searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール PROFILE

くまのアイスさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
読書を趣味の中心としたまったりな日々
ブログURL
https://booksdaybyday.fc2.net
ブログ紹介文
日々の読書記録。読んだ本の感想などを書いていこうと思っています。
更新頻度(1年)

20回 / 90日(平均1.6回/週)

ブログ村参加:2020/01/10

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、くまのアイスさんの読者になりませんか?

ハンドル名
くまのアイスさん
ブログタイトル
読書を趣味の中心としたまったりな日々
更新頻度
20回 / 90日(平均1.6回/週)
読者になる
読書を趣味の中心としたまったりな日々

くまのアイスさんの新着記事

1件〜30件

  • 読了「ぼくのプールサイド」(児童書)今井恭子

    ぼくのプールサイド (ティーンズ文学館)今井 恭子感想:ある事件がきっかけで泳げなくなった小5の男の子。夢で過去の事件を知り、お父さんの足の怪我の理由も知ることとなる。家族との暖かい交流を描いた作品でした。今井 恭子(いまい きょうこ、本名:隅田 恭子(すみた きょうこ)、1949年6月24日 - )は日本の児童文学者、エッセイスト。日本児童文学者協会会員。広島県出身。2012年7月30日 第1刷発行2013年4月18日 第2刷発...

  • 2020年3月の読書まとめ

    3月の読書メーター読んだ本の数:3読んだページ数:907ナイス数:61風船教室の感想なんとも不思議な物語。転向した小学校では生徒全員に風船が渡される。その風船はまるで生きているかのように感情があるかのように振る舞う。う〜んいまいちはっきりしない小説だったなぁ。読了日:03月26日 著者:吉野万理子ビブリア古書堂の事件手帖 ~扉子と不思議な客人たち~ (メディアワークス文庫)の感想面白かった。扉子さんが母親に似て本好...

  • 読了「風船教室」(児童書)吉野万理子

    風船教室吉野万理子風船教室 [ 吉野万理子 ]価格:1320円(税込、送料無料) (2020/3/26時点)感想:なんとも不思議な物語。転向した小学校では生徒全員に風船が渡される。その風船はまるで生きているかのように感情があるかのように振る舞う。う〜んいまいちはっきりしない小説だったなぁ。吉野 万理子(よしの まりこ、1970年 - )は、日本の小説家、脚本家。 神奈川県逗子市出身。2014年9月 初版発行風船が生きているみたいなの...

  • 読了「ビブリア古書堂の事件手帖 ~扉子と不思議な客人たち~ 」三上 延

    ビブリア古書堂の事件手帖 ~扉子と不思議な客人たち~ (メディアワークス文庫)三上 延ビブリア古書堂の事件手帖 〜扉子と不思議な客人たち〜 (メディアワークス文庫) [ 三上 延 ]価格:671円(税込、送料無料) (2020/3/24時点)感想:面白かった。扉子さんが母親に似て本好きなのが良いですね。偶然の?活躍もしたし良かった。三上 延(みかみ えん、1971年 - )は、日本の小説家。神奈川県横浜市生まれ。2018年9月22日 初版発行...

  • 読了「火星年代記」レイ・ブラッドベリ

    火星年代記 (ハヤカワ文庫SF)レイ ブラッドベリ火星年代記新版 (ハヤカワ文庫) [ レイ・ブラッドベリ ]価格:1034円(税込、送料無料) (2020/3/11時点)感想:なんかSFを読んだ感じがしなかった。壮大なノスタルジックな短編集。スリリングさが欲しかったなぁ。レイ・ブラッドベリレイ・ダグラス・ブラッドベリ(Ray Douglas Bradbury, 1920年8月22日 - 2012年6月5日)は、アメリカ合衆国の小説家(SF作家、幻想文学作家、怪奇小...

  • 2020年2月の読書まとめ

    2月の読書メーター読んだ本の数:4読んだページ数:1098ナイス数:61夕焼け色のわすれもの (文学の扉)の感想不思議な本だった。過去へとタイムスリップしたかのようなSFファンタジー。じいちゃんの昔の思い出をかいま見る少年。読了日:02月23日 著者:たかの けんいち,千海 博美君の思い出が消えたとしても (宝島社文庫)の感想思い出コーディネーターと称する女性が現れ、あなたの寿命はあと1ヶ月だと言われる。でも良い思い出を...

  • 読了「夕焼け色のわすれもの」(児童書)たかの けんいち

    夕焼け色のわすれもの (文学の扉)たかの けんいち,千海 博美夕焼け色のわすれもの (文学の扉) [ たかの けんいち ]価格:1540円(税込、送料無料) (2020/2/23時点)感想:不思議な本だった。過去へとタイムスリップしたかのようなSFファンタジー。じいちゃんの昔の思い出をかいま見る少年。たかの けんいち東京都生まれ。2005年、福永令三児童文学賞大賞受賞。2018年、『夕焼け色のわすれもの』でちゅうでん児童文学賞大...

  • 読了「君の思い出が消えたとしても」才羽 楽

    君の思い出が消えたとしても (宝島社文庫)才羽 楽君の思い出が消えたとしても (宝島社文庫) [ 才羽楽 ]価格:715円(税込、送料無料) (2020/2/11時点)感想:思い出コーディネーターと称する女性が現れ、あなたの寿命はあと1ヶ月だと言われる。でも良い思い出を消す代わりに寿命を伸ばせるというSFミステリー。主人公は女性と友達になり残りの1ヶ月を一緒に生きることになる。なかなか面白い展開だった。ラストはやっぱりそうだ...

  • 読了「クローンドッグ」(児童書)今西 乃子

    クローンドッグ今西 乃子クローンドッグ [ 今西乃子 ]価格:1430円(税込、送料無料) (2020/2/8時点)感想:虐待された子犬を拾い育てる物語。フィクションであるが実際の犬や人間をモデルにしているのでノンフィクションに近いお話。小学生の主人公はネットで見たクローン犬を知り、虐待された子犬のクローンができればいいと願うが・・。命の尊厳をテーマにした考えさせられる小説でした。今西 乃子(いまにし のりこ)児童文学作家...

  • 読了「さむけ」ロス・マクドナルド

    さむけ (ハヤカワ・ミステリ文庫 8-4)ロス・マクドナルドさむけ (ハヤカワ・ミステリ文庫) [ ロス・マクドナルド ]価格:1056円(税込、送料無料) (2020/2/2時点)感想:う〜ん、読み終わったけどなんかモヤモヤする。最後まで殺人犯はわからなかったけど、知って見てもなんか腑に落ちない。タイトルの「さむけ」はおそらく「ゾッとする」というような意味だろう。確かにラストの犯人の正体がわかるとゾッとするような気もする。...

  • 2020年1月の読書まとめ

    1月の読書メーター読んだ本の数:5読んだページ数:1455ナイス数:75絶唱 (新潮文庫)の感想胸を揺さぶる4つの短編。暑くて爽やかなトンガにすむ尚美を中心にそれぞれの物語は進む。それぞれの主人公には様々な事情があるが、トンガに住む尚美によって心が洗われていくような感じがした。裏表紙には「喪失と再生を描く号泣ミステリー」とあるが、ミステリーというよりは私小説。号泣どころか泣きませんでした。読了日:01月27日 著...

  • 読了「絶唱」湊 かなえ

    絶唱 (新潮文庫)湊 かなえ絶唱 (新潮文庫) [ 湊 かなえ ]価格:605円(税込、送料無料) (2020/1/27時点)感想:胸を揺さぶる4つの短編。暑くて爽やかなトンガにすむ尚美を中心にそれぞれの物語は進む。それぞれの主人公には様々な事情があるが、トンガに住む尚美によって心が洗われていくような感じがした。裏表紙には「喪失と再生を描く号泣ミステリー」とあるが、ミステリーというよりは私小説。号泣どころか泣きませんでした。...

  • 読了「ぜんぶ夏のこと」(児童書) 薫くみこ

    「ぜんぶ夏のこと」(児童書) 薫くみこぜんぶ夏のこと [ 薫くみこ ]価格:1430円(税込、送料無料) (2020/1/24時点)感想:夏休みの少女の経験。面白い男の子と出会ったり、水泳の得意な女の子と出会ったり。女の子と二人で沖へ出て漂流して危なかった経験。いろんな経験が水しぶきのような淡い思い出となった。心温まるお話でした。薫 くみこ(くん くみこ、1958年 - )は日本の児童文学作家である。東京生まれ。2013年6月24日 第1...

  • 読了「夏への扉」ロバート・A・ハインライン

    夏への扉(ハヤカワ文庫)ロバート・A・ハインライン福島正実[訳]夏への扉 (ハヤカワ文庫) [ ロバート・A.ハインライン ]価格:814円(税込、送料無料) (2020/1/21時点)感想:しまった!これは1970年代頃に読んでおくべき小説だったかな?!と思いきや、そうではない。今読んでも全然古さを感じさせなかった。主人公が頭が良くやり手であることが読者を安心させる。冷凍睡眠、タイムトラベルという2つの方法を駆使して自分の、...

  • 読了 「星を継ぐもの」 ジェイムズ・P・ホーガン

    星を継ぐもの (創元推理文庫) [ ジェームズ・P.ホーガン ]星を継ぐもの (創元推理文庫) [ ジェームズ・P.ホーガン ]価格:770円(税込、送料無料) (2020/1/12時点)感想:SFは久々に読んだ。SFというと難しい専門用語とか出てきて訳が分からなくなる小説もあるが、これはそうではなかった。時代設定が2027年あたりなのでわかりやすく、すらすらと読めた。裏表紙の見出しの「月面で発見された五万年前に死亡していた死体…」が...

  • 2019年に読んだ本の中からおすすめの本を紹介します

    2019年に読んだ本の中からおすすめ!の本を紹介します。どれも買って損はなし!読んで損はなし!の小説です。極端に言えば、「これを読まずに死ねるか?!」というような小説です。(感想あり、なし、があります)桜のような僕の恋人 (集英社文庫)の感想彼女は桜のように堂々と可憐に散っていった。泣いた。読了日:12月25日 著者:宇山 佳佑代償 (角川文庫)の感想面白かった。二部構成。小学生時代からの腐れ縁。どうしようもない悪...

  • 2019年12月の読書まとめ

    12月の読書メーター読んだ本の数:6読んだページ数:1795ナイス数:58桜のような僕の恋人 (集英社文庫)の感想彼女は桜のように堂々と可憐に散っていった。泣いた。読了日:12月25日 著者:宇山 佳佑代償 (角川文庫)の感想面白かった。二部構成。小学生時代からの腐れ縁。どうしようもない悪党を追い詰めていく様が良かった。ラストの推理劇は第一部の小学生時代のことがこと細かく描写されてるから迫力があったのだろう。読みごた...

  • 2019年の読書まとめ

    2019年の読書メーター読んだ本の数:50読んだページ数:16757ナイス数:156桜のような僕の恋人 (集英社文庫)の感想彼女は桜のように堂々と可憐に散っていった。泣いた。読了日:12月25日 著者:宇山 佳佑代償 (角川文庫)の感想面白かった。二部構成。小学生時代からの腐れ縁。どうしようもない悪党を追い詰めていく様が良かった。ラストの推理劇は第一部の小学生時代のことがこと細かく描写されてるから迫力があったのだろう。読み...

  • 読了「ハルと歩いた」 (児童書) 西田俊也 2020/01/02

    ハルと歩いた [ 西田俊也 ]価格:1650円(税込、送料無料) (2020/1/10時点)感想:ひょんなことから浮浪者からフレンチブルドッグをあずかり育てることとなった小学生の陽太。犬の飼い主探しの旅が始まる。気になっている女の子の川島さんとの交流も良い方向に向かっていく。最後はついに飼い主が見つかるが・・・。感動の物語でした。(2020/01/02 読了)...

  • 今日から読書を中心とした記事を書いていこうと思います

    50歳もすでに超え、もう老後の人生を考えております。一昨年から学生時代には読書をしていたなぁ〜と思い起こし、読書を日々の日課にしようと決心しました。毎月2〜3冊ほどしか読んでいませんが読後の感想などを書いていきたいと思っています。(^-^)/...

カテゴリー一覧
商用