searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール PROFILE

ブエノスアイレスさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

ブエノスアイレスid:kinkakuji 簿記3級不合格、お茶検定申し込み済み(未受験)、妄想検定2級 地方錬金術師、日本段差スロープ協会副会長(非公式)、ワニワニパニック愛好会会員(非公式)、親父の靴下ソムリエ、ヌートリア保存協会会員(非公式)

ブログタイトル
記録
ブログURL
https://ping.blogmura.com/xmlrpc/u2g9gmv7npot/
ブログ紹介文
社会人一年目のフレッシュマン。のはずだが僕の果実は腐っておりフレッシュさがありません。
更新頻度(1年)

69回 / 126日(平均3.8回/週)

ブログ村参加:2020/01/23

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、ブエノスアイレスさんの読者になりませんか?

ハンドル名
ブエノスアイレスさん
ブログタイトル
記録
更新頻度
69回 / 126日(平均3.8回/週)
読者になる
記録

ブエノスアイレスさんの新着記事

1件〜30件

  • ガセ植物

    名前 くちびる草 学名 labrum japonica murai  花言葉 危険な接吻 誕生花 5月6日 サイズ感 10~15cm 分布 関東全域 概要 明治の植物学者“村井草一”が発見した。花と葉がぷっくらと膨らんでおり、くちびるに似ていることからくちびる草と名付けた。...

  • AV鑑賞会 3話

     大学が始まったころは律儀に毎日学校に通い、毎日一生懸命に授業を受けていたのだが、1ヶ月も経つと学校をサボるのが当たり前になりつつあった。  「ああ暇やな」と彼があくびをしながら呟いた。「学校に行く?」「今日の授業出席とるけど」と僕もあくびをしながら答えた。彼のあくびがうつ...

  • テアトル新宿

    大学の授業が本格的に始まり、僕たちは気がつけば常に一緒にいた。毎日、学校の授業を受け、そのあと、家でゲームをしたり、近所の公園をあてもなく歩いたりとだらだら過ごしていた。そんな毎日に嫌気がさし、たまには学校をサボって映画にでも行こうということになった。 「せっかく東京にいる...

  • 出会い (1話)

     地方から上京してきた僕にとって東京の春はあまりにも冷たかった。  そんな頃に僕は彼に出会った。東京のある大学に入学した僕らはオリエンテーションという退屈な通過儀礼のようなもののために校舎の隅のほうにある教室に集められていた。これから始まる大学生活に希望と夢と幻想を抱きなが...

  • デビュー戦

    仕事を初めて20日ほど経つ。 僕は今、製材工場で働いている。 一本の丸太をカッティングして住宅の柱から板、チップと様々な製品を作る。 僕の担当場所はコンベアー上を流れる木材を整理し、機械に挟まった木材を引き抜いたりと、木材が円滑に流れるようサポートするところを担当している。...

  • 災難を積んだトラック

    私の生まれ育った町は畜産が盛んでよく牛や豚を乗せたトラックが走っていた。 牛はまだ良いのだが豚は臭いがすごい。 柵で囲われているだけなので臭いを外にまき散らしながら走っていた。 豚を乗せたトラックの後ろをバイクで走ったときはこの世の終わり。 "おぇー"おぇー"と言いながら運...

  • ヤックルとの思い出

    高校生の頃、原付バイクで通学していた。 16歳で原付免許を取り、それからほぼ毎日バイクに乗って学校に行った。 僕は当時、ジブリ作品に熱中しており、自分のバイクに"ヤックル"と名付けて話しかけていた。 朝行くときには「ヤックル!」と行ってまたがり、「押し通ーる!邪魔するなぁ〜...

  • 赤い月

    とても大きな月を見た。 思わず"えぇ〜"と声を出してしまった。 まるで自分の体にある、大きなホクロを見つけたときのような。 あまりの大きさに圧倒された。 車を運転していたのだが、ついつい赤信号で止まってしまった。当たり前だ。 そしてその月はほんのりと赤みがかっていた。 僕に...

  • 夕日に誓った約束

    高校を卒業し、東京で生活を初めてからの初めての帰省の日、高校の頃、仲の良かった友人Oと遊んだ。 当時、Oは浪人しており外で遊ぶのが久しぶりだとハイテンションだった。 浪人生活は囚人のようで毎日、部屋にこもって勉強をしているそうだ。 人と話す機会もあまりなくとても辛いと嘆いて...

  • きのこ学

    ちょうど3年前のこの季節、僕は「きのこ学」という授業を受けていた。 この「きのこ学」という授業はきのこの特性、種類などを学ぶというニッチな授業なのだがこれがなんとも人気の講義でいつも大勢の生徒が受けていた。 この日もおそよ500〜600人ほどが授業を受けていた。 もちろん授...

  • わかめ事件

    社会人になりお米を炊くようになった。 大学生の頃から一人暮らしをしていたのだがお米はあまり炊かなかった。 大学生の頃、一度、10キロのお米を頂いたことがあった。 そのお米をずっと放置しており、米袋を開けたとたん、小さな虫たちが大量に湧き出したことがある。 あの時はたまて箱を...

  • BB弾

    小さい頃から落ちているものをよく拾ってくる子供だった。 道に落ちているものチェーンの切れたキーホルダー。色の剥げたフィギュア。 今でも、実家にシークワーサーのキーホルダーと妖怪人間ベムのフィギュアがある。 これらは僕が拾ってきたものだ。 そして何でも拾う僕が幼稚園の頃から小...

  • 夜のゲーセン

    僕はヤンキーが怖かった。特に年上のヤンキーが怖かった。 でも、何故かいつも強がっていた。本当は怖いのにヤンキーの横を通り過ぎるときは胸を張って歩いたり、ポケットに手を突っ込んだり…もちろん内心ビクビクしている。 本当にやばいヤンキーに出会ったことがないのか、僕のようなガリガ...

  • まーごっこ

    僕が幼稚園の頃、初めて父親に教えてもらった遊びがある。 "まーごっこ"というものだ。 "まーごっこ"とは歩道を歩いている人や、自転車に乗っている人に対して車の中から "まー"!と叫ぶというものだ。 そして、歩行者や自転車に乗っている人の反応をサイドミラー越しに見るというなん...

  • ゴジラせん滅作戦

    びっくりするほど深い眠りにつく人がいる。 海の底、水深2500メートルの深い眠りにつく男を僕は知っている。友人のYだ。 Yが一度眠りにつくと、もう何をしても起きない。 あれは大学2年の夏、北朝鮮がミサイルを発射したというニュースが話題になっている日だった。 僕は明日、朝イチ...

  • 潔さ

    時に潔さは必要だ。 例えば、強打者に対して投げるコースがなくなった時、下手にアウトコースに投げるのではなく、潔くど真ん中に投げ込んで三振を取ることがある。 そういう潔さは見ていて気持ちがいいものだし、成功した場合はもっと気持ちがいい。 大阪で見つけた自動販売機に賞味期限切れ...

  • その道のプロ

    僕はまだまだ未熟だ。 今日、散歩中に段差を全く埋めていないスロープを発見した。 これは写真におさめなければと携帯を取り出しカメラを起動すると、すごい視線を感じだ。 犬の散歩中のおばあちゃんがこちらに熱視線を送っている。 この若造は何をしようとしているのか?と言わんばかりにず...

  • 47都道府県Tシャツ集め(富山)

    47都道府県Tシャツ集め(富山) 購入場所 お土産売り場(祖母) 値段 不明 思い出 大学2年の夏か秋頃、3限の授業中に祖母から電話がきた。 テスト前の大事な授業だったので授業が終わってからかけ直そうと思い、電話には出なかった。 しかし、また、すぐかかってきて、これは何か緊...

  • 47都道府県Tシャツ集め(鹿児島)

    47都道府県Tシャツ集め(鹿児島) 購入場所 鹿児島空港 値段 4000円ほど 思い出 鹿児島空港に降りた際、特設ブースがあり鹿児島空港限定Tシャツと売ってあった。 名前は忘れたが有名なデザイナーがデザインしたそうだ。 これはもう買うしかないと4000円と少し高かったが購入...

  • 47都道府県Tシャツ集め(東京)

    47都道府県Tシャツ集め(東京) 購入場所 浅草 値段 1000円ほど 思い出 東京のTシャツをまだ買っていないことに気づき、東京とわかるTシャツが売っているのは浅草しかないと思いすぐさま浅草に行った。 予想以上にたくさんのTシャツがあったが、その中に何故か惹きつけられるイ...

  • 想像力

    想像力というのは大切だと教わった。 小学生の頃、野球の遠征で旅館に泊まった際、枕投げをして遊んでいたら障子を破ってしまった。 その時、「想像力が足りないからこうなるんだ!」と怒られた。 他にも教室の中で騒いでいて、友達に怪我をさせたり、ガラスを割ったりした際に同じことを言わ...

  • マネキン

    時に、真似できないほど何かに優れた人がいる。 例えば野球選手の大谷選手は160キロ以上投げれて、ホームランも打てる。しかもメッジャーリーガーからだ。 これは努力ではおそらく真似できることではない。 ショピングモールの中に、ひときわ目立つマネキンがいた。 なんだこのアクロバテ...

  • ポイ捨て

    歩きタバコは大変危険だ。そして迷惑だ。 タバコを吸うなとは言わないがマナーは守ってほしいと思う。 ほら、こんなポスターもあるではないか! 「歩きタバコ」はやめましょう。 これが大事なのだがどうしても気になることがある。 みなさんもお気づきだろうが… サラリーマンがヅラだと言...

  • "ひじき"

    大学生活ももう終わろうとしている。 僕の大学生活は派手なものではなく、とても地味なものだった。 おかずで例えるなら"ひじき"だ。 ハンバーグや唐揚げなどメインを飾るようなものではなく小鉢に入った"ひじき"だ。 でも、僕はこの"ひじき"が大好きなので悔いはない。 数は多くない...

  • アテレコ

    ブログのネタがない。今まで撮った写真を見返してみた。書けそうなものがない。 ということで、今回は両国の大通りにいたお相撲さんの銅像にアフレコしていきたい。 その写真が言ってそうなことを状況を踏まえて書いていく。 では、一枚目。 「せーので持つから!」 友達の引っ越しの手伝い...

  • バイトの面接

    面接というのはどうしてあんなにも緊張するのだろうか。 就職活動の面接はもちろんのこと、アルバイトの面接でも緊張する。 アルバイトを始めるには基本的にインターネットのサイトから連絡するか、張り紙等を見て連絡するかのどちらかだ。 そして必ずと言っていいほど面接がおこなわれる。そ...

  • 注意書き

    当たり前のことを言われると腹が立つ。 乾燥剤に「これはたべられません。」 手持ち花火に「人に向けると危険です。」 誰がそんなことをするだろうか。 でも、いるのだろう。だから書くのだ。 僕の当たり前は誰かにとっては当たり前ではないのかもしれない。 この場合もそうだろう。 トイ...

  • 渡り鳥文庫

    高円寺の高架下に渡り鳥文庫というものがあった。 鳥が巣を作りそうなところに本が2冊置いてある。 ここにある本は勝手に持って行ってもいいのだろうか? 知らない誰がここに本を置いて、その本を知らない誰かが持って行き、その本は渡り鳥のように移動して行くのだろう。 何だか温かい気持...

  • アメとムチ

    怒られたあとに優しい言葉をかけられると泣いてしまう。 中学生の頃、野球部の顧問に怒られたあと「お前に期待しているから言うんだぞ」と言われたときには込み上げてくるものがあった。 逆に、テストの結果が悪かったとき限って親の機嫌が良いときは最悪だ。 「今日の夕飯はあんたの好きなハ...

  • サトちゃんの副業

    ふと、上を見上げると佐藤製薬のマスコットキャラクターのサトちゃんが何かを訴えていた。 普段は薬局の前でおとなしく立っているのに、どういうわけかここでは拡声器を使い何かを訴えようとしている。 高い位置から拡声器を使い、何かを訴えるなんて学生運動を思わせる。 新薬でも発売された...

カテゴリー一覧
商用