searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

せんとくんさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
幸せになるための心と体を手に入れる
ブログURL
https://sakurannboekimae.hatenablog.com/
ブログ紹介文
体と頭を鍛えるための アウトプットをしていきます
更新頻度(1年)

3回 / 365日(平均0.1回/週)

ブログ村参加:2020/01/02

本日のランキング(IN)
フォロー

ブログリーダー」を活用して、せんとくんさんをフォローしませんか?

ハンドル名
せんとくんさん
ブログタイトル
幸せになるための心と体を手に入れる
更新頻度
3回 / 365日(平均0.1回/週)
フォロー
幸せになるための心と体を手に入れる

せんとくんさんの新着記事

1件〜30件

  • 【事業戦略】四章その5 その他の事業戦略 

    ポイント ・国際化する事業と国内で行う事業はどのように切り分ければいいのか ・戦略的提携やM&Aはどのような目的により行われるか 事業拡大の方向性 企業が事業拡大をする場合 基本的に2つの軸で拡大を図ると 考えることができるアンゾフの事業拡大マトリックスは 水平軸に新製品の展開 垂直軸に新市場の展開をとり 企業が成長のために 成長できる方向性を示す事業拡大における戦略 1製品開発戦略 2市場開発戦略 3多角化戦略 事業拡大・多角化における相乗効果 事業拡大・多角化は不確実性や リスクの高い戦略なので 新しい事業分野への展開を図る場合は こうした相乗効果を十分勘案して リスク軽減を考慮することが…

  • 【事業戦略】四章その4 基本戦略3 集中戦略 

    ポイント ・コスト集中と、差別化集中とはそれぞれどのような施策か ・集中戦略の進め方、リスク、注意点はなにか 集中戦略の基本的な考え方 集中戦略は特定の顧客層、製品の種類、 特定の地域市場など、限られた領域へ 企業の経営資源を集中する戦略コスト・リーダーシップ戦略と 差別化戦略に分類する際の視点独特な製品やサービスを提供すると コスト高になる場合 ➡コストへの集中を検討業界全体に広く製品や サービスを提供している場合 ➡差別化への集中を検討 しゅうちゅうにより優位性を築き持続させるための施策 業界の細分化 現在生産している、もしくは将来生産する 製品の種別、顧客のタイプ、 顧客の立地、流通チャ…

  • 【事業戦略】四章その3 基本戦略2 差別化戦略 

    ポイント ・差別化の要因にはどのようなものがあるか ・差別化戦略の進め方、リスク、注意点はなにか 差別化戦略の基本的な考え方 差別化戦略とは、顧客の重要視する要素において 特異性を築き業界のなかでユニークと広く認められる 価値や、競合他社よりも高い付加価値を提供することにより 自社の製品・サービスあるいは 機能を差別化し、高い価格を実現しようとする戦略である顧客のコスト低減に貢献するか 顧客の業績や業務効率向上に 役立つ付加価値を提供することが ポイントとなる差別化戦略においても コストを無視しても良いわけではない 差別化に影響のない分野すべてにおいて コスト低減努力をして 競合他社とくらべて…

  • 【事業戦略】四章その2 基本戦略1コストリーダーシップ戦略 

    ポイント ・3つの基本戦略とはどのようなものか ・コスト・リーダーシップ戦略の進め方・リスク・注意点はどんなものか 3つの基本戦略 戦略の目指すところは 競争優位性の確立とその持続だ ポーター博士は競争優位を築く戦略として コストリーダーシップ戦略 差別化戦略 集中戦略 この3つの基本戦略を上げている究極的には 業界内における 自社の相対的コスト地位、 差別化の程度、 戦う戦略ターゲットの範囲が 鍵となる基本戦略が明確になっていない あるいは一貫性を書いている現状では 企業文化もあいまいとなり 社員の行動規範や士気にも 影響を与えかねない コストリーダーシップ戦略の基本的考え方 企業が事業規模…

  • 【事業戦略】四章その1 3C分析とKSF

    ポイント ・3C分析はどのように行うのか ・セグメントの優先順位づけはなぜ重要なのか 3C分析とKSFの見極め 外部環境分析の中で もっとも重要度が高いのは ・顧客、市場分析 ・競合分析 ・自社分析 これらを統合して3C分析と呼ぶ経営環境分析の基本である5つの力の中でも登場したが その重要性の高さから さらに詳細な分析を することが求められる顧客、市場分析では 市場規模や成長性はもちろん セグメントごとの ニーズや購買行動 KBFあるいは 生産財事業であれば 個々の顧客企業の 詳細な技術料、 意思決定者、 購買サイクルなどを リストアップする競合分析では 具体的な競合企業名を リストアップして…

  • 【事業戦略】三章その2 事業の経済性分析

    ポイント ・規模の経済性とはどのようなものか ・経済効果はコストにどのように影響するのか ・範囲の経済性による事業運営のメリットとは自社や競合企業が どの程度事業経済性を実現しているか また実現可能化を知ることは 事業戦略を策定するうえで非常に重要だ事業経済性の3つの考え方 ・規模の経済性 事業の規模の大きさによって低コストを実現する ・経験効果 累計経験量を増やしコストダウンを図る ・範囲の経済性 事業活動の範囲を広げることによって 資源を有効活用し経済効率を高める 規模の経済性 一般的に企業のコストは 生産量に無関係の固定費と 生産量に比例する変動費に分解できる単位あたりの変動費は 製品の…

  • 【事業戦略】三章その1 価値連鎖(バリューチェーン)

    ポイント ・価値連鎖による分析とはどんなものか ・業務活動分野を決定する際にどのような点に留意すべきか価値連鎖(バリューチェーン)とは 自社の事業活動のどの部分から 競争融資性に結びつく価値が 創出されるかを分析する手法 価値連鎖の考え方 1つの製品が顧客の元に届くまでには 様々な業務活動によって 製品に付加価値がつけられる 主活動の5種類 ①購買物流 ②製造 ③出荷物流 ④販売・マーケティング ⑤サービス 支援活動の4種類 ①全般管理 ②人事・労務管理 ③技術開発 ④調達企業の活動は明確な別個の 昨日分野に区分され 各々が固有の価値を生み出しているが それら全体の編成は 単に独立したブロック…

  • 【事業戦略】二章その4 現代の経営を取り巻く新たなトレンド

    ポイント ・新たなトレンドにはどのようなものがあるか ・それらのトレンドは事業戦略を策定する上でどのような影響をおよぼすのかバブル後の90年代が 失われた10年だったのに対し 21世紀初頭は激動の時代だった 経済のアップダウン 政治行政の迷走 (年金問題や少子高齢化対応の遅れ) なによりインターネットの発達によって 人々の価値観の多様化はますます進んだ企業、特にこれまで 日本の経済を手動してきた大企業は かつて経験したことのない規模の 経営パラダイムの変革を 求めれらている一方で社会が複雑化するにともない まったく新しい事業機会の 創出の可能性もましている 株主休止の経営の進展 株主の重視 サ…

  • 【洗ってみた】ジョーダン14編

    やること:スニーカークリーニング 対象 :ジョーダン14(白×緑)ビフォー 一見きれいですが ところどころに汚れがあります それではやっていきます と言っても今回は少々手荒に お風呂で丸洗い!バスタブにお湯を入れて こいつをぶち込みます 中性洗剤ですからのスニーカーin あとはゴシゴシするのですが あまり力を入れずに やるのがコツです1時間おきに 3回繰り返して 乾かします 以上!アフター あまり変わってない!? 細部まで見てみましょう 黒ずみも割と落ちた印象です 今回はそこまで元の状態が 悪くなかったので 次回以降はもっときたな・・・ 基本は使ったその日に手入れですねsakurannboek…

  • 【事業戦略】二章その3 アドバンテージマトリックス

    ポイント ・アドバンテージマトリックスとはどのような分析手法なのか ・4タイプの事業とはどのようなものか アドバンテージマトリックス 業界の競争要因の数の多さと それらの競争要因の 優位性構築の可能性の大小によって 事業を4タイプに分けて考える手法・分散型事業 ・特化型事業 ・手詰まり型事業 ・規模型事業 以上の4タイプに分かれ それぞれのタイプで 事業の経済性、すなわち売上規模と ROAとの相関関係が異なる 自社の属する業界が どのタイプに位置づけられるかを 認識することによって とるべき戦略の基本的方向性の示唆を 得ることができる 4つのタイプの事業 分散型事業 事実上大企業のいない業界 …

  • 【事業戦略】二章その2 業界構造と5つの力

    ポイント ・外部環境分析を行ううえで業界構造を把握することの意味とは ・外部環境分析を行うための5つのちからとはどのような視点なのか外部環境分析が大事な理由は 業界構造によってその業界の 競争要因が決定するからであるその競争環境が決定する 要因として5つの視点が役立つ5つの力の視点 ・新規参入企業の脅威 ・業界内の競合他社の敵対関係の強さ ・代替商品の脅威 ・売り手の交渉力 ・買い手の交渉力 5つの力分析の意義 規模が大きい業界や 成長性の高い業界が 必ずしも魅力的な業界とは限らない それはこれらの業界は 通常競争が激しく 収益性が低い事が多いからだ5つの力という視点で分析を行うと こうした業…

  • 【事業戦略】二章その1 市場動向と競合企業の分析

    ポイント ・市場動向と競合の分析で押さえておくべき項目とは 市場動向の分析 企業は市場に製品・サービスが 認知されてはじめてキャッシュを 得ることができる よって市場の動向をつかむことは 企業が的確な性hん・サービスを 提供していくために必要不可欠だ市場動向分析に必要な項目 ・市場規模と成長性 ・顧客ニーズと購買動向 ・技術動向 ・法や規制などの改正 ・市場構造 ・経済性 競合企業の分析 どのような業界でも 競合は存在する そして競合との戦いに 勝ち残った企業だけが 収益を得ることができる よって競合企業の 動向を的確に把握することは 非常に重要になる競合企業について把握しておくべきこと ・だ…

  • 【事業戦略】一章その4 PPM

    ポイント ・PPMはdのようなときに用いると有効か ・PPMではどのような軸を設定するといいか ・PPMの留意点とは PPMとは 経営コンサルティング会社の ボストンコンサルティンググループが 70年代に提唱したフレームワーク競争優位性と事業魅力度の それぞれを1つの指標を用いて 単純化し資金を生み出す事業と 投資が必要な事業を区分したうえで 資源半分の最適化を図ろうという考え方対象マーケットシェアと 市場成長率の2軸で構成されるマトリックス上で 「スター」「金のなる木」 「問題児」「負け犬」 以上の4象限に分けて 各象限に個別の事業をプロットしていくPPMのセオリー ・問題児は資金需要は旺盛…

  • 【事業戦略】一章その3 コアコンピタンス

    ポイント ・コアコンピタンスとはどのように育成されるのか コアコンピタンスとは 他社にはない同時の強みのことを コアコンピタンスというまた自社内部で磨き上げられた独自の技術 サービスの蓄積をベースに他社には 提供できない卓越した顧客価値を 創出できる能力と定義できる新しい技術やサービスを生み出し それらを組み合わせて多様な 新しい事業や中核商品を創造し 環境の変化を先取りして 素早く対応できる企業力ともいえるコアコンピタンスのない状態で 競争に勝つのは容易ではない 何が自社のコアコンピタンスなのか見極め 状況によっては新たに獲得しながら それを生かせる事業展開を することが必要だ コアコンピタ…

  • 【事業戦略】一章その2 事業ドメインとCI

    ポイント ・事業ドメインを設定することでの効果とは ・CIの具体的な活動とは 事業ドメイン 企業は事業ドメインの設定により 戦う領域を限定し 組織活動の指針とする事業ドメインをいかに設定するかで 企業活動の方向性は大きく変わってくる 事業ドメインを明確にすることで 次のようなメリットがもたらされる ・経営資源をフォーカスできる ・経営資源を一貫して蓄積できる ・組織全体として戦う方向性を定める事ができる CI(コーポレートアイデンティティ)と企業文化 事業ドメインと合わせて CIの設定によっても 企業活動の方向性は大きく変わってくるCIは企業の存在意義を 問い直すものであるため 事業ドメインの…

  • 【事業戦略】一章その1 基本理念(経営理念・ビジョン)

    ポイント ・基本理念を社内に浸透させるための思索や行動とは ・基本理念は戦略を策定するうえでどのような影響を及ぼすか 基本理念(経営理念・ビジョン) 企業が成長し 長年に渡り反映するためには 根幹となる基本理念が必要不可欠です基本理念のうち 経営理念とは時代の流れや 時を超えた普遍性を普遍性をもつ 揺るぎない価値観および使命であり 多くの場合根本的な人間感や 世界観に根ざす原理原則が その根底に流れている経営理念=①価値観+②使命 ①時を超えた普遍性を持つ 主義や指導原理 ②組織の根本的な存在理由・意義 誰のどのようなニーズに対し どのような価値を提供するかビジョンとは 企業が目指すべき 理想…

  • 【事業戦略】序・2 戦略の策定および展開の基本プロセス

    ポイント ・戦略策定の基本的プロセスとは ・戦略を策定するうえで重要なポイントとは 戦略策定の基本プロセス 経営戦略のキーワード ・持続可能 ・長期 ・大所高所 を満たすためには 外部環境の変化に自社の経営資源を いかに融合させ展開するかが重要だこれは全社戦略、事業戦略 いずれの経営戦略についても当てはまる経営を取り巻く新たなトレンドを 視野にいれつつ、企業内外の 環境を正確に把握することが あらゆる段階で必要だということだ 戦略策定に求められる要素 双方向性な考え方 戦略策定とは行ったり来たりしながら 考えていくものだ 例えば全社戦略と事業戦略は 相互にすり合わせを繰り返して 洗練されていく…

  • 【事業戦略】序・1 戦略の階層と構成要素

    ポイント ・経営戦略にはどのような階層があるのか ・事業戦略の前提になる全社戦略ではどのようなことが決定される必要があるか 戦略とはなにか 持続可能な郵政を築き 長期に渡ってキャッシュを創造するための 大所高所からの経営判断と定義するキーワード ・持続可能 ・長期 ・大所高所個々の戦術や思索を包含する 上位概念でありそれらに対して 方向性を与える経営方針の背骨なのだ 経営戦略の階層 経営戦略にはいくつかの階層がある事業戦略とはある事業に対して 外部環境分析・内部環境分析を 踏まえた上で事業のKSFを見い出し それを実現していくための戦略そうした事業戦略の上位に 位置するのが全社戦略だ 全社とし…

  • マスク等の減菌対策に 今話題の減菌器

    Goopek Burrki Talent Star MIMIVIVA WXYS MANSSO

  • 【マーケティング】 6.3 価値の価格絵の転換

    ポイント ・適切な価格設定とは? ・価格設定する際に注意する点とは?顧客ニーズを把握し、 ソリューションを提供したり、 顧客に対する新たな価値を生み出したとしても それを適切な価格に転換しなければ 企業はそのメリットを十分に享受できないビジネス・マーケティングでは 比較的カスタマーバリューを 顧客の事業経済性に基づいて 定量的に把握しやすいという 特徴があるそのためたんにコスト面だけでなく カスタマーバリューを見極めて 価格を設定することが重要だその鍵は顧客の事業経済性を把握すること安易に単価×工数×(1+マージン)で 売値を決めるのではなく あくまで顧客にとっての 価値を第一に考えることが求…

  • 【マーケティング】 6.2 俯瞰志向とソリューション

    ポイント ・俯瞰志向とソリューションしことはどのようなものか ・ビジネス・マーケティングにはなぜ俯瞰志向が必要なのか ・ビズネス・マーケティングにはなぜソリューション志向が必要なのかビジネス・マーケティングでは 俯瞰志向とソリューション志向が 大きなカギを握ることになる 俯瞰志向 ビジネス・マーケティングでは 個人ではなく組織として 意思決定をするということを 考えると すべtの関係者を俯瞰的に 見ることが求められる バリューチェーンを意識する まず自社と顧客を含む 業界のビズネスの流れを描き その中における相対的な 位置関係を把握することだなおビジネスの流れを見る際には 上流の供給業者や補完…

  • 【マーケティング】 6.1 消費財マーケティングとの差異

    ポイント ・法人と個人ではどのように顧客特性、製品特性が異なるのか ・俯瞰志向、ソリューション志向とはどのようなものか ・法人と個人で価格設定の留意点が異なるのはなぜか一般消費者を顧客とする消費財マーケティングでも 法人組織を顧客とするビジネス・マーケティングでも ベースとなる考え方 市場機会の発見から4Pに至る マーケティングプロセスは共通している 消費財マーケティングとの差異 違いは主に 顧客特性や製品特性にあり それが価格やコミュニケーション、 チャネルといった各要素に 影響を与えている 顧客特性 法人顧客の特徴として 一般消費者に比べて 個人である法人顧客のほうが より複雑な事情を 抱…

  • 【マーケティング】 5.2 CRM導入のポイント

    ポイント ・CRMを展開する上で留意するべきこととは? CRM導入のポイント 製品特性に合わせる まず自社の扱う製品やサービスの 特性を考える必要がある 一般に製品に占める サービス部分が大きくなるほど 企業は顧客との関係維持に より神経を使わなくてはならなくなるサービス関連のビジネスや 顧客との接点が多い 流通業などは まさに顧客維持が 最重要課題となる 組織全体で取り組む CRMのシステム導入自体が 目的とならないように CRM導入の目的を 明らかにして 関係者を巻き込んで現場手動で 進める必要がある顧客のニーズを吸い上げ それを組織全体にフィードバックし 顧客により高い価値を提供する 仕…

  • 【マーケティング】 5.1 なぜいまCRMなのか

    ポイント ・新しいマーケティング方向性が生じているのはなぜかこれまでは以下のような マーケティング・パラダイムを学んできた顧客の属性や地理的要因に基づいて市場をセグメント化し、 そこから自社の相対的強みや魅力度に応じて標的市場を選び それに合わせて製品をポジショニングし、 最適のマーケティング・ミックスを実現する これを適切に行えば最小限のマーケティング努力で 最大限のアウトプットが生み出されるはずだしかしこうした伝統的手法は 転換期を迎えつつあるそれは多くの企業は不確実性の高い 見込み客に対して多大なマーケティング努力を する一方でもっとも効率的にその企業の 利益に貢献するリレーションシップ…

  • 【マーケティング】 4.6 競争戦略

    ポイント ・リーダー企業であることのメリットは? ・リーダー企業がとるべき戦略とは? ・チャレンジャー、フォロワー、ニッチャーがとるべき戦略とは?顧客満足のための マーケティング戦略を 考えていく上で 自社の業界における地位を 考慮することは非常に重要だ競争市場内の相対的経営資源の 量と質により4つに分けられるリーダー(質:高、量:大) チャレンジャー(質:低、量:大) ニッチャー(質:高、量:小) フォロワー(質:低、量:小) リーダー企業の戦略 リーダー企業であることのメリット リーダー企業は通常 市場においてもっとも 大きなシェアをもっていて 同時にもっとも協力な 流通経路を有し しばし…

  • 【マーケティング】 4.5 流通戦略

    ポイント ・流通チャネルを構築するステップとは ・流通チャネルを構築する際、影響を与える要因とは流通業者の存在する 経済的なメリットとは なんでしょう それは取引全体が 合理化されるということです 潜在顧客数が増え 不特定多数の買い手を相手に 取引を行わなくてはならない場合 その経済効果は莫大になります 流通チャネルの機能 製品の生産者と青州顧客との 間を結ぶのが流通業者です 製品が倉庫から顧客に至るまでの 物理的流通のパイプライン、 および市場の現場と企業をつなぐ 情報伝達経路として 中心的な働きをしています流通チャネルは その大部分が基本的に 外部資源である点で 他のマーケティング・ミック…

  • 【マーケティング】 4.4 コミュニケーション戦略

    ポイント ・顧客とコミュニケーションをとるための手段の種類 ・コミュニケーション戦略を立案するステップとは ・広告戦略の手段にはどのようなものがあるか ・顧客に購買を促す戦略にはどのようなものがあるか コミュニケーションミックスを考える どんなに良い製品を開発し 適切な価格を設定しても その製品の情報を 効率的・効果的に 顧客とコミュニケーションできなければ 製品は売れず、顧客満足も 絵に描いた餅になってしまう顧客に対するコミュニケーションと その特性を理解し、 適切なコミュニケーション・ミックスを 考えることは非常に重要だ顧客に対する コミュニケーションは 次の5つに大別できる・広告 ・販売…

  • 【マーケティング】 4.3 価格戦略

    ポイント ・価格設定可能帯の下限と上限は? ・価格設定に影響を与える要因は? ・価格設定の手法の種類とは? 価格の上限と下限を規定する要因 価格設定は顧客満足度や 企業の業績に直接影響する 価格設定の下限:製造コスト 価格設定可能帯の下限は製造コストだ 特別な場合を除いて 製造コスト以下の価格を 長期間維持し続けることはできないただコストを算出することは それほど簡単ではない コストの定義づけをどうするのか それ自体が戦略的な意味合いを持つからだときに製造原価よりも 低い価格設定をする場合もある ・客寄せとして使う場合 ・生産量を増やして単位コストを低減し 後に売る上げを上げる場合 ・その製品…

  • 【マーケティング】 4.2 ブランド戦略

    ポイント ・ブランドとマーケティングの関係とは ・自社のブランドの強化・育成はどのように行うべきか 顧客満足を生み出すブランド戦略 ブランドとは 各々の企業、製品グループ、 あるいは特定の製品の 商取引上の固有名詞を指す ブランドの機能 顧客は製品のすべてを 完全に理解することが不可能な場合 「製品」≒「提供する企業」と認知する製品そのものに 大きな差がない場合や 製品の差を認識させるために 多くの手間を かけなければならない製品では ブランドはさらに大きな武器となる ブランド育成の条件 ブランドを早期に確率することは 後続メーカーの参入障壁を高くする特に特許の保護が難しい製品の場合 このポイ…

  • 【マーケティング】 4.1 製品戦略

    4.1 製品戦略 ポイント ・製品の3つの階層構造の内容とは ・製品ライフサイクルの4段階のそれぞれの特長 ・新製品が開発されるステップとははじめに 製品はとのような概念のもとに 成り立つものかを確認する 製品とは 企業活動においては 製品こそが価値を生み出す 製品の階層構造 顧客が求めるのは 様々なベネフィットを 一括して手に 入れられるような製品だよって製品という概念を 広義に捉えることが求められる3つの系層構造 ①製品のコア(核) 顧客の本質的なニーズを満たす 機能そのもの②製品の形態 コアに付随する製品特性 スタイル、品質、 ブランド、パッケージなど③製品の付随機能 アフターサービスや…

カテゴリー一覧
商用