プロフィールPROFILE

きなこぬこさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
kinakonuko’s diary
ブログURL
https://kinakonuko.hatenablog.com/
ブログ紹介文
読書が好き❤️読んだ本の感想・考察まとめています。看護師1年生。更新はゆっくりですが、ぜひぜひ見ていってください!よろしくおながいします😊
更新頻度(1年)

8回 / 39日(平均1.4回/週)

ブログ村参加:2019/12/14

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、きなこぬこさんの読者になりませんか?

ハンドル名
きなこぬこさん
ブログタイトル
kinakonuko’s diary
更新頻度
8回 / 39日(平均1.4回/週)
読者になる
kinakonuko’s diary

きなこぬこさんの新着記事

1件〜30件

  • 時間にまつわるアリバイ崩しの短編集…「アリバイ崩し、承ります」/大山誠一郎先生を呼んで

    こんにちは、きなこぬこです。 少しリアルの方が忙しくてご無沙汰になってしまいました…笑 継続して投稿することが今年の目標ですが、1月なのにすでに停滞してしまいました… これから頑張ってみようかと思います笑 今回は大山誠一郎先生の「アリバイ崩し、承ります」を読んだ感想・考察についてまとめていきます。 ⒈あらすじ ⒉感想 ⒊考察 ⒈ファンタジーのような時計屋 ⒉登場人物の掘り下げもあり ⒋まとめ ⒈あらすじ 商店街の中にある年季の入った店構えの美谷時計店。このお店では時計の販売、修理だけではなく、アリバイ崩しを請け負っていた。携わった事件のアリバイを崩すことができず、頭を抱えていた新米刑事は、その…

  • 生者と分け隔てなく死者の声を聞く…「ヒポクラテスの誓い」/中山七里

    こんにちは、きなこぬこです。 今回は中山七里さんの「ヒポクラテスの誓い」を読んだ感想・考察についてまとめていきます。 法医学は看護師である私にとってもあまり身近な分野ではありませんが、「死因を探る」手段には魅力を感じますね。 本書の主人公は美少年でも美少女でもなく、百戦錬磨の老獪なご老人であるというところがミソかと思います。 ⒈あらすじ ⒉感想 ⒊考察 ⒈解剖に対する人々の思い ⒉真琴先生の成長 ⒊セフトリアキソンについて ⒋まとめ ⒈あらすじ 臨床医を目指す研修医の栂野真琴は、ひょんなことから法医学教室に配属される。法医学教室には医大内でも偏屈者として有名な教授、光崎藤次郎と、光崎に師事を乞…

  • 人はどこまで他人のために生きることができるのか…「ぼくのメジャースプーン」/辻村深月 を読んで

    こんにちは、きなこぬこです。 今回は辻村深月さんの「ぼくのメジャースプーン」を読んだ感想・考察についてまとめていきます。 辻村深月さんは初読みですが、評価が高い作品が多く楽しみにしていました。 小学四年生である僕を主人公にしながらも、物語に入り込めるくらい心情の描写が緻密でした。 また、小学生あるあるが時折あり、クラスのカースト制度などの日常のちょっとした出来事を読んで小学生時代を思いだしました笑 内容としては人の価値観の多様性を示すもので、すごく考えさせられました。 ⒈あらすじ ⒉感想 ⒊考察 ⒈人は他人のために生きられるのか ⒈先生とぼくの対比 ⒉自分のことしか考えられない私たち ⒉「悪の…

  • アーサー王の眠る村の秘密に迫る…「ロード・エルメロイII世の事件簿7 case.アトラスの契約」/三田誠 を読んで

    こんにちは、きなこぬこです。 今回は三田誠さんの「ロード・エルメロイII世の事件簿7 case.アトラスの契約(上)・(下)」を読んだ感想についてまとめていきます。 今回は考察は省かせていただきます。 fgoというスマホゲームにどっぷりはまっている私なのですが、大元となっているTYPE-MOONの世界観が大好きで、色んなスピンオフに手をつけてしまっています。 こちらに登場するエルメロイII世は第4次聖杯戦争でライダーと共に活躍するウェイバー・ベルベットという、魔術世界の学校である時計塔出身の少年の、10年後の姿になります。 若かりし彼の活躍はアニメ「fate/zero」で楽しめます。 こちらの…

  • 間違いなく『すべてが伏線』…medium/相沢沙呼 を読んで

    こんにちは、きなこぬこです。 今回は相沢沙呼さんの「medium」を読んだ感想・考察についてまとめていきます。 普段は文庫本縛りをしているのですが、こちらの作品はtwitterでも非常に評価が高く、2019年このミス1位に輝いていて注目度高い作品でした。 文庫本になるのを我慢できず、単行本を入手してしまいました! 表紙がとても素敵なので後悔はありません笑 表紙を飾るヒロインの翡翠ちゃんは本当に美少女ですね… 帯には著名な作家さんたちのお言葉がずらり。 『すべてが伏線』の言葉に偽りはありませんでした! 衝撃のラストですが…言われてみれば気付く要素が盛り沢山だったのですね… 見落としていたものの、…

  • キリストの存在と聖杯に対し、美術作品を紐解くことから新説を提示する…「ダ・ヴィンチ・コード」/ダン・ブラウンを読んで

    こんにちは、きなこぬこです。 今回は今更ながら読んでみたダン・ブラウンさんの「ダ・ヴィンチ・コード」についての感想をまとめてみました! 今回は専門知識が深く関わっていること、さらに本書によるキリスト教に関連した考察内容が非常に深く難解であるため、下手に考察をするのはやめておこうと思います。 (無知をさらしてしまいますので…) 以前パリに行ったことがあり、いくつか名所が出てくるので記憶をたぐりながら読みました笑 シリーズ1作目の「天使と悪魔」を今年読んだのですが、今作も同じく専門知識のオンパレードでした笑 今作もキリスト教と秘密結社に深く関連した内容になっています。 知らないことばかりで少し難し…

  • 信念を貫き、"美しさ"を作り出す…「リアルフェイス」知念実希人を読んで

    こんにちは、きなこぬこです。 今回は知念実希人さんの「リアルフェイス」を読んだ感想・考察をまとめていきたいと思います。 私は元々海堂尊さんのバチスタシリーズの大ファンだったのですが、看護師になってから医療ミステリーを読むのは初めてなのでとても面白く感じました笑 ⒈あらすじ ⒉感想 ⒊考察 ⒈それぞれの信念 ⒈柊貴之の信念 ⒉朝霧明日香の信念 ⒉“美しさ”とは ⒋まとめ ⒈あらすじ バイト先を探していた大学院生の麻酔科医;朝霧明日香は、天才形成外科医;柊貴之と出会う。柊はその手腕で依頼者の顔を美しく作り変えていく。明日香は整形に疑問を抱きながらも、柊のクリニックに持ち込まれる奇妙な依頼に共に関わ…

  • 真実とは何なのか……「ラプラスの魔女」/東野圭吾 を読んで

    こんにちは、きなこぬこです。 読了後すぐにブログを書き始めたいと思いながらも時間がかかってしまいなかなか更新できません笑 頑張って継続できるようにしていこうと思います。 今回は東野圭吾さんの「ラプラスの魔女」を読んだ感想・考察についてまとめてみました! 1.あらすじ ⒉感想 ⒊考察 ⒈『ラプラスの魔女』とは? ⅰ)ナビエ・ストークス方程式とラプラスの悪魔 ⅱ)スーパーコンピューターとなった少年少女 ⅲ)ラプラスの魔女が誰を指すのか ⒉2人の父親 ⒊甘粕才生のエゴとSNS社会 ⅰ)甘粕才生という人物 ⅱ)甘粕才生のブログと現実の乖離 ⅲ)SNS時代における真実とは ⒋まとめ 1.あらすじ 地方の…

  • 日常から突然不気味なミステリーに巻き込まれていく短編集…江戸川乱歩名作選

    こんにちは、きなこぬこです。 今回は新潮文庫が出版している江戸川乱歩さんの短編集を読んだ感想・考察まとめていきます。 個人的にはあまり江戸川乱歩作品を読んだことがなかったのですが、(なんだか怖そうなイメージで敬遠していました笑)怖い雰囲気がありながらも推理小説のような面白さも合わせ持った作風で、もっと読みたくなりました! 今回は、新潮文庫の真っ赤なカバーが素敵で惹かれて、手に取りました! 写真ではちょっと伝わりにくいですが…キラキラでかわいいんです笑 ⒈収録作品 ⒉あらすじ ⒊感想 ⒋考察 ⒈江戸川乱歩の小説の面白みとは ⒉読了後の後味の悪さ ⒊日常から非日常へ ⒌まとめ ⒈収録作品 石榴 押…

  • ホームズがホームレス?読みやすい、現代の異色のホームズ…「ホームレス・ホームズの優雅な0円生活」

    こんにちは、きなこぬこです。 今回は森晶麿さんの「ホームレス・ホームズの優雅な0円生活」の感想と考察まとめていきたいと思います! ⒈「ホームレス・ホームズの優雅な0円生活」とは ⒉あらすじ ⒊感想 ⒋考察 ⒈ホームズのブランド力 ⒉前を向き続ける岩藤すずのポジティブさと活動力 ⒌まとめ ⒈「ホームレス・ホームズの優雅な0円生活」とは この作品は、ライトノベルのような読み口の作品で、気軽に読むことができます。 実は推理小説好きのバイブルと言って過言ではないホームズシリーズを、今までちゃんと読んだことがなかったため、今年に入って少しずつ順々に読み進めています。 今更ですが、すごくおもしろいですね!…

  • 事件の場面と捜査の進展を行き来する秀逸な構成…「ジェリーフィッシュは凍らない」を読んで

    こんにちは、きなこぬこです。 読了したものの溜まっていたレビューを一気に書いています笑 今回は市川優人さんの「ジェリーフィッシュは凍らない」を読んだ感想と考察をまとめたいと思います。 ⒈「ジェリーフィッシュは凍らない」とは ⒉あらすじ ⒊感想 ⒋考察 ⒈ウィリアムがクソ野郎過ぎる ⒉犯人が誰なのかは分かりやすい ⒋まとめ ⒈「ジェリーフィッシュは凍らない」とは 『そして誰もいなくなった』への挑戦である同時に『十角館の殺人』への挑戦でもあるという。 帯に記載されていた、綾辻行人さんの言葉に惹かれて手に取りました。 「そして誰もいなくなった」は小さい頃に読んで「…?」となったままの作品ですが、ずっ…

  • やることはたくさんあるのに時間が足りない!という人に…「1日が27時間になる!速読ドリル 」を読んで

    こんにちは、きなこぬこです。 ノロノロ更新で全然ブログの記事増えていきませんが…笑 今回は毎日時間に追われて気がついたら1日が終わっている私が、「1日が27時間になる」という言葉に惹かれて購入した、角田和将さんの「1日が27時間になる!速読ドリル 」を読んだ感想を書いていきます。 1、内容 2、効果の程は…?速読できるようになった? 3、まとめ 1、内容 一文字ずつ見るのではなく、視野を広げてページ全体見て文章を把握することを推奨しています。 また、感情面を支配している右脳を活性化させて読むのが良いみたいですね。 本の後半では、実際に速読のトレーニング方法を載せて説明し、読者がトレーニングする…

  • 自分の内面と向き合う…「こゝろ」を読んで

    こんにちは、きなこぬこです。 今回は日本人なら誰もが知る名作、夏目漱石さんの「こゝろ」を読んでの感想と考察をまとめたいと思います。 恥ずかしながら、私今まで読んだことがなかったのですが… 非常に読み易くて感動しました笑 ちなみに今回は角川文庫と手拭い専門店かまわぬとのコラボブックカバーに惹かれて購入しました。 可愛くて思わず手に取ってしまうデザインですので、これから少しずつ集めていこうと思っています笑 ちなみにこの本、最初のページにあらすじが書いてありました。 がっつりネタバレ笑 角川文庫のスペシャルカバー紹介ページ https://features.kadobun.jp/kadofes/sp…

  • 思わず全ての扉と窓の戸締りを確認してしまう…「ぼぎわんが、来る」を読んで

    こんにちわ、きなこぬこです。 今回は夜勤明けに一気読みした澤村伊智さんの「ぼぎわんが、来る」の感想と考察についてまとめてみました。 私個人としては怖がりなのでホラー小説には今まであまり手をつけたことがありませんでした。 …やっぱりめちゃくちゃ怖かった!!! ですが、構成やホラーの部分以外の背景がしっかりしていることに加え、登場人物のそれぞれの思いが緻密に著されていて、ガクブルしながらも続きが気になって止まることなく最後まで読むことが出来ました笑 ⒈「ぼぎわんが、来る」とは ⒉ あらすじ ⒊ 考察 3-1 「ぼぎわん」とは何者なのか 3-2 田原秀樹にみる現代人 ⒋ まとめ ⒈「ぼぎわんが、来る…

  • はじめまして!

    きなこぬこと言います。 仕事の合間で本を読みながら、本の感想、考察をアップしたり、毎日のちょっとした事を綴っていければと思っております。 ほとんど自分のための日記気持ちで書いていきますが、よろしくお願いします。

カテゴリー一覧
商用