searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール PROFILE

葉桜さんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
白秋の散歩道
ブログURL
https://snufkinstyle.hatenablog.com/
ブログ紹介文
アラフィフの今は人生の収穫期。神社仏閣めぐりや運気アップ、日々の気づきなどについて綴ります。
更新頻度(1年)

32回 / 27日(平均8.3回/週)

ブログ村参加:2020/01/27

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、葉桜さんの読者になりませんか?

ハンドル名
葉桜さん
ブログタイトル
白秋の散歩道
更新頻度
32回 / 27日(平均8.3回/週)
読者になる
白秋の散歩道

葉桜さんの新着記事

1件〜30件

  • 髪を切って、湯島天神参り。

    「そろそろ髪をカットしないと」と思っていたら、10%オフのメールが届いた。家から遠い場所にあるO美容院だが、そこが一番上手だ。近所の美容室は高くて技術が微妙だ。1万円ほど払ったが、あまり気に入らなかった。O美容院なら4000円未満で済む。コロナは気がかりだが、出かけないとすこぶる体調が悪くなる。昨日は血圧が174/89まで上昇してしまった。歩け歩けと自分に喝を入れる。 美容院は空いていた。やはり感染症を慮ってのことだろうか。ここの技術が好きで、電車で1時間半かけてきたんですよ、と伝えたら、美容師さんがまんざらでもなさそうな顔で、丁寧にお見送りしてくれた。頭がすっきりして気分がいい。 梅を見たい…

  • 「かたき討ちの食事」を心がけよう。

    2年2月22日。大安。 先月から体調が良くない。吐気も続く。熱はないから感染症ではないが、こういうときは安静にしていようと思い、今日は読書に耽溺してしまった。血圧が160/80。血圧優等生(115/70)だったのだが、一昨年、婦人科疾病で手術を受けてから、血圧が奇妙に上がるようになってしまった。しかも中性脂肪も高い。いかん、いかん。生活習慣を見直そうと思い、連日「みんなの体操」を続けている。 一番の原因は食べ過ぎなので、今日は「そば(きのこ・わかめ)」「みかん」「納豆(カレー粉入り)」だけで過ごす。外に行くと、絶対食品に手が伸びる。歩きたいのはやまやまだが、家にいるほうが健康体が守られそうだ。…

  • 金運のいい女になる方法

    昔から金運はいいと思っている。お金持ち、という意味ではない。20代前半は安月給だったので、風呂なしアパートを借りていた。しかし「めぞん一刻みたいだな」とその状況を面白がっていたので、お金に困るという発想はなかった。 収入が少ないうちはユースホステルなどを使って全国を旅行し、ある程度お金が貯まったら海外旅行もするようになった。つまり「身の丈」で楽しんでいたというわけだ。 お金が少ない時も楽しく過ごしていたし、収入が増えても適度な支出を続けていれば、貯金はできる。 こんな記事を発見した。 お札の向きを揃える、新月に願い事を書く、幸せ言葉を使う、自分は運がいいと思っている。これが金運のいい女の特徴ら…

  • 「私はババアだから」とのたまう女性の心理

    妙齢の女性から「私なんておばさんだから」「もうババアだから」という発言を聞くとぎょっとする。そして軽い違和感をおぼえる。 理由は三つ。 一つ目。「そんなことないですよ」「あなたは素敵なのに」という否定の言葉を周囲から引き出したいんだろうな、と感じてしまうから。余計な緊張感や気遣いを強いるのは、あまり素敵とは言えない。 二つ目。この国では少し目立つと「調子に乗ってるけどババアじゃん」などくさす人たちがいる。それを先回りして“あなたに言われなくてもわかっておりますの。溺れる犬を棒でたたく真似はなさらないわよね?”という予防線のようにも思えるから。なぜ好ましくない相手にあわせてしまうのだろう、という…

  • ひな人形の呪いはお焚き上げで祓う。

    今日は雨水。ひな人形の飾りはじめ。 私はひな人形を持っていなかった。これを人に話すと驚かれる。「一人娘なのに?」と。3歳下の弟は緑の毛氈三段飾りを買ってもらったの、と話すとさらに驚かれる。「普通、最初の子に買うんじゃないの?」と。 小さい頃、デパートに行くと「おにんぎょうを、みせてください」と言って、段飾りを丹念に見てまわったそうだ。当人にその記憶はない。ただよその家に遊びに行くと、大抵豪奢な段飾りがあるのが、多少羨ましかったような気がする。 両親が頻繁に「ひな人形があると必ず見つめていた。『欲しいの?』と尋ねると『ううん』と答えていたが、本当はずっと欲しかったんだろうね」というものだから、成…

  • コロナウィルス蔓延と潔癖症について。

    私は「多少」潔癖症なのかもしれない。飲み会などで「これ飲む?」とドリンクを回し飲みするのがダメだ。「ケーキを一口食べない?」と勧められるのも苦手だ。大抵「私も提供するから、あなたのも味見させて」という意図だから、余計困る。それを避けるため、相手と同じものを(好きでもないのに)オーダーしようとすると「せっかくだから、別々に頼んで交換しようよ!」と決められてしまう。正直逃げ場がない。正直に「人の唾液がついているものに、口をつけたくないんです」と言えたらいいのだが、遠慮深い性格なので、つい我慢してしまう。鍋を同じ箸でつつくのも遠慮したい。 つり革や手すりにはなるべく触らない。触ったら、なるべく早めに…

  • 水星逆行が始まった。

    2月17日から3月10日まで水星逆行。この期間は「交通機関」「PC等の電気機器」「コミュニケーション」などが乱れやすいというので、覚悟していました。 やっぱりあった、中央線の遅延。しかし私が乗る時間には平常運転に戻っていたので、巻き込まれずに済みました。中央線は頻繁に遅れるので、慣れています。 コミュニケーション阻害。これは早速ありました。本来お話しできるとウキウキしていたお方と、まったく接することができず…軽くショックですが、「仕方ないよね、水星逆行だもの」で済ませています。 3月10日の水星逆行終焉に注意しなければ。今日も地震がありましたが、逆行の最初と最後は、電車が逆向きに動き出すがごと…

  • 目元の整形を一瞬考えてしまった。

    今日は眼科の定期検診。特に異常はなかった。ただ2年ほど前に「そんな顔でしたっけ。もう少しきりっとした顔だった気が。眼瞼下垂じゃないですか」と内科の医師に指摘されたことを思いだした。滅多に撮らない写真を見ると、確かに仏様のような半眼だ。めでたい顔貌かもしれない。いや、ちがう。やはり目は生き生きしているほうがいい。 主治医に「眼瞼下垂ではないでしょうか」と尋ねたところ、つくづく顔を見た後に「うん、少しその傾向がありますね」と全肯定された。 画像参考:すがも小林皮フ科より だいたい中程度の下垂だと思う。私は昔からどんなに目を見開いても、黒目すべてが見えることはない。加えて疲れているとか、生気なく見え…

  • 御岩神社参拝(パワースポット茨城3社めぐり)

    御岩神社参拝。こちらには188柱の神様が祀られている。向井千秋さんが宇宙からこの地に光の柱が立っているのを見たといういわれもある、有名なパワースポット。また神仏習合の珍しい神域でもある。以前から一度行ってみたいと思っていた、念願の聖地。 www.oiwajinja.jp 三本杉 桜門 この二体の人形が妙に可愛い。頭にねじり鉢巻きまで締めている。 不動明王が祀られているので、丁寧にごあいさつ。右の掌の像に、両手を乗せてみました。 斎神社回向殿。大日如来が祀られています。 御岩神社。かびれ神宮は時間の都合上、まわれず。いつか行ってみたい。しかし、御岩神社付近でもすごいご神気。 今回の目的は、この大…

  • 酒列磯前神社参拝(パワースポット茨城3社めぐり)

    酒列磯前神社(さかつらいそさきじんじゃ)。御祭神は、大己貴命と少彦名命。 sakatura.org 添乗員さんから「皆さんに見てほしいものは3つ。樹叢(じゅそう)、幸運の亀、リスと葡萄の彫刻です」とお話がありました。 樹齢300年を超える椿やタブノキがトンネル状に参道を覆っています。とても良い気に満ちています。海や樹々、こういう自然に触れて、自分をリセットする時間はとても大事です。 タブノキ。造形も大きさも圧巻。生命力が迸っています。 拝殿。 これがりすとブドウの彫刻。日光東照宮の「眠り猫」を制作した左甚五郎の作と岩手います。りすのふかふかとまるい感触が伝わってきます。 幸運の亀。宝くじの高額…

  • 大洗磯崎神社参拝(パワースポット茨城3社めぐり)

    念願の「パワースポット茨城3社めぐりバスツアー」に参加しました。昨年11月22日に一度申し込んだのですが、申込人数(最少人数28名)に届かず、催行されなかったのです。前回の教訓を踏まえ、今回は催行決定してから申し込みました。 バスの座席は窓側に指定されています。ふと見ると、カーテンに虫がいます。 最初、蜘蛛に見えたのですが、足が6本だから違う。背中の模様が福禄寿の表情に見えますが、昆虫の種類に明るくないので名称はわかりません。神社参拝の時に虫が来るのは吉兆だというので、そのままにしておきました。 もしかすると神様は歓迎ムードかもしれません。私は強烈なご神気に触れる前後に、何故かものすごく眠くな…

  • 血管狭窄診断。雨の僥倖。

    脳血管に造影剤を入れた検査をした。朝の9時、その結果を聞きに行く。特に異常はなく、経過観察になった。久しぶりに満員電車に乗ったので、ひどく体力を消耗する。1年半前まで、よくこういう生活ができたものだと自分に驚く(今はあまり混まない電車に6分程度乗る生活)。 診察終了後、また愛宕神社へ。石段は60段当たりで息切れしてしまい、一気にのぼれなかった。階段をのぼる途中から雨がぱらつきだし、参詣の時は本降りになったが、合掌を終えた途端、陽が射してきた。ネットで調べたら「急な雨は神様の歓迎のしるし」らしい。ありがたい。 昨日の日記に地震雲の話を書いたが、北海道でまた地震が発生したらしい。気を付けねばと思い…

  • 地震雲を見た日。

    本日の午後。職場のトイレで目を上げると、上部の窓からうろこのような雲が見えた。「地震雲」という別名があると聞いたことがある。しかし科学的な根拠はないという。 ※写真は他サイトからの借物です。こんな雲でした。他に見た方はいませんか? 小さな窓から望む切り取られた小さな空。空の全体を見渡したわけではない。近々地震がある・・・わけない、か。少なくとも14日はないだろう(天災除けに強い私が出かけるからだ)。それきりそのことは放念していた。そうしたら19:37に震度4の地震が発生したと聞いて、やや慄然とした。 もしかすると、この前の日記に載せた「縦雲」も予兆だったのだろうか。 snufkinstyle.…

  • 風邪を一日で治す。クマのプーを思いながら。

    耳鼻科に通い、服薬もきちんと行っている。栄養も摂っている。いやむしろ摂り過ぎているので、少し吐気でも起きてほしいくらいだが、悲しいくらいに食欲旺盛だ。従って痩せる可能性はまるでない。痩せなくてもいいが、喉がひりひり痛い。少し鼻血も出る。乾燥し過ぎなのだろう、と湿度計を眺めると28%!40%~60%が適正値だから、かなり乾いている。 今日は静養しようと決める。なんといっても身体が大事だ。春先だからか、薬の副作用か、転換期だからか、パワーストーンのせいか、原因はわからないがやたら眠い。読みさしの本をそのままに、こたつで午睡。ぽかぽかな陽光とこたつと昼寝。なんて怠惰で魅力的な環境だろう。そのまま3時…

  • お山の大将にならないために

    謙虚でいようと思っても、そのようにふるまっているつもりでも、ふとしたところで馬脚があらわれる場合がある。 常日頃「謙虚」「感謝」を連呼する方のブログを読んでいたら「見限ってくださって結構!そういう読者はいらないからむしろ歓迎!」という主旨のことが書かれていた。それに対し、ファンの方々が「支援します」「毅然として素敵」「ますます大好き」と支援コメントを寄せる。よくある光景だ。 それにしても狭くて閉鎖されたコミュニティだなと思う。大抵の日本人は空気を読む。これはおかしい、と思っていてもいちいち容喙せず、沈黙を選ぶ。集団心理は恐ろしい。少数派の自分が悪者にされてしまう。 声なき思いは多々あるのに、自…

  • 貯金10万と貯金1億円の比較。

    本田健さんの記事を読んだ。 news.yahoo.co.jp 面白いし、首肯するところもたくさんあったのだが、引っかかったのがこちら。 「お金が入ってくるのはいいけれども、絶対出さないみたいな。きれいに手放さないと循環が 起きないですよね。変な話ですが、貯金が10万あるけれども収入が100万で支出が100万の人と、貯金は1億あるけれども、収入が10万で支出が10万の人だったら、どちらが楽しい生活をしているかということです」 ―― 幸せにお金を使うということは、誰かに幸せが流れていく喜びがあったりとか。 「どちらに友達が多いと思います? 資産が1億だったとしても、収入と支出が少ない人というのは流…

  • ときめきの更年期、という幻想。

    48歳の主婦。最近、夫にときめきます。指が触れただけで初恋をおぼえた中学生のように、心臓がドキドキします。「更年期障害かしら」と友人に相談しても「そんな話はきいたことがない」とみんな否定します。でも、苦しくて…。 10年以上前に新聞読者投稿で読んだ記事。そうか、更年期は辛いと聞いていたが、人によっては楽しい症状も出るんだな。よしよし、私もときめき&どきどきの更年期を待ちわびるとするか。 そんな夢想に耽っていたので、私の「更年期」に対する感情は比較的ポジティブだ。40代半ばくらいから、私は目を輝かせて婦人科の先生に所見を聞いたものだ。「これって更年期ですか?」と。しかし、婦人科の先生は、やんわり…

  • 月光浴とルチルクォーツ。明日はしし座満月。

    朧月夜。月に向かってウォーキングをしていたら、途中で見えなくなりました。今夜の夜の女王は気まぐれな隠れんぼを繰り返します。 明日16:34はしし座満月。獅子といえば金色のたてがみ。金色と言えば…ルチル。 最近、ルチルクォーツが妙に気になっていました。中島みゆきの「ルチル(Rutile Quartz)」やら、妙にルチルの文字が視覚に入ってくるのです。 石の値段はピンキリ。でも高ければいいというものでもない。過去にオーダーメードで作ってもらった高価格のブレスは、どれもこれも悉く自分に合いませんでした。むしろ、廉価品でも自分でピンときたほうが相性が良かったりするのです。 お手頃価格のものがあれば、買…

  • ハマスホイとデンマーク絵画

    ハマスホイとデンマーク絵画展に行きました。それほど行きたい!と思っていた絵画展ではなかったのですが、思いのほか良かったです。 「北欧のフェルメール」という謳い文句が何だかなーという感じ(フェルメール以下と断じているようなものだから)。後ろ姿の女性画を宣伝に使っているのも何だかなーという感じ(人物画は表情が命だと思うから)。 そんなわけで特に興を惹かれたわけではないけれど、これがなかなか。 ハマスホイよりも、それ以外の画家の絵が深く心に残りました。 《居間に射す陽光、画家の妻と子》ヴィゴ・ピーダスン これが特に気に入った絵です。小さな子が短い足をばたばたさせ、一生懸命片言で母親に話しかけている。…

  • 湯島天神参拝(天岩戸開きで活躍した神様)

    上野に出かける。ハマスホイ展を見るためだが、その前に湯島天神に寄ろうと思いつく。いつもは都営お得な切符(700円)を購入してあちこちの駅を巡るのだが、本日喉を痛めているため、上野界隈だけにしようと思い、pasmoで上野御徒町駅まで出る。これが英断だった。理由は後で書く。 車ナンバー7777を見た後、私の生まれ年のナンバー、その後に8888が続くのを見かける。何だか幸先が良い。そういえば電車も混んでいたのに、またひとつだけ座席が空いて座ってこられたし、今日も呼ばれているのかもしれない。気分が上がる。 www.yushimatenjin.or.jp 学問の神様、菅原道真公が祀られていることは有名だ…

  • 「誰の役にも立たない人間」という誤解。

    だめんず好きな女性がいる。彼女の同棲相手は、売れない画家だ。周囲は諭す。もっと良い男はたくさんいる。あいつを見限れ」「お前は見る目がない」「アイツとお前の人生は何の意味も生産性もない」と。 ――ではもし、この男がアドルフ・ヒットラーだとしたら? 彼女が男を「あなたは画家として生きてほしい」「才能があるの」「夢を諦めないで」と支え続け、「売れない画家」のままにとどめていたら?世界はどれくらい平和だったろう。私はときどき、そんな妄想に浸る。 ヒットラーを売れない画家にとどめた女性がいたら、救世主だ。しかし彼女は誰からも理解も感謝もされることなく、その生涯を終えただろう。見方を変えれば、今「そんな無…

  • Eテレ様。私はこんな語学番組が見たい。

    旅するスペイン語講座を視聴している。旅人役のシシド・カフカさんが綺麗で、素敵。 カフカさんは素敵なのだが、語学番組というより、旅番組という気分で眺めてしまっている。それというのも、スペイン語が主役になっていないからだ。 この飽きっぽい私が、過去1年間続けられた語学講座がある。1993年度のテレビ「スペイン語会話」だ。この講座は最高だった。過去を賛美するのは好ましいことではないが、これを越える講座には巡り会えていない。 出演者の4名は全員スペイン人。音声はすべてスペイン語。日本語は字幕のみ。教材として「viaje al espanol」というドラマが使われていたが、これももちろんスペインが舞台で…

  • 人生は50代で必ず好転する

    ある雑誌で『ハピネス・カーブ 人生は50代で必ず好転する』が紹介されていた。面白そうだと思い検索したら、近所の図書館に1冊ある。仕事帰りの体操に良いと思い、二駅分ほど歩いて借りてきた。それ以外にも、いろいろ借りる。図書館大好き。 プラシーボ効果というものがある。効くと思って飲めば、偽薬でも効能を発揮する。しかし疑いをもてば、良薬も効きが悪くなる。人生は50代で必ず好転する。まだ中身を読んだわけではないが、これだけで気分が良くなってくる。文字の力、言葉の力は計り知れない。 節分の日は、どういうわけか鬱々としていた。立春に入ったら、嘘のように気分が晴れやかになった。たまたま偶然なのか、私が気の巡り…

  • 運気をあげる節分の過ごし方

    夜道を20分程度歩く習慣があります。今日は、近所のお不動さんで19時から豆撒式をやっていました。子どもたちがたくさんいて、楽しそう。私はお不動さんにご挨拶(お祈り)だけして、失礼しました。人混みがあまり…というかかなり、苦手なのです。 何年か前、鶴岡八幡宮の節分祭を見に行ったときは、神社の人たちが撒く福豆を参拝者が奪い合う姿に萎えてしまい――というか餓鬼道に迷い込んだのかと錯覚しました――これは、自分には向かないな、と実感しました。邪気払いどころか、却って邪気まみれになり、運気が落ちそう。踏みつぶされた福豆があちこちに散乱し、あまり気分がいいものではありませんでした。以来、全国各地で豆撒きはや…

  • 左右どちらから読んでも、にゃんにゃんにゃん。

    令和2年2月2日。2020/02/02。 元号でも西暦でも、左右どちらから読んでも、一致する珍奇というか特異な日だ。明日は節分なので、また掃除を始めた。youtubeの「剣の舞」を流し、喝を入れる。この曲をかけると、じっとしていられない。ちゃきちゃき動きたくなる。 www.youtube.com 掃除終了後、久しぶりにセージを出して焚いてみる。白い煙がゆらゆらと大気に踊り、たなびきながら溶けていく。空間に描かれる瞬時の映像。なぜかその動きから、水族館のクラゲ乱舞を彷彿した。クラゲを毎日眺めていると癒しの効果が見込まれるというが、煙を眺めていても、同様の作用があるかもしれない。心が鎮まっていく。…

  • 「調子に乗るな」という親切心

    今日は令和2年2月2日。さっき間違えてツィッターで2月22日と打ってしまった。いよいよボケが始まったのだろうか…。削除の方法がわからないので、放置している。このはてなブログもまだ不慣れで、いまだに「カテゴリー」を表示する方法がわからない。いままで使っていたgooブログと勝手が違うので、戸惑うことも多いが、ぼちぼちやっていこう。 先日まで某SNSで日記を書いていた。私が「金運はいいんですよ」という主旨の文章を投稿したところ「あまり調子に乗るのはよくないですよ」というコメントが寄せられた。高齢者が多いSNSだからか「いいね!」というノリはない。好事魔多し、塞翁が馬的な発想からか、「いいことの後には…

  • 交通運を強くする方法

    高幡不動尊に参詣するようになって、およそ四半世紀。天気と交通と旅行の運が格段についた気がする。参拝の他に無意識にやっているのが、電車内での感謝。空席を見つけたら(心の中で)「ありがとうございます」とつぶやきながら、腰をかける。別に運気アップを図ろうと思って始めたわけではない。何となく気分がいいので続けていたら、いつの間にか空席遭遇率がアップした。また台風や大雨の時でも、電車が遅延しない、もしくは遅延しても約束の時間に間に合うなどの恩恵を受けるようになった。 この話を知人の宮司さんにしたところ「それはいい習慣ですね。今度は席を立つときに『次に座る人が幸せであるように』と祈るといいですよ」と教えて…

  • お掃除を楽しくする方法

    このお花は買ってから3週間くらい経ちますが、まだまだ綺麗ですね。部屋の邪気を植物が吸い取るといいます。今、ウチは結構良い気に満ちているのではないでしょうか。 部屋を浄化するには、まずお掃除。私は所有欲が薄いことと、モノが多くて散らかるのが嫌いなので、非常に家具も少ないのです。まず、ベッドもソファもありません。布団とこたつと座布団という、極めて昭和な生活スタイルです。片づけが簡単なので、これが快適なのです。すぐに床をフラットにできるのが魅力。掃除も簡単です。 モノが少ないほうが、掃除は楽です。また装飾の多いものを置かないのも重要です。以前、ボランティアでシャンデリアの掃除をしたことがありますが、…

  • 造影剤+CT撮影&愛宕神社参拝

    造影剤を使ったCT撮影を行うために慈恵医大病院に向かう。検査の1時間半前に採血をする。その後、1時間近く暇になる。看護師さんに断って、愛宕神社まで参詣に出かけることにした。慈恵医大病院から愛宕神社は、徒歩3分程度。目と鼻の先である。 www.atago-jinja.com この86段の出世の石段を止まらず、振り返らずに登り切るのはかなり肉体に負荷がかかる。60段目まではいいのだが、その後が苦しいのだ。登り切った後は、息が切れて仕方がない。私の前を歩いていた若い女性は、踵の高い靴であったにもかかわらず、少しも息を切らしていない。こういう時に、自分の老いを自覚する。しかし、そこで諦めてはいけない。…

  • 脳神経外科受診&神社仏閣散歩。

    血管狭窄の疑いがあるので、港区の大病院を受診した。その日のうちに検査があるのだと思っていたが、今日は問診のみ。明日、血液検査と造影剤を用いた検査をするという。「朝は食べないか、軽く食べる程度にしてくださいね」と先生がおっしゃるので、「夜は少なめにしたほうがいいですか」と尋ねたところ「前夜は何を食べてもいいですよ」という返答があった。今日のうちに、食べたいものを食べよう。ダイエットは2月からにしよう。もし検査の結果、重篤なことが出来して、寝たきりになったら「ああ、あの時食べておけばよかった」と後悔するに違いない。生きているうち、食べられるうち、動けるうちが華だ。 母を看取った経験から思う。実は患…

カテゴリー一覧
商用