searchカテゴリー選択
chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

風祭 哲哉さんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
日本に、もっと恋する旅
ブログURL
https://travellovers.jp/
ブログ紹介文
日本の絶景、B級スポット、emoな旅、ときどきショートストーリーも書いています。
更新頻度(1年)

134回 / 365日(平均2.6回/週)

ブログ村参加:2020/01/02

本日のランキング(IN)
フォロー

ブログリーダー」を活用して、風祭 哲哉さんをフォローしませんか?

ハンドル名
風祭 哲哉さん
ブログタイトル
日本に、もっと恋する旅
更新頻度
134回 / 365日(平均2.6回/週)
フォロー
日本に、もっと恋する旅

風祭 哲哉さんの新着記事

1件〜30件

  • 昨日、問寒別で ~「昨日、悲別で」へのオマージュ【北海道】

    北海道の宗谷本線に「問寒別」という駅があります。僕は「〇〇別」という北海道の地名が好きで、ここは「幾春別」とか「音別」とともに僕のお気に入りのひとつです。僕が昔好きだった倉本聡さんのドラマに「昨日、悲別で」という作品があります。この「悲別」

  • 「海に消える道」長部田海床路に昼夕2回行ってみた!【熊本県】

    日本一干満の差が激しい有明海で、潮が引いたときにだけ現れる道のひとつ「長部田海床路(ながべたかいしょうろ)」。満潮時、海上に街灯だけが続く不思議な光景が、アニメ「千と千尋…」の世界のようだと話題になり、今や大人気の映えスポット。でも干潮時と

  • ニセコアンヌプリと名もなきひまわり畑の絶景【北海道】

    ニセコのひまわり畑といえば有名なのは「東山花の丘ひまわり畑」。ここは高橋牧場という観光牧場に隣接し、羊蹄山をバックにひまわりが咲き乱れる場所なんだそうですが、僕が見つけたのはそことは別の名もなきひまわり畑。でもこれがニセコアンヌプリの緑をバ

  • ニセコ「有島記念館」で、破天荒なパイセンを偲ぶ【北海道】

    大正期の白樺派を代表する小説家、有島武郎さんは何を隠そう僕の北海道大学のパイセン(当時は札幌農学校でしたが)。有島パイセンは、父から譲り受けた広大な農場を小作人に絶賛無償で解放しちゃったり、最後は人妻とうっかり情死しちゃったり、なかなか破天

  • 祭だ、喧嘩だ、清原だ! ~岸和田だんじり祭り~【大阪府】

    Ⓒ岸和田市(転用禁止)大阪から和歌山方面に行くといつも気になりつつも途中で通過していた岸和田。あるときたまたま降りてみよう、とJR東岸和田駅で下車して、岸和田の中心部(南海の岸和田駅近く)まで歩いていると、岸和田駅に近づくにつれ、浴衣のおね

  • 美しく儚き名前の「幾春別」と旧奔別炭鉱立坑櫓【北海道三笠市】

    廃墟マニアであれば誰もが一度は写真で目にしたことがある「奔別」の文字。これは北海道三笠市にある旧奔別(ほんべつ)炭鉱の立坑櫓。北海道でも有数の炭鉱都市だった三笠には、このほかにも幌内炭鉱や幾春別炭鉱がありました。僕は以前、この旧奔別炭鉱跡に

  • 岩見沢「ログホテル メープルロッジ」が想像以上にすごかった!【北海道】

    北海道の岩見沢に「メープルロッジ」というログホテルがあります。場所的にメジャーなところでもないし、大規模な施設でもないので、誰もが知るようなホテルではありませんが、ここがなかなかいい、といううわさを聞いていました。本当はこういうところで何日

  • 旅のうた/恋のうた ~Girl’s side~ 【北海道】

    written by Sae Hanedaこの作品は、僕が書いたショートストーリー「旅のうた/恋のうた」を、トラベルjpや肥後ジャーナル、noteなどで活躍しているライター、羽田さえさんが、ヒロインの目線で書き直してくれたものです。(僕の

  • 東京2020オリンピック マラソン観戦@京王プレリアホテル札幌

    僕が大学生活を(楽しすぎて5年間も)送ったのは、都ぞ弥生の北海道大学。その母校にオリンピックがやってくる!と聞いて胸をときめかせたのは2019年の秋、まだコロナのコの字もなかった頃。これは見に行くしかない!ということですぐに札幌のホテルを押

  • 幻のタウシュベツ橋梁は超ヒグマ危険地帯【北海道・上士幌町】

    北海道のタウシュベツ橋梁は、旧国鉄士幌線にかかっていた鉄道橋で、糠平ダムの完成によってダム湖に沈む運命となりましたが、湖の水位によって見えたり隠れたりするため、幻の橋と言われています。しかも現在は老朽化が進み、その姿を見られる時間も、おそら

  • 日本一のひまわりの町がすごい!「北竜町ひまわりの里」【北海道】

    僕の好きな色は黄色。黄色い家とか、黄色い小鳥とか、女の子の下着の淡い黄色とか、めったにない黄色に偶然出会うととても幸せな気持ちになります。そんなわけで黄色い花の代表格「ひまわり」は僕の大好きな花。今でこそ「ひまわりの里」をうたう町は数多くあ

  • 旅のうた/恋のうた【北海道 2021】

      旭岳ふもとの街の雨上がり ケーキを二つ選んで帰る歩いていると、彼女が突然そんなことをつぶやいた。いや(最初は気づかなかったけど)おそらくそれは「詠んだ」と言ってあげるべきことだったのだろう。「え?いきなりどうしたの?」「あれ、前にお話し

  • 高山社跡は日本一地味な世界遺産?富岡製糸場と絹産業遺産群【群馬県】

    なんと、僕の実家から歩いて1時間ちょっとのところに世界遺産があるのです! 「世界遺産 高山社跡」・・・たぶん、聞いたことないでしょ?実はこれは世界遺産『富岡製糸場と絹産業遺産群』を構成する4つの資産のうちのひとつなのです。富岡製糸場のほうは

  • 夏の終わりのなごり雪【大分県】

    謎の美女、というイメージのわりには、彼女は薄く壊れやすいガラスの幕のような、透明なベールをまとっているように見えました。いや、そもそも謎の美女というのは僕が勝手に思い込んでいただけで、別に彼女が自分で謎の女だと言ったわけではありませんでした

  • 夏の終わりはちょっとせつない。永平寺大灯篭流し【福井】

    福井県の永平寺と言えば曹洞宗大本山の泣く子も黙る名刹中の名刹。毎年8月のお盆送りも過ぎた頃、その永平寺が中心となって九頭竜川の河川敷で「永平寺大燈籠ながし」というなんともエモいイベントが行われるのだと言います。僕はそれまで永平寺には2,3回

  • 『鉄道員(ぽっぽや)』駅にさよなら【北海道・幾寅駅(幌舞駅)】

    北海道・根室本線の幾寅駅は、故高倉健さん主演の映画、『鉄道員(ぽっぽや)』のメインロケ地、幌舞駅として登場した駅。駅周辺には今でもロケに使われたセットが残っていて、健さんファンの隠れた聖地となっています。僕は特に健さんの熱狂的なファンではあ

  • 「日本一のホテル朝食」食べくらべ? 「ホテルピエナ神戸」vs「森のスパリゾート 北海道ホテル」

    「ホテルピエナ神戸」の朝食ブッフェはトリップアドバイザーで「朝食のおいしいホテル 7年連続日本一」の称号を得たこともある大人気のメニュー。たまたまそこに泊まる機会があったので、僕が個人的に日本で一番おいしい洋食セットメニューだと思っている北

  • さようなら、上越新幹線E4系 ~Maxラストランの前に

    上越新幹線を走っている2階建て新幹線「Max」が2021年の秋で営業運転を終える、ということで、別れを惜しむファンがたくさんいるのだそうです。僕にとってのMaxは、群馬の実家に帰る際にいつもなにげなく乗っていた、とりたてて珍しい乗り物ではな

  • 日本のインカ遺跡・旧太子駅と赤岩伝統的建造物群「中之条ビエンナーレ2017 Vol.4(六合エリア )」【群馬県】

    中之条ビエンナーレシリーズ第4弾、完結編。2日間にわたる中之条ビエンナーレの最後の訪問地は、「六合エリア」。六合とかいて「クニ」と読める人は100万人に1人くらいしかいないレベルの知られざる小さな集落ですが、この六合には実はすごいところがた

  • 尻焼温泉とチャツボミゴケ公園「中之条ビエンナーレ2017 番外編」【群馬県】

    中之条ビエンナーレシリーズ、番外編。中之条ビエンナーレの最北部、かつ最頂部まで来て、時間があったらぜひ行きたいと思っていた場所があったのでした。それは最近にわかに人気になってきた「チャツボミゴケ公園」。ただしそこは長野県境にほど近い標高14

  • 「夢枕投げ」とか「秋波を送るアート」とか「中之条ビエンナーレ2017 Vol.3(四万エリア&沢渡・暮坂エリア )」【群馬県】

    中之条ビエンナーレシリーズVol.3。四万温泉に泊まった翌日は、四万エリアのアートとさらに山奥に進んで沢渡・暮坂エリアのアートを巡ります。この日はなんだか朝から僕の欲望を刺激するようなアートがたくさんあって困りました。「ドリーム四万」の夢枕

  • 木造校舎のアートとか、眠る男とか「中之条ビエンナーレ2017 Vol.2(名久田・伊参エリア )」【群馬県】

    中之条ビエンナーレシリーズのVol.2中之条の市街地からそれぞれ数キロほど、「伊参(いさま)」「名久田(なくた)」の両エリアは美しい里山がひろがるエリア。中之条ビエンナーレの特徴の一つである「時が止まったままの木造校舎」を舞台としたアートが

  • ふるさとの小さな町が頑張る芸術祭「中之条ビエンナーレ2017 Vol.1(中之条・伊勢町エリア)」【群馬県】

    中之条ビエンナーレ。あまり聞いたことのない名前だと思いますが、これは僕のふるさと群馬の山奥の小さな町「中之条町」でやっている芸術祭なんです。2007年からはじまって2年に一度行われているので、2017年が6回目の開催だったのですが、僕はまだ

  • 福満虚空蔵尊の満子とか、赤べこ発祥伝説とか【会津柳津町】

    福島県の会津柳津町は、会津一の名刹、福満虚空蔵菩薩圓蔵寺が有名ですが、もうひとつ「赤べこ発祥の地」としても有名です。そこには満子という慈悲にあふれる赤べこのお母さんがいる、ということで早速行ってみましたよ。赤べこ発祥地、会津柳津赤べこ発祥の

  • 夢幻のような「霧幻峡の渡し」【福島県三島町/金山町】

    🄫星賢孝奥会津の郷土写真家、星賢孝さんの撮った只見川第1橋梁の写真に魅せられて、只見線の旅に出た2018年の夏、実はもうひとつ気になる場所があったのです。それは同じく星さんが写した何枚かの写真。🄫星賢孝夏の早朝や夕暮れ、只見川に川霧がかかり

  • ぼくと娘がアートに目覚めた日。越後妻有「大地の芸術祭」【新潟県】

    大地の芸術祭―越後妻有アートトリエンナーレは、新潟県越後妻有地域(十日町市、津南町など)で開催される世界最大規模の国際芸術祭といわれ、2000年が第一回目の開催で、以降3年に一度行われています。ちなみに妻有は「つまあり」ではなくて「つまり」

  • トトロの神社とか、「風祭」とか【栃木県・下野星宮神社】

    どこで聞いたか忘れましたが、なんでも栃木県におそろしくB級っぽいトトロの神社があるらしい、という情報を聞いたので、いつか行ってみようと思っていました。調べてみると、この神社ではなんと8月に「風祭」という行事があるらしいのです。「風祭」といえ

  • え、そんなところで歌舞伎やっちゃう?【那須烏山/山あげ祭り】

    栃木県那須烏山市の「山あげ祭り」はユネスコの無形文化遺産にも登録されている貴重な伝統行事。以前青春18きっぷを使ってJR烏山線で終点の烏山まで行き、町をブラブラしてたら偶然それを知り、以来ずっと行ってみたいと思っていました。ある年、夏の高校

  • どうか、みんなの願いが叶いますように。JR九州「流れ星新幹線」

    JR九州は僕の好きな会社です。女の子にならともかく、普段はあんまり人の会社のことを「好き」なんて言ったりしないのに、この会社にだけは言っちゃいます。好きです、と。JR九州にはいつもやられっぱなしです。くやしいくらいやられっぱなし。今まで縁も

  • 高鍋大師のカクカク大仏群がワンダーすぎる【宮崎県・高鍋町】

    いわゆるワンダースポットマニア、特に大仏というか珍仏マニアに絶大な人気を誇る石仏群が宮崎にあるといわれています。それは高鍋町にある通称「高鍋大師」。僕も仙台大観音とか青森のりんご観音とかちょっぴり妖艶な女性の仏様は好きだったりするのですが、

カテゴリー一覧
商用