searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

宇美の文学さんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
谷崎潤一郎のおすすめ作品 代表作品
ブログURL
https://umiumiseasea.com/
ブログ紹介文
明治後期から昭和にかけて活躍した日本が誇る文豪、谷崎潤一郎の作品について紹介しています。
更新頻度(1年)

集計中

ブログ村参加:2020/01/13

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、宇美の文学さんの読者になりませんか?

ハンドル名
宇美の文学さん
ブログタイトル
谷崎潤一郎のおすすめ作品 代表作品
更新頻度
集計中
読者になる
谷崎潤一郎のおすすめ作品 代表作品

宇美の文学さんの新着記事

1件〜30件

  • 谷崎潤一郎『異端者の悲しみ』

    目次はじめに谷崎潤一郎『異端者の悲しみ』あらすじおかしな独り言病身の妹蓄音機のエピソード友の訃報 借金お富の最後 そして天才小説家の誕生 はじめに 『異端者の悲しみ』は大正六年(1917年)に発表された、谷崎潤一郎の自伝 ...

  • 谷崎潤一郎の妻たち

    目次谷崎潤一郎の女性遍歴最初の妻石川千代と妹のせい子細君譲渡事件『細雪』幸子のモデル 根津松子関西への移住谷崎潤一郎の最後 谷崎潤一郎の女性遍歴 最初の妻石川千代と妹のせい子 29歳で、谷崎は石川千代と結婚。 大正6年、 ...

  • 夏目漱石『三四郎』あらすじ

    三四郎は読んでいてなかなか頭を使う小説です。 ヒロインは何を考えているのだろうか……三四郎の恋は実るのか? 少し読み進めては戻ってうーんの考えこんで…… わかりにくさはありますが、奥手な若者の初恋がリアルに描かれています ...

  • 谷崎潤一郎『魔術師』あらすじ 感想 考察

    目次あらすじ架空の異国の怪しい魅力を放つ公園 あらすじ 架空の異国の怪しい魅力を放つ公園 私があの魔術師に会ったのは、 何所の国の何と云う町であったか、 今でははっきりと覚えて居ません。   ――どうかすると、 ...

  • 谷崎潤一郎『人面疽』あらすじ 感想

    目次あらすじアメリカ帰りの女優、歌川百合枝 あらすじ アメリカ帰りの女優、歌川百合枝 歌川百合枝は、最近アメリカから日本に帰ってきたばかりの映画女優です。 百合枝は欧米の女優にも負けないぐらい、たっぷりした滑らかな肢体と ...

  • 谷崎潤一郎『美食倶楽部』あらすじ 感想

    目次あらすじ美食倶楽部G伯爵不思議な中国人たち中国人たちの宴会長さんに断られてしまう陳会長の料理の秘密G伯爵の不思議な料理感想 あらすじ 美食倶楽部 大正時代のことです。 美食倶楽部という美味しいもの大好き人間が集まるク ...

  • 『母を恋ふる記』あらすじ 感想

    『母を恋ふる記』は大正8年に発表された、谷崎潤一郎の短編。 夢を描いた作品ですが、谷崎潤一郎の自伝的な作品です。 谷崎潤一郎の生涯について知りたい方にもおすすめです。 目次母を恋ふる記のあらすじ神秘的な冒頭 母を恋ふる記 ...

  • 谷崎潤一郎『富美子の足』ネタバレ

    はじめに 大正八年の五月のある日、小説家谷崎潤一郎のところに、手紙が届きました。 それは野田宇之吉という、若い画学生からの手紙です。 手紙の内容は画学生のみずからの経験をつづったものでした。 画学生は自分の経験は価値があ ...

  • 谷崎潤一郎『小さな王国』あらすじ 感想

    目次あらすじベテラン小学校教師 貝島沼倉君新ガキ大将、沼倉君修身の授業での事件沼倉君の勢力貝島、沼倉君を利用する。しかしちょっとうまくいきすぎて怖い啓太郎の涙小さな王国 子供たちの貨幣制度生活苦のあまり頭がおかしくなった ...

  • 谷崎潤一郎『夢の浮橋』

    目次生母と継母続きを読む 生母と継母 五十四帖を読み終り侍りて ほととぎす五位の庵に来啼く今日 渡りをへたる夢のうきはし (源氏物語五十四帖を読み終えた ほとどぎすが五位の庵(主人公の家系が先祖代々住む屋敷)に来て鳴く今 ...

カテゴリー一覧
商用
読者になる