searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE

gontanukiさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
ロングサンデー
ブログURL
https://tanukiinu966.fc2.net/
ブログ紹介文
無職老人の死ぬまで続く日曜日。で、何をする? 何を考える? どう生きる?
更新頻度(1年)

29回 / 265日(平均0.8回/週)

ブログ村参加:2020/01/08

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、gontanukiさんの読者になりませんか?

ハンドル名
gontanukiさん
ブログタイトル
ロングサンデー
更新頻度
29回 / 265日(平均0.8回/週)
読者になる
ロングサンデー

gontanukiさんの新着記事

1件〜30件

  • 抗がん剤治療 3巡目

    昨日の9月18日から抗がん剤治療、3サイクル目が始まりました。抗がん剤治療もいよいよ後半です。外来の抗がん剤治療は「化学療法室」という特別な部屋で行われます。リクライニングシートがずらりと並んであり、そこで点滴を受けます。隣のリクライニングシートとはカーテンで仕切られており、プライバシーが確保されるようになっています。点滴は午前から午後にかけて長時間行われるので昼食も点滴をうけながら取ることになり...

  • 夏空を眺めている

    抗がん剤治療は今日が1サイクル目の最終日です。明日から2サイクル目が始まります。抗がん剤の効能を説明した文書には「がん細胞の増殖を抑える」とは書いてありますが、「がん細胞を死滅させる」とは書いてありません。ですから、肝心の腫瘍に本当に効いているのか分からないので不安です。いずれ、検査をすれば分かることですが、抗がん剤治療は、副作用だけではなく、治療期間中、効果が体感できず、宙ぶらりんの状態という感じ...

  • 病室からの景色

    入院したのは7月15日で、ずっと梅雨が続いていました。病院は横浜みらとみらいのウォーターフロントにあるので、オーシャンビューですが、病室から見えるのは灰色の雲と灰色の海。窓はずっと灰色に塗りつぶされたような状態でした。手術を待つ日、ようやく、梅雨の晴れ間に青空を望むことができました。健康体で、冷酒でも飲みながら、この景色を眺めることができたなら、もっと楽しいだろうなあ・・・と思いました。退院後は自宅...

  • 抗がん剤治療中

    現在、自宅療養、2日目ですが、抗がん剤治療をしています。抗がん剤治療は3週間を1サイクルとして4サイクル続けます。病院での点滴をして、その後、2週間、薬を飲み、最後の1週間は休薬です。抗がん剤治療には吐き気、手足のしびれなどの副作用があると言われています。吐き気については相当の予防措置がとられていたせいか、これまで感じたことはありませんでした。手足のしびれは手足が多少ビリビリする程度でそれほどのものでは...

  • がんになりました

    がんになりました。7月6日、定期のCT検査で大腸と膀胱に異常があることが判明しました。大腸がんの可能性があるとのことで、検査が実施されました。7月15日、検査はまだすべて終わっていませんでしたが、早朝、大量の血便が出て、緊急入院することになりました。確定診断はS字結腸がん。腫瘍のサイズが大きく、切除するにはリスクがあるということで、抗がん剤治療で腫瘍を小さくしてから、切除することになりました。ただ、血便も...

  • 現役引退一年目は辛い

    実家にどの位の紫陽花があるのか分かりません。ともかく、膨大な数で、その一部は塀から外にはみ出しています。紫陽花を愛で、心安らかに過ごすことができれは良いのですが、税務署からの「税金払え!」の通知が紫陽花の季節にやってきます。税金は昨年の弁護士業をしていた時の所得で課せられますが、弁護士引退後は年金収入のみですので、相当つらいものがあります。所得税、消費税をごっそり引き落とされたと思ったら、今度は住...

  • アジサイも色づく

    実家のアジサイも色づき始めました。そろそろ、梅雨と言う感じがします。首都圏の緊急事態宣言が解除されて2週間近くになりますが、電車や駅、百貨店に人が増え、表面的には元に戻っています。しかし、感染の不安を抱えたままの外出、営業再開です。人々の表情は普段と変わりませんが、ただならぬ緊張感を感じ取ることができます。自宅にこもるのが感染から自らを守る最良の手段ですが、それだけではやはり無理があります。梅雨の...

  • 山下公園

    安倍政権のグダグダ。責任者が「真摯に受け止める」とか「責任を痛感する」と言うだけで責任を取らないのでグダグダが何時までも続きます。黒川氏の辞職で国民の間には何か、達成感のようなものが広がっていますが、楽観はできません。現在、政権側は「黒川の代わりなど幾らでもいる」と使い勝手の良い検事を物色中だと思います。今の政権を観ていると、まともな神経があるならば、法務大臣などできません。森法相は進退伺をだして...

  • あやめ咲く

    緊急事態宣言が延長されましたが、相変わらず、日々、自宅と実家の往復をしています。実家の庭はツツジは終わりましたが、あやめが咲いています。あやめの花の色の紫は渋く、人間の性格でいうと内省的、控えめな感じがします。この紫を好む方は多いのではないでしょうか。実家の花を愛で、ストレスが解消すればよいのでしょうが、そうは行きません。母は家事ができないようになり、著しく記憶力、認知能力の低下しており、他人の援...

  • 見えない出口戦略

    新型コロナウィルスのPCR検査数について日本は少ないと言われています。実際1000人当たりの検査数は1.8人です。お隣の韓国では1000人当たり11.7人ですから、非常に少ないと言えます。ここから考えられることは日々、ニュースで報道されている日本の新たな感染者数は全体の一部でしかないということです。氷山に例えると海面から出ている部分だけが報告され、大部分の海面下の実態については分からないということになります。感染者...

  • ツツジが満開

    今朝、実家で撮影したツツジ。ほぼ満開。実家の庭がこの季節一番、美しくなります。私達一家が66年前、この地に引っ越してきた時は、周囲には広大な庭を持つ大邸宅だ立ち並んでいました。今では実家が一番大きな敷地の家となってしまいました。ツツジの種類も多く、花が咲くと冴えるのは、200坪の敷地があるからこそです。100歳の母は自分が死んだら実家を別荘代わりに使えば良いと言っていますが、そんな簡単な話ではありません。...

  • 何処にも行かない

    気温も暑からず、寒からず、一年で一番い気分の良い季節となりました。八重桜は満開、新緑も綺麗。ハナミズキも満開。写真は自宅周辺で撮影したものです。無職者にとっては絶好の旅行シーズンです。道路も電車も空いており、宿も予約がし易い状況です。問題は緊急事態巣宣言が出て、外出の自粛が要請され、旅行をする気分にならないことです。自分が移動することで、自らが感染し、他人に感染させるリスクがあるのですから。緊急事...

  • 憂鬱な桜

    近所の小学校の桜が見ごろを迎えています。春休みのせいか、休校のせいか分かりませんが、校庭に子供の姿はありません。気候も良く、春、爛漫という感じです。しかし、新型肺炎の感染拡大のため、気分は浮きません。首都圏では知事から外出の自粛要請が出ていますが、外出しないで済む方などは滅多にいない筈です。私もこれから自宅を出て実家に行かなければなりません。無職でも自宅に引きこもっている訳には行かず、電車に乗り、...

  • 卒業祝い

    先日、弁護士仲間が弁護士引退をレストランで祝ってくれました。デザートのケーキには「ご卒業祝い おめでとうございます」の文字が。この年になって卒業祝いをされるとは思いませんでした。祝ってくれた仲間というのは実務修習中の弁護士の方々です。私が司法試験に合格した頃、2年間の司法修習がありました(今は1年)。最初の4か月と最後の4か月は湯島の司法研修所で「学校形式」の司法修習があり、あいだの16か月は各地の実務修...

  • ハクモクレンが満開

    実家のハクモクレンが満開になっています。昨年まではあまり目につかなかったのですが、今年は実家の庭で存在感を主張しています。この一年でかなり大きくなったようです。ハクモクレンが目につくようになった理由はもう一つ。植木屋が入り、庭の見通しが格段に良くなったのが理由です。植木屋が入り、母の認知能力につき、分かったことがありました。母は隣家で仕事をしていた植木屋を呼び寄せたのですが、植木屋が入った日にはパ...

  • 網張温泉へ

    無職になって2か月余、初めての旅行です。行先は岩手県の網張温泉。小岩井農場が近くにあります。妻はスキーをし、私は読書という過ごし方をしました。無職になったら旅行三昧の日々が訪れると思っていましたが、100歳の母の介護で自由時間が殆ど消えました。それでも、なんとか無理をしての旅行です。後ろ髪を引かれる思いですが、仕方がないことです。私自身もせっかく手に入れた無職生活を楽しみたいのですから。後ろ髪をひ...

  • 船旅の快楽

    横浜港に停泊している豪華客船をテレビで見ていると思いは新型肺炎から過去の船旅に向かいます。以前、船旅に凝ったことがあります。船旅といっても、豪華客船ではなく長距離フェリーです。昔、時刻表を眺めていると奇妙な一本の線に気づきました。その線は東京湾を南下し、房総半島を回り、三陸沖を北上し、釧路まで延びていました。「何だ、これは」と不思議に思い、時刻表を調べたところ、長距離フェリーでした。フェリーは東京...

  • メジロを撮るのは難しい

    満開の実家の河津桜は縁側の近くにあるので、野鳥観察には好都合です。野鳥観察の目的で縁側に座っていると様々な鳥がやってきます。なかでも綺麗なのはメジロですが、動きがすばやく、中々写真に撮ることができません。今年もメジロを撮影しようと思っていたのですが、大きめの黒い鳥が来るばかりです。たまにメジロがやってきても黒い鳥が「ギャー」と鳴いて追い払います。撮影の邪魔する可愛くない奴です。ということで今年まだ...

  • 早めの新緑、早めの桜

    実家で昨年末から咲き始めた早咲きの桜は既に葉桜になっています。まだ、2月ですが、新緑です。実家には2つの早咲きの桜がありますが2 番目の桜は2月から咲き始め、今が満開です。2つの早咲きの桜の名は知りませんが、この2番目の桜は河津桜だと思います。朝には電話で「もう死にそうだ」と元気なく言っていた母が、私が雨戸を開け、庭を見せると次第に元気になってきます。100歳の母が桜を見ては「綺麗だ」と言っていますが、こう...

  • 前ブログについて

    この「ロングサンデー」の2番目のブログです。前のブログは「弁護士引退日記」です。私は弁護士でしたが、一昨年7月から昨年12月までの弁護士時代のブログです。弁護士時代のブログといっても、弁護士として華々しい活躍などしていないので、業績を誇示するものではなく、引退までの思いを綴ったものです。前ブログは最後の記事の拍手が41もあり、結構、訪問者がいたのだと驚いています。前ブログから訪問者は、私の素性を良く理解...

  • 定期が切れる

    通勤定期の期限が切れました。これからは定期のない生活です。定期が無くなったことで、社会とのつながりがまた一つ絶ち切られ、働く人々の輪から遠く離れたという感じがします。働いている方々は「出世したい」、「お金を儲けたい」という目標がありますが、そうした具体的な目標がない人生の旅が本当に始まったと実感します。こうした心理状態は「寂しい」とか「せいせいした」とか「楽しい」とかの言葉で簡単に言い表せるもので...

  • 無職生活一か月余

    2月になり、柴犬カレンダーの犬も新しい犬となりました。今年から始まった無職生活も1か月以上になったことになります。3年ほど前、仕事を辞めようと決心した時は無職になったら有り余るほどの暇があるはずなので、どう過ごそうかと色々と楽しい想像をしていました。ところが、現在、実家で一人暮らしの母が100歳となり、日々、実家での家事援助に追われています。一日おきに実家に通っていますが、一泊してから帰るのでほぼ...

  • 妻はスキーに行っている

    普段は実家の母の家事援助に行っていますが、今日はお休み。妻の方は早朝からスキーに行っていますので、私は自宅で一日中、一人だけの生活。日々、自宅では妻と、実家では母は顔を合わせる生活をしていますが、今日は誰とも顔を合わせません。こうした孤独な時間を持つのは久しぶりです。法律事務所を経営していた時、事務所は「自分の城」でしたので、孤独な時間を持つことが可能でしたが、無職となってからは「城」が無くなりま...

  • 仕事ロス

    昨日、NHKで「仕事ロス」をテーマにした番組をやっていました。「仕事ロス」とは定年退職し、仕事がなくて寂しいという状態です。ははん、そんな人もいるのかと思ってテレビを見ていました。私は無職となってまだひと月も経っていませんが、「仕事ロス」を感じていません。むしろ、無職生活は仕事のストレスがなくて、快適だと思っています。私が仕事のストレスを感ずるようになったのは65歳を超える当たりからです。それ以前も...

  • 認知症予防効果はあるだろうか

    この年になるともの忘れが激しくなります。毎朝、降圧剤を飲んでいるのですが、今朝は薬を前にして考え事をしているうち、薬を飲んだのか、まだ、飲んでいなかったのか分からなくなりました。2重に飲むよりも、全く飲まないほうが良いだろうと思い、一応、飲んだことにしました。今のところ、血圧は上がっていないので、無意識のうちに薬を飲んでいたのかもしれません。さて、このような記憶力、理解力などの認知能力の低下を防ぐ...

  • 弁護士バッチを返す

    昨年12月31日に弁護士登録を取り消す旨の申請をしたのですが、ようやく、日弁連から正式な書類が届きました。弁護士会に行き、弁護士バッチを返してきました。弁護士バッチは弁護士の所有ではなく、日弁連から借りていたのです。弁護士になった時、そのようなことを聞いたような気がするのですが、引退する段階になって、やはりそうなのかと思いました。先週は税務署に「廃業届」を提出し、今週は弁護士バッチを返還。弁護士引退後...

  • 昨日は成人の日

    昨日は成人の日で、振り袖姿の娘さんを何人も見かけました。私の成人しは半世紀前、大学1年の時でした。反抗的で未熟だった私は成人式には出席しませんでした。エライ人の説教くさい話を聞いたり、同じ成人の優等生的なスピーチを聞くのが面白い筈がないと思っていたのです。50年経ち、反抗心は薄れ、未熟な部分の陶冶されましたが、その当時の思いは変化していません。仮に70歳になった記念の「古希式」を市が開催するので、招待...

  • 仕事の幽霊

    早朝、目が覚める・・・早く起きなくてはと一瞬、思うのですが、よく考えれば、仕事もないのですから、早起きする必要はありません。長年、仕事に追われていたため、仕事がなくても、「追われている」という感覚だけ、心に絡みついているような気がします。無職者になったばかりなので、精神状態が無職に慣れていません。そのせいか、仕事の幽霊のようなものが背後にいて、「やらなければならないことがある」と常に耳元で囁いてい...

  • 桜咲く

    実家では年明け前から早咲きの桜が咲いています。1月6日は小寒、1月20日は大寒。これからさらに寒くなりますが、春も着実に近づいています。冬も春も人間が勝手に時の流れを区分けしただけで、自然を虚心坦懐に観察すると冬の中には秋も春も混じっており、春の中には冬と夏が混じっているという気がします。白木蓮のつぼみも膨らんでおり、寒いことは寒いけれど、アッという間に春めいてくる予感がします。四季の季節の変化はメリ...

  • どうする、昼飯

    若いころは昼時はお腹が空き、定食屋で油っぽい丼ものを食べていたものです。それでも、胃はもたれず、夕方には腹の虫が鳴いていたのですから、消化器官も若かったのです。年をとるにつれ、食は細くなり、昼飯はコンビニでサンドウィッチを買って、事務所で食べたり、蕎麦屋やファミリーレストランで軽い食事をするようになりました。無職になると昼飯が問題です。近くにコンビニはあるものの、行くのはおっくうだし、軽い食事がで...

カテゴリー一覧
商用