろ、一軍成績だけで語れる年ではなくなってきたので、2軍成績にも言及してまいります。 外れ 根尾昴 外れ 上茶谷大河 1位 清水昇 26回 2位 中山翔太 28安打 3位 市川悠太 0回 4位 濱田太貴 0安打 5位 坂本光士郎 21.2回 6位 鈴木裕太 0回 7位 久保拓眞 11回 8位 吉田大成 6安打 育1 内山太嗣 0安打 育2 松本友 0安打 1P=1安打=1回とすると、この年のドラフトはトータルで92.2Pになります。 1位の清水ですが、1年目は11登板して防御率…

  • 2018年ドラフト<福岡ソフトバンクホークス編>

    この年のホークスの指名は以下の通りでした。(選手名の横の数値は、2019シーズン終了までの通算成績になります。)そろそろ、一軍成績だけで語れる年ではなくなってきたので、2軍成績にも言及してまいります。 外れ 小園海斗 外れ 辰己涼介 1位 甲斐野央 58.2回 2位 杉山一樹 4回 3位 野村大樹 1安打 4位 板東湧梧 0回 5位 水谷瞬 0安打 6位 泉圭輔 18.1回 7位 奥村政稔 12.1回 育1 渡邉陸 0安打 育2 岡本直也 0回 育3 重田倫明 0回 育4 中村宜聖 0安打 1P=1安打=1回とすると、この年のドラフトはトータルで94.1Pになります。 1位指名は、高卒内野手(…

  • 2018年ドラフト<読売ジャイアンツ編>

    この年のジャイアンツの指名は以下の通りでした。(選手名の横の数値は、2019シーズン終了までの通算成績になります。)そろそろ、一軍成績だけで語れる年ではなくなってきたので、2軍成績にも言及してまいります。 外れ 根尾昴 外れ 辰己涼介 1位 高橋優貴 93回 2位 増田陸 0安打 3位 直江大輔 0回 4位 横川凱 0回 5位 松井義弥 0安打 6位 戸郷翔征 8.2回 育1 山下航汰 2安打 育2 平井快青 0回 育3 沼田翔平 0回 育4 黒田響生 0安打 1P=1安打=1回とすると、この年のドラフトはトータルで103.2Pになります。 1位指名は、高卒内野手(根尾)→大卒外野手(辰巳)→…

  • 2018年ドラフト<北海道日本ハムファイターズ編>

    この年のファイターズの指名は以下の通りでした。(選手名の横の数値は、2019シーズン終了までの通算成績になります。)そろそろ、一軍成績だけで語れる年ではなくなってきたので、2軍成績にも言及してまいります。 外れ 根尾昂 1位 吉田輝星 11回 2位 野村佑希 0安打 3位 生田目翼 8回 4位 万波中正 0安打 5位 柿木蓮 0回 6位 田宮裕涼 0安打 7位 福田俊 0回 育1 海老原一佳 0安打 1P=1安打=1回とすると、この年のドラフトはトータルで19Pになります。 最初に根尾のクジを外してしまいますが、外れ1位で夏の甲子園で1番のスターだった吉田をゲット。そこから、2位野村・4位万波…

  • 2018年ドラフト<横浜Denaベイスターズ編>

    この年のベイスターズの指名は以下の通りでした。(選手名の横の数値は、2019シーズン終了までの通算成績になります。)そろそろ、一軍成績だけで語れる年ではなくなってきたので、2軍成績にも言及してまいります。 外れ 小園海斗 1位 上茶谷大河 134回(2球団競合) 2位 伊藤裕季也 15安打 3位 大貫晋一 66.2回 4位 勝又温史 0回 5位 益子京右 0安打 6位 知野直人 0安打 育1 宮城滝太 0回 1P=1安打=1回とすると、この年のドラフトはトータルで215.2Pになります。 二遊間はベイスターズの泣き所。1位で遊撃手の小園を狙いますが外してしまいます(これが1年後の2019年ドラ…

  • 2018年ドラフト<オリックスバファローズ編>

    この年のバファローズの指名は以下の通りでした。(選手名の横の数値は、2019シーズン終了までの通算成績になります。)そろそろ、一軍成績だけで語れる年ではなくなってきたので、2軍成績にも言及してまいります。 外れ 小園海斗 1位 太田椋 0安打 2位 頓宮裕真 18安打 3位 荒西祐大 51.2回 4位 富山凌雅 2回 5位 宜保翔 6安打 6位 左澤優 3回 7位 中川圭太 105安打 育1 漆原大晟 0回 1P=1安打=1回とすると、この年のドラフトはトータルで185.2Pになります。 1位で小園を外した後、同じ高校生遊撃手の太田を指名します。夏の高校野球では奈良大会決勝で姿を消したため、甲…

  • 2018年ドラフト<中日ドラゴンズ編>

    この年のドラゴンズの指名は以下の通りでした。(選手名の横の数値は、2019シーズン終了までの通算成績になります。)そろそろ、一軍成績だけで語れる年ではなくなってきたので、2軍成績にも言及してまいります。 1位 根尾昂 0安打(4球団競合) 2位 梅津晃大 34.2回 3位 勝野昌慶 16.1回 4位 石橋康太 1安打 5位 垣越建伸 0回 6位 滝野要 0安打 1P=1安打=1回とすると、この年のドラフトはトータルで51Pになります。 1巡目で「高校BIG3」の一角、根尾のアタリくじを引くことに成功します。明るい話題の少なかったチームにおいて、この根尾の獲得で新しい時代が始まっていきそうな、そ…

  • 2018年ドラフト<千葉ロッテマリーンズ編>

    この年のマリーンズの指名は以下の通りでした。(選手名の横の数値は、2019シーズン終了までの通算成績になります。)そろそろ、一軍成績だけで語れる年ではなくなってきたので、2軍成績にも言及してまいります。 1位 藤原恭大 2安打(3球団競合) 2位 東妻勇輔 21回 3位 小島和哉 54.1回 4位 山口航輝 0安打 5位 中村稔弥 25回 6位 古谷拓郎 0回 7位 松田進 0安打 8位 土居豪人 0回 育1 鎌田光津希 0回 1P=1安打=1回とすると、この年のドラフトはトータルで102.1Pになります。 1巡目で「高校BIG3」の一角、藤原のアタリくじを引くことに成功します。(ロッテは近年…

  • 2018年ドラフト<阪神タイガース編>

    この年のタイガースの指名は以下の通りでした。(選手名の横の数値は、2019シーズン終了までの通算成績になります。)そろそろ、一軍成績だけで語れる年ではなくなってきたので、2軍成績にも言及してまいります。 外れ 藤原恭大 外れ 辰己涼介 1位 近本光司 159安打 2位 小幡竜平 0安打 3位 木浪聖也 95安打 4位 齋藤友貴哉 2回 5位 川原陸 0回 6位 湯浅京己 0回 育1 片山雄哉 0安打 1P=1安打=1回とすると、この年のドラフトはトータルで256Pになります。 藤原・辰巳と2連続で外野手のクジを外した後、近本の指名となりました。どうしても外野手がほしいという苦しいチーム事情はわ…

  • 2018年ドラフト<東北楽天ゴールデンイーグルス編>

    この年のイーグルスの指名は以下の通りでした。(選手名の横の数値は、2019シーズン終了までの通算成績になります。)そろそろ、一軍成績だけで語れる年ではなくなってきたので、2軍成績にも言及してまいります。 外れ 藤原恭大 1位 辰己涼介 72安打(4球団競合) 2位 太田光 21安打 3位 引地秀一郎 0回 4位 弓削隼人 43.1回 5位 佐藤智輝 0回 6位 渡邊佳明 49安打 7位 小郷裕哉 5安打 8位 鈴木翔天 0回 育1 清宮虎多朗 0回 育2 則本佳樹 0回 1P=1安打=1回とすると、この年のドラフトはトータルで190.1Pになります。 1位の辰巳は外れ1位ながら4球団が競合した…

  • 2017年ドラフト<集計編>

    さて、チーム毎に振り返ってきた2017年ドラフトですが、獲得ポイント順に並べると次の通りとなります。(ポイントの横は、獲得した主要選手です。カッコ内はまだ1軍で目だった結果は出していないものの、期待値の高い選手です。) オリ 523 田嶋・鈴木・福田 De 466.2 東・神里(楠本・中川) SB 405.2 高橋・大竹・周東(増田・尾形・リチャード) 読売 320.2 大城・田中・若林(北村・岸田) ロッ 272 藤岡(安田・菅野) ヤク 264 村上・大下(塩見・宮本) 阪神 187.1 髙橋 ハム 177.2 清宮・西村 中日 165.2 鈴木・山本 楽天 89.1 (山崎) 西武 83…

  • 2017年ドラフト<野手ファーム成績編>

    この年度から、1軍成績だけではなくファーム成績の方もかなり見たので、まとめておこうかと思います。といっても、野手の方だけです。(投手は好調ならばすぐに1軍昇格させ、まずは中継ぎでお試し起用することが簡単であるのに対して、野手は1軍で代打で数打席与えるよりも2軍で経験値を与え続ける方が重要であり、そう簡単に1軍昇格とはならないからです。) ファームで2019年シーズンに300打席以上与えられた選手を中心に、名前・球団・指名順位・打席数・OPS・BB/Kの順に記載しており、BB/Kの値でソートしています。 BB/K、つまり1回三振するまでに何個の四球を取るかを示す数値で選球眼の指標ですが、この数値…

  • 2017年ドラフト<広島東洋カープ編>

    この年のカープの指名は以下の通りでした。(選手名の横の数値は、2019シーズン終了までの通算成績になります。)そろそろ、一軍成績だけで語れる年ではなくなってきたので、2軍成績にも言及してまいります。 1位 中村奨成 0安打(2球団競合) 2位 山口翔 26回 3位 ケムナブラッド誠 1回 4位 永井敦士 0安打 5位 遠藤淳志 42.2回 6位 平岡敬人 0回 育1 岡林飛翔 0回 育2 藤井黎來 0回 育3 佐々木健 0回 1P=1安打=1回とすると、この年のドラフトはトータルで69.2Pになります。 1位の中村は、夏の甲子園で大会を通じて6本塁打を記録し、清原和博の記録を塗り替えたことで一…

  • 2017年ドラフト<福岡ソフトバンクホークス編>

    この年のホークスの指名は以下の通りでした。(選手名の横の数値は、2019シーズン終了までの通算成績になります。)そろそろ、一軍成績だけで語れる年ではなくなってきたので、2軍成績にも言及してまいります。 外れ 清宮幸太郎 外れ 安田尚憲 外れ 馬場皐輔 1位 吉住晴斗 0回 2位 高橋礼 173回 3位 増田珠 0安打 4位 椎野新 48回 5位 田浦文丸 10回 育1 尾形崇斗 0回 育2 周東佑京 20安打 育3 砂川リチャード 0安打 育4 大竹耕太郎 154.2回 育5 日暮矢麻人 0安打 育6 渡邉雄大 0回 1P=1安打=1回とすると、この年のドラフトはトータルで405.2Pになりま…

  • 2017年ドラフト<阪神タイガース編>

    この年のタイガースの指名は以下の通りでした。(選手名の横の数値は、2019シーズン終了までの通算成績になります。)そろそろ、一軍成績だけで語れる年ではなくなってきたので、2軍成績にも言及してまいります。 外れ 清宮幸太郎 外れ 安田尚憲 1位 馬場皐輔 12回(2球団競合) 2位 髙橋遥人 144.1回 3位 熊谷敬宥 3安打 4位 島田海吏 8安打 5位 谷川昌希 20回 6位 牧丈一郎 0回 育1 石井将希 0回 1P=1安打=1回とすると、この年のドラフトはトータルで187.1Pになります。 清宮・安田と高校生スラッガーを指名して外した後、一転して大学生NO1右腕と言われた馬場を指名し、…

  • 2017年ドラフト<埼玉西武ライオンズ編>

    この年のライオンズの指名は以下の通りでした。(選手名の横の数値は、2019シーズン終了までの通算成績になります。)そろそろ、一軍成績だけで語れる年ではなくなってきたので、2軍成績にも言及してまいります。 外れ 田嶋大樹 1位 齊藤大将 27.1回 2位 西川愛也 0安打 3位 伊藤翔 32.1回 4位 平良海馬 24回 5位 與座海人 0回 6位 綱島龍生 0安打 育1 高木渉 0安打 育2 齊藤誠人 0安打 1P=1安打=1回とすると、この年のドラフトはトータルで83.2Pになります。 野手育成に定評のあるライオンズですが、清宮、中村、安田、村上といったスラッガー候補の高校生には目もくれず、…

  • 2017年ドラフト<横浜Denaベイスターズ編>

    この年のベイスターズの指名は以下の通りでした。(選手名の横の数値は、2019シーズン終了までの通算成績になります。)そろそろ、一軍成績だけで語れる年ではなくなってきたので、2軍成績にも言及してまいります。 1位 東克樹 192.1回 2位 神里和毅 181安打 3位 阪口皓亮 7.2回 4位 齋藤俊介 25回 5位 櫻井周斗 16.2回 6位 寺田光輝 0回 7位 宮本秀明 4安打 8位 楠本泰史 30安打 9位 山本祐大 5安打 育1 中川虎大 5回 1P=1安打=1回とすると、この年のドラフトはトータルで465.5Pになります。 他11球団は1位指名で他球団と競合するのですが、唯一ベイスタ…

  • 2017年ドラフト<東北楽天ゴールデンイーグルス編>

    この年のイーグルスの指名は以下の通りでした。(選手名の横の数値は、2019シーズン終了までの通算成績になります。)そろそろ、一軍成績だけで語れる年ではなくなってきたので、2軍成績にも言及してまいります。 外れ 清宮幸太郎 外れ 村上宗隆 1位 近藤弘樹 38.1回 2位 岩見雅紀 0安打 3位 山崎剛 28安打 4位 渡邊佑樹 1回 5位 田中燿飛 0安打 6位 西巻賢二 19安打 7位 寺岡寛治 3回 育1 井手亮太郎 0回 育2 松本京志郎 0安打 育3 中村和希 0安打 1P=1安打=1回とすると、この年のドラフトはトータルで89.1Pになります。 この年のイーグルスの注目株は、3位山崎…

  • 2017年ドラフト<読売ジャイアンツ編>

    この年のジャイアンツの指名は以下の通りでした。(選手名の横の数値は、2019シーズン終了までの通算成績になります。)そろそろ、一軍成績だけで語れる年ではなくなってきたので、2軍成績にも言及してまいります。 外れ 清宮幸太郎 外れ 村上宗隆 1位 鍬原拓也 46.2回 2位 岸田行倫 0安打 3位 大城卓三 127安打 4位 北村拓己 0安打 5位 田中俊太 90安打 6位 若林晃弘 57安打 7位 村上海斗 0安打 8位 湯浅大 0安打 育1 比嘉賢伸 0安打 育2 山上信吾 0回 育3 笠井駿 0安打 育4 田中優大 0回 育5 広畑塁 0安打 育6 小山翔平 0安打 育7 折下光輝 0回 …

  • 2016年ドラフト<オリックスバファローズ編>

    この年のバファローズの指名は以下の通りでした。(選手名の横の数値は、2019シーズン終了までの通算成績になります。)そろそろ、一軍成績だけで語れる年ではなくなってきたので、2軍成績にも言及してまいります。 1位 田嶋大樹 118.1回(2球団競合) 2位 鈴木康平 109.2回 3位 福田周平 201安打 4位 本田仁海 0回 5位 西村凌 30安打 6位 西浦颯大 44安打 7位 廣澤伸哉 0安打 8位 山足達也 20安打 育1 稲富宏樹 0安打 育2 東晃平 0回 育3 比屋根彰人 0安打 育4 木須デソウザフェリペ 0安打 1P=1安打=1回とすると、この年のドラフトはトータルで523P…

  • 2017年ドラフト<中日ドラゴンズ編>

    この年のドラゴンズの指名は以下の通りでした。(選手名の横の数値は、2019シーズン終了までの通算成績になります。)そろそろ、一軍成績だけで語れる年ではなくなってきたので、2軍成績にも言及してまいります。 外れ 中村奨成 1位 鈴木博志 74回 2位 石川翔 1回 3位 高松渡 0安打 4位 清水達也 37.1回 5位 伊藤康祐 6安打 6位 山本拓実 47.1回 育1 大藏彰人 0回 育2 石田健人マルク 0回 1P=1安打=1回とすると、この年のドラフトはトータルで165.2Pになります。 1位の鈴木は、1年目から53登板して4勝6敗4セーブ12ホールドの成績を残しますが、防御率は4.41と…

  • 2017年ドラフト<北海道日本ハムファイターズ編>

    この年のファイターズの指名は以下の通りでした。(選手名の横の数値は、2019シーズン終了までの通算成績になります。)そろそろ、一軍成績だけで語れる年ではなくなってきたので、2軍成績にも言及してまいります。 1位 清宮幸太郎 83安打(7球団競合) 2位 西村天裕 67.2回 3位 田中瑛斗 2回 4位 難波侑平 0安打 5位 北浦竜次 18.1回 6位 鈴木遼太郎 2回 7位 宮台康平 4.2回 1P=1安打=1回とすると、この年のドラフトはトータルで177.2Pになります。 大谷翔平がMLB挑戦でチームからいなくなってしまうというタイミングで、7球団競合の清宮を引き当てるファイターズの強運は…

  • 2017年ドラフト<東京ヤクルトスワローズ編>

    この年のスワローズの指名は以下の通りでした。(選手名の横の数値は、2019シーズン終了までの通算成績になります。)そろそろ、一軍成績だけで語れる年ではなくなってきたので、2軍成績にも言及してまいります。 外れ 清宮幸太郎 1位 村上宗隆 119安打(3球団競合) 2位 大下佑馬 85.1回 3位 蔵本治孝 12.2回 4位 塩見泰隆 17安打 5位 金久保優斗 0回 6位 宮本丈 15安打 7位 松本直樹 14安打 8位 沼田拓巳 1回 1P=1安打=1回とすると、この年のドラフトはトータルで264Pになります。 1位の村上は今のところ2017年ドラフトで最大のアタリですね。高卒2年目のシーズ…

  • 2017年ドラフト<千葉ロッテマリーンズ編>

    この年のマリーンズの指名は以下の通りでした。(選手名の横の数値は、2019シーズン終了までの通算成績になります。)そろそろ、一軍成績だけで語れる年ではなくなってきたので、2軍成績にも言及してまいります。 外れ 清宮幸太郎 1位 安田尚憲 8安打(3球団競合) 2位 藤岡裕大 189安打 3位 山本大貴 3回 4位 菅野剛士 36安打 5位 渡邉啓太 28回 6位 永野将司 8回 育1 和田康士朗 0安打 育2 森遼大朗 0回 1P=1安打=1回とすると、この年のドラフトはトータルで272Pになります。 この年のマリーンズの指名、最大の注目ポイントは1位の安田であろうと思います。まず、1年目は一…

  • 2014-2016年ドラフト<3か年集計編>

    2014、2015、2016と3年分のドラフトを振り返ってきましたが、この3年分を集計してみたいと思います。 チームごとの合計ポイントと、獲得した主要選手(これまでの3か年集計よりも、ややハードルを下げて、期待値込みで選出しました。)です。 オリ 2984.1 西野/吉田正・近藤・大城/山岡・山本・榊原 De 2890 山崎・石田・倉本/今永・柴田/濱口・佐野 西武 2557.1 高橋光・外崎/多和田・本田/源田・今井・平井 ハム 2452.1 有原・清水・石川/加藤・井口/玉井・堀 阪神 2097.1 なし/髙山・青柳/大山・糸原・小野 中日 2072.2 加藤/阿部・小笠原・福/京田・柳・…

  • 2016年ドラフト<集計編>

    さて、チーム毎に振り返ってきた2016年ドラフトですが、獲得ポイント順に並べると次の通りとなります。(ポイントの横は、獲得した主要選手です。) オリ 1075.2 山岡・山本・榊原 中日 1014.2 京田・柳・笠原・藤嶋 阪神 960.2 大山・糸原・小野 西武 895.2 源田・今井・平井 ロッ 734.1 種市・酒居 楽天 663.1 田中・藤平・森原・高梨 De 596 濱口・佐野 広島 393.2 床田・アドゥワ ハム 378 玉井・堀 ヤク 346.2 梅野 読売 317.2 吉川 SB 24.1 なし この年は、田中(SB)と佐々木(ロッテ)の2投手が即戦力のエース級投手と見られ…

カテゴリー一覧
商用
読者になる