searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE

め〜さんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
とは言うものの
ブログURL
https://whereabout2.hatenablog.jp/
ブログ紹介文
40代前半の東京在住で市井のゲイ。令和を生きる中年がセミリタイアを目指し人生模索中。セミリタイア、投資、英語、健康などについて書いています。
更新頻度(1年)

24回 / 282日(平均0.6回/週)

ブログ村参加:2020/01/19

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、め〜さんの読者になりませんか?

ハンドル名
め〜さん
ブログタイトル
とは言うものの
更新頻度
24回 / 282日(平均0.6回/週)
読者になる
とは言うものの

め〜さんの新着記事

1件〜30件

  • 加齢と老眼

    30代前半までは両目とも1.5あったんですが、徐々に視力が落ちていきここ数年は1.0~1.2ぐらいで変わらず。朝目覚めてから寝るまで裸眼で視界はハッキリしていることが当たり前だったので、メガネへの憧れで伊達メガネを買ったこともありました。 羨ましがられたりもしますが目が良い事のデメリットもあり、歩行者天国やデパ地下など人と物が溢れている場所に行くと全部がクリアに見え過ぎてしまい、情報多寡で目と脳みそがひどく疲れます。あと家に招かれた時などに床を舞うホコリが目についたりと無駄にいろいろな事に気づいてしまう。見えなければ気にしないのに見えてしまうからこそ余計な思考が頭を巡ってしまい気疲れします。 …

  • 加齢と白髪

    頭髪は中学生から若白髪が結構あったので年齢と共に白髪が増えても特にショックもなく受け入れました。ただ白髪になる部位がもみあげや側頭部に集中しているのを見ると、確実に中高年まっしぐらだなとは思います。もしこのまま毛量を維持できるのであれば、ロマンスグレーのダンディな男性を目指すのも悪くないと思いを馳せたりしますが、現状はまだらなので白髪染めを利用。いつかどこかのタイミングで白髪染めも止めるんだろうけど。 ヒゲはもともとかなり濃く毎朝剃っているので白髪化の影響はあまりなし。実は若い頃にヒゲ剃りが面倒で医療用ヒゲ脱毛に挑戦したけど10回コースの半分程度で挫折してます。痛みには強いと思っていた自分でも…

  • You are what you eat

    朝食:シリアル(最近食べない)昼食:COMP+BALANCER夕食:外食 「完全食」を知っているでしょうか?完全食とは1食に必要とされる栄養素を全て含んだ食べ物です。つまり栄養素的にはそれだけ3回摂取すれば1日に必要な栄養素は全て賄われるというちょっとアレな食品です。(栄養素は入っていますが、実際に身体にちゃんと吸収されているかはまた別の話) 昼食のCOMPがそれに当たり、パウダーを牛乳で溶かして飲んでいます。BALANCERもパウダーで似たようなものですが、カロリーが殆どないため厳密には完全食にはならず、食事にプラスする栄養補助製品です。ただこちらはある意味もっと凄くて、1回で1日分の必要な…

  • お金の話⑨ 投資は余剰資金で

    投資歴がまだ浅い自分には、今回のコロナショックが初の大幅全面安の出来事。今は大分戻りましたが、保有している投資信託も一時は500万円以上の含み益が消えて、マネーゲーム怖っ!と肝を冷やしました。ただ思いのほか静観できていた自分もいて、これはタイトル通り余剰資金で投資していたことに尽きます。このまま保持していればいずれ上がっていくんだし、こんな時期もあるでしょ、と流すことができました。これがもし、すぐに必要な生活費でやっていたら・・・ 投資ではこういう荒波が周期的にやって来ることは理解していたし、今は定職があり定期収入があるから心穏やかでしたが、これがセミリタイア後で投資資金をメインの生活費として…

  • with コロナ

    家にいる時間が増えている昨今。テレワークなので家から出ることもない。週末もほぼ引きこもってる。 空いた時間をただ無駄に過ごす。だけど罪悪感はほぼゼロ。だって罪悪感を持とうが持たなかろうが、やらないことはやらないから。心の断捨離。これが40年以上自分と一緒にいて把握した自分との付き合い方の最適解、たぶん。 とは言うものの、コロナで自分と向き合う時間が増えたのも事実。コロナ前でも後でも答えはまだ出ないんですが、先日友達に「何が楽しくて生きてんの?」と唐突に聞かれテンパった。 セミリタイアして海外移住、とコロナ前なら答えられなくもなかったけど、世界って想像以上に簡単に壊れるんだなと今回思い知らされた…

  • 長所は短所

    自分の長所は何かと聞かれたら「バランス感覚」です。人間関係のバランスは程よい距離感を保ち、物事とのバランスは追い求め過ぎません。もうこれは無意識で、常に一歩引いて俯瞰で物事を見て、シーソーのバランスが崩れそうなら反対側に比重をかけています。 人間関係のバランスは友達に対しては親しき仲にも礼儀ありぐらいですが、やはり一般社会においてはゲイであるが故に深入りしないし、深入りさせないバリアが出ます。物事のバランスを取ってしまうのは、器用貧乏なところが大きい気がします。小さい頃から結構それなりに何でもこなせたので、真面目な努力を怠る子供でした。また大人の顔色を見ることも大人が何を求めているかにも敏感だ…

  • 終の住処

    持ち家か賃貸かは意見が分かれますよね。セミリタイア後に具体的に何をしてどこに住むか、がまだ見えていない自分としては、持ち家にしてしまい移動範囲に制限がかかってしまうのは避けたいところ。 正直な話、30代前半には長期ローンが組めるうちに駅近物件を購入して将来は貸し出せば元も取れ一石二鳥では?と悩んだこともありました。でも一生同じ会社に勤める気が当時から更々ない自分にとって長期ローンはリスクが大き過ぎて断念。もしこの時にローンを組んで持ち家にしていたら、生活の為に辞めたくても辞められないストレスで今頃苦しんでいただろうなとは思います。 こんな風に同じ人間でもその時その時の状況で考えがブレるので、ど…

  • お金の話 ⑧ 外貨預金

    セゾン投信を始めたぐらいのタイミングで資金は分散した方がいいかと考え、外貨預金にも手を出してみました。メイン口座の銀行で外貨預金口座の開設も考えたのですが、リアル店舗がないネット銀行がやはり手数料が安い。ただ店舗も通帳もなく、アプリだけでお金を預けることに多少なりの抵抗を感じつつ、そこは単純な自分なので、丁度その頃の携帯電話キャリアがauだったこともあり、auが絡んでいるなら大丈夫かなと、じぶん銀行に口座を開設しました。 開設後に早速50万円分を米ドル、100万円分を豪ドルで保有。米ドルは60万円分の換算レートになったタイミングでサクッと円に戻したのですが、問題は豪ドルです。レート約83円で購…

  • 大人になること、丸くなること

    歳を重ねていくと経験が増え、知見が広がり、自分なりの芯ができあがることで、それがブレない意志に繋がるのだと思います。芯のある大人な自分になりたいという様なことも以前書きました。確かに40歳過ぎて、あっちの意見にフラフラ、こっちの意見にフラフラでは情けないですが、あまり自分流に固執するのも危険だなとは思います。 自分の意思がありライフスタイルを確立することは素晴らしいことですが、同時に他人が入る余地を狭めてしまいます。そうならない様にテレビやネットでいろんな意見を得ようとはしますが、溢れる批判や熱量を持った意見に心が揺さぶられあっさり疲弊。意見をぶつけ合うことはやはり体力がいるので若い時ほど積極…

  • お金の話⑦ NISA関連

    そんなこんなで、セゾン投信と歩み始めた自分だったのですが、しばらくすると配当・譲渡所得などの軽減税率の特例措置が廃止されると知りました。その当時でも少しだけ含み益があったので、一旦解約?が頭を正直よぎりましたが、長期で投資をするという信念で踏みとどまりました。 入れ替わりで開始されるNISA(今で言う一般NISA)については、いろいろ調べてみるものの仕組みがイマイチ理解できない。疑問点はあるけど聞ける人も誰もいない。でもやらないよりはやって後悔のノリでセゾン投信で一般NISAを申し込み、それ以来、毎年限度額は使い切っています。 そこからは毎月引き落としで買い増しを続け、何度か引き落とし額を増や…

  • 病は気から

    10年ぐらい前、英語の勉強の一環で英訳小説を読んでいた時期がありました。その時に読んだ本で、奥田英朗さんの「イン・ザ・プール」からの下記一節。 Stress is just a part of life. It's a waste of effort to try and make it go away. It's far better to switch your attention to some other object. ざっくりと訳すと、ストレスは人生の一部だから0にしようとするのは無理。だったら、ストレス以外の他のことを考えるべき。 それまではストレスを感じることがあると、ストレス…

  • お金の話⑥ 直販型投資信託

    そんな訳で自分なりに投資について勉強をした結果、初めて購入した投資信託を全解約し銀行とは縁を切りました。苦い経験となったものの、単に自分の勉強不足の結果だったのは明らかだったので、もう投資なんてコリゴリという気持ちにはならず、ここからが本当の勝負!ぐらいに前向きでした。短期で資産を増やす株式投資も選択肢としてあらためて考えましたが、継続的な会社四季報とのにらめっこは自分には無理で、むしろ性格上、投資したことを忘れるぐらいの心の余裕が持てる投資を選択すべきかだなと。あとはいつの間にか目先の小遣いを稼ぐことが目的となり欲を出して失敗しましたが、もともとはセミリタイアに向けての資産づくりが目的だった…

  • FIREの先輩

    FIREとは何? はい、自分も最近学びました。 今更ながらちょこちょことアーリーリタイアやセミリタイアについてネットで情報を集めています。7、8年前に、そういう人生の選択肢もあるんだなと知ったときには、ネットで拾える情報はあまり多くはありませんでした。 それでFIREムーブメント(Financial Independence, Retire Early)というものも初めて認識しました。興味ある方は以下見てください。 toyokeizai.net そりゃ欧米の方がこういった考え方は敏感だろうし当然の流れですね。ただ資金面では準備を進めていますが、気持ちの面ではまだまだ先の事という思いがあり、準備…

  • 働く意義

    仕事なので、自分を押し殺して嫌なことや辛いことや面倒なことに対処しないといけない場面は多々あると思います。 好きな事を仕事にしている人は情熱で頑張れそう。 偉くなりたい人は昇格のために乗り切れそう。 子供がいる人は家族のために頑張れそう。 人それぞれいろんな理由があると思いますが、自分が仕事をこなす1番の理由はやはり賃金のためで、これでは前向きに仕事に取り組めない。今でも幸いな事に生活できる賃金は貰えていて、それなりに欲しいものも買えるし、貯蓄も出来ているとなると、更により良い賃金のために努力しようと自分を奮起させることが難しい。仕事に対する頑張りの限界値は年々下がり気味で、まあいいかと楽な選…

  • お金の話⑤ 決断

    希望した毎月分配型投資信託を購入し、分配金も毎月支払われて満足していた自分ですが、その満足感は3ヶ月後に郵送で送られてきた最初の定期報告書でまず打ち砕かれます。(この時はまだネットで値動きが確認できることすらよく分かっていませんでした。)なんと報告書に記載されていた評価合計金額が購入時より10万円マイナスに。これにはショックを受けつつも、こんな時もあるかもねとまだ強気でした。 その後も分配金はちゃんと支払われ、2回目となる購入から6ヶ月後の報告書が届きます。しかし淡い期待は打ち砕かれ更に10万のマイナス。流石に大丈夫かと心配になるものの、引き続き分配金は支払われたため、臭いものには蓋をする的に…

  • 四十の手習い

    自分の英語力は、できない人からすると上手だねと言われますが、本当は言いたい事が言えなくてイライラするし、聞き取れないことなんて日常茶飯事です。あるあるかもしれませんが、今日は絶好調に話せるし聞き取れる!と思った次の日は全くグダグダで落ち込んだり。 所詮はコミュニケーションのツールなので自分が納得できるレベルになれればいいとは思いつつ、若かりし頃はいつかネイティブ並みなってやると意気込んでいました。が、気付けば40歳を越えている現実。ただ飽きやすい性格の自分が長く興味を持てている事なので、何だかんだで英語は好きなようです。 今は仕事で英語を使うことはないのですが、将来のリスク分散的に海外移住も視…

  • 自分らしくと仕事とお金

    書き出したものの、それぞれの円が重なるので、自分自身でまだ頭の中を整理できず、アイディア出しのような文書です。個々の話はまた別で書こうかと。 セミリタイアにはお金は必要だけど、お金さえあれば幸せではないし、ないから不幸とも言い切れません。とは言え、お金があることで様々な不安要素は潰せることも事実。お金は多くあって困ることもないし、収入源は複数あった方が安心なので、本業以外に周知の通り投資もしています。あとは副業でもあればよりセミリタイアに向けて完璧だなとは思います。本業に関して言えば、何度か転職していくつかの企業を知っている身からすると、今の仕事は環境も給与も恵まれていると思いますが、ノンケと…

  • 人生の岐路

    あの時の判断はナイスだったと今でも思う選択は、高校3年生の進路選択で「英語も学ぶ」を選んだこと。やりたい事も将来のビジョンも無かった自分は何となく生きていて、今度も流されて大学を決めて、流されて就職するんだろうな、とぼんやり想像していた。でも果たしてそんな人生でいいのか不安とモヤモヤを抱えていたのも事実だったので、この進路選択が将来の賃金を左右する!とこの時ばかりは自分を奮起させ、初めて自分自身と真面目にしばらく向き合った。ただいろいろ考えるも、やりたい事がすぐには見つかるはずもなく、ならちょっと視点を変えて、やりたい事より将来性で考えようと思い立った。今後需要が増えるだろうスキルを身に着けて…

  • お金の話④

    銀行窓口の説明で次は投資信託だと心を決めて、まずいくつかの投資信託を紹介してもらいました。そんな説明の中で心を掴んだ言葉が毎月分配型。そう、債券で得た「たまに入るお小遣い感覚」がくすぶり始めます。毎月お小遣いが入ってくる(かもしれない)ならばと、机の上は毎月分配型のカタログで埋まります。それぞれ比較する中で気になるのはやはり分配金の多さ。リスクが高まる事は分かっているにもかかわらず、きっと自分は大丈夫、とあの時は変な自信がありました。そして並べられた中で確か一番いい分配金だった新興国向け毎月分配型投資信託を300万円分購入していました。リスクを説明した上で、顧客が欲しいものを販売しているだけで…

  • お金の話③

    最終的に複数の債券を持っていたので、年に数回の利払日がありましたが、入ったお金は臨時収入として日々の遊びに消えていました。今思えば、この「たまに入るお小遣い感覚」を覚えてしまったのが良くなかったのですが、これもその後に身を持って学ぶ事になります。 さて、債券による少しばかりの成功体験で味をしめた自分はだんだん欲が出てきます。債券の償還日が近づくにつれ、債券よりもハイリスク・ハイリターンでいいからもっとお金を増やしたい、と分かりやすく強欲になっていました。 償還日が近づくと銀行から電話が当然あり、戻ってくるお金はどうされますか? と聞かれます。そして、その数日後には銀行窓口でリスクが増えてもより…

  • 自分らしく

    人生80年としたら丁度半分くらい。後悔が全くないわけじゃないですが、あの時に戻って人生やり直したいという願望はありません。戻ったらあと40年+アルファの時間を生き続けることになるわけで、とてもじゃないですがその元気はないです。長さより密度が大事かと。じゃあその密度をどう上げられるかと言うと、結局どれだけ自分が納得した人生をおくれるかだと思います。他人にどう見られようが自分らしく、多少わがままでも好きなように生きれたら、きっと毎日もう少しだけハッピーになれるんじゃないかと。自分らしさの全てがゲイとしての自分ではありませんが、自分を語る上で外せない部分であることは間違いありません。決してゲイを声高…

  • 死生観

    夜眠りについて翌朝は目覚めなくても、それも運命かなと受け入れるタイプです。自分としては、みんなそんな感じで日々生きているんだろうなと思っていたのですが、周りに話すとえっ!?!と反応されるので、こちらが逆にえっ!?!と。意外とみんな生き続ける事に懸命なんだなと。 家族が悲しむよ、と言われても自分だって突然死ぬわけでどうしようもないし、ゲイあるあるで、親に見られたくない物が処分できないと困らない? と聞かれても、死んだ後のことはもう自分は分からないから気にしてもねぇ。この辺は家族と結構ドライなので、そう思うのかもしれません。 生きるんだ! という願望が強くないことは確かですが、生きる事に疲れたとか…

  • 人生の先輩

    それなりに幸せな人生を送っているとは自分でも思うのですが、子供の頃イメージしていた立派な大人像にはまだ程遠く、ちょっとした事でクヨクヨしたかと思えば、何もかもが面倒臭いと感じたりと、どっしり構えてブレない芯のある立派な大人像はまだまだ道半ば。 40歳過ぎてもまだ人生迷い中だなんて若い時は想像しておらず、いい歳したオジサン(BBA)なんだからしっかりしなきゃとは自分でも思いますが、こんなときお酒でも飲みながら相談できる、頼りがいのある年上の知り合い、それこそ人生の目標にしたいような先輩がいればなと思います。とは言うものの(既に自分が年下のお手本になるべき年齢でブーメラン)

  • お金の話②

    投資をしようと思い立ったものの、まわりに投資をしている人はおらず、ここはお金のプロに聞いた方が早いだろうといざ銀行窓口に出向いた自分。 今なら銀行で勧められる投資を買う程の悪手はないと分かるのですが、当時はネットの情報は信用ならない、書籍を買うお金は勿体ないぐらいの気持ちで相談に行きました。銀行も所詮はビジネスで、銀行に利益のある投資しか勧めないと知るのはその数年後の話です。 窓口では、株は危ないイメージがあることと、あまりハイリスクは取りたくない旨を話すと、債券を勧められました。もちろん当時の自分は債券が何かをいまいち分かっていません。説明されるうちに悪くないかなと思い始め、結果として国内債…

  • お金の話①

    お金の話を嫌がる人、意外に多くないですか? 嫌がるというか下品とか野暮と考える人というのが適切かもしれません。特に投資の話になると怪訝な顔されることが増えます。 これってエロに近い心理なのかなと。どちらも必要なものですが、プライベートなことなのでとにかく隠したい。隠すから余計にイヤらしさが出る→イヤらしいから余計に隠す、という悪循環。あけっぴろげにし過ぎてもエロさが無くなるので、程よく意見交換がしやすい世の中になるといいなと思います。 自分は30代前半から投資を始め、投資歴はまだ10年ぐらいです。30歳を過ぎて何というか、あぁこのまま自分はゲイとして生きていくんだなと悟ったというか、腑に落ちた…

  • 自己紹介

    SNSで自撮りをあげる程オープンではないし、かと言ってゲイであることを鬱々として生きているわけでもなく、それなりにゲイ人生を満喫しつつノンケ社会を日々生きています。 これまでもブログを始めてはいつしか面倒になって止めてしまうことを何度か繰り返しているので、今回こそは長く続けます。とは言うものの(不意に気持ちが冷めるかもしれない) 完全に見切り発車ですが、関心がある以下あたりについてまずは書いていこうかと。 セミリタイア 投資 英語

カテゴリー一覧
商用