searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE

Sakurako/パリウォークさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
フランスからのアンフォ
ブログURL
https://www.franceinfos.xyz
ブログ紹介文
フランスの生活・就職、フランス語の勉強法、パリのレストラン情報ブログです。
更新頻度(1年)

205回 / 273日(平均5.3回/週)

ブログ村参加:2020/01/23

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、Sakurako/パリウォークさんの読者になりませんか?

ハンドル名
Sakurako/パリウォークさん
ブログタイトル
フランスからのアンフォ
更新頻度
205回 / 273日(平均5.3回/週)
読者になる
フランスからのアンフォ

Sakurako/パリウォークさんの新着記事

1件〜30件

  • フランス生活で大丈夫になるメンタルとは?ストレスをためない防御あり?

    日本人がフランスで生活するとなると、落ち込んだり、悩んだりとかないでしょうか。 一般的なこととはいえ、日本人よりも、フランス人の方が、日常的にエネルギッシュです。 嫌みをいうつもりではい一言で、傷つけられることもあります。 日本人なら、そこまでいわないよな~というのはありますよね。 自分の国で、日本語でなら、すぐに言い返せますが、外国語でユーモラスに言い返せるまでには、時間がかかります。 慣れないうちは、精神的にもきつい時もありますが、強く生きていけるような、メンタルを作ってみれたらいいのではないでしょうか。 フランス生活で大丈夫になるメンタルとは? フランス語で言い返せない不利な状況 色々な…

  • ヴァンセーヌの森前のフランス国立移民史博物館と周辺のレストラン

    パリの東部にあるヴァンセーヌの森の前にある、フランス国立移民史博物館をご紹介します。 フランスでは美術館、博物館等は毎月第一日曜日には無料拝観ができます。 10月の第1日曜日に、フランス国立移民史博物館に行ってきました。 国立移民史博物館は、パリで開催された植民地博覧会の建物の一つで、現在は博物館になっています。 地下には水族館もあり、白いワニなど珍しい動物もいます。 近所には、Le Swann「スワン」というレストランもあります。 フランス国立移民史博物館(パレ・デゥ・ラ・ポルト・ドレ) フランス国立移民史博物館は、ヴァンセーヌの森の前にあります。 地下鉄の8号線のポルト・ドレ駅から徒歩2分…

  • パリのファッション・クリエーター「 MIYA HAKUYOU PARIS」の宮白羊さんのインタビュー

    セーヌ川岸に造られた、緑色の屋根の建物が、フランス屈指の私立のモード学校「 l’IFM 」です。 クチュリエ、スタイリスト育成の学校L'École de la chambre syndicale de la couture parisienne (ECSCP) と統合されたのは「ピエール・ベルジェ=イヴ・サンローラン財団」を創設した、ピエール・ベルジェさんの発案でした。 (ECSCP) 卒業生のマリーさんのインタビューをご紹介します。

  • パリ・モード学校「 l’IFM 」の就職先「アタシェ・ドゥ・プレス」のインタビュー

    {Nos Crouseils Documentaire}Pour les passionnés de mode « Radical Fashion Kids » : un documentaire réalisé par des étudiants de l’Institut français de mode (IFM) qui interroge des ados sur leur rapport à la mode https://t.co/NX8KGkSgKP @IfmParis pic.twitter.com/WdAOtyQPic— Crous de Créteil (@CROUS_C…

  • フランスでフランス語が話せない?直接的と間接的ストレスの違いは?

    フランスでもパリに住むなら、フランスが話せた方がいいと思うのは、パリの生活は独特で、スピーディだからです。 フランス語ですぐに言い返せないこともあり、いやみを言われて、疲れますね~。 慣れて言い返せるようになるまでは、時間がかかります。 フランス語でしか通じない場所もありますし、フランス語で上手くいえると生活はずいぶんと良くなります。 慣れない国での生活です、精神的な辛さもありますが、直接的な問題面もあわせてご紹介します。 乗り越えてみると、なんであんなに悩んでいたのかと思えますが、ある意味で長い道のりです。 フランスでフランス語が話せないで直接的影響場面5つ フランス語でしかほぼ通じない場面…

  • パリ7区のロダン美術館への行き方とその周辺の見どころ!

    彫刻家のロダン美術館をご紹介します。 こじんまりとしている美術館ですが、パリの美術館で入場者数が多い順でトップ10入りしています。 1位のルーブル美術館、 2位のオルセー美術館、 3位のポンピドーセンター(パリ現代美術館) のあと、10位につけています。 オーギュスト・ロダンは彫刻家であった他に、美術品のコレクショナーであったため、膨大な貯蔵品数があるのですね。 パリの7区にあり首相官邸からも近い、閑静な場所にあります。 この地区には、オテル・パルティキュリエといい、「 l'hôtel Biron 」の名前もある、小城がロダン美術館になりました。 近くには、一つ星のレストラン、「Auguste…

  • パレ・ロワイヤル隣のレストラン「ル・リュリ」!Orieuxシェフのインタビュー

    1区のパレ・ロワイヤルの隣にある、ホテル「Grand Hôtel du Palais Royal ル・グラン・オテル・ドゥ・パレ・ロワイヤル」のレストラン「Le Lulli ル・リュリ」のシェフ、Orieuxシェフをご紹介します。 「Le Lulli ル・リュリ」は、その豪華でエレガントな内装のホテルの一角にある、エレガントなレストランです。 Orieuxシェフは、こちらのル・リュリですでに、3年以上シェフをされています。 コロナで半年「Le Lulli ル・リュリ」は閉店していましたが、今週最オープンしました。 最オープンの連絡をもらいインタビューをしてきました。 オリウ(Orieux)さん…

  • パリ・ロダン美術館となり星付きレストラン・オーギュスト!Orieuxシェフのインタビュー

    7区の閑静なロダン美術館の隣にある、星付きレストラン「Auguste」のオーナーシェフ、Orieuxシェフをご紹介します。 「Auguste オーギュスト」といえば、フランス料理界の巨匠オーギュスト・エスコフィエを思い浮かべるのではないでしょうか。 彫刻家のロダンの名前も、オーギュスト・ロダンです。 「Auguste」は2004年にオープンし、翌年には1つ星をゲットし、ずっと1つ星をキープしています。 オーナーシェフ、オリウさんのインタビューをご紹介します。 パリ7区星つきレストラン「Auguste」オーギュスト 「Auguste」オギュスト(オーギュストではなく、オギュストがフランス語の発音…

  • パリでフォアグラが食べられるレストラン!ル・エリソン「Le Hérisson」

    フォアグラのテリーヌ パリでフォアグラを食べられるレストランをご紹介します。 パリでは、フォアグラの専門店はありません。 しかし、ベルビルの「ル・エリソン」なら、いつもアントレ(前菜)にフォアグラがあります。 前回シェフインタビューでもご紹介しましたレストラン「ル・エリソン」のフォアグラです。 パリ20区ベルヴィルのレストラン「Le Hérisson」のフォアグラ テラス席でアペリティフ😊 テラス席で 白ワイン・シャルドネChardonnayアペリティフ フォアグラのテリーヌ、またはミ・キュイ シェフはIsmaëlさんと、Théoさん。 ファオグラのミ・キュイ、リュブルブのシュトゥネイ添え+白…

  • 国際結婚は疲れてしまう?文化と風習の違いを乗り超える対策は?

    国際結婚はなにかと、「疲れてしまう」と思うことが多いですね。 たぶん。 恋の真っ只中にいるということも多いでしょう。 その後、真っ只中を超えると、かなり現実がやってきて、相手と「距離感」を感じることもあったりで。 国際結婚には、育った国の環境が違いますので、異文化をどう消化していけるかが、ハードルになりますね。 同じ国籍同士の結婚でも勿論、離婚に発展する場合はありますし、国際結婚でなら、問題ばかりという訳でのもないです。 疲れてしまう原因と、そんな時はどうしたらいいのでしょうか。 私なりに、乗り越え方についてまとめてみました。 国際結婚が疲れる理由とは 国際結婚はスタート時には、刺激的なことも…

  • ギャルリーヴィヴィエンヌの住所とランチ!ヴィクトワール広場も一緒にみよう

    ギャルリーヴィヴィエンヌ ギャルリーヴィヴィエンヌといえばパリでもその綺麗なアーケードで有名な歴史的建造物です。 ヴィクトワール広場とフランス銀行がすぐ隣にあり、ギャラリー(フランス語ではギャルリー)と言えるほど、アーケードの中は画廊のように綺麗な店舗ばかり。 お店はカフェ、レストランや、本屋さん、プレタポルテ店、スカーフ店がありますが、散歩をしてみると歴史を感じます。 このギャラリーは、フランソワ・ジャン・ドゥラノワという建築家の設計で、1823年に建てられ、1974年に歴史的建造物に指定されました。 アーケード中で屋根を見上げると、日差しが明るく差し込み、石の床が当時のモザイク模様で描かれ…

  • アンサンブルアンフランセのSebastien講師は?語彙を増やしたい為にはどんな会話?

    アンサンブルフランセのスカイプレッスンで、どの先生にしようかと考えている方へ、Sebastien先生をご紹介します。 日常的会話で、語彙を増やしていきたいという方にオススメの先生です。 語彙が増えれば、ニュースの聞き取りも楽になります。 しかし、語彙はおいそれとは増えません。 そんなに簡単に単語を覚えられない理由には、語彙の総合的な意味がわからない、語彙の背景がわからないというのがあります。 ところが、誰しも暗記に必要なメモリーをどう有効に使うかには、苦労します。 すぐには増やせない問題があります。 語彙は背景を理解すると、暗記もできます。 そんな、歴史の背景や、語彙の背景を知るには、Seba…

  • パリ13区のシェ・ナタリー・!Nathalieシェフのインタビュー

    パリのフランス人女性シェフのレストラン、13区にある「シェ・ナタリー」をご紹介します。 シェ・ナタリーは「ナタリーの家」の意味です。 レストランは、まるでギリシャの孤島にでもあるかのような雰囲気があります。 プラス・ドゥ・イタリーが近くにありながら、パリには珍しく、レストランの前には車の行き来がない空間なのです。 そんな雰囲気を求めて、常連客が来ています。 シェ・ナタリーは、オープンしてすでに18年です。 海の幸が美味しいレストランです。 Nathalieシェフのインタビューをご紹介します(^^♪ パリ13区プラス・ドゥ・イタリーの「Chez Nathalie」 パリ13区にあるレストラン、シ…

  • パリ20区ベルヴィルのル・エリソン!IsmaëlシェフとThéoシェフのインタビュー

    パリのベルヴィルといえば、チャイナタウン、はたまたペールラシェーズの墓地観光で行く方も多いのではないでしょうか。 活気のある界隈で、賑わっている場所です。 そんなベルヴィルに新鋭シェフ2人のレストランがあります。 もう出来て2年になりますが、どんどん流行ってきています。 こんなコロナの時期でも、テラス席があることと、地元の人でいつも満席状態です。 それは、やはりプラスアルファの何かかあるレストランだからなのでしょう。 ちょっとソースが違う、そんなフレンチシェフのレストランとシェフのインタビューをご紹介します。 パリ20区ベルヴィルのレストラン「Le Hérisson」 イスマエルIsmaëlシ…

  • アンサンブルアンフランセのYohann講師は?試験対策にオススメの先生

    アンサンブルフランセのスカイプレッスンで、どの先生にしようかと考えている方へ、Yohann先生をご紹介します。 フランス語の試験対策勉強したい方とか向けです。 質問をして、明快な答えが欲しいという場合には、事象の背景も一緒に説明してくれて、全体像がつかめるレッスンをしてくれます。 落ち着いた雰囲気の講師をさがしている方にもいいかなと思います。 アンサンブルアンフランセの講師Yohann先生 アンサンブルアンフランセ 私が最初にYohannを選んだのは、フランス東部のアルザス地方の方はまじめだと思い、指名したのがきっかけでした。 Yohann先生のレッスンを何度か受けて、説明が詳しいのと、いろい…

  • パリ13区のロベルジュ・ドゥ・グラドロン!Camilleシェフのインタビュー

    パリの女性フランス人シェフのレストラン「ロベルジュ・ドゥ・グラドロン」をご紹介します。 ロベルジュ・ドゥ・グラドロンは13区のプラス・ドゥ・イタリーの近くにあります。 シェフのカミーユさんは名門校「フェランディ」を卒業後、2018年からこちらでシェフをされています。 素材にもこだわっていると感じる、そして味にプラスアルファがあるレストランです。 ミシュランガイドのBib gourmand(ビッブ・グルマン)にも選ばれています。 また、ゴー・ミヨのトック2つ「トック」を取りました。 ロベルジュ・ドゥ・グラドロンとカミーユ・シェフのインタビューをご紹介します(^^♪ パリ13区「L'Auberge…

  • 【求人】フランス語就職!アンサンブルアンフランセのテレワーク・スタッフ募集

    フランス語オンラインスクールの求人をご紹介します。 アンサンブアンフランセという日本最大手のフランス語オンラインスクールの、宅事務スタッフの募集です。 日本在住の方で、フランス語レベルは仏検2級程度以上という条件(レベルはあくまで目安とあります)です。 私は、このオンラインスクールでスカイプレッスンを受講しています。 しっかりとしたスクールですので、条件が合えば、応募してみるのはどうでしょうか。 募集内容を下記に記載します。 【求人】フランス語の就職!アンサンブルアンフランセ 業務内容 業務内容は↓ ・生徒様月謝管理、無料カウンセリング、一般事務、メール管理、生徒管理、電話対応 ・Outloo…

  • パリの日本人女性シェフのレストラン5選!繊細な趣向で星へと

    パリの日本人女性シェフをご紹介します。 日本人シェフがフランス料理界で活躍する機会も多くなりました。 ミシュランの星を獲得しているシェフの数も年々増え、活躍度は大きくなっています。 しかし、女性シェフとなるとやはりまだまだ数が少ないです。フランス人の女性シェフにしても獲得数は少ないのですね。 そんななか、日本人女性シェフがパートナーとともに、ミシュランの星に輝いています。 日本の美と繊細さがパリで人気があります。 そこでこの記事では、そんなパリで活躍されている日本人女性シェフや、一つ星をキープされているシェフをあわせてご紹介します。 今年はコロナでオープン状況が変わっています。 予約をしてから…

  • 【必見】フランス語の試験TEFとは?滞在許可証入手にはどの試験がいいの?

    フランスの滞在許可証の入手には、滞在に必要なレベルに達していることを証明する必要があります。 TEFという試験を受け、フランス語のレベルを証明します。 2018年から制度が変わり、この試験を受けないといけなくなりました。 とはいえ、試験のレベルはそう難解でもありませんので、準備をすれば合格できます。 この試験は日本でも受験できますし、フランスでも受験できます。 また、別の試験TCFもありますので、一緒にご説明します。 まとめて見てみましょう(^^♪ フランス語の試験のTEFとは? TEFは、「フランス語能力認定試験」のことです。 フランス語の能力認定試験には、このTEFの他に、TCFといのもあ…

  • フランス首相官邸「Hôtel de Matignon」!パリのオテル・パルティキュリエとは?

    フランスにはお城が沢山あります。 ロワール河流域にはシャンボール城やシュノンソー城など、有名なフランスの歴史建造物となっているお城があります。 同じお城でもパリ市内にあるのは、「オテル・パルティキュリエ」と言われており、小ぶりです。 パリ市内のマレ地区にとりわけ多く集中しています。 そのほかには7区や8区の公官庁街に多くあり、代表的な例がエリゼ宮や首相官邸です。 この度エドワール・フィリップ首相が退陣することとなりました。 そこで、この記事では、首相官邸も含め7区にあります、ホテル・パルティキュリエで 映画「Intouchables アントゥシャブル」(邦題 : 最強の二人)の舞台となったオラ…

  • アンサンブルアンフランセのRosita講師は?アフリカに詳しい先生

    アンサンブルフランセのスカイプレッスンをどの先生にしようかと考えている方へ、先生をご紹介します。 フランス語を勉強する方の中には、海外派遣隊に参加して、暫く日本から離れてみたいと考える方も少なくないのではないでしょうか。 実際海外の生活は日本の生活とは随分と違いますし、海外生活ではとまどうこともありますね。 宗教も違うことで、日本とは美徳や価値観が違います。 滞在をして、生活をするからみえてくることがありますね。 日本の海外復興支援に参加するプログラムではジャイカがあります。 ジャイカの派遣国先にはアフリカがありますが、アフリカの生活ってどうなのかと思う方には、アフリカ経験が長い、Rosisa…

  • フランスバターのボルディエのサンマロ本店とレストランの料理は?

    数あるフランスのバターの中で、人気のバターといえば、やはりボルディエのバターですね。 本店はノルマンディーのサンマロにあります。 観光地として知られる風光明媚な海岸のサンマロで作られるバターということで、イメージもいいです。 それにバターも色々な風味があります。 柚 香辛料 フランボワーズ などの味付けをしているのが特徴ですね。 バターの中に隠し味として柚子などが入っていて、バターをそのまま調理すれば良いので、そんな使いやすさも魅力です。 ボルディエの本店にはレストランがあります。 バターも食べ、そこで優雅に食事をしたいという方には、サンマロに行ってみるというのも良いのではないでしょうか。 本…

  • フランスバターのベイユヴェール本店とパリ店舗!お薦め品沢山です

    フランスの生バターといえば、ベイユヴェールです。 ボルディエバターが有名ですが、ボルディエバターは熱処理をしている点で、純粋に生バターになりません。 その点、このベイユヴェールは何といっても、滅菌していないバターです。 本店工場は、ナント市近郊のマシュクールにあり、現在ではパリの20区全部の区に店舗があり、色々な種類のバターや、ヨーグルトやチーズを置いています。 パリの直営店ではチーズやヨーグルトのとり揃えが豊富です。 素材が新鮮なことは重要ですが、付け合わせで味をグンとアップさせる物もパリのベイユヴェールでは売っています。 ベイユヴェールのナントの工場も見てきましたので、合わせてご紹介します…

  • セーヌ川クルーズのコースと食事は?眺め~チケットの買い方ご紹介

    パリ観光のハイライトといえば、セーヌ川のクルーズですね。 セーヌ川の周辺は、世界的な歴史建造物が集まっているスポットで、「ノートルダム大聖堂」、「ルーブル美術館」、「アレクサンドル3世橋」や、「エッフェル塔」などあります。 クルーズ船からは、これらの史跡が眺められます。 セーヌ川のクルージングは、眺めがいいだけではなく、ランチやディナーもたのしめて、優雅な時間が過ごせます。 食事がつかないお手軽なクルーズもありますが、ランチクルーズやディナークルーズをオススメします。 それぞれの季節で、また時間帯によってセーヌ川の景色が違います。 セーヌ川遊覧です(^^♪ セーヌ川クルーズのオススメ3選 セー…

  • フランスで就活!面接の際の自己紹介テクニック!スピーチの長さ

    フランスで就職活動をする際には、求人広告への応募の仕方が決めてです。 別記事でIndeedで求人広告の探し方をご説明しました。 適切なポストだと思えば、応募の際に志望動機書(Lettre de motivation)をつけて履歴書(CV)を送ります。 あなたのCVがそのポストに合っていれば、リクルート会社なり、企業の人事担当者から通常翌日には連絡がきます。 また、CVを送っても返事が3日以内にこないと、そのまま返信がないと思ったほうがいいです。 そして、担当者から連絡がくれば、面接の日程を決めます。 面接では口頭で職歴などを説明しますが、その際にどう自己アピールをうまくするかがカギです。 担当…

  • パリのレストランでの服装は?店の格を考えたドレスコードご紹介

    フレンチを食べに行くときに、どのような服装にしようかと迷うことはないでしょうか。 パリのレストランで、それも星付きレストランで食事を予定すると、それなりに気をつかいますよね。 中には、豪華絢爛な内装のレストランもあります。 レストランによってはサービス係の態度などに圧倒されそうな雰囲気もあります。 格調のあるレストラン、または庶民的なカフェとでは、お店の雰囲気はもちろん違いますが、客層の雰囲気が違います。 そこでこの記事では、格調のあるレストラン~庶民的なカフェまで、格に応じた服装はどいうものなのかを、星付きレストランの画像と一緒に、お伝えできればと思います。 パリのレストランの品格とドレスコ…

  • フランス語のse payerってどんな意味?普通のpayerとどう違うの?

    フランス語で「ス・ペイエ」という言い方があります。 今日の新聞に「 se payer 」と言ってフィリップ首相の反応について書いてありましたね。 意味は仕返しをするです。 どんな背景でこのような表現になったのでしょうか。 背景と使い方を見てみましょう。 「今日のフラ単語」で、単語の解説もしています(^^♪ フランス語のス・ペイエって何? 🐈今日のフラ単頑張ろう🍏 【ス・ペイエ】 ス・ペイエ「se payer 」は、動詞で、 意味は、仕返しをする、です。 「payer」 は「払う」で、自分をいれ、 「se payer」にすると、自分を払うで、 「se payer qqn」と目的語を入れて、 ○○…

  • パリのミシュランの星付きレストラン5店!美味しくて繊細?

    パリ旅行の際に、せっかくならミシュランの星付きレストランでゆっくりとワインを傾けて食べてみたいと思うのではないでしょうか。 しかし反面、星付きレストランは肩ぐるしいとか、高いだけで本当はそんなに美味しくもないのでは、と思われている方もいると思います。 実は管理人もそう思っていた時期がありました。 しかし、実際に行って食べてみると、さすが星付きと思うものですね。 そこでこの記事では、私が行った星付きレストラン5店をご紹介します。 マルサン(エレーヌ・ダローズ)1つ星 ル・グラン・ヴェフール(ギィ・マルタン)2つ星 ラ・ダム・ドゥ・ピック(アンヌソフィーピック)1つ星 ヴィルテュス(マルセロ・ディ…

  • フランス語の« Tolérance zéro »ってどんな意味?何がゼロ?

    フランス語で「トレランス」という言い方があります。 今日内務大臣が 「 Tolérance zéro 」と言っていましたね。 トレランスの意味は寛容さ、許容力などです。 それが、ゼロというのは、全く余地がないということです。 今日内務大臣はどんな背景でこんな言い方をしたのでしょうか。 背景と使い方を見てみましょう。 「今日のフラ単語」で、単語の解説もしています(^^♪ フランス語のトレランスって何? 🐈今日のフラ単頑張ろう🍏 【トレランス】 トレランス「Tolérance 」は、名詞で、 意味は、許容力や寛容さ、です。 形容詞は、tolérant で、寛大な、の意味です。 今日内務大臣が言った…

  • フランス語のexaucerってどんな意味?受け身だけで使う?

    フランス語で「エグゾセー」という言い方があります。 動詞で「exaucer」と書きます。 意味は叶える、とか、現実にする、の意味です。 願望が叶うときに使われます。 使い方を見てみましょう。 「今日のフラ単語」で、単語の解説もしています(^^♪ フランス語のエグゾセって何? 🐈今日のフラ単頑張ろう🍏 【エグゾセ】 エグゾセ「exaucer」は、動詞で、 意味は、叶える、現実にするです。 この動詞の使いかたは受け身にして「exaucé」で使います。 叶えるなので、○○は希望や夢です。 Mes voeux ont été exaucés. 訳➡私の願望が叶えられた Mes souhaites on…

カテゴリー一覧
商用