プロフィールPROFILE

ブログタイトル
イケミ〜教育についてひたすら考え続ける人〜
ブログURL
https://www.ikedisk.com
ブログ紹介文
長野で教員しています。 どのような教育が良い教育か?幸せとは何か?自分の経験・本・実践・社会・哲学など様々な視点から問うています。1つのきっかけとして参考にしてください! ツイッター(@ikedisk)のフォローよろしくお願いします!
更新頻度(1年)

1回 / 28日(平均0.3回/週)

ブログ村参加:2020/01/04

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、イケミ〜教育についてひたすら考え続ける人さんの読者になりませんか?

ハンドル名
イケミ〜教育についてひたすら考え続ける人さん
ブログタイトル
イケミ〜教育についてひたすら考え続ける人〜
更新頻度
1回 / 28日(平均0.3回/週)
読者になる
イケミ〜教育についてひたすら考え続ける人〜

イケミ〜教育についてひたすら考え続ける人さんの新着記事

1件〜30件

  • 体罰ガイドライン案に対する率直な感想と学校教育に置き換えて考えてみた【何でもルール化で大丈夫?】

    先週,体罰ガイドライン案が国から出された。 Yahoo!ニュースにもなっていたのでピックアップ news.yahoo.co.jp この記事に載ってる体罰の具体例は以下の通り 1 口で3回注意したが言うことを聞かないので、頬を叩く2 大切なものにいたずらをしたので長時間正座させる3 友達を殴ってケガをさせたので、同じように殴る4 他人の物を盗んだので、罰として尻を叩く5 宿題をしなかったので、夕ご飯を与えない これを見ての率直な感想 “こういうきまりを作らないと体罰はなくならないんですか?” “なんでもかんでも『ルール・ルール』でこの国は大丈夫ですか?” もちろん体罰はあってはならないこと。 後…

  • 沢尻エリカMDMA使用について議論を大事にしていくべき理由【答え→自己責任論は終わらせたくない】

    沢尻エリカの薬物使用について物議がかもされている。 それは罰則をどのようにするか、また、芸能界復帰をどのようにするべきか とある方は、 薬物使用はありえない。芸能界では一発アウトにするべき。 今使用していてまだ捕まっていない人も自首するべき。 とある方は、 厳罰すると、よりそういう違法が増える。使用してしまった人の薬物治療施設などの対策をすれば、特定の枠組みの条件下において合法化するのも一つの手。 他の国でも合法化している国はあるし、アルコールやタバコ、パチンコだって薬物と同じように依存症の一つなんだから。 とある方は、 使用してしてしまった人が罪をしっかりと償っていれば、違法行為は過去のこと…

  • 【感動!!】スターバックスの店員の笑顔を分けてくださいという話

    スターバックスの店員てすごいなー 何がすごいって? それは・・・ 絶対に笑っている “え?そんなの当たり前じゃん” て思うほとが大多数だとは思うが,これっって当たり前のことなんだろうか・・・ 俺は,率直にすごいと思う。 もしかすると店員さんは勤務前に何かものすごく悲しいことがあったかもしれない。 恋人や友人関係で悩んでいるかもしれない。 だけど笑っている。 てか,そもそも笑っているのは演技なのかあ? 心から楽しくて笑っているのかなあ? その辺もめちゃくちゃ気になる。 ま,そういう接客マニュアルみたいなものはあるのだろう。 でも演技にしてもその笑うための,言わば“スマイルテクニック”はすごい。 …

  • 【夜型人間必見!!】夜型よりも朝型の方がメリットがある3つの理由【社会的構造・考え方・脳の仕組み】

    毎日更新をしようと思い、すごくどうでも良いことでも書く。 たぶん、毎日書こうとすると、日常における現象をもっと注意深く見られるようになる気がする。 今の日本を生きるうえで、朝型と夜型のどちらが良いかと聞かれれば、俺は朝型の方が良いと思う。 理由はいくつかある。 ①社会の構造が朝型 勤務開始がとにかく早い。 勤務開始が仮に8時だとして、8時の段階からパフォーマンスを最大限発揮するためには、少なくとも2時間前に起きなければいけない。 そして、寝起きはお腹が空かないので、出勤時刻ギリギリに起きてしまうと、朝ご飯すら食べないで出勤することになってしまう。 日本の社会が勤務開始が昼とかにならない限り、や…

  • 【行動したい人向け】目標達成会議を3ヶ月続けてみた結果見えてきたこと【少しずつ行動できる人になってきています】

    友人と2週間に一度“目標達成会議”をして早くも3ヶ月が経過した。 現状すでに幸せであるけど,そのままでは何か満足できないという3人でスタートした。最初は,“そもそも何のために目標達成会議をするのか”というところからスタートした。 その中で共通理解されたことが次の通り 誰もが“幸せになりたい”と願っている。 しかし,そのためにどのように行動すれば良いのか明確ではない,もうチベーションが続かないなど様々な理由により幸せから遠ざかってしまう。 そうならないためのツールが目標達成会議。 自分自身をその都度振り返りアップデートしていく。 それが幸せにつながるのではないか。 目標達成会議をまだ自分自身うま…

  • 【超AI時代突入!!】AI先生『Qubena』について考えてみた【算数・数学の授業が大きく変わる】

    明治初期の学制の公布という学校教育に大きな波風を立てた法律?から150年が過ぎようとしている。 これまでの教育は工業社会で活躍できる人材,いわば“言われたことを言われた通りに行動できる人材”の育成に向けて取り組んできた。 その教育が今大きく変わろうとしていることは俺が言うまでもない。 世はまさに個別最適化の時代。 従来の一斉指導という枠組みを疑う時代になってきた。一斉指導はとても効率が良いけど,本当に子ども達って理解しているの?という疑問がやはり残るし,教師の力量によって子ども達のモチベーションは大きく変わるし,様々な問題が生じる。 個別最適化をして,自分のペースで学習できるってことが子ども達…

  • 【初ボランティア】ボランティアに行けば人生観が大きく変わる話【自分から社会に目を向けられるようになります】

    今まではボランティアから程遠い人間であった俺が人生で初めてボランティアに行って感じたことをここに綴っておく。 台風の被害によって多くの地域にある組織から招集がかかり,“自分も行ってみようかな”と思い,この度初めてボランティアに行った。なぜ行こうかは理由が定かではなかったが何となく行ってみようと思った。 感じたことは大きく分けて3つ ①ボランティアに行けばできることは必ずある ②“これって意味あるの?”に重きを置きすぎていたこと ③どういう人になりたいかが何となく見えたこと ①ボランティアに行けばできることは必ずある 今回は1つの家の解体作業。それを約20人で行った。バールやハンマーなどで,壁や…

  • 【哲学初心者向け】哲学は生きづらさを救ってくれる『武器になる哲学』を読んで

    最近,かなりの金欠です。 なぜならアマゾンや本屋さんで,“これ面白そう!”と思ったらすぐにポチッと購入してしまう癖があり,それのことによりついに“金欠”という闇に陥ってしまった。 ということで,ついにkindle unlimitedに入会して,本はもう当分買わないことを決意しました。 kindle unlimitedで何か面白そうな本はないかなあとサーチしていると,山口周さんの『武器になる哲学』が目に止まった。 武器になる哲学 人生を生き抜くための哲学・思想のキーコンセプト50 作者: 山口周 出版社/メーカー: KADOKAWA 発売日: 2018/05/18 メディア: 単行本 この商品を…

  • 【クラムボン、君は一体何者】宮沢賢治代表作『やまなし』を初めて読んでみての感想

    文学作品とか小説って読めるようになるとマジで面白い 今週に入り,6年国語といえばこれ!!『やまなし』がスタートした。 宮沢賢治の代表作であり,とても有名なお話のようだが・・・ 実は知らなかった。 でも多くの人が口をそろえて,6年=『やまなし』と言うし,どれだけ面白いお話なんでしょう!!と思って読んでみた。 5年生の時の『大造じいさんとガン』とか『わらぐつの中の神様』は,物語を読めば読むほど深く読めていく実感があり,めちゃくちゃ面白かった。 そんなふうにして,“やまなし楽しみ〜”と感じていた。 が,しかし・・・ 〝マジでこの話意味分からねー!!〟 〝何が面白いんだこれ???〟 というような感じ・…

  • 仕事のモチベーションを上げるためにもつべきもの【どんな教員になりたいか毎日イメージすることです】

    昨日のバチェラーに関する投稿のアクセス数が,ブログを始めて初の200PVを達成しました!!👏 いやあ,話題高騰中のことについてリアルタイムで記事を書くとやっぱり食いつきがすごいですね。 てことで,今日の感じたことは,バチェラーとは全く別のモチベーションについての話。 仕事って,“面倒だな”と感じることや“この仕事は何だがやりたくないなあ”とかネガティブな感情になってしまうことがどうしてもある。 自分が好きでなった仕事なのにどうしてそういうことを感じてしまうのか甚だ疑問。 「自分はそんなこと人生で1回もありません」という人がいたら,マジでそのコンデションの整え方を教えて欲しい。 ただ,自分のモチ…

  • 【悲報】『バチェラージャパン3』最終回よりもむしろSNSのダークさが残念な件

    www.amazon.co.jp バチェラー・ジャパンシーズン3の最終話がアマゾンで放送され,幕を閉じた。 放送された後のツイッターや,最後にローズを受け取った女性のインスタは大炎上 一体何が・・・ 1.最終話の内容 2.最終話後のエピローグ“本当の結末” 3.その後のSNSでの大炎上とそれについての自分なりのコメント←本題はここなので飛ばしてGO!! 1.最終話の内容 最終話はついに,水田あゆみさんと岩間めぐみさんの2人のうち,バチェラーである友永真也さんが最後の1人を選ぶというもの。 舞台となる場所は,バチェラーが学生時代を過ごした場所であるフランス。 まず初めに岩間めぐみさんと2人で会っ…

  • 【提案】学校で『目標達成会議』をするメリットと方法

    八月に入り,高校の友人と“目標達成会議”を始めた。 俺の考える目標達成会議は以下の通り とにかくたくさんの生産的な議論ができて嬉しい・楽しい!!というのが率直な感想である。 これを学校でも活用することはできないかと考えた結果意外といけるかも! というかそっちの方が意外と良いのかも。 よくクラスの朝の会とかで今週のクラスの目標を決めることがあるが,果たしてこれは全員が納得して,全員が“〇〇になりたい”と心から願った目標なのかなと考えると,もしかすると,そう願っていない子も中にはいると思う。 一人ひとりがクラスという集団においてそれぞれの目標をもっている。 35人いれば35個の目標がある。 それな…

  • 【思考】学校に行かずに,自分で何か好きなことをするという生き方について考える【生き方も多種多様になってきています】

    小学生youtuberが,“学校に行きたくないなら行かなくても良い”ということを言っているのを以前動画で見た。 彼が学校に行かなくなった理由には,担任の先生と宿題のことでもめたことがきっかけだったようだ。 そして彼は学校には基本的に行かなくなった。 彼は行きたい時間だけ学校に行って,それ以外は自分の家で好きなことをしたり,勉強したいときは勉強したりしている。 絶対に学校に行かないということではなく,プールや給食などの好きな時間には行く。 担任の先生との間でも合意はとれているという。 とあるニュースを見ると,彼は,“学校に行くということは権利はあるが,それは義務ではない”と言っていた。 なんとも…

  • 変形労働時間制についての豆知識【根本的な働き方改革になるのでしょうか】

    変形労働時間制が閣議決定され,いよいよ導入になってしまうのか、、、 変形労働時間制が導入されると何か良いことはあるの? それは,繁忙期に勤務時間を増やして閑散期に勤務時間を減らすことによって,見かけの残業時間を減らすことができる。 1年前くらいに変形労働時間制というものがあるということを知って,“お、これは良いなあ”と思っていたが,今では真逆。 その時は,ただ情報に流されていただけで,自分の頭では何も考えることができていなかった。 変形労働時間制を導入することによって,“残業時間短縮できたね”と数値的に見て,okとしたいのが政府のねらいかな? ただ,これはかなり危険な制度 ①ここ最近までどんな…

  • 【怒】教師いじめ東須磨小学校の子ども達へ一言【これは人生の一部にすぎないから気にしないことが一番】

    教師いじめについて,テレビやSNSでかなり話題になっている。 とても悪質であるということと,教える側である教員が悪いことをするとなると,世間的には面白いからしょうがないが、、、 多くの人が意見を言っているので,自分も便乗してここに記録しておく。 一言で言うと,子どもが本当にかわいそう ①校長はいじめに気づかなかった→本当に?? →もし気づかなかったとしたら校長の職務であるはずのマネジメントができていると言えるのだろうか。 ②ベテラン女性教員は被害者をかわいがっているつもりだった→何を言っているの? →これいじめをしている人がいう典型的な言葉 “いじめているつもりはなかった。いじりという一種のコ…

  • 【自論】行動できる人になるために必要な3つの捨てるべきこと

    ブログのカスタマイズ勉強中で、更新が途絶えています。 最近ある記事をを見て、自分の弱さを省みる 1.答えを人に求める 記事の内容は、〝日本人はすぐに答えを他の人に求める〟 これは自分にとってもよくある話で耳がいたい。 なぜ、答えを他の人に求めるのかというと ①考えるのが面倒だから ②責任を自分でもちたくないから にあると思う。 ①に関しては、 自分で考える手間が省け、ラクに情報を得られるからが根底にある。 ②に関しては、 普段の学校でもよくある話で、 〝先生〇〇していいですか?〟 そして失敗すると 〝だって〇〇さんが良いって言ったもん〟 完全にこれは責任逃れであって、相手に判断をしてもらったが…

  • 【感動】『内田良先生』の講演から【教育をより持続可能にするために必要なステップ】

    先週、長野県塩尻市で行われた内田良先生の講演会に伺った。 内田良先生は部活動問題や教員の長時間労働、校則、過熱しすぎる組体操や体育の柔道など、学校のブラックな面についてかなり危機感を感じて講演会やYahoo!ニュース、本の出版をされている名古屋大学の先生。 先輩の先生からお誘いをいただいて、ぜひとも参加したいという一心でお話を聞きに行った。 とにかく、お話が興味深くてもっと聞いていたかった!! それとたくさん共感させていただいた。 金髪というのにも理由があるというのは衝撃💇‍♂️!! 内田良先生は、教育を〝持続可能に〟を大事にされていた。 ①教員の過重労働 ②子どもの危険を侵してまでの教育活動…

  • 【本のレビュー】『短眠法』と『瞬読』を読んで【時間の作り方は工夫次第でどうにでもなる】

    最近、〝短眠法〟と〝瞬読〟を読んだ どうも時間的にとてつもなくロスをしてる自分が、どうすればより効率よく生産性を上げ、やりたいことをやれるかを考えている時に出会った2冊 ①できる人は超短眠! できる人は超短眠! 作者: 堀大輔 出版社/メーカー: フォレスト出版 発売日: 2016/05/11 メディア: 単行本(ソフトカバー) この商品を含むブログ (1件) を見る 時間を生み出すためには、やはり寝る時間を削るしかない!! それでもやっぱり眠くなってしまうし、早く起きたいんだけど、〝できるだけ寝ていたい〟という気持ちから起きられないことが多い。 何かショートスリーパーになる方法ないかなぁ と…

  • 【本のレビュー】『ハッタリの流儀』を読んで【ハッタリをかまして自分に強制力を!!】

    堀江さんの〝ハッタリの流儀〟がツイッターに流れてきたので、自分も買って読んだ。 ハッタリの流儀 ソーシャル時代の新貨幣である「影響力」と「信用」を集める方法 (NewsPicks Book) 作者: 堀江貴文 出版社/メーカー: 幻冬舎 発売日: 2019/07/10 メディア: 単行本 この商品を含むブログを見る これまで堀江さんの本はめちゃくちゃ読ませてもらっている。 やりたいことがあったらすぐ行動しろ やり方なんてやりながら考えればいい と常に言い続ける堀江さん 今回の本は、 〝ハッタリ〟を通して、自分のやりたいことの明確化とモチベーションアップと信用アップ についての本だった。 自己啓…

  • 【本のレビュー】島秋人という人物から 『君の可能性』を読んで【先生の役割の重要性を再確認】

    斎藤喜博先生の〝君の可能性〟を読んだ 君の可能性―なぜ学校に行くのか (ちくま文庫) 作者: 斎藤喜博 出版社/メーカー: 筑摩書房 発売日: 1996/07/01 メディア: 文庫 購入: 1人 クリック: 3回 この商品を含むブログを見る その中の一節に島秋人という歌人の話がある ①あらすじ 島秋人は学生の頃学学業成績が不良で先生からも周りからも褒められることはなかった そんな 〝誰も自分を認めてくれない〟 ということから自暴自棄になり、島秋人は非行少年になってしまった その後も犯罪を幾度となく犯し、挙げ句の果てには殺人事件をも犯し ついには、死刑囚の身になった そんな島秋人は獄中で、中学…

  • 長野県教員採用試験『多様性』がキーワード【みんなちがってみんな良いはどこまでなら良いのか?】

    今年の教員採用試験では『多様性』がキーワードだったようである そしてちょうど似たようなタイミングで多様性をアップデートせよ という番組を見た newspicks.com newspicksマジで面白いし勉強になる!!! そして、 多様性について以下のようなことがディスカッションの中に出てきた ①多様性が目的であってはいけない ②多様性の中でどこに基準を置くかによって何が同質であって何が異質か変わってくる ③生物学的には多様性は生き残るための手段であった これを教育に置き換えて考えると・・・ “多様性についてあなたは教師として何を大事にしますか?” という小論文テーマで書くとしたらこんなことを書…

  • 【本のレビュー】『死にがいを求めて生きているの』 を読んで【競争という社会でどのように生きていけば良いかのヒント】

    朝井リョウさんの“死にがいを求めて生きているの”を読んで感じたこと 死にがいを求めて生きているの 作者: 朝井リョウ 出版社/メーカー: 中央公論新社 発売日: 2019/03/07 メディア: 単行本 この商品を含むブログを見る 一つ目の感想 “長かったーーーー” 小説は社会人になって初めて読んだけど,“何者”という映画を見て,朝井リョウさんに興味をもって本書を読んだ。 “小説ってただのお話でしょ” と思っていた自分が “すごくメッセージ性がある” と感じさせられた。 テーマは“平成の時代” “競争をなくしましょうね・一人ひとりの個性をいかしていきましょうね” という社会にしたいのにも関わら…

  • どうも、弱い人間です

    どうも!! イケミ+弱い 略して『ヨワミ』でく。 自分て本当に弱い人間です笑笑 なぜかと言うと、この前、 「毎日1更新します」 と言いながら、全然できていない笑 意志の弱さ尋常じゃねー 21日続ければ習慣化される とか 継続すれば成功できる とか 頭では分かっているけど、全然できん そして、計画はするものの、その通りにできたことなんて人生で一回もない 特に高校の時は、計画は立てるが、計画を立てて満足!! 無謀な計画すぎて無理だから笑 こんなふうに、頭では分かっているけど実際に行動するってなぜこんなに難しいんだろう? 人の興味・関心と行動は、全部が全部相関性があるわけではないから何とも 実践を、…

  • いいクラスってなんだろう??

    最近つくづく感じる 〝自分のクラスっていいクラスなのかなぁ?〟 この問いに答えるってなかなか難しい なぜなら自分のクラスを客観的に見ることって難しいから 人間である以上良いところもあり、悪いところもあり、それが当たり前であるから どんなクラス・学校にしたいか、ヴィジョンが共有されていないから 〝主体的な子どもを育む〟と謳っているが、 そもそも何をもって主体的というのか、その部分まで深くおろして考える必要がある 時間がかかるし、それを考える時間もなかなかないけど 違う環境を生きていてからこそ、その言葉の捉え方が違って当たり前 そして、この多様な時代だからこそ、その言葉のもつ前提はさらに変わってく…

  • 自立の芽

    昨日の朝のこと 全校音楽が終わり、ちょっと用事があって1時間目に遅れてしまった 子どもたちはどうしてるかなあと思って遅れて申し訳ないと思いながらも、すこしドキドキしながら行く だいたいこういう時は、おしゃべりをしている 〝まあ、自分も遅れてしまったし何も言えないな〟 というような感じ 今日もそうかなあと思って教室に入ってみると まさかの宿題のマルつけをしていた!! き、き、キタァーー!!!! どうやら当番の子が、 「マルつけしよう」 と声をかけてくれたらしい 1人の子の大活躍により、学びが進んだ 思わず感動して価値づけてしまった 同調圧力とかではなく単純に、 その子が 〝何かした方が良いかなあ…

  • 直接的なコミュニケーション

    やっぱり対面で人と話すことって超重要だなあ SNSでは分からない、その人のしゃべり方や聞き方、ジェスチャー、目の合わせ方、そのそれぞれにその人の人となりが出る それも感覚的に! やっぱり直接的なコミュニケーションが一番信頼関係をつくる気がする 良いことも嫌なことも何でも話し合える関係 たまにはお互いにぶつかり合うこともあるけど、それも人間ならではのものだし、生きているからしか味わえないもの それを心の底から喜ぶのは難しいし、頭をかなり悩ますけど、 こうやって時々客観的に見たときに、 〝あ、自分はロボットではなく人間なんだな〟 と感じられればそれでいいのかな ps. ということで、最近のテーマは…

  • 【提案】講義の在り方を考えよう【】

    講義の在り方を変えてみようという提案 研修では頻繁に講義をただひたすら聞いているだけというものがある 内容は〝おもしろい!!もっと聞いていたい!!学びたい!!〟と感じるものもあれば、〝いつ終わるのかなー・今日のこの後の予定はこれでこれで、、、〟 ※自主的なものについては自分が行きたいから行くのでそういう気持ちにはならないが、与えられたものについては特にこの現象に陥る 話は脱線するが これって本当に学校の授業と一緒 活動していれば主体的ということもあるが 〝おもしろい!!〟 と感じていることが本当の主体的の原動力とすれば、、、 ただ聞いているは主体的ではないが、 〝この話おもしれー!!〟と感じな…

  • わたし、定時で帰りますを見て感じたこと

    わたし、定時で帰ります めちゃくちゃ面白くて、昨日1話から一気に見た 感じたことがいくつかある ①働き方がどんどん多様になってきてる たんたんと効率的に仕事をし、定時退勤しプライベートを充実する 平日は頑張り、休日は絶対出勤しない 残業してまで業績を残そうと努力する 野望のためにとにかく耐える など100人いれば100通りの働き方がある それは一人ひとりの幸せの感じ方がどんどん多様になってきてるから 今日、業者のおばちゃんと世間話を話した時も似たようなことを言ってた 〝先生たちがしている事に不正解はない〟 この多様な時代はなんでもオッケー!! ただ最後にこんなことも 〝だけど、自分で取捨選択し…

  • 対話できる関係性を作っていくために【キーワードは自己有用感と対等感】

    対話できるための条件の一つ→安心感 教室で安心して生活できるために ①自分が認められているというという満足感 →これがあれば,平等ではなく公平に子どもに対応することができる。 →公平な支援こそがプラスαで多様性を認め合える心を養える。 例:ある子が気分がのらず,甘え上手で先生を一人いじめする。 ↓ “◯◯さんだけズルい!!!”⇦まだ満足感を感じていない,先生はえこひいきする,先生は◯◯さんにだけ優しい,先生なんて嫌い それでは一人ひとりの実態に応じた対応なんてできない。 スーパー脱線タイム 話は脱線するが,研究授業や学級経営案ででよく“子どもの実態”というところがあるけど,そもそも子どもの実態…

カテゴリー一覧
商用