searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール PROFILE

umさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
恋と病理
ブログURL
https://koibyo.com/
ブログ紹介文
実体験からメンタルヘルスに関する知識、解説をするサイトです。引用元は明記しますが統計やエビデンスのない個人的な見解も多くありますので注意して閲覧してください。
更新頻度(1年)

21回 / 63日(平均2.3回/週)

ブログ村参加:2019/12/24

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、umさんの読者になりませんか?

ハンドル名
umさん
ブログタイトル
恋と病理
更新頻度
21回 / 63日(平均2.3回/週)
読者になる
恋と病理

umさんの新着記事

1件〜30件

  • 【出品しないと気が済まない】フリマアプリ依存について考える

    昨今メルカリをはじめとしたフリマアプリ依存という言葉が聞かれるようになりました。出品した商品にいいねがついて購入されることで承認欲求が満たされ次第に出品しなければ気が済まない依存状態になる人が少なくないようです。精神的に不安定になったり、家族のトラブルの元にもなりかねないフリマアプリ依存を少し考えてみたいと思いました。

  • 杞憂を実現させないために

    ネガティブな考えが強いせいで『杞憂』が実現してしまうことってよくあると思いませんか?杞憂を実現させないためにファクトフルネスの考えを少し取り入れて事実をそのまましっかり自分の考えに反映させることが思い込みでネガティブに流されないために重要なことだと思います。

  • 自分の感情に鈍感にならないこと

    ストレスがかかるような場にいたとき、自分の感情に対してどれだけ敏感になれるよう努めていますか? もし自分が悲しいのか怒っているのかもよく分からない状況ならまずはその場から離れてみることをおすすめします。自分の感情に鈍感になりすぎると気づいたころにはストレスを抱えきれなくなっていることも多いからです。

  • 【処分できなかった】物への執着を問う

    病んでいるとき、不安定なとき、それは物への執着心も高まっている時期だと思います。物へ執着するのは何も物自体ではなくその物に込められたエピソードにも強い思い出があるからいつまでも手放せないのだと思います。何もミニマリストになれとは言いませんが、もし辛い思い出がその物にあるのなら全て処分するのが最善だと思うのです。

  • 2月11日(火)NHK総合『病院ラジオ 依存症病院編』

    2月11日(火)NHK総合でのサンドウィッチマン出演『病院ラジオ』第4弾の放送がされました。今回は依存症病院編ということで神奈川県の国立病院機構久里浜医療センターにてラジオブースを設立しての放送でした。誤解されがちですが依存症は治療が必要な病気であることを再認識する素晴らしい放送だったと思います。

  • とんでもない民間療法2

    2月10日(月)の日本テレビ系スッキリ!にて『キャベツ枕』をはじめとした科学的根拠のない民間療法の特集が放送されていました。当然医師からも「気持ちの問題」と切り捨てられていましたがなぜもこれほどまでに根拠のない情報が蔓延してしまうのか前回の記事同様に少し書いていきたいと思います。

  • 人に関わらない勇気

    「人生で関わってはいけない人」というタイトルでよく見ているブロガーさんが動画を配信していました。5つの項目で簡潔に話されていたので参考になりました。そこから私なりの解釈も付け足して『人に関わらない勇気』について考えて書いていこうと思います。

  • やる気がないときにやる気を起こす方法とその考察

    『やる気を起こす方法』と一度はインターネットで検索したことがあると思う。大抵は作業興奮というクレペリンの対処方法が表示されるが、いささか作業をすればいいのかという点では疑問である。インターネットで漫然とやる気を出す方法につい検索をし始める時点でそれは赤信号のサインだと思っているからだ。

  • 新型コロナウイルスの流行に思うこと

    昨今の大きな関心事といえばなんといっても新型コロナウイルスのことだと思います。しかしながらSNSをはじめとするインターネット上ではデマや根拠のない情報が横行していて辟易します。過度に煽るメディアやSNSに疲れたら一度オンライン状態から離れることも大事です。

  • 親が「ありがとう」を言えない人だったら

    自分の子供にだけはなぜか「ありがとう」や「ごめんなさい」の一言が言えない親がいる。どういう理由で言えないのかは分からないが、親子関係以前に人間としての付き合いなのだから我が子であろうと感謝や謝罪がきちんとできない大人は無礼であると私は考えている。

  • 不登校を空費させるな

    今はっきり言って無理に学校に通わなくてもよくなった時代で安心している。それだけに一部の不登校の子たちの生活ぶりに疑問がある。一日中オンライン状態で時間を空費しているであろう未成年も多く見る。無知であるとそのまま厄介な大人になることも十分ある。私は少しだけでも今の自分を振り返ってみてほしいと思っている。

  • ネットに撒いた愚痴は基本的に何も生まないから。

    インターネット上のSNSなどにやたらと愚痴ばかり投稿する人はいないだろうか。愚痴そのものを私は否定しないがあまりにもそればかりに心を囚われていると周りの人たちも嫌気がさして自然と離れてしまうことになりかねない。愚痴への距離感やストレスの対処は生きていくためには知っておきたいことだと思っている。

  • 必ず一度は訪れる『あなたしかいない』という誤解

    人間、恋愛や友人関係、はたまたモノや進路におけるまで〇〇しかないという状況はよく訪れると思う。しかしながら恋愛に関する多くは依存と恋心の区別がついていないことが原因だったり、モノや進路に関しても〇〇しかないと視野を狭めているとどんどん自分を追い詰める原因にもなりかねないから注意が必要である。

  • 「早く社会復帰しなきゃ」は失敗の元だから少しだけ解説したい

    うつ病や発達障害の人にものすごく多くみられるのが「早く社会復帰しなきゃ」という言葉。でも実際問題、自分の体調や経済状況を正確に把握しようとせず猛進してしまう人がとても多い。そこで焦って就職活動して再び心身を壊さないために少しだけ解説をさせてもらおうと思います。

  • きみは一人でも生きていける

    インターネットが発展した今「人は一人でもきちんといきられる」ようになりました。孤独を誤解している人もまだまだ多いですが、物理的、心理的な距離感を適切に保って人間関係を良好にするためにも一人でいることをより一層大事にすべきことだと私は思うのです。

  • 【メンタルヘルス視点で解説】食事で気をつけたいポイント

    うつ病や各精神疾患の人は食事のバランスに特徴的な崩れ方が見られます。不摂生が続けば当然体調に悪影響がつづき、更に精神状態を悪化させることになります。今回は私のこれまでの経験をもとに特徴と改善のための解説をしたいと思います。

  • 『病んでいる』ことに依存したいと感じていないですか?

    SNS上では本当に頻繁に「やんでる」と訴える投稿を見かけます。なぜ投稿主は「やんでる」と頻繁に発信するのか。病んでいることを発信する人の心理を自身がそうだった経験談から解説しています。

  • SNSの普及で不安をさらに強く感じるようになった人達

    スマートフォンひいてはSNSの普及・発展によりなぜか以前よりも不安を感じやすくなり、その不安を訴える投稿を繰り返したりするようになっていないだろうか。それは身体の一部ともいうべきスマートフォンで簡単に欲求や不安を満たせるようになり、SNSで知らず知らずのうちに『選別』を繰り返しているからではないのか。

  • 12月11日放送 NHKねほりんぱほりん『元メンヘラ製造機』

    2019年12月11日放送のNHKねほりんぱほりんにて元メンヘラ製造機という衝撃的な内容の放送がなされました。メンヘラを自分の意のままに作っていたというゲストのマニュアルが衝撃的だったのでまとめました。

カテゴリー一覧
商用