プロフィールPROFILE

tennisblueさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
アラフィフからのはじめてテニス
ブログURL
https://tennisblue.hatenablog.com/
ブログ紹介文
アラフィフからテニス始めました。こんなにはまるとは思っていなかったのですが、今では生涯続けていけたらと思っています。 テニスは健康や仲間つくりに大変いいものです。 まだまだへったぴですが、少しでもうまくなれるよう頑張ります。
更新頻度(1年)

9回 / 19日(平均3.3回/週)

ブログ村参加:2020/01/03

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、tennisblueさんの読者になりませんか?

ハンドル名
tennisblueさん
ブログタイトル
アラフィフからのはじめてテニス
更新頻度
9回 / 19日(平均3.3回/週)
読者になる
アラフィフからのはじめてテニス

tennisblueさんの新着記事

1件〜30件

  • おっさんずテニス始動

    昨年、コーチの厚意で開催した忘年会。 そこで意気投合したおっさん達で月に一度のペースで自主練習を先週の土曜日に行ってきました。年齢は40から50代なので、まさしくおっさん連中です。 これから月1のペースで行っていく予定です。 レベル的にはみなさん中級くらいなので、私としてもちょうどいい感じ。テニスもうまくなって、飲み会などみなさんといい形でお付き合いしていきたいなあと考えています。 またもう少し仲良くいっていったら、どうしたらうまくなれるか、相互補完的な会話とかも増やしていけたらと思います。 テニスっていいですね、もう少し早く始めておけば良かったな。 体力つくりになる、友達がひろがる、メンタル…

  • 全豪テニスオープン2020 始まりますね

    来週から全豪テニスオープンが始まりますね。 今年の四大大会の日程は次のようです。 -------------------------------------------------------------------------------------------------1月20日-2月2日全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード)5月24日-6月7日全仏オープン(フランス/パリ、クレー)6月29日-7月12日ウィンブルドン(イギリス/ロンドン、芝)8月31日-9月13日全米オープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード) --------------------------------…

  • サービスの立ち位置

    テニスの試合で重要なんだけど、あまり練習ができないのがサービスです。 スクールでもなかなか手取り足取り教えてもらえないし、仲間うちでコートを借りてするときも本番ぶっつけのことが多いですよね。 今年はサービスのレベル向上を目標の一つにしていきたいです。 サービスもトスのあげ方、トロフィーポーズ、ラケットの振り抜き方など学ばなければならない点は多々ありますが、一番初めに意識しなきゃいけないポイントは「立ち位置」ではないでしょうか。 いろいろ調べてみましたが、デュースサイド、アドバンテージサイドで立ち方も違うようです。基本的に体のひねりを使うので横向きになるのですが、デュースサイドは両足の先端を結ん…

  • 今日のスクール(2019年1月12日)

    昨日に引き続いて連チャンです。 本日は、私が選択しているレギュラーコース+月2回の、プラスしている方のクラスです。これはレギュラー以外に、月2回好きなクラスで練習できるというものです。 中級が満員で空きがなかったので、初級クラスでの受講です。 本日のテーマは、「スマッシュ」です。 実は私はスマッシュが苦手だったりします。体重移動とかラケットの振り抜きかたが難しくて、ついついラケットに当てにいくようなスマッシュになってしまいます。 【今日のメニュー】 ・ショートラリー ・ボレーボレー ・送球によるストローク練習(フォアハンド、バックハンド) ・送球によるボレー、スマッシュ (ここからローテーショ…

  • 今日のスクール(2019年1月11日)

    今日は3連休の初日ですね。 私は通っているスクールのレギュラークラスの日です。 少しでもいから上達を感じながら、帰路につきたいところです。 本日のテーマは、「ミニプライベート」 これは、生徒それぞれが取り組みたいことをコーチに相談し、レクチャーを受けるものです。私はストロークの上達を感じたいので、本日もストロークをお願いします。 【今日のメニュー】 ・ショートラリー ・ボレーボレー ・送球によるストローク練習(フォアハンド、バックハンド) ・送球によるボレー、スマッシュ (ここからローテーションでの練習) ・コーチとのプライベートレッスン ・生徒同士のボレー対ストローク ・生徒同士のボレーボレ…

  • テニス肘について

    テニスの知り合いがテニス肘になったので、調べてみました。 テニス肘はテニスエルボーともいわれます。 テニスのストロークなどにより、手首を動かす筋肉の腱が肘関節に接する部分で過度の負担により炎症が生じるもので、肘から前腕に痛みが生じます。 テニス肘になりやすい打ち方は以下のようです。 フォアハンド、バックハンド、ボレーにすべていえることですが、肘をピンと伸ばした状態で打つと、打った時の衝撃がそのまま肘に伝わってしまいます。 トップスピンをかける際にやっていまいがちなワイパースイングで極度に手首をこねる感じで打ってしまうと、手首をこねる分肘にかなりの負担がかかってしまいます。 後者の打ち方で、テニ…

  • テニス初打ち

    今年初めてのテニス行ってまいりました。通っているスクールは今日から営業開始でさっそく行ってきました。前回のテニスから2週間空いております。さあ、うまくできるのかかなり不安です。 本日の内容はミニプライベート。生徒それぞれがやりたいことをコーチに言って、順番にレクチャーいただくものです。 【今日のスクールの流れ】 生徒同士のショートラリー 生徒同士ボレーボレー コーチからの送球によるストローク(フォア、バック)、ボレー、スマッシュ 生徒同士のボレスト コーチによるミニプライベート サーブ練習 ゲーム ミニプライベートで私はストロークを見てもらいました。上半身の動きは問題ないが、下半身の動き、特に…

  • テニスオフ参加してきました!

    昨年の話になりますが、テニスオフに参加してきました。 www.tennisoff.net 簡単に言うとテニスコートをとってくれた方(主催者)が一緒にテニスをしてくれる人をテニスオフを通じて、募集して一緒にテニスを楽しもうというものです。 参加して感じたメリット、デメリットについてもお伝えしますね。あくまで個人的な主観です(笑) 【メリット】 ・一人で参加できる ・コートをとらずに、好きな時間、場所で参加できる ・テニス仲間を増やすことができる ・あまりお金をかけずにテニスができる ・度胸がつく ・いろんな人(知らない人)とテニスができる 【デメリット】 ・雰囲気は主催者、参加者によるため、参加…

  • 年末年始の過ごし方。私はラジオ体操やっています。

    あけましておめでとうございます。 今年はカレンダーの並びもよく、9連休の方も多いのではないでしょうか。そうなると多くの方がテニスできない期間が多くなるなあ~と悩みますよね。 私もスクールの休みと選択しているクラスの関係で3週間空いてしまいます。それはまずいなあということで、日曜のクラスで振替で行こうかどうか悩んでいるところですが。 それに期間も空くと、体も動かなくなるし、取り戻すのが大変ですよね。 そのため、この休みの期間中は自宅で気軽にできるラジオ体操を毎日やっています。 小学生のとき、ラジオ体操やったことありますが、改めてやってみるとラジオ体操は奥が深いですね。腕、足の筋や、腹筋や腰回りな…

  • 今年最後のテニス&忘年会

    今年最後のテニスです。 たまにお世話になるコーチ主催のプライベートレッスンです。 あとコーチの好意で、参加者に対して忘年会を設定してくださいました(ありがとうございます!) さて、プライベートレッスンです。今年最後ということもあり、10人の参加です。私より上手な人が多く、気がぬけません(笑) 練習の流れとしては、ショートラリー ⇒ ボレーボレー ⇒ ロングラリー ⇒ ボレストという感じです。 参加者同士行いますが、しっかり打ち合えますので物足りなさはありません。本日の課題はバックボレーでした、、、 コーチ曰く、体が横を向きすぎるとのことで、それによりボールも流れてしまっているとのこと。今のボレ…

  • スクールは行ったほうがいい⁉

    スクールに行こうかと迷われている方向けに、私が通っているスクールのご案内をします。 私がここに決めた理由は、以下の3つです。 ・屋内で冷暖房完備 ⇒雨天で中止になることがなく、スケジュール通り行われのがよい! ・日本プロテニス協会のAAAオフィシャルスクールである。 ⇒コーチ陣が上手そう。 ・ナイター完備で時間割が細かくあり、振り替えがしやすい もう通い始めて4年になろうとしていますが、4年も続くのはすごくないですか(笑) なぜこんなに続いているかというと、 ・コーチ陣、スクール生の年齢が近い 私の主観もありますが、ほとんどの方が40代なのではないかと推測します。だから居心地の悪さというのはな…

  • 日々の練習方法

    週1回のスクールだけだと、なかなか上手にならないですよね。また1クラスが10人くらいだと、ボレストとかフォーメーションやって、残り時間で試合みたいな感じ終わります。 ではスクールのないときはどうするか? 僕は自宅で「素振り」と「動画視聴」でトレーニングに励んでおります。 まず「素振り」ですが、夜にガラスに自分の姿が映るようにしてラケットを振っています。フォアハンドストロークのとき、ラケットダウンできているか、フィニッシュは左肩にあるかなど確認しています。 みなさんもぜひ試してみてください! 次に「動画視聴」ですが、ユーチューブですね。 お気に入りに人の動画をみています。 僕のお気に入りは宇野真…

  • ボレストってどうですか?

    僕はボレストが苦手です。 以前と比べるとだいぶましになってきましたが、それでも苦手です。 ボレー側の方が特に苦手なんですよね~ 試合に役立つかはおいといて、ボレストとお互いが打ちやすいように打って、続ける感じですよね。なかなか続けられなくて結構相手の人に申し訳ない気持ちになることがあります。 そんなボレストですが、目的意識をもって取り組むことで上達できることができるのではと考えて取り組んでいます。 まずボレーは、自分の苦手なバックサイドボレーを多くしたり、サービスライン際にボールを落とすようにするなどです。 他にも ・フットワーク 常に足を小刻みに動かすようにして体ごとボールに迎えるようにして…

  • フォアハンドストロークの重心

    昨日は市民教室でした。 この市民教室の流れは通常のスクールと違っていまして、まずは生徒同士のラリーから始まります。コーチがそのラリーをみて、「今日はストローク、特にバック中心」とか「今日はボレー中心」でとか流れを決めるそうです。生徒同士のボレーボレーは行わず、コートを使ってのストロークやボレスト、サーブ&レシーブが多いので、あまり打ち足りないなあと思ったことはありません。 またコーチは一人一人の動きをみてアドバイスを出してくれます。 これが非常にありがたい! 僕へのアドバイスは、「フォアハンドストロークは右足重心のままで振り切る」というものです。 かなり以前ソフトテニスをやっていたこともあり、…

  • 久しぶりのテニス

    ゴールデンウィークももう終わりですね。 この土日に久しぶりにテニスをしてきました。 土曜日はスクールでした。 最近両手バックハンドストロークが不調でしたが、アドバイスを受けてかなり改善されました。 不調の内容ーボールがアウトになりやすい、すっとんでいく感じが多い アドバイスーインパクト後に、左腕をかぶせる感じで振り上げていく これにより、コート内に収まる感じになり、スイングも振りぬけていけるようなりました。 日曜日はスクールのメンバーが集まっての練習会です。主に試合形式の練習です。試合となると、スペースに向けて決めていかないといけないので、スクールの人に向けて打つのとは違います。 以外に人のい…

  • サーブ修正中

    サーブって意外にきちんと教えてもらった記憶がないですよね。 スクールでも、サーブ練習の際にちょっとだけアドバイスをもらう感じです。だからどんどん自己流になっていってしまいます。 でもいろいろと試行錯誤しながら、自分の形を見つめていかないということかな。僕は今は、Yotubeの動画、テニススクールのコーチのアドバイスを参考にしています。けっこう何気ない一言が気付きだったりするんですよね。 僕の修正ポイントは次の感じです。 ①トスのあげ方 以前は相手コート方向(打つ方向)に向けて手をあげて、トスをあげて ましたが、コートに向かって右方向へ上げるように修正しました。(腕はサービスラインと平行になりま…

  • ナイトテニスは見えずらい

    昨日の市民教室での話です。 屋外のナイトテニスはボールが見えずらいことありませんか。 照明の強さ、角度、あとはボールがオムニコートの砂とかぶって見えずらいとか。 元々、僕は目が悪く眼鏡をかねてやっているのですが、弱めの度にしているせいかかなり見えずらかったです。そのため、ボールへの反応が遅く、振り遅れや打点が後ろになってしまいました。 やはり早い反応というか準備は必要なんだと思いましたね。 あと、目もう少しでもよくなったらいいなと書店をのぞいたら、こんな本がありました。実績はあるようですが、効果あるのでしょうか。 試しにかってきましたので、少し頑張ってみたいと思います。 眉毛のあたりや目の下を…

  • 悩みのたね(フォアハンドストローク)

    テニスを始めてはや4年。 フォアハンドストロークは悩みが多いです。僕が通っているスクールはあまりフォームの細かい注意は行いません。これ自体はいいとも悪いとも思いません。 最終的には本人が気持ちよく打てていればよいのですから。とはいうものの、僕は現代テニス風な感じでうまくなりたいです(笑) 最初のころは、昔軟式をやっていたこともあり、両手を広げ左手を前に右手を後ろに回して振るというフォームでした。 2~3年ごろからはフラット系なフォームになっていました。後ろにテイクバックして、水平な感じで振りぬくという感じでした。フィニッシュでラケットが回らない、トップスプンがかからない、振り遅れるというのが悩…

  • 春季市民教室始まりました!

    僕が住んでいる市のテニス連盟主催による春季市民教室がはじまりました。テニススクールに通うまではしたくないけど、テニスは習いたいという方にはちょうどいいかもしれないですね。この教室は100分/回で、10回行われます。 僕の選択したクラスは定員20名で初心者から中級までで2面使って行われます。 僕は現在スクールに通っているので、この教室はセカンドオピニオン的に使っています。(笑)スクールと違って、レベルが違う人と打てるのが魅力であり、いろいろな球が打てるので実戦的でもあります。 僕は経験者の方のコートに参加して、昨日のメニューはこんな感じでした。 ・球出しによるフォア、バックハンドストローク ・対…

  • ラケット遍歴

    ラケットへのこだわりは人それぞれです。 メーカーから入ったり、プロ選手と同じものをとか、月刊誌の紹介を参考にしたりとか。。。 僕は現在ラケットは3本目です。 ラケット遍歴を紹介します。 【1本目】PrinceのPremier 105 スポーツ用品店にて訳のわからないまま購入したものです。グリップサイズも知らないまま購入したので、あとで調べてみると①でした (-_-;) だんだんテニスができるようになって、周りを見る余裕ができてくると少し物足りなさを覚えるようになりました。 【2本目】SRIXON REVO CV3.0 奈良くるみ選手も使っているモデルです。初級レベルでも使えて、スピンもかけやす…

  • 道具はこれだけあれば大丈夫(シューズ編)

    テニスシューズを購入しようと、スポーツ用品店に行った際にいろいろ種類があり悩みますよね。大きく「オムニクレー用」と「オールコート用」があります。 (ちなみに僕はオールという言葉に騙されて、オムニコートでも長い間オールコート用シューズでプレイしていました 笑笑) オムニクレー用はその名の通り、オムニコート、クレーコートに適しています。日本のコートはオムニコートが多いので、まずはこのシューズの購入をお勧めします。シューズ裏の溝が多いため、オムニコートは砂で滑ることが多いので、グリップ力のあるシューズが適しています。 ちなみに僕はヨネックスを使用しています。 オールコート用は、ハードコートでの利用に…

  • 道具はこれだけあれば大丈夫(ラケット編)

    テニス始めるにあたっては、ラケットとシューズは必要です。これだけあれば大丈夫です。 まずはラケットです。 スクールには試打用のラケットも置いてありますので、最初はシューズだけ購入して、いろいろなラケットを試してみて、気に入ったものを購入するのもありです。 ラケットメーカーもいろいろあります。 多くのラケットから選ぶのはなかなか難しいですが、初心者向けのラケットも用意されていますから、その中から選ぶといいです。 主なポイントとしては、重さ、面の大きさ、グリップサイズ、ストリングパターンになります。 【重さ】 軽いラケットは初級者や非力な方に適しており、重いラケットは力のある人や上級者に適していま…

  • テニススクール選び(補足)

    スクールだとお金もかかるし、毎週通うことができるかなとか不安も多いと思います。 スクールではなく、知り合いとコートを借りてと思われる方も多いかもしれません。 他にどのような場があるかご参考までに紹介させていただきます。 ※僕の経験に基づいています。 ■すんでいる市のテニス連盟が主催する市民教室 僕のところでは、春・秋の各10回行われています。 コートは2面で、初心者と初級・初中級者の計20名です。スクールとは違ってレベル分けはざっくりしているので、自分より上手い人とも打ち合え、その点が魅力です。 ■初級者向けのテニスサークル これはネットで探しました。 コートを借りての練習会は、試合をメインに…

  • テニススクール選び

    テニススクール選びにおいては体験は絶対必須です。 体験は無料のところも多いですし、入会にあたっては必ず進められます。 そのスクールの雰囲気をつかむためにも絶対申し込みしましょう。 スクール選びに大切なポイントは以下の点です。 ①いつ(時間帯)、どこ(場所)に通うか ②屋外か室内か、室内でも冷暖房完備か ③コーチ陣はどんな感じか ④クラスの雰囲気は ⑤イベントの有無 スクールに通って3年にですが、継続するためにも重要なポイントかなと思います。 では、掘り下げて見ていきましょう!! ①いつ、どこで通うか? 仕事帰りに会社の近くで通うか、 残業を気にすることなく休日に家の近所で通うか、ご自分のライフ…

  • テニスを始めたきっかけ

    みなさん、テニスにどんな印象をおもちですか。 「むずかしそう!」 「しんどそう~」 「コート借りないとできないし、面倒くさいーっ」 僕もこんな風に思っていましたが、意外に簡単に始められ、始めるのに年齢も関係ありませんし、敷居も全然高くありませんでした。 実際、上手い人は上手いですけど、自分と同じようなレベルの人もいっぱいいるから安心してください。 50歳からでも全然大丈夫ですし、間に合います! 私自身、アラフィフになって、会社以外で自分に何があるんだろう、はまってる趣味もないし、会社以外の知り合いも皆無。。。。 定年を迎えたときにどうなるの? することもなく、人との交流もなく老けていくのか、、…

カテゴリー一覧
商用