searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール PROFILE

cigars.Echoさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
アインシュタインが言いたかったこと
ブログURL
http://albert-einstein.blog.jp/
ブログ紹介文
四則演算すらまともにできない私が、相対性理論・量子論について語るブログです。
更新頻度(1年)

8回 / 73日(平均0.8回/週)

ブログ村参加:2019/12/14

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、cigars.Echoさんの読者になりませんか?

ハンドル名
cigars.Echoさん
ブログタイトル
アインシュタインが言いたかったこと
更新頻度
8回 / 73日(平均0.8回/週)
読者になる
アインシュタインが言いたかったこと

cigars.Echoさんの新着記事

1件〜30件

  • 第2章 相対座標思考の空間定義(空間は曲がらない証明)

    第2章:1ページ以前のブログでは、時間軸を分離するとか・ミンコフスキー空間・コリオリの力が理解できない、などの理由から、それまで私の考えていた基礎空間のツジツマ合わせを少しづつ行っていきましたこのように馬鹿な発想を起点にして基礎知識を固めていくのが私のや

  • (囲み)運動方程式で統一できる?:相対理論と量子論

    第1章:5ページ。前ページで考えた相対座標思考には単位に仕掛けを施しました。この仕掛けを使うためには運動方程式の欠点を考える必要がありそうです。

  • 第1章 相対座標

    第1章:4ページ。今回は第1章:最後のページとして、相対座標を考えます。ここまで空間を細かく組み立ててきました。その集大成として、空間を曲げることができない相対座標、を考えます。

  • 第1章 絶対座標

    第1章:3ページ。ここまで空間と座標について考えてきました。ここではその考えを元にして、古典物理学で基準とした絶対座標について考えます。

  • 第1章 ”系”の入れ子構造

    第1章:2ページ。前ページでは、固有空間と”系”の固有空間の考え方を整理しました。しかし、この状態では固有空間と”系”の固有空間の関係があいまいなままです。前ページでは自動車の固有空間から系の固有空間を導いたため、一つの”系”の中に複数の固有空間が存在し

  • 第1章 空間

    相対性理論を一から始めようとしたとき時間と空間の考え方を把握する必要に迫られました。そこでまずは、現在の時間と空間(距離)の定義、を確認しておきます。現在の時間と距離の定義1967年の第13回国際度量衡総会において現在用いられている国際単位系(SI)の秒の定義「

  • (囲み)私の考え方

    私は数十年前に相対性理論の初心者本を数冊読みましたが、その時感じた疑問を今もずっと持っています。空間が曲がる?そんなバカなことが起こるはずがない!四則演算すらまともにできない私ですが、それだけは認めるわけにはいきません。その考え方でこのブログを書いていく

  • 序章:アキレスと亀:パラドックス

    第1章:1ページ。当時の派閥争いの中で生まれた、このパラドックスをもう少し詳しく確認していきます。

  • はじめまして

    今はBlogger からの引っ越し準備中です。

カテゴリー一覧
商用