searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール PROFILE

mikaさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
mika日記
ブログURL
https://mikanikki.hatenablog.com/
ブログ紹介文
悪性リンパ腫ステージ4の夫を支える妻の日記です。 骨髄まで転移していたがんをどうやって寛解まで持っていったか、また再発しないためにしていることなどを綴っていきたいと思います。
更新頻度(1年)

26回 / 65日(平均2.8回/週)

ブログ村参加:2019/12/20

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、mikaさんの読者になりませんか?

ハンドル名
mikaさん
ブログタイトル
mika日記
更新頻度
26回 / 65日(平均2.8回/週)
読者になる
mika日記

mikaさんの新着記事

1件〜30件

  • がんになったらまず「限度額適用認定証」をもらうこと

    がんだけではないのですが、医療費が高額になりそうな時は、この「限度額適用認定証」があると本当に助かります。 「高額療養費制度」というものがあって、申請すると自己負担限度額を超えた額が払い戻されるのですが、これは最初にその金額を払わなければなりません。 ですが、「限度額適用認定証」があると、はじめから限度額を超えた分を払わなくて済むのです。 要するに、病院のお会計の時に限度額を超えた分を払わなくてよいという、本当に助かる認定証です。 がんになると高額な検査や高額な治療を受けることが多いので、後から戻ってくるとはいえ、その金額を用意するのは大変です。(しかも戻ってくるまでに時間がかかります。) が…

  • ハッピーバレンタインデー

    今日は夫ががんになってから6回目のバレンタインデーです。 2014年の12月末にがんになり、2015年のバレンタインデーの頃はゲルソン食事療法をしており、チョコレートやケーキを食べることができませんでした。 何もないのはかわいそうなので、ゲルソンでOK食材でおはぎを作ったりしてました。 今年はガトーショコラを焼きました。 コーヒーを1日3杯飲むと体に良いというので、最近はよくコーヒーを飲んでいます。 好きなものが体にいいのは嬉しいですね。 あまり厳しく食事を管理していると嫌になってしまうので、食事を楽しみつつ、再発をしないように気を付けていきたいと思います。 簡単でとっても美味しいガトーショコ…

  • 新型肺炎予防にも!!【簡単】ガーゼマスクの作り方(大人用・こども用)

    夫ががんになってから、感染予防のために外出時はマスクを付けるようになりました。 抗がん剤治療中は免疫が下がるのでもちろんですが、5年経った今でも普通の人よりは感染しやすいので、人込みを避けたり、電車よりはなるべく車で送迎してあげたりと気を付けています。 特にこの時期は、風邪やインフルエンザが流行りますし、要注意ですね。 しかも今、新型コロナウイルス感染症が日本にも入ってきて、これを予防するには手洗いうがいやマスクの着用をということで、あっという間にマスクが手に入らなくなりました。 マスクはどこも売り切れ状態です。 そんな時に役立つのが、手作りガーゼマスクです。 使い捨てのマスクは、なくなったら…

  • がんに効く1番のわたしのオススメは「にんじん・りんごジュース」です

    がんになって本当に色々なことをしましたが、それは夫が当時42歳という若さだったこと、元プロレスラーで強靭な体力と精神力があったこと、また私がお料理好きでストイックな性格だったからできたことでもあります その時は必死でやらずにはいられず、色々やったから今があるのかもしれませんし、そんなにやらなくても大丈夫だったかもしれません でも病気になった全ての方が夫のように体力や精神力があるわけではなく、年齢的にもご年配の方も多いと思いますし、全部をサポートしてくれるご家族がいるとも限りません もし自分が今がんになったとしても、自分で自分の食事療法をするのは厳しく、仕事をしている夫に頼むわけもいきません そ…

  • がんだけではなく更年期対策にも!!岩盤浴「やわらぎの湯」

    夫ががんになってから色々な自然治療を調べておりますが、そのなかでも温泉にはとても注目していて、仕事先でも温泉を見つけて入るようにしています。 昨年のGWもイベントの仕事の合間に3か所の温泉に入ってまいりました。 全国を旅するたびに温泉に入っておりますが、その中でも1番と言っていいほど効果があるのではと私が思うのが「やわらぎの湯」の岩磐浴です。 これは有益な治療と言っても過言ではありません。 GWに福島県の南相馬市でイベント出演がありキャンピングカーで向かいましたので、途中の福島県の三春町にある「やわらぎの湯」へ寄ることにしました。 この温泉&岩磐浴はがんはもちろん様々な病気に効果がありますので…

  • 定期検査に行ってきました

    夫の悪性リンパ腫の定期検査のために病院へ行ってきました。 血液検査をして診察をしてもらいます。 血圧が高かったり、尿酸値がちょいと高かったりしましたが がんの腫瘍マーカーも基準値内で、特に問題はございませんでした。 ほっ。。。 この時期に検査があると、気が引き締まってお正月に食べすぎを防げるようです。 (と言っても、少し高かったですが) がんになってちょうど5年、抗がん剤治療を終えて3年半。 今では3か月に1回の定期検査となりました。 食事によってすぐに血液検査にあらわれるので、普段の食事も気を付けるようになりますね。 普通の濃さのお味噌汁を飲むと塩分が高くてひっかかるので、薄めて飲んだり 水…

  • がんを再発しないために食事・生活・性格・仕事の仕方を変える

    夫が悪性リンパ腫という血液のがんになってから5年が経ちました。 ステージ4で骨髄まで転移していましたので、がんを治すためにありとあらゆることをやってきました。 私が思うがんになる原因は、食事、ストレス、生活習慣、体質、性格(考え方)・・・などなどあり、どれか1つかもしれないし、全てかもしれません。 崖っぷちに立たされた夫はもう後がなく、全てを変える努力をしました。 おかげさまで何とか体からがん細胞を消すことができ、寛解となりました。(残念ながら完治することはできません。) ですが、これは抗がん剤やその他の治療・療法が効いたからであって、がんにもう二度とならないかというとそうではありません。 元…

  • 無病息災を願って1月7日は春の七草粥(レシピあり)

    本日は1月7日と言うことで、朝ごはんは毎年恒例の七草粥です 昨日スーパーで買ってきました 土鍋にだし昆布とお水を入れておきます (前日からやっておけば良かったですww) 春の七草を洗って切っていきます 大根(すずしろ)と蕪(なずな)はみじん切り その他はざく切り 土鍋にごはん1合ぐらいと大根とすずなを入れて火にかけます やわらかくなったら葉ものを入れてさっと日を通したら出来上がり まずにんじん・りんごジュースを飲んでからいただきます 今年も無病息災を祈っていただきました 夫ががんになってから、健康が一番だと心から思うようになりました 「元気があれば何でもできる」 本当にその通りですね! 今年も…

  • がんに効く漢方について

    がんになって飲み始めた漢方について書きたいと思います。 夫のがんは悪性リンパ腫という血液のがんですが抗がん剤治療がとても効果があると言われています。 ですが、抗がん剤治療はがん細胞をやっつけても良い細胞までやられてしまいますし、免疫も下がります。 そこで、免疫を上げるために、漢方を併用することにいたしました。 漢方なら、即効性はないけれど体の負担は少ないし病気になってしまった体質を元から改善できると考えたのです。 西洋医学と東洋医学の両方の良い所をとろうと言うわけですね。 ステージ4のがんを治すためには、1つの治療だけではなく自分たちが調べて納得した方法を、できる限りおこなわないと間に合わない…

  • 夫ががんになった原因をわたしなりに考察してみました

    病気になると言うことは、何か原因があるはずです。 それが1つや2つだけでなく、いくつものたくさんの原因が重なり、しかも長い時間をかけてなったのかもしれません。 未病と言う言葉がありますが、健康な人がいきなり病気になるのではなく途中の状態があるはずです。(0が100になるのではなく50とか60とかの状態があると思います) 途中で気づいて改善できればひどくならずにすんだかもしれません。 がんになった原因を探るのは、今までの自分を否定するようでつらい作業ではありますが、病気を治すためには必要なことですし、治った後にまた再発しないためにも、きちんと考えた方が良いと思います。 せっかく頑張って辛い治療を…

  • 簡単!おはぎの作り方(ゲルソン食事療法)

    煮た小豆を使って作る第2弾はおはぎです。 むくみや腎臓にも良い小豆の煮方は下記をご覧くださいませ。 むくみに効く小豆の煮方(ゲルソン食事療法) - mika日記 このおはぎも星野先生のゲルソン食事療法のOK食材で簡単に本格的なものを作ることができますのでご紹介させていただきます。 まずは煮た小豆をお鍋に戻し、黒糖少々を入れて火にかけ、小豆をヘラでつぶしながら、水分を飛ばしていきます。 ある程度まとまるくらいに水分が飛んだら(ちょいとゆるめでも冷めたらさらに固くなります)やけどしないくらいまで、粗熱をとります。 その間に、炊き立ての玄米を少々、すりこ木などで潰していきます。 握ってまとまるくらい…

  • 玄米餅ぜんざい(ゲルソン食事療法)

    お正月と言えばお餅ですね。 味付けせずに煮た小豆を使って、ぜんざいを作りたいと思います。 小豆は星野先生のゲルソン食事療法ではOK食材ですし、玄米もOK。そして味付けも塩を使わず、OK食材の黒糖少々で作ります。 もちろん病気の方以外は、普通のお餅でお塩を入れて作っても美味しくできますので、ご家族用と分けて作ることもできます。 発芽玄米もちというのを買ってみました。 普通の切り餅の薄さが半分でしたので、2枚で1個分です。 ガスコンロの魚を焼くところで焼いていきます。 オーブントースターやフライパンでも焼くことができますので、お好みのやり方で焼いてください。 お鍋に煮た小豆お玉1杯分と、お好みの固…

  • むくみに効く小豆の煮方(ゲルソン食事療法)

    小豆は、むくみ解消や毒出し(デトックス)に効果がありますね。 夫が抗がん剤治療をするとよくむくみが出ました。 むくみに良いと言われるツボを押したりマッサージをしたり、YOSAで汗を出したり色々やりましたが、小豆を食べるのも有効です。 ゲルソン食事療法では、豆類はNGですが日本人の星野先生のゲルソンでは、OKとされています。 東城百合子さんの自然療法でも、小豆療法と言って、便秘・心臓・腎臓・肝臓・利尿・毒下しによいと書いてあります。 美味しい上に栄養的にも優秀な、小豆を煮ていきたいと思います。 むくみに悩む女性にもオススメです。 では作っていきます。 粒が大きいものが好きなので、大納言を煮ること…

  • ヒポクラテススープの作り方

    消化吸収が良く栄養たっぷりな、闘病中に毎日食べたいスープをご紹介いたします。 これはその名の通り、ヒポクラテスさんが考案したスープです。 ヒポクラテススープは、腎臓をきれいにするのに役立つそうです。 お野菜の栄養たっぷりで、消化にもよいので病気の方だけではなく、小さいお子様からお年寄りの方まで食べれるスープです。 さっそくですが、基本の作り方です。 【材料】・セロリ・少量のパセリと茎1本・トマト700g・中くらいの玉ねぎ2個・小さめの西洋ねぎ2本・にんにくを2~3かけ・じゃがいもを450gくらい これらを無農薬の場合は皮ごと、そうでない場合は、皮をむいて一口大に切ります。 お鍋に材料を入れ、水…

  • がんになってからの年末年始の過ごし方と紅白なます(ゲルソン食事療法)

    ちょうど5年前、夫が悪性リンパ腫のステージ4と判明しました。 年末だったので、悪性リンパ腫の種類など詳しく知るためのPET検査は年を明けてからとなり、やきもきとした年末年始を過ごしたのでした。 新年おめでとうと言える状態でもないし、がんと分かってからすぐにゲルソン食事療法をはじめたので、おせち料理も工夫して簡単に作った記憶があります。 ゲルソン食事療法では、お塩やお醤油を使えないので、おせち料理は限られてしまいますが、塩を使わず砂糖の代わりに黒糖で紅白なますを作りました。 【材料】・大根 6cmくらい・にんじん 6cmくらい・お酢 大さじ5・黒糖 小さじ1 【作り方】1.大根・にんじんは皮をむ…

  • こんにゃく湿布のやり方

    体内の毒素を出し、肝臓・腎臓の働きを良くする こんにゃく湿布のやり方をご紹介いたします。 胃腸病・風邪・熱・慢性病・がん・高血圧 腎臓病・肝臓病・糖尿病・結核、その他疲労などに良いそうです。 これは、東城百合子さんの自然療法の本に詳しく書いてあります。 夫は血液のがんですので、体中の毒素を排出するために また弱っている腎臓や肝臓を元気にするために毎日かかさずにおこなっておりました。 3年ぐらいは毎日、その後は寒い時期や体調が心配の時のみ行なっています。 腎臓は血液を浄化する大事な働きをし肝臓も体に悪いものや毒素を排出するために働いてくれます。 びわ生葉湿布やしょうが湿布など良いものが色々ありま…

  • 自然療法について

    昔からあるもの、昔ながらの方法、 自然のもの、自然のもので作られるものは、安心して使えますね。おばあちゃんの知恵的なものは、目からうろこで意外と効果があるものが多いです。 先日アップしました咳に効く「大根はちみつ」の作り方もそうですね。 mikanikki.hatenablog.com もともと、そういうものが大好きなわたしですが夫ががんになってからは、ますます興味が出ました。 もちろん病院の薬は即効性がありますし、病気によっては薬を使った方が良いこともあります。 ですががんになると抗がん剤など強い薬を使うので、病院での治療以外はなるべく自然のものを使って体への負担を少しでも軽くしたいとより思…

  • 咳に効く「大根はちみつ」の作り方

    インフルエンザが流行っていますね。 風邪気味の方も多くいらっしゃるように感じます。 夫も、抗がん剤治療を始めてから咳が出やすく、すぐに肺炎になりかかってしまっていました。 でも、余計な薬は飲みたくない。。。 そんな時、とても重宝する「大根はちみつ」の作り方をご紹介いたします。 これは、大根とはちみつで作るので あまり薬を飲みたくない方や、妊婦さんやお子様にもよいかと思います。 ただしはちみつを使うので、1歳未満のお子様には与えないでくださいね。 ちなみに、ゲルソン食事療法では大根はOK食材だし、はちみつは1日小さじ2杯までOKなので これは飲むことができます。 では作り方です。 かなり適当で大…

  • 抗がん剤を体から抜くためにしていること

    抗がん剤を体から抜くために、夫が色々としていることを書いていきたいと思います。 2014年12月、夫が悪性リンパ腫ステージ4になりました。いろいろ調べたり考えたりして、抗がん剤を行うことを選択しました。それにつきましては、以前詳しく書きましたので、よかったらご覧くださいませ。 【悪性リンパ腫】夫の抗がん剤治療について mikanikki.hatenablog.com 抗がん剤をおこなうことを決めましたが、ただおこなうわけではありません。 抗がん剤はがん細胞に効きますが、よい細胞にもダメージがあり、副作用もきついからです。 抗がん剤をおこなうからには、この副作用を減らすため に良いと思われること…

  • 抗がん剤の副作用を減らすためにしていること

    夫は、悪性リンパ腫のステージ4でした。 骨髄までがん細胞に侵され、抗がん剤を行う選択を選びました。 夫の抗がん剤治療については、詳しくこちらに書いてあります。 抗がん剤をおこなうと決めましたが、一番心配なのは副作用です。 抗がん剤治療は、副作用があるからつらいのであって もし副作用がないとしたら、がん治療も受けやすくなると思うのです。そこで、少しでも副作用を減らすために色々調べて自分たちで良いと思うことを徹底的に行なうことにしました。それらについて、書いていきたいと思います。ですが夫には効果的でしたが すべての方に効果があるかは分かりません。それでも、少しでも参考にしていただけたら幸いです。 …

  • にんじん・りんごジュースをすぐに飲めない場合の対処法

    前回、にんじん・りんごジュースの作り方を書き とにかく作ったらすぐに飲むことが大切だといいました。 (にんじん・りんごジュースについてもご覧くださいませ)ですが、どうしてもすぐの飲めない場合がありますね。 例えば、お出かけしなくてはならない場合や入院されている場合などです。そんな時、苦肉の策ですが、対処法がございます。 このようなステンレスの容器に口一杯まで入れ なるべく酸素を入れず、酸化しないようにします。 それでも、3時間以内に飲むことをオススメします。 それから、にんじん・りんごジュースはOKですが その他のジュースは、この方法はできません。 何度も言うようですが、できれば作り立てをすぐ…

  • にんじん・りんごジュースの作り方

    昨日、にんじん・りんごジュースについて書きましたが今日は作り方を書きたいと思います。ゲルソン食事療法では、新鮮な果物や野菜のジュースを1日に8オンス(226g)×13杯で、約3000cc飲むとされています。 夫の場合は、1回に250cc+250ccを1日5回 合計で2500~3000ccを飲むことにしました。 実際は、最低250cc+250ccだと1日2500ccできるだけ300cc+300ccにすれば1日3000cc摂ることができます。 材料ですが、できれば無農薬の新鮮な果物やお野菜を使えれば一番いいですね。うちの場合は、ちょうど冬でしたので近くの無農薬の農家さんと契約して にんじんを仕入れ…

  • にんじん・りんごジュースについて

    にんじん・りんごジュースについて書きたいと思います。 にんじん・りんごジュースは、がんに良いということで たくさんの先生方が推奨されています。 ダイエットや美容にも良いと言われていますね。 ですが、、患者様の病気の種類、症状、体質、体調によっては合わない場合もあるかもしれません。 様子を見ながらお試しいただくと良いかと思います。 ゲルソン食事療法では、ジュースを1日13杯飲みます。 8オンス(226g)×13杯で、1日約3000ccのジュースです。 ビタミン・ミネラル・酵素などの栄養素を大量に摂ることができます。 これらが不足すると血液が汚れ、病気の原因になるそうです。 また、ファイト・ケミカ…

  • ゲルソン食事療法とは

    夫ががんになった原因は、いろいろありますが そのなかでも大きな割合を占めているのは食事ではないかと思い ゲルソン食事療法は、かなり効果があるのではないかと考えました。 もともと我が家は、食事には気をつけているほうでした。 調味料や食材にはこだわっていますし電子レンジもテフロン加工のフライパンも使いません。 でも、夫は体を大きくするため食べる量が多く病気になってしまったのだと思います。 ゲルソン食事療法のマックス・ゲルソン博士は がんは栄養障害、代謝障害による病気と定義づけました。 1930年代、もう80年以上前です。 参考にしたのは、この2冊です。 本屋さんで探しても見当たらないので図書館で何…

  • ゲルソン食事療法との出会い

    大学病院で夫が悪性リンパ腫と診断されました。 これは、大変なことになったと思いました。 絶対に治さなければならない。 なんとしてでも助けなければいけない。 お家に帰ってから、悪性リンパ腫という病気について ひたすらネットで調べました。 どんな病気なのか、どんな治療をするのか、なにが効くのか。 また、病院の治療以外でも なにか治せるものはないか、がんに効果があるものはないか ひたすら調べます。 そんな中、娘が言いました。 「海外に留学しているお友達が海外では、末期がんの人はみんなゲルソン食事療法というのを やっていると教えてくれたよ。 日本ではあまり知られてないけど、海外では普通に知られている療…

  • 【悪性リンパ腫】夫の抗がん剤治療について

    夫の抗がん剤治療について書きたいと思います。 夫の病気は、血液のがんで悪性リンパ腫といいます。 夫の悪性リンパ腫について - mika日記 は、前回書かせていただきました。抗がん剤治療をおこなっていた時は一番つらく大変な時期で(抗がん剤がつらいと言うわけではなく病気がひどかったので)その頃を思い出したり、振り返って確認することがなかなかできずにおりました。 実は、その頃のことを日記に記録していたのですが怖くて読み返すこともできなかったのです。 (日記はいまだに読み返すことができませんww)でも夫が悪性リンパ腫になった時に病気について何も分からず、ひたすら調べる中みなさんのブログが参考になったよ…

  • 夫の悪性リンパ腫について

    まず最初に、夫の悪性リンパ腫について簡単に書いておこうと思います。 私が分かっている範囲で書きますので医学的にもし違っていたりすることがあったらスミマセン。 それまで夫は、とても元気で、激しいトレーニングをしたり山登りをしたり、パワフルに活動していました。 食欲も旺盛で、いつも山盛りごはんをモリモリ食べていました。 後から思えば、疲れやすくなっていたそうですが その時は、歳のせいかな・・・ぐらいに思ってたようです。 ある日、脇のリンパが腫れていると言い出しました。 痛みはないそうです。 わたしは疲れると脇のリンパが腫れるので ただの疲れからくるものだと思いました。 ずっとイベントで忙しい日々が…

  • はじめに

    2014年12月に夫が悪性リンパ腫ステージ4と分かりました それからは、がんを治すため、生きるために必死でした おかげさまでなんとか寛解まで持っていくことができ、今は再発しないように色々工夫して生活しているところです gooブログでmika日記というブログを書いていて、イベントのお仕事のこと、ハンドメイドのこと、お料理や暮らしのことなどを書いていました 夫ががんになってから、病気のこと、治療のこと、食事療法のこと、自然療法のこと、 色々書くようになりましたら、とてもアクセス数が伸びだしました みなさん、がんや病気に関してとても情報を欲しており、また病気で苦しんでいる方やその家族がとても多いこと…

カテゴリー一覧
商用