プロフィールPROFILE

あんこさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
新あんこのログ
ブログURL
http://ankonolog.hatenablog.com/
ブログ紹介文
【ブログ改装&迷走中】脳出血で後遺症いっぱい。内臓以外まともなところはないです。 仕事も遊びも忙しく活発に生きてきましたが、これがこれからの私です。 内臓は元気なのでバリバリ使います。 頑張りすぎない。感謝と毒吐きとオタ活。
更新頻度(1年)

6回 / 7日(平均6.0回/週)

ブログ村参加:2020/01/11

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、あんこさんの読者になりませんか?

ハンドル名
あんこさん
ブログタイトル
新あんこのログ
更新頻度
6回 / 7日(平均6.0回/週)
読者になる
新あんこのログ

あんこさんの新着記事

1件〜30件

  • 【脳幹部海綿状血管腫】4.退院後体感98%元通りになったリハビリ法

    最初の出血は、今思えば軽度だったようで、嚥下障害、めまい、眼振が落ち着いたころ、約3週間で退院しました。 本当に今思えば、軽度だったんだなという明るい退院 軽度だったので、退院後自力自己流リハビリ効果より、時間経過による自然治癒の力のほうが大きかった気がします。 だから 「この病気になって入院したけど、リハビリ病院に行くことも勧められず歩いて退院できた」 という人であれば、自主的なリハビリは、ぶっちゃけやらずとも、時間が経てば元に戻ると思いますので、まだふらつきがあるのに頑張って転んだりしないでくださいね。 脳疾患は転倒(で頭を打つの)が怖いです。 一応、退院後の体調と自己流リハビリを書いてお…

  • 【脳幹部海綿状血管腫】3.耳鳴り・聴覚過敏は関係ある…らしい?

    こちらの記事では、発症から障害者となるまでの本筋から少し離れ「耳鳴り・聴覚過敏症」のことを書きますが、脳幹部に病巣があることが関係している気がするので、書いておきます。 もちろん、素人個人の見解ですから、鵜呑みにしないでくださいね。 最後に耳鳴り外来の紹介をしています。 私の耳鳴りについて 耳鳴りを診てくれる耳鼻科は少ないです。何軒ジプシーしたことか 今となってはいつごろからだったのかは覚えていないのですが、たぶん初出血の半年以上前から耳鳴りがあり、耳鼻科を何軒も回りましたが原因を特定できず。どこも悪くないで終わっていました。 今でもまだ同じようにあり続けるのですが、四六時中、頭の中でジーーー…

  • 【脳幹部海綿状血管腫】2.入院・リハビリ・セカンドオピニオン

    セカンドオピニオンの”私の場合”の脳幹部海綿状血管腫の見解 「原因不明だから、なにをしてなるというものではないから、なにも禁止事項はない。逆に言えば『なにをどう気を付けていてもなるときはなる』ということは頭に置いておいてね。いつできたのかもわからないし、生まれつきある人もいる。それなのに出血せず、自分にあるのも知らないまま一生終える人もいれば、しょっちゅう再出血する人もいる。これはもうなるようにしかならない。元気に過ごせるなら余計なことしないで、普通に生活してください。あえて言うなら、ストレスを溜め込まないように。興奮を避けて。一時的な血圧の上昇で出血することもあるから」 ※2010年代の見解…

  • 【脳幹部海綿状血管腫】初出血前の社畜の日々から入院まで

    初めて脳出血したのは、40代半ばの秋。 整理整頓する私が、気づくと机隙間なく書類が山積みに…… 当時私はIT企業で激務につぐ激務……が続いていました。 その年の春ごろ、激務の中でも激務中の激務の強烈にハードな案件に入り、朝食べようとして買ったサンドイッチに手を付ける間もなく出社するなり仕事、お昼も食べられず仕事、夕飯も食べられず夜中2時や3時に「泊りだけは絶対いや。帰って風呂入って数時間でも自分のベッドで寝たい」とタクシー(自腹)で毎晩帰っていたその時間まで、朝買ったサンドイッチに手を付けられていない、というような生活を続けていました。 「こんな生活続けてたら、さすがに私も血圧上がってんじゃな…

  • 過去記事を再投稿していこうと思っています発症→入院→手術→入院生活→障害・リハビリ生活

    2ヶ月半ぶりに口から食べたミキサー食。これでも美味しかった 前の記事の続き的なことですが ↓ ankonolog.hatenablog.com これまで書いた記事を新たに再投稿しようかと考えています。 以前は、前の記事でも少し触れていますが、身バレしないように、書いていた部分があると思います。 このブログの目的は、 同じ症状を持つ人に見てもらいたい 一例を教えてあげたい 必要な福祉サービスを知ってほしい 同じ病気の人に、声をかけてもらいたい アドバイスも欲しい という気持ちで立ち上げたものなのに、身バレを恐れるあまり、意識的にも無意識にも、検索にかかりづらく書いていました。 入院中、小難しい病…

  • 脳幹部海綿状血管腫です。救命手術で生還しオタ活充しています

    血管腫があるのは延髄部分2センチほど(大きめかも)です。 このブログで、今まで症名書いたことないのですが、何年か経った今、私ももう正式名称で言ってないし(脳出血、脳幹、と言っています)、私の周囲の人が、この症名をピンポイントで調べることはないと思いますので明かします。 明かさなかったのは、このブログで書く入院中の話、リハビリの話、福祉系の話どれにしても、普段お世話になっている人たちについて、基本感謝しつつも、愚痴やモノ申したいときもあるので、身バレ防止に症名を書いていませんでした。 だってこの症名、急性期病院の医師や看護師はまだしも、回復期病院のスタッフ(医師除く)、STOTPTの皆さん、福祉…

  • デイサービスの生活相談員、新卒が入りました(え?)

    生活相談員は、生活相談員という資格があるのではなく、自治体(都道府県ごと? 地域ごと?)で資格条件は違うようですが、私が通うデイサービスに新卒20歳の生活相談員が入職しました。 え? これまでの生活相談員さん(アラフォー、経験豊富)がやっていた仕事の一部しか知りませんが、どーーーーー考えても新卒社会人一年生20歳未経験で、やる職種とは思えないんですが。 新卒をなめているのではありません。 生活相談員、なめてない? いや、その新卒の子じゃなくて行政が。 ケアマネなどとの付き合いや福祉制度の仕組みとか、事務処理的なことは覚えても高齢者福祉、高齢者からの相談、苦情、起きがちなトラブルなど、20歳社会…

  • 1回目の入院、病状などを知り合いに報告した内容

    ※ 初めての発症、一度目の入院→退院後、某SNS日記で友人、同僚、ネット友達に向け説明した内容をそのままコピペです。 ※ 一度目の出血や症状は今思えば、相当軽かった&いろいろな症状の原因、正式な名前など分かっていませんでした。 2010年9月xx日より10月xx日まで入院しました。 病名は難しいので省略しますが、脳内に出来なくてもいい厄介なもの(腫瘍ともまた違う)ができて、脳内出血を起こしました。 症状は、 ①眼振、めまい ②右半身の軽い麻痺 ③嚥下機能障害、舌運動障害・・・ などです。 ①の症状が最もつらく、目を開けている限り常に強いめまいがしていて吐き気を感じるため、入院中は、ほぼじっとし…

  • 脚が、手がダメになったんじゃない。その障害は脳が原因です。

    2,3週間前に、なにかのテレビで「2か月で片麻痺が回復した」という内容をやっていたので、脳疾患後遺症を持っている人、特に片麻痺の方は観た方は結構いると思います。 再現ドキュメントはお芝居なので現実と違うなと疑問に思うことも多かったですし、片麻痺の程度もはっきり分からなかったので、あの番組を観て、安易に「真剣に一生懸命やれば戻るんだ」と思っていいとは思いません。特に再現映像の患者さんは片麻痺で手が動かないと言っていましたが、役者さんのせいか、実際そうだったのか(でもこれは実はすごく気になる点なのですが)麻痺側の手が動かないだけで、よくあるように握り締めた状態ではありませんでした。 私は片麻痺では…

  • 嚥下できても外食できないんです

    たまたま読んだ漫画のワンシーンが、あまりに気持ちが分かり過ぎて、心で号泣しました。 そのシーンのあらすじ 戦時中の戦場で、夕飯を食べているシーンです。その中の兵士Aは利き手を負傷して動かなくなりました。その兵士Aは食事時になると見当たらなくなります。 兵士Bが探しに出ると、兵士Aは物陰でこっそり食べていました。箸を左手(利き手ではないほう)で持ってなんとか掴もうとしても上手くできず、箸や食べ物を落とします。箸がまだ上手に使えないし、でも貴重な食料を落として栄養にしないわけにもいかないので、結局、茶碗を持ち口を付けて、ずるずるぺちょぺちよと音を立ててなんととか食べていました。 「なにやってんだ?…

  • 回復期病院⑥~PT

    PTはだいたい1時間/日。 マッサージ(ストレッチ)が15分くらいあったのちに、残りの時間半分以上は各種筋トレ、残り歩行訓練 筋トレは腹筋周り7割、残りは臀部だったりですが、どれも「それ健常でも出来ないっ!」というきつい体幹トレーニング中心。 体幹が失調でぐらつくために、歩行だけでなく、体各所に力を入れる際、ほとんど関わってくるので大事なのは確かです。 でも筋トレで筋肉付けて固めるって、なんか違うだろー……とずっと思っていました。もしインフルエンザにでもなって一週間も寝込めば、こうした筋肉は簡単に落ちますし、常に筋トレ続けないと固めたところは維持できない、つまり失調そのものはなんにも変らない、…

  • 回復期病院⑤~OT

    OTはだいたい毎日40分くらいでした。 まずマッサージが10~15分くらい その後ベッド上で行うバランスディスクを使う体幹訓練や 膝立ちで投げ輪を右から左に入れ直すバランス訓練(かな?) あとは ・テーブル拭き=腕、肩、手、指の筋肉をバランスをよく使う ・名前忘れましたが、なんか大きな文鎮みたいなのを掴んで押したり引いたり(よくある訓練みたいです) ・カップ重ね=よくある訓練でカップを重ねていくのですが、最初のうちは筋肉痛になったり、手が震えて巧く重ねられなかった ・粘土=セラパテとかいうこれもよくあるトレーニング材料で、粘土を指でつまんで伸ばす繰り返し指先の訓練 ・コイン=おはじきみたいな薄…

  • ボバース体験

    機会があって、ボバース講師をしている先生にじっくり見てもらいました。生徒さんが何人か見ている中で、です。 ずっと細かく説明されながらの施術でしたが、筋肉の名前や専門用語は片っ端から忘れてしまうので、上手にレポートできませんが。 OTのボバースの講師の先生にも何度か見てもらうことがあったのですが、流れがやはり似ていました。 基本自分でまず動かした後、おかしな挙動の位置を触り筋肉の状態を見ていますが、そこが弱い、固い、正しく使われていないのは何が原因なのかを見つけます。 そこ自体に問題があることもありますし、そうなる原因は違う個所が上手に使われていないからなのだ、と見つけます。 例えば私は右前腿が…

  • 【はじめに読んでね】脳疾患(脳幹・小脳)や体幹失調・運動失調の方向けブログ

    このブログは2010年代に脳幹部海綿状血管腫からの出血し、軽度から重度まで7,8回再出血している私の、血管腫と後遺症がある新人生の記録です。 この病気の当事者の声は少ないので、必要な方には「あった!」と思える内容だと思います。 以下の語句を検索している方にも何かマッチする情報があるかも 脳出血・脳梗塞全般 小脳出血 脳幹出血 体幹失調 運動失調 嚥下障害 構音障害 協調運動障害 軟口蓋 温痛覚障害 ワレンベルグ 脊髄小脳変性症 だから以前ブログで公開していたものを、もっと当事者さんや調べたい人に検索しやすいようにしたいと思っていたので、今までの記事をいったん下げ、できるだけ検索しやすいように各…

カテゴリー一覧
商用