searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール PROFILE

どどんさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
サボテン室内記録(どどん)
ブログURL
http://dodon-plants.xblog.jp/
ブログ紹介文
サボテン・多肉・エアープランツの室内育成記録として素人目線でわかりやすく残していこうと思います
更新頻度(1年)

27回 / 42日(平均4.5回/週)

ブログ村参加:2020/01/18

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、どどんさんの読者になりませんか?

ハンドル名
どどんさん
ブログタイトル
サボテン室内記録(どどん)
更新頻度
27回 / 42日(平均4.5回/週)
読者になる
サボテン室内記録(どどん)

どどんさんの新着記事

1件〜30件

  • 植え替え-あれこれ(M鉢)

    早速ですがM鉢の植え替えを完了しました。 マミラリアやミニサボ多肉で構成しておりますM鉢です。

  • 花・蕾/R2-2月

    豊明丸 マミラリア属

  • 植え替え-あれこれ

    時期尚早かもしれないですが、植え替えに着手し始めました22日のにゃんにゃん猫の日。 元々アブラムシ掃討戦から急ぎ植え込み、一部割り箸などで支えなければ倒れてしまうものもありました。 土は熱湯に浸けて日なたで乾かし再利用中。 時間の都合がつくうちにと、徐々に土ごと替えていく所存です。 その模様をてきとうに……

  • パインテリ-モンスト/マミラリア属

    イソギンチャク、もしくはよく水を吸うバスマットの毛足にも似た珍奇なサボテン・パインテリ マミラリア属です。

  • 紅冠丸(仮)/パロディア属-ノトカクタス属

    てっきり暖まるかと思いきやそうでもなく。風速もなかなかなためまだまだコートはしまえません。 仰げば端整なる虹の輪っかが浮かんでいますが、これは花粉たっぷりの証なようです。

  • ピロカルパ開花/交配練習

    ジェル3として育てておりますピロカルパ リプサリス属が開花しました。

  • 令和の桃太郎/プレイオスピロス

    だいぶ目を引く多肉植物がありました。 …

  • イオナンタ-銀葉種

    ダイソーにてそれなりに見かける銀葉種、イオナンタです。

  • 蕾/R2-2月

    今週は一挙に暖かくなる……平年でいう桜見頃の体感のようですが、来週からは振れ戻って再び最低気温の下がるとのこと。 根の細いは月1ほどの水。 他のは隔月1ほどの水。 冬成長型のは半月1ほど、乾いてからよく晴れる日に。 暖冬に惑いつつ、蕾の写真を残します。 <…

  • 正体不明/ハオルシア属

    とあるハオルシア属の花芽

  • 月影丸(仮)/マミラリア

    まさしく属名通りのイボイボでありマミラリア属なのは間違いないと思われます、月影丸です。

  • 葉挿し・子株の小観察

    年末にかけ、どたばた植え替えの折にもげた多肉の葉・サボの子株の様子です。

  • 立春/西窓組の状態2

    ……寒くなってまいりました。 部屋の温度計が10°Cをしかと下回ったのは今冬初。厳寒注意種の葉は萎びてきまして、四肢末端系冷え症気味の私としても夜、爪先から凍える寒さにたじたじです。 で、西窓(網戸無し)に置いた植物ですが……

  • 立春/西窓組の状態1

    立春を迎えました。 と同時に冬将軍氏も重い腰を上げて来ますようでして、私の地域では夜間0°C未満に包まれそうです。 室内湿度も平時70前後(換気でもうちょい下がる)からここのところ60以下に変わっております。 寒暖まだまだ乱れ舞いそうではありますが、一つの区切りとして、西側小窓に置く植物の状態をチェックしましょう。 今回は網戸側です。 唯一の換気口たる西窓は虫除け剤入りの網戸プ…

  • 大虹-フェロカクタス/旧ハマトカクタス

    駄物という言葉があります。 つまらない、質が悪い、大して値打ちも無いと散々な意味を含んでいます。 サボテン界にも駄物という言い回しがあるようでして、とても育てやすいもの……翻って育て甲斐のないものをそう表現するとか。 観賞・お値打ち・栽培難度。 それらの複雑に絡む意であるのでしょう。 さて私の寝室にも駄物(ともされる)がおります。

  • メラノクラテル-緑葉種

    以前エアープランツは冬の霧吹き週1回で育てていると書きました。 その辺は臨機応変、今週は妙に日差しの強く暖かな日がありましたので、緑葉のみ週2としました。

  • プセウドベイレイ-銀葉種

    エアープランツは水やり後逆さ置きにして乾燥を待っております。 そのためクセがついたのか、全ての葉が満開に反り返ってしまっていますが、その影響を大きく浴びたのがこのプセウドベイレイです。

  • ジェル鉢2/寒期の導入

    初めてマツダエを買ったときから3年ほど。植物もたくさんになりました。 人1人がきちんと処理できる人間関係の数は云々、というニュースをSNSかでちら見ましたが、まさにといった感じです。 水やり日のカレンダー記入はこれまでのようです。 今後のため色々ノートにまとめている最中ですが、ちょっと頭がこんがらがってきております。 さて。

  • 金鯱(仮)/アブラムシにやられ

    エキノカクタス属 金鯱(仮)

  • サボテン水耕栽培/冬の水

    水耕栽培3サボテン

  • 新メンバー/購入時の状態

    本日より6種の多肉が私の部屋に加わりました。 カルメナエの開花を受けての意気込みです。ウチにおきます唯一の横長鉢--カレンダーにはシンプルに横と記入--にカルメナエを植えていますが、前回お話しした通り、隙間やウォータースペースに不備あれども今は、冬は……ものぐさのまま今年も一月が過ぎようとしております。 植え替えは3月以降。 備えてこれからの…

  • マミラリア属/カルメナエ

    刺の色、花の色にいくつか種類がある。これはクリーム系の刺に白い花のもの

  • ソテツキリン/ユーフォルビア属

    多肉植物のユーフォルビア属 ソテツキリン。 チャコボールに植えてのその後--

  • 寄せ植え-M鉢/マミラリア属

    水やりをしたら必ず……忘れることもままありますが、カレンダーに記入をしております。 その日のコマの端っこに青ペンでちょい。 鉢ごとに略式名称を付けまして、ジェル1やカラーサンド1、鉢Uとか鉢Iなどとしてノートとカレンダーに記しています。 ジェルやカラーサンドはさておいて。 私のいう"鉢“とは砂に植えた通常の育て方によるものを指しております。 その一つが、

  • ジェルポリマー/プラントビーズについて

    100円ショップの園芸コーナーにはジェルポリマー、プラントビーズなるキラキラしたゲル状の謎の球体が並んでおります。 消臭ビーズにそっくりですが別物です。 土を一切使わない所謂ハイドロカルチャーの一つとして私もフェアリーキャッスルなどを育てておりますが、そも何ぞやという…

  • エアープランツの冬管理

    エアープランツ2種(緑葉・銀葉)それぞれの冬室内の育て方について、私の得も言われぬ経験(おおよそ8ヶ月弱)から整理しようと思います。 前置きなしで参りましょう。

  • ヘルテリー(仮)の特徴

    パロディア属/旧…

  • 冬の植え替えについて

    ダイソー販…

  • フェアリーキャッスル/ジュエルポリマーの植え替え

    当ブログ最初の記事となりましたフェアリーキャッスル。 その植え替えを完了しました。

カテゴリー一覧
商用