プロフィールPROFILE

ぼんぼんさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
2010年生まれの娘の学習の記録
ブログURL
https://tomochanchan2010.hatenablog.com/
ブログ紹介文
2010年生まれの一人娘の学習の記録
更新頻度(1年)

13回 / 9日(平均10.1回/週)

ブログ村参加:2019/12/20

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、ぼんぼんさんの読者になりませんか?

ハンドル名
ぼんぼんさん
ブログタイトル
2010年生まれの娘の学習の記録
更新頻度
13回 / 9日(平均10.1回/週)
読者になる
2010年生まれの娘の学習の記録

ぼんぼんさんの新着記事

1件〜30件

  • 学習備忘録(4年1月19日)

    今日の学習備忘録です。 ○ 小数計算問題集2ページ 小学算数 にがてな小数の計算に強くなる! 作者:小学教育研究会 出版社/メーカー: 増進堂・受験研究社 発売日: 2019/07/18 メディア: 単行本 ○ 和差算・倍数算問題演習(塾教材:塾自習室) ○ 育成テスト範囲の漢字演習 ○ 小学4年漢字問題集2ページ 徹底反復 四年生の漢字 (コミュニケーションMOOK) 作者:陰山 英男 出版社/メーカー: 小学館 発売日: 2018/09/05 メディア: ムック ○ 都道府県ドリル6ページ 小学 クイズと絵地図で 都道府県基礎丸わかり: 初めて学ぶ都道府県 作者:小学教育研究会 出版社/メ…

  • 都道府県ドリルの次は白地図へ!

    昨年12月下旬から続けてきた都道府県ドリル 小学 クイズと絵地図で 都道府県基礎丸わかり: 初めて学ぶ都道府県 作者:小学教育研究会 出版社/メーカー: 増進堂・受験研究社 発売日: 2016/07/07 メディア: 雑誌 一両日中には終わる予定です。これが終了したら白地図に取り組もうと思います。塾では次の教材を買うことになるようです。 白地図作業ノート 改訂新版 作者:日能研教務部 出版社/メーカー: みくに出版 発売日: 2009/12/22 メディア: 単行本 こちらは授業と並行で使うんですけど、我が家は私が前のめりで昨年3月に次の白地図を購入しました。 白地図トレーニング帳―中学入試小…

  • 豆電球の明るさ

    4年最後の理科の授業は豆電球の明るさでした。要点は次の通りです。 ○ 豆電球を光らせてみよう ※ 豆電球とかん電池の+極と-極が導線によってつながっている時に電気が流れ豆電球は光る。電気の流れのことを電流という。 ○ かん電池の働きと電流が流れる仕組み ※ かん電池には電気を押し出す働きがあり、電流は、かん電池の+極から-極に流れる。 ○ 豆電球の働きと電流が流れる仕組み ※ 豆電球には電気の流れを邪魔する働きがあり、豆電球があると電機は流れにくくなる。 ※ 鉄やアルミニウムなどの金属は電気の流れを邪魔する働きが小さいので電気をよく通し、水、ガラス、プラスチック、紙などは邪魔する働きが大きいの…

  • 学習備忘録(4年1月18日)

    今日の学習備忘録です。 ○ 小数計算問題集2ページ 小学算数 にがてな小数の計算に強くなる! 作者:小学教育研究会 出版社/メーカー: 増進堂・受験研究社 発売日: 2019/07/18 メディア: 単行本 ○ 和差算・倍数算の問題3問(塾の家庭用教材) ○ 育成テスト範囲の漢字演習 ○ 小学4年漢字問題集2ページ 徹底反復 四年生の漢字 (コミュニケーションMOOK) 作者:陰山 英男 出版社/メーカー: 小学館 発売日: 2018/09/05 メディア: ムック ○ Z会読解問題1問(小学4年3月号から) ○ 都道府県ドリル6ページ 小学 クイズと絵地図で 都道府県基礎丸わかり: 初めて学…

  • 朝学習の取り組み内容の変更

    我が家は、「夜は夕食前までに家庭学習を終わらせて夕食後は学習しない、睡眠は22:00~22:30の範囲内にする」という取り決めをここ数ヶ月行っています。早起きの習慣はようやく身についてきました。今は、6:00頃起床してそのあと少しのんびりして 、6:30ぐらいから約40~50分家庭学習に取り掛かるようにしています。この時間帯に何をするかが問題なのですが、以前は以下のテーマに取り組んでいました。 〇 計算 〇 漢字 〇 音読(社会・理科・国語の塾テキストの音読が中心) これって、私がいなくても本人が自力でできる内容ですよね。朝学習は私が付き添える数少ない時間ということもあり、父親塾として取り組め…

  • 小5からの塾

    今週で小4の塾の授業は終了でした。26日に育成テストを受ければ小4も終わり。 2月に入るとすぐに小5の授業が始まりますし、塾が休みの間もコツコツ学習していきますので、塾が終わった!やった!にはならないんだよね〜。子供には、誰のためでもない、自分の成長に為の学びであることを意識してもらいつつ、だれてきた時には手綱を締めながら、サポートしていきたいと思います。 小5からの通塾スタイルは以下の通りになりそうです。 平日週2日で、1日3コマ、計6コマ 土曜2コマ算数特訓(有料オプション) 月およそ3回のテスト(隔週で育成テストに月1回公開模試) 平日は、16:30開始でお弁当持ちで20:20分までとな…

  • 塾での出来事

    今週、うちの子、美容室で髪をバッサリ切ってイメチェンしました。学校でお友達に「似合っているね!」と言ってもらって気分良くしていたのですが、昨日塾に行った時にも、お気に入りでよく話す塾の先生から「髪の毛バッサリ切ったんだね、にあってるんじゃない?」と言われたと喜んでいました。 塾って勉強教えてはいおしまい!だけではうまくいかないんだろうなぁ。子供のやる気スイッチって思いがけないところで入ることがあると最近思っていて、何気ない日常の一コマだったりするような気がします。 気にかけてくれたという嬉しさがやる気につながることもあるのかな。塾の先生方、いろんなところに気を配るので大変だろうし、そういう心配…

  • 和差算・倍数算

    先日 塾で和差算と倍数算を習ってきました。要点は以下の通りです ○ 関係を図に表すことでようすをつかむ 〜和と差の関係を整理しよう〜 ☆ 大きい方または小さい方に揃えて関係をつかむ:線分図で関係を捉える ☆ 三以上の関係の時は1番小さいところに合わせると良い。 ○ 関係を図に表すことでようすをつかむ 〜和に着目して「倍」に関係を図に表そう〜 ☆ 和に着目するときは1本の線分図で関係を捉える ○ 関係を図に表すことでようすをつかむ 〜差に着目して「倍」の関係を整理しよう〜 ☆ 差に着目するときは2本の線分図に着目する 和差算も倍数算も基本的なところを習い問題演習で終わったようです。線分図が書けれ…

  • 公開模試や育テの成績UPを考えたら講習は行くべし

    冬期講習に不参加だった我が子。公開模試の成績ははっきり言って撃沈でしたけど、これ、完全に親の戦略が間違っていました。今回、塾の教材を一切持っていかずに、違うことを実家で10日間していましたが、多くの塾に通う子たちは、その10日間の半分は塾の冬期講習をしっかり取り組み、塾で習ったことの復習をして、冬期講習テストをうけて、それを踏まえて公開模試を受けているわけですから、冬期講習が公開模試の対策みたいな意味合いだと考えると、やっぱり受ける方がよかったに決まっていますね。とはいっても、物理的に受けれなかったので、そうだとしたらやり方はあったはずだなと反省しています。 テストを自己目的化しないというもの…

  • 日本各地の特色ある地形

    先日、塾での4年社会の授業が終わりました。最終授業のテーマは、「日本各地の特色ある地形」でした。これまでの総まとめのような授業だったようです。また、小5になればより細かく学ぶのでしょうし、次の育成テストに向けて、テキストをしっかりと読んで、授業で聞いてきた重要ポイントはしっかりと押さえてもらおうと思います。 社会の場合、データを読んでそこからどういう含意を導き出すかが重要ですが、そういった作業をするための前提条件となる知識は暗記なわけで、なんだかんだ言って、重要な知識はしっかりと覚えておいた方がいいんだろうなぁと思います。 塾からは地図シートというものを購入して手元にあります。地図シートにある…

  • 形式段落と意味段落・段落分け

    ステージⅢ第17回の国語のテーマは、説明文でした。学んだ内容のエッセンスは次の通り。 【形式段落】 一文目の行のはじめが一字下げて書かれているいくつかの分のまとまりのことを言う。 【意味段落】 いくつかの形式段落を、内容のつながりでまとめたもの。 【ポイント】 ・ 意味段落に着目すると文章全体のつくりがとらえられる。文章全体のつくりがとらえられると、文章の内容もとらえられる。 ・ 文章を読むうえで、意味段落をとらえることに心がけよう。 ・ 一つ一つの形式段落で述べられている要点をとらえて、要点どうしをくらべる。要点どうしが同じような内容の場合は、一つのまとまりとしてとらえる。 ・ 「ところで・…

  • 質問教室でつるかめ算解決してきました。

    昨日(1/12)に公開模試を受け、そのあと塾の質問教室(自習室)で1時間つるかめ算を勉強してきました。うちの娘が結局1時間先生を独り占め(苦笑)にしてつるかめ算を教えてもらって、何とかクリアーしてきました。基礎クラスで算数が苦手な子は、現時点で以下のことをしっかりと押さえておけばよいようです。 ①求める方と逆にそろえる。(例)つるを出すときは全部かめ ②実際との差を出す。 ③1匹あたりの差を出す。(例)つるとかめだと、4-2=2 ④実際の差÷1匹あたりの差 応用クラスの子たちは、面積図まで使えるといいんでしょうけど、つるかめ算の基本をつかむので精いっぱいのレベルであれば、今は面積図は無視してよ…

  • 謹賀新年のご挨拶

    2020年、気ままにブログを書いていこうと思います。現在地方の日能研に通っています。家庭学習のことを中心に書いて行きます。2月から、Z会の塾併用要点学習コースの国語と理科を受講予定です。主に、日能研と家庭学習ですが、Z会のことなんぞも書いていけたらと思います。 それではよろしくお願い致します。 にほんブログ村 にほんブログ村

カテゴリー一覧
商用