searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

小沢美佳さんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
メイクオフ日記 パート2 
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/wa-tika-ro
ブログ紹介文
市原市議会議員 小沢みかのプライベート日記です。日々の活動・出会い・想いを、素顔になってつづります。
更新頻度(1年)

146回 / 345日(平均3.0回/週)

ブログ村参加:2019/12/26

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、小沢美佳さんの読者になりませんか?

ハンドル名
小沢美佳さん
ブログタイトル
メイクオフ日記 パート2 
更新頻度
146回 / 345日(平均3.0回/週)
読者になる
メイクオフ日記 パート2 

小沢美佳さんの新着記事

1件〜30件

  • 12月スタート!

    いよいよ2020年も残り一ヶ月。今年は大げさでなく人類にとって本当に特別な一年になりましたね。さて、市原市の定例議会が開会しました。初日の今日は午前中に日程を終えて、午後からは議員有志による勉強会。帝京大学ちば総合医療センター・救命救急センター長の森脇先生から、救急医療の現状などをお聞きしました。世間では連日「コロナで医療崩壊」という話題で持ちきりですが、市内は幸い今のところひっ迫している状況ではないようで、その点は安堵しました。(もちろん状況がいつどう転ぶかは分かりませんが・・・)そもそもコロナ以前から救急医療の現場は医師不足(なり手がいない)の中で常に過酷で綱渡りの状態。だからコロナのような新たな負荷が少しでもかかると、あっという間に崩壊してしまうのでしょうね。大変お忙しい中お時間を割いて講義してくださった...12月スタート!

  • 議会質問ヒアリング

    今日行われた、森山さんの議会質問の事前ヒアリング。職員はこれを基に答弁を作ります。毎回こんな感じでやり取りしています。私は一番後ろで聞いていてやり取りをチェックしながら、たまに口をはさんで嫌がられたり(笑)します。珍しい森山さんの真面目ショット!明日はもう12月ですね。定例議会もいよいよ開会です。議会質問ヒアリング

  • 自分たちが住むまち、どこに何があったっけ?

    今日は、辰巳台地区のまちづくり協議会を中心とした有志によるワークショップ、その名も「辰巳未来プロジェクト」に押しかけ参加させていただきました。いつまでも住み続けたいと思えるような地域を目指して、まずは自分たちの地域を知ることから始めよう!ということで、グループに分かれて白地図を囲み、小売業、飲食店、クリニック、学習塾など、皆で思い出しながら業種ごとにプロットしていきます。飲み屋が意外と多いけど、お洒落なカフェやレストランはほとんどないね、とか、労災病院や辰巳病院があって、歯医者さんも多い。医療はバッチリ安心だね!・・・と思いきや、子育て世代から「小児科が全然ないので困っています」との一言に、一同気付きを得たり。他にも、朝夕の通勤時間の渋滞が大変とか、ちはら台や国分寺台を巡回するバスがあると良いねとか、団地の中心...自分たちが住むまち、どこに何があったっけ?

  • 議会質問予定のお知らせ

    今回の代表質問は森山さんで、12月8日(水)10時から登壇予定です。私は個別質問。16日(水)の13時からと予想していますが、前の登壇者の質問時間によってはズレてしまうかもしれません。因みに、「代表質問」は、文字通り会派を代表しての質問。2名以上の会派から一人ずつ登壇します。比較的大きなテーマを扱うことが良しとされていて、市長に対する質問も多くなります。それに比べて「個別質問」は、議員個人が言いたいことを言えるという感じで、登壇するかしないかは議員一人一人の自由です。大きな問題でも細かな問題でも何でもどうぞ、という感じ。主に部長が答弁します。さて私は今回、交通問題に絞りました!1生活交通の確保策の推進について⑴バス路線の再編・強化について⑵地域主体の公共交通システムについて⑶高齢者等の外出支援について⑷将来のビ...議会質問予定のお知らせ

  • 12月議会へ

    昨日、事務所に(私も存じ上げない)市民の方から「通信を読んで、ちょっと言いたくて」と電話があって。(こういうことは、さほど珍しくありません)市庁舎の建て替えや再生可能エネルギーの活用などについて、色々とご意見ご感想をいただきました。お話しているうちに、「知らないことばかりだったよ。我々市民も、もっと市政や議会に関心を持たなくちゃねー。議会に傍聴に行ってみようかな」とおっしゃったので、「もうぜひぜひ!(私や森山さんの登壇に来て!ではなく)興味のあるテーマがあれば、足を運んでいただけたら嬉しいです」とお伝えしました。コロナ禍の中ではありますが、市原市議会は十分感染対策を行いながら通常通り開かれますし、もちろん傍聴も妨げません。議会の大まかなスケジュールは市HPでご確認くださいね。令和2年第4回定例会会期日程案一方、...12月議会へ

  • 児童虐待を防ぎ、子育てしやすい市原をめざして

    連休初日、今日も妙に暖かい日でしたね。午後は待ち遠しかったシンポジウムを聴くために、夢ホールへ。テーマは『市民(わたしたち)の力で命を守る~児童虐待を防ぎ、子育てしやすい市原をめざして~』。主催は、市内のNPO団体の中間支援を行う「(特)いちはら市民活動協議会」です。コロナ禍での開催で参加者は40人までという制限がありましたが、市職員や民生委員、子ども食堂など子育て支援の関係者、マスコミ、そして市議や県議の姿も複数見られ、用意された席はほぼ埋まっていました。考えてみれば、こういうテーマでのシンポジウムは、私の記憶では市内で初めてではないかしら?市内で起きた乳児衰弱死事件の波紋が、市民レベルで大きなうねりになりつつあることを感じました。登壇されたのは、市内で自立援助ホームを運営する「(特)光と風と夢」代表の小倉淳...児童虐待を防ぎ、子育てしやすい市原をめざして

  • 議会質問準備へ!

    12月議会もだんだん近づいてきました。明日は議会に対し市から様々な議案や計画などが提出されます。一般質問の通告締め切りは1週間後。私も原稿作成に集中しなければ・・・。テーマはおおよそ絞ったので、先日は関係する住民の方々に取材して、色々とご意見を伺いました。どんな大先生の講演会よりもセミナーよりも書籍よりも、質問作成の参考になるのが市民や当事者の生の声とデータ。参考になるだけではなくて、発言に力を与えてくれるものです。今一番のお気に入りの寄せ植え。ちょっと秋色っぽくまとめてみました。議会質問準備へ!

  • 市原市民も必見!「トランヴェール」

    新しい市議会リポート(市民ネット通信)、もうお手元に届いた方もいらっしゃるでしょうか?いま一軒一軒ポスティングをしているところですが、同時に市役所内を回り各部署でも回覧してもらえるよう数枚ずつ手渡しているんですよ。ところでこの間、教育委員会のふるさと文化課に通信を手渡した際、職員に呼び止められ、こんな雑誌を紹介されました。「トランヴェール11月号」ピン!と来た方も多いでしょう。JR東日本が発行していて、新幹線の座席のポケットに挟んである、アノ雑誌ですよね。これが凄いことになってたんです!なんと、「更級日記をめぐる上総の旅」という特集で、市原市が丸ごとど~んと14ページも!いきなり上総国分尼寺跡の回廊の迫力の写真から・・更級日記は『やんごとなきレディーに依頼されて書いた自叙伝だった』。こんな表現もさすがプロのライ...市原市民も必見!「トランヴェール」

  • 新しい複合施設を作るために

    八幡公民館で開催された「八幡宿駅西口の新しい複合施設を考える地域懇談会」”複合施設”とは、駅西口にある公民館・支所・認定こども園・教育会館など計7施設の老朽化に伴い、それらを合わせて新しく現在の八幡運動公園の敷地に建設するというものです。今回のワークショップのテーマは、複合施設のレイアウトや建物以外の空間の活用方法について。コロナ禍で募集定員は30名と制限されましたが、残念なことに、参加者はそのまた半分ほど。地元の関心が薄れているのか、諦めなのか、もう行政に任せたという事なのか・・・また、参加者からは、そもそも建設予定地について、東口という意見もあったのになぜ西口に決まったのかや、水害に対する懸念など、説明を求める声が次々と上がりました。これらは私も議会で質問してきたことですが・・・。やはり、市原地区の住民の皆...新しい複合施設を作るために

  • 柏でカシワニクルに乗ってみた。

    事務所の仲間と一緒に、柏市の交通政策について現地視察に行ってきました。まずは柏市役所の第2分庁舎へ。柏市の庁舎は、何カ所かに分散されているんですね。ここ第2分庁舎は、土木や都市関係の部署が入っています。シンプル・簡素で非常によろしい。土木部交通政策課の職員の方々が、わかりやすい資料で丁寧に説明してくださいました。柏市では、路線バスが少ない南部や東部地域で、定時定路線型のジャンボタクシーと、予約型相乗りタクシー「カシワニクル」が運行されています。その後、実際に乗ってみることに。今回の視察には、柏市議会の林さえこ議員と鈴木清丞議員がずっと案内してくださいました。鈴木議員はタクシー会社にお勤めだったこともあり、交通事業者の内情もよくご存じです。ジャンボタクシーの運賃は200円(小学生や障害者は半額)。主に市南部を走っ...柏でカシワニクルに乗ってみた。

  • 資源ゴミの布類の行方は・・・?

    市民の方から日々寄せられる、市へのご意見、質問、ご要望。何気ない会話から聞き取ったり、電話やメールでいただいたり、事務所に訪ねてこられるなどパターンは様々ですが、そのたびに役所の担当部署に出向いて、職員から聞き取るところから調査をスタート。窓口でのやり取りで済むことも多いのですが、中にはそこから議会質問につながることも往々にしてあります。議員の土台ともいえる活動ですね。今日は、生活道路の拡張工事について、放置空き地に繁茂した雑草への対処について、それから資源ゴミのリサイクルについて。「資源ゴミの回収で『布類は紐で縛って出す』とあるけれど、袋とかで包まなくていいの?汚れたり濡れたりしたら、再利用できないんじゃないの?」というお声や、「そもそも、布類はどんな風にリサイクルされているの?」という質問を受けたので・・・...資源ゴミの布類の行方は・・・?

  • 新しい形の議会報告

    木更津の田中のりこ市議は私と同期ですが、活動に対する姿勢には学ぶところが多く、いつも刺激を受けています。これは、SNSで紹介されていたので即ゲットしたもの。「傍聴席からみた令和元年度決算審査~コロナ禍での新しい形の議会報告」木更津市の決算審査特別委員会は、24名の市議の中から9名が委員に選ばれ審査しました。彼女は今回委員ではなかったのですが、(コロナのため)モニター画面で傍聴し、そこで明らかになったことや更に深掘りして調べたことなどをA5版46ページにまとめて発行したのです。これなら職員も見たいんじゃないかな。データを表やグラフにまとめるのは、彼女の趣味(?)と言ってもいいかもしれません(笑)。今回の資料にもふんだんに使われていて、とても分かりやすい。自分では理解したつもりだったことも、他人にかみ砕いて伝えるた...新しい形の議会報告

  • 受動喫煙防止指導員、巡回中!

    出来立てホヤホヤの市議会リポートを手に、さっそく朝の駅頭へ。八幡宿駅のデッキから東口を望む8時ごろになって、とっても目立つ黄色のジャンバー姿の方が二人現れました。すぐにわかりました。受動喫煙を防止するための指導員さんの巡回です!今年4月1日に受動喫煙防止条例が施行されて、市内のJR3駅の周囲の路上等での喫煙が禁止となったのは、皆さんもご存知ですよね。「後ろ姿なら・・・」と撮影に応じてくださいました。指導員さんにお聞きしたところ、各駅で毎回4、5名は声をかけているとのこと。中には、指導員さんの姿を見て、慌てて喫煙をやめて逃げる人もいるそうです。一目でわかる派手なジャンパーの効果、バッチリですね~10月から、指導に従わなかった場合に2000円が科されていますが、さらに来年4月からは、喫煙しただけで即2000円と、段...受動喫煙防止指導員、巡回中!

  • 時代に合わせて、しなやかに。

    議会リポート(市民ネットワーク通信)120号が出来上がりました。事務所に積み上げられた通信をスタッフやボランティアさんたちが仕分け、私や森山さんも黙々と折り作業。1面は再生可能エネルギーについて。その他は防災、女性職員の登用、庁舎の建て替え、9月補正予算、乳児衰弱死事件など。お手元に届いたら、ぜひ眺めてみてくださいね!個人的なおススメ記事は「編集後記」です。市民ネットワークはなんと今年で30歳!!ということで、誕生当時から活動を担ってきた山本友子さんが、これまでの歩みを振り返って綴ったものです。環境問題に関心のある生協の主婦仲間から、自分たちの声を行政に届けるために議員を出したのが市民ネットのスタート。これまでに私たちを含め7名の女性議員が誕生しました。当時と比べ、女性の意識も、女性を取り巻く社会も、女性の生き...時代に合わせて、しなやかに。

  • 職場に関する悩みは「ユニオン市原」へ

    今日は、”個人でも加入できる労働組合”「ユニオン市原」の定期総会へ。多い時で月200時間を超える残業を強いられ、残業代も払われず体を壊してしまった方や、入社して1ヶ月で突然解雇通知を渡された方など・・・。寄せられた数々の労働相談に、一つひとつ丁寧に寄り添い、団体交渉を行うなど解決への手助けを行ってきました。日本の労働者のうち、労働組合に加入しているのは17%以下。5人のうち1人にも満たないそうです。中小企業に限ると1%以下です。ユニオンは、このように組合がない中小企業の労働者や、企業組合に入ることができない労働者のための労働組合です。非正規が増え、コロナ禍で労働環境は一層厳しさを増しています。今後も労働者の駆け込み寺として、ユニオンの活動の重要性はますます高まることでしょう。職場で悩んでいることがあったら、まず...職場に関する悩みは「ユニオン市原」へ

  • 感激!グリスロ初体験。

    今日は、千葉市で期間限定で走っている「グリーンスローモビリティ(グリスロ)」の調査をしてきました。※「グリーンスローモビリティ」とは・・・電動で時速20km未満で公道を走る、4人乗り以上の小型の乗り物。CO₂排出量が少なく、高齢者も運転しやすく、コンパクトなので狭い道もスイスイ。例えば、自宅からスーパーまでのちょこっと運送など地域住民の足替わりに、または観光客の周遊用に、など様々な活用が期待される、次世代のモビリティスタイル。今年、国交省が募集した実証調査モデルに採択された千葉市。加曾利貝塚がある桜木町内を1時間で循環するルートで運航しています。市原市から、JRと千葉都市モノレールでまずは桜木駅へ向かいました。千葉都市モノレール「マリーンズ号」のラッピングがカッコイイ!駅を降りてすぐの仮置きのバス停で待つこと1...感激!グリスロ初体験。

  • 災害を乗り越えての防災訓練

    今日は市内各地で一斉に総合防災訓練が行われました。今年は姉崎東中学校が中央会場。その他、地区会場が9カ所です。例年、中央会場の方に来賓として参加させていただいていているのですが、今年はコロナにより来賓招待は取りやめ、市職員や町会・自主防災組織の方々など必要最少人数で敢行するとのこと。そこで私は、地区会場のうち菊間小学校を覗かせてもらう事にしました。非常用発電機を投光器につなげる停電対応訓練燃料のガソリンの備蓄が課題か・・・?この蛇口は防災用の井戸ポンプですが、手動ではなく電動。(ちょっとビックリ)停電時は発電機に繋がなければなりません。昨年の房総半島台風による長期停電の経験を踏まえ、市が3台購入した電気自動車が初お目見え!ポータブル発電機に繋いで扇風機を回すというデモンストレーション。マックス1500W。一度に...災害を乗り越えての防災訓練

  • もったいない、もったいない。

    行ってきました!梨ノ木公園で開催されたイベント「いちはらシネマ」へ。風が少し冷たかったけれど、秋晴れの気持ち良い一日でした。「いちはら里山カフェ」さんのカボチャスープ、濃厚で絶品でした!今度お店にも行ってみよう。おや?背後に怪しげな人影が・・・。五井会館で上映された映画「もったいないキッチン」を鑑賞。「オーストラリア人の映画監督が、日本中を旅しながら捨てられる食材を美味しい料理に変身させていくドキュメンタリー」と先日のブログで紹介しましたが、料理よりもむしろ日本の各地で出会った人々の生きざまを味わうというストーリー。毎日の食事を丁寧に調理するとか、命の恵みに感謝しながら頂くとか、そんなちょっとした心がけもフードロスを無くすことにつながるのですね。五井会館、こうしてみると重厚でなかなか味わいがあります。紅葉に彩ら...もったいない、もったいない。

  • 医療的ケア児に、また扉が開いた!

    個人的にも、すご~く嬉しい!来年度から、医療的ケア児(日常生活で痰の吸引や経管栄養などが必要な児童)が、市原市立認定こども園に通うことができるようになりました!姉崎認定こども園と辰巳台認定こども園の2カ所限定ですが・・・それでもすごく大きな一歩です。先行してこの春、市内で初めて私立幼稚園に入園することができたお子さんのことは、以前ブログでご紹介しましたね。『一人の男の子に会いに。』きっかけは、この男の子でした。市立は認定こども園も保育園もすべて入園NGで、ようやく見つかった受け入れ先は、私立。でも、本来であれば逆でしょう。どんな子どもにも幼児教育や保育の機会を与えるのは、公立の務めであるはず。この現状を変えるべく、想いを同じくした女性議員の会「こすもす倶楽部」6名で、市長に直訴するなど行政に働きかけてきましたが...医療的ケア児に、また扉が開いた!

  • パークシネマでフードロスについて考えよう

    昨日傍聴した「いちはら未来会議」の会場で、さりげなく展示されていたものが、こちら。図柄入りの市原ナンバー、だいぶ増えてきましたね~さて注目してほしいのは、真ん中のチラシ。五井駅西口の梨の木公園でのシネマの上映。『もったいないキッチン』は、日本の「もったいない」精神に魅せられたオーストラリア人の映画監督が日本中を旅しながら、捨てられる食材を美味しい料理に変身させていくというドキュメンタリー。上映と同時に、市内のお店による「いちはらグルメワゴン」や、農家や地域団体が出店する「もったいないマーケット」など、映画の世界観がその場で体感できるという仕掛けそうです!楽しみながらフードロスについて考えさせられるイベントになりそうですね。申し込みはこちらです「いちはらシネマ」それからこちらは、東京電力パワーグリッド株式会社千葉...パークシネマでフードロスについて考えよう

  • またまた高校生にやられた!「いちはら未来会議」

    写真は、本日(日曜日)お昼ごろ、庁舎1階入り口ロビーを、階段の上から撮影した様子。かなりの混雑ぶり!第2・第4日曜日はマイナンバーカードの交付窓口が開かれているので、こんな感じになっています。さて、私が庁舎を訪れた理由は、マイナンバーカードではなく・・・4階会議室で開催されていた「いちはら未来会議」。無作為で選ばれた市民が、市の総合計画や取り組みについて検証を行うというものです。この日のワークショップは、冒頭で小出市長から説明を聞いた後、市長に聞きたいことや伝えたいことをグループごとにまとめ、最後に市長と直にやり取りを行うという流れです。進行もファシリテーターも、委託ではなく全て市の職員。職員は、対話がスムーズに進むようリードしつつ、委員(市民)からの質問にも答え、意見をまとめていきます。市長は、一つひとつとて...またまた高校生にやられた!「いちはら未来会議」

  • 秋の寄せ植え

    ようやく時間が空いた!まずまずのガーデニング日和!土いじりしたくてウズウズしていたので、寄せ植えを二つ作ってみました。カルーナとネメシアの赤をメインにハッピーベリーの桃色の可愛さに惹かれた~他に球根も植えたいし、種まきもしたいし、庭の整備もしたい。早くしないと、あっという間に冬がやってくる・・・。秋の寄せ植え

  • 一票が一石を投じた!

    9月16日に行われた「首相指名選挙」で、無所属の寺田静議員(秋田)が、45歳で同い年の国民民主党・伊藤孝恵議員(愛知)に1票を投じたことが話題になっています。寺田議員は「同年代の女性として、問題意識や目指す社会像が近い。ぜひ総理になってほしいと思い投票した」と語ったそうです。菅総裁でもなく枝野代表でもなく、「女性が意思決定の場に増えれば日本は変わる」という信念のもとで投じられた1票に、議場はどよめき野次が飛び交ったといいます。この話題、投票した相手方が若い女性だったため、どちらかというとジェンダーのくくりで賛否が論じられているようですが、私が共感した部分はそこよりもむしろ、寺田議員がしがらみなく「真っさらな心で」1票を投じたという行動そのものにあります。いくら無所属とはいえ、大勢に従わなければ今後の立場に少なか...一票が一石を投じた!

  • 認知症の関係者の声を聴いて

    写真は、コルチカム「ウォーターリリー」。コルチカムは、こうして転がしておくだけで花が咲くんですよ。「空気栽培」っていいます。私は100円ショップの小さい木箱に入れてみました。水耕栽培よりも更にお手軽ですね。毎日眺めるのが楽しみです♬さて昨日は、認知症のご本人やご家族、その他介護専門職などの方々のために、辰巳公民館で月に一度開かれる相談会にお邪魔しました。主宰されているのは大阪工業大学情報科学部客員教授の安田清先生です。言語聴覚士として千葉労災病院の物忘れ外来も担当されていました。この日集まっていたのは30名ぐらいで、二つのグループに分かれ、近況や困っている事などを座談会形式で自由に出し合っていました。先生はもちろん参加者同士の互いの経験からのアドバイスもあって、それがとても和やかでいい雰囲気なんですね。この座談...認知症の関係者の声を聴いて

  • コロナの影響が、学校給食にも。

    このところ、学校給食について複数の方から「量が少ない」「品数が少ない」という声を伺うことが何度か続きました。自分の子どもが学校に行っていないと、こういうことには気付きにくいものです。とりあえず献立表を何カ月分か遡って調べてみました。すると、6月の献立表にこんなお知らせが・・・【当面は新型コロナ感染症対策のための献立を提供します】*給食費に関するお知らせ*配膳時の感染リスクを低減するため、配膳品目を変更しますが、栄養価を満たすため食材を工夫し、使用しますので、給食費の変更はありません知りませんでした。コロナの影響が、学校生活のこんなところにも及んでいたのですね!品数を減らした分スープなどを具沢山にして、カロリーや栄養価は変わらないということですが・・・そうすると、見た目に少なく感じるだけなのか?この辺は感じ方の個...コロナの影響が、学校給食にも。

  • 新しい時代の庁舎は、足し算より引き算で?

    10月13日付のブログで第1庁舎について書きましたが、第1庁舎は2年前に竣工したばかりの出来立てほやほやの建物。市原市の本庁舎はもう一棟、10階建ての古い庁舎(第2庁舎)もあります。こちらは1972年竣工で約48年が経過しているため、市は現敷地内に新しく建て替える方針を決め、整備基本計画を検討中です。先日「新たな時代に必要な庁舎の機能」について、無作為で選ばれた市民約30名によるワークショップが開かれました。市が説明した将来の庁舎像は、大きく3点。1.災害時でも行政機能を発揮できる2.人口減少や社会経済情勢の変化に柔軟に対応できる3.利用者に開かれた魅力的な場所である職員は、冒頭で庁舎の現状や検討の経緯を説明し、後は見守り役。ワークショップの進行や各テーブルのファシリテーターは委託先の第3者で、千葉大学の教授や...新しい時代の庁舎は、足し算より引き算で?

  • 再生可能エネルギーウォッチングの続きです

    市庁舎の次に、他の公共施設の再生可能エネルギー設備も見てみようと、少し足を延ばしました。ご存知、上総更科公園。公園センターに再生可能エネルギー設備がちゃんとあって、施設内にわかりやすく説明が掲示されています。ここには、太陽光発電に加えてなんと地中熱換気システムや太陽光照明システムもあるのです。「地中熱換気システム」は、年間通じて温度が安定している地中熱を利用して、外気を地中熱パイプに通すことで夏は涼しく冬は暖かくなるというシステム。「太陽光照明システム」は、ドームの局面反射板で太陽光を効率よくキャッチして室内を明るくするという照明装置です。入口のオープンスペースにあります。おまけに、雨水を地下の貯水槽にためてトイレ洗浄水に使用しているのです。なかなか凄いんですよ。でも、これだけの再生可能エネルギーモデルの数々、...再生可能エネルギーウォッチングの続きです

  • 第1庁舎をウオッチング!

    9月の定例議会の一般質問で、市内の公共施設に導入されている再生可能エネルギーについて取り上げました。第1庁舎をはじめコミュニティセンターや学校など計13カ所に設置されているのですが、停電時に自立して電力を賄えるシステムは1カ所もない・・・。そんなアホな!というお話です。(詳しくは、こちらですブログ「再生可能エネルギーの活用について(一般質問より)」)今日、事務所スタッフとの次回の通信の打ち合わせで「実際にどうなっているのか見てみたいね」という話になり、思い立ったが吉日とばかりに「再生可能エネルギーウォッチング」と相成りました。まずはやっぱり第1庁舎の太陽光発電。急なお願いにもかかわらず、担当の職員の方がとても手寧に案内してくださいました。1階ロビーのトイレ脇に、こんなパネルがあったなんて・・・。これ、どのくらい...第1庁舎をウオッチング!

  • 副市長との面談にて

    写真は、秘書課のカウンターに飾られていたお花。ススキや菊や紫式部の実に、秋を感じます。今日は、市内で主に児童福祉事業に携わるNPO法人の代表の方を、清宮副市長や子ども未来部の職員の皆さんにお引き合わせして、懇談の場に立ち会いました。副市長は現在、先の乳児虐待死事件を受け設置された「要保護児童保護施策推進本部」の陣頭指揮を執っておられます。10/7付のブログでお知らせしたように、専門家による審議会が検証を行ってはいますが、すでにできるところから改革を進めているところです。こんな時期だからこそ、ぜひとも児童虐待の現場を熟知し支援を実践している方々の生の声を届けたい!そう思ったのです。虐待を受けた子どもたちは社会的な経験が極端に乏しい。10代後半の年齢の子が、ポストを知らない。手紙一つ投函できない・・・。そんなエピソ...副市長との面談にて

  • 「Public Community」居心地の良い公共空間

    自分では、起きてしまったことをいつまでもウジウジと考えないタイプだと思っているのですが、数日前、思わず言い放ってしまった言葉が相手を傷つけているのではないかと、けっこう尾を引いています。そんな折、フリーエディターの松本千登世さんのエッセイが目に留まりました。仕事で訪れたパリのブティックで、美しくディスプレイされた小物の横にあった小さなプレート。こう綴られていたそうです。「Touchbyyoureyes」「触れないで」ではなく「目で触れてね」。表現の豊かさに、心が柔らかくなるのを感じたそうです。言葉の選び方ひとつで、相手を傷つけることもあれば心を温めることもできる。放った言葉は自分にも返ってくる。自分もまだまだ修行が足りません。。さて、今日は辰巳地区の会議に参加しました。辰巳台の団地のど真ん中に広がる塩漬けの市有...「PublicCommunity」居心地の良い公共空間

カテゴリー一覧
商用