プロフィールPROFILE

ぽつんとさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

時計専門誌(トンボ本、他)等では知る事の出来ない純正部品を組み合わせた画像を紹介しています。又、国内には少ないロレックス、セイコー尾錠のコレクターでもあります。

ブログタイトル
ぽつんと古時計の博物館
ブログURL
http://taiyoumura33.livedoor.blog/archives/cat_96664.html
ブログ紹介文
アンティーク市場から姿を消そうとしている古時計は多くなってますが、そのような不人気モデルをオリジナル度にこだわりながら、修復させてます。お小遣いでも買える銘機を探すためのブログです。
更新頻度(1年)

4回 / 8日(平均3.5回/週)

ブログ村参加:2020/01/11

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、ぽつんとさんの読者になりませんか?

ハンドル名
ぽつんとさん
ブログタイトル
ぽつんと古時計の博物館
更新頻度
4回 / 8日(平均3.5回/週)
読者になる
ぽつんと古時計の博物館

ぽつんとさんの新着記事

1件〜30件

  • リコーリバロン(RICOH RIBARON)★SⅡ★、30石、SSケース

    リコー時計の特集も後編に入りましたが、私が想像していた以上に知名度も人気も無いようですね(^^;)ネット上で「リコー時計」の情報を集めようとしたのですが、検索をしても詳細情報へは辿り着きませんでした。その後、現リコーエレメックスのHPも覗いてみましたが、既に機

  • リコー機械式腕時計の「でべそRマーク」ブレスレットの魅力に迫る

    人気ブログランキング1962年から機械式腕時計の生産を始めた「リコー時計」にも魅力を感じる機種は多いのですが、当時の情報を得る為の文献や資料も少ないですから、リコーの機械式腕時計を知らない方は多いですね。そのような状況になっているからでしょうか?ブログで記事

  • 王冠「チュードル・オイスターデイト」vs「リコー・オートデラックス8」

    【古時計のお宝探し】最近は国産時計メーカーの4男坊と云われていたリコー時計を連投してますが、一部のマニア、コレクターさん以外の方は興味無いですよね(笑)そこは十分に理解して記事にしてますが、「リコー・オートデラックス8」もオリジナル度にこだわった美品なら

  • 「ロレックス・デイデイト」vs「ダイナミック・ワイド」21石

    【古時計のお宝探し】リコーのロングセラーモデルと云えば「ダイナミック・ワイド」になるのですが、その歴史を振り返ると天才技師【末和海(すえかずみ)氏】の苦悩を思い出してしまうモデルです。リコー時計の歴史を熟知されている方には有名な方ですが、知らない方のため

  • 60年代「リコー・ダイナミックエスコート・デインデイト」27石、SSケース

    【古時計のお宝探し】今回は「リコー・ダイナミックエスコート・デインデイト」27石、SSケースです。現リコーエレメック(株)は機械式腕時計から撤退してますので、一般の方は日本を代表する『光学機器メーカー』と思っていますよね。しかし、1962年(昭和37年)に経営不振

  • 「ロレックス・エアーキング」vs「リコー・ダイナミックエスコート27石」

    【古時計のお宝探し】1月5日の記事ではリコー純正革ベルト(Rマーク尾錠付き)の脇役となっていた「リコー・ダイナミックエスコート27石」ですが、その続きを記事にさせていただきます(^^)又、前回の記事で、お伴のライバルは「ロレックス・エアーキング」と云ってましたが

  • 「チュードル・オイスターデイト」vs「リコー・ダイナミックワイド21石」

    【古時計のお宝探し】1970年代初期に販売されていた、「リコー・ダイナミックワイド21石」ブルー文字盤の紹介なのですが、興味のある方は少ないと感じましたので、同時期に販売されていたロレックス系の「チュードル・オイスターデイト」ブルー文字盤をコラボしてみました(

  • 今回の主役は60年代リコーの「Rマーク尾錠」と「革ベルト」です♪

    【古時計のお宝探し】最近は60年代リコーのオリジナルで美品は少なくなってますね。ネット市場には出回っている個体はあるのですが、本来の美しく輝いていた姿を知り尽くしている私からみると、とても残念です(^^;)60~70年代は国産機械式腕時計の黄金期と云われるほど、多く

  • 国産純正ブレスレット「60~70年代」を復活させる!

    【古時計のお宝探し】 『ぽつんと古時計』はオリジナル度へこだわる記事を発信してますが、その支えになっているのは、60~70年代の純正部品(ブレスレット、尾錠、文字盤、ケース、風防)達になります。そうは云いましても、腕時計の楽しみ方は人それぞれに違いますので、

  • 国産純正ブレスレット「60~70年代」を復活させる!

    【古時計のお宝探し】 『ぽつんと古時計』はオリジナル度へこだわる記事を発信してますが、その支えになっているのは、60~70年代の純正部品(ブレスレット、尾錠、文字盤、ケース、風防)達になります。そうは云いましても、腕時計の楽しみ方は人それぞれに違いますので、

  • 気軽に使える「オメガ・デビル・クロノグラフ」

    【古時計のお宝探し】 あけましておめでとうございます。本年は別の角度から腕時計、懐中時計の美しさや豆知識を記事にしたいと思ってますが、その大切な構成はこれから考えたいと思ってます(^^;)古い機械式時計と云っても、腕時計、懐中時計、掛時計、置時計など幅が広いで

  • 戦前~戦後の国産懐中時計「別名」一覧表

    人気ブログランキング国産懐中時計の「別名」ペットネーム一覧表精工舎(服部時計店)SEIKO(セイコー)LAUREL(ローレル)12型MERCY(マーシ―)13型SEIKOSHA EXTRA FLAT(精工舎エキストラフラット)MINISTER(ミニスター)準高級機SEIKOSHA PRECISION(精工舎プレシジョン)WO

  • ロレックス・デイトジャスト vs リコー・オートジャスト

    完全に参りました(-_-;)オールド・シチズンのお気に入りモデルを特集してましたが、その姿に魅力を感じているのは本人だけでした(笑)60~70年代のオールド・シチズンでも高級機やダイバー系の人気モデルを記事にしないと、安価の無名クォーツ式と同等の存在になってい

  • 国産初の完全防水「シチズン・エース・パラウォーター」が美品で復活!

    人気ブログランキング最近は60年代の堅牢なシチズンばかりになり、マンネリ化を感じてますので、一時的にストップさせて、別の腕時計メーカーへ舵を切ろうと思ってます。本当は懐中時計も記事にしたいのですが、幻のグレートエンパイア「精工舎」を記事にしてもスルーされま

  • シチズン・レコードマスター「黒文字盤」

    人気ブログランキング前回の続きになります。今回は1969年製「レコードマスター」の黒文字盤です。文字盤の色違いモデルなのですが、何故か?側(ケース)のデザイン、風防の材質も違うんですよね?高級感の観点から云えば、白銀文字盤に厚目の平面ガラス風防に軍配は上がり

カテゴリー一覧
商用