searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール PROFILE

りーさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
世界遺産備忘録
ブログURL
http://sekaiisankentei-blog.site/
ブログ紹介文
世界遺産検定取得を目指す国立理系大学生です!! 世界遺産の知識について日々勉強したことをまとめています!!
更新頻度(1年)

26回 / 74日(平均2.5回/週)

ブログ村参加:2019/12/12

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、りーさんの読者になりませんか?

ハンドル名
りーさん
ブログタイトル
世界遺産備忘録
更新頻度
26回 / 74日(平均2.5回/週)
読者になる
世界遺産備忘録

りーさんの新着記事

1件〜30件

  • スペイン バルセロナ

    今日はグエル公園、カサ・ミラ、カサ・バトリョ、サグラダ・ファミリアを観光してきました!詳しいことは帰国後にまとめて書きますが、ヨーロッパ旅行中は日記的な感じで書いていこうと思います!朝はグエル公園に行きました。9時前から行くと、かなり空いていました。10時く

  • ヨーロッパ旅行スタート

    先程日本から飛行機でバルセロナ空港に着きました。明日からスペイン、フランス、ドイツを旅行します。スペイン現地時間で夜についたので、観光は明日の朝からです。おやすみなさい😴😴

  • パリのセーヌ河岸 ② ルーヴル美術館

    目次ルーヴル美術館歴史展示品 ーールーヴル美術館ーールーヴル美術館はフランス、パリにある世界最大級の国立美術館である。ルーヴル美術館にはモナ・リザや、サモトラケのニケなど約35000の美術品が展示されている。かつてはルーヴル美術館は城であった。1582年にルーヴル

  • パリのセーヌ河岸 ①

    目次基本情報エッフェル塔ノートル・ダム大聖堂 ーー基本情報ーー・登録年1991年・登録基準(Ⅰ)(Ⅱ)(Ⅳ)・フランス共和国パリのセーヌ河岸はパリのセーヌ河岸のシュリー橋からイエナ橋までの約8kmが世界遺産の登録範囲となっている。紀元前300年頃にセーヌ河のシテ島に住み

  • モン・サン・ミシェルとその湾

    目次基本情報潮の満ち引き建築様式 ーー基本情報ーー・登録年1979年/2007年、2018年範囲変更・登録基準(Ⅰ)(Ⅲ)(Ⅵ)・フランス共和国モン・サン・ミシェルはフランス北西部のモン・サン・ミシェル湾に浮かぶ修道院の島である。708年に司教のオベールが、大天使ミカエルに夢

  • トンガリロ国立公園

    目次基本情報 ーー基本情報ーー・登録年1990年/1993年範囲拡大・登録基準(Ⅵ)(Ⅶ)(Ⅷ)・ニュージーランドトンガリロ国立公園はニュージーランドの北島にある。1894年にニュージーランド初の国立公園に指定された。トンガリロ国立公園にはトンガリロ山(1967m)、ナウルホエ山(2291m

  • バルセロナのカタルーニャ音楽堂とサン・パウ病院

    目次基本情報カタルーニャ音楽堂サン・パウ病院 ーー基本情報ーー・登録年1997年・登録基準(Ⅰ)(Ⅱ)(Ⅳ)・スペインーーカタルーニャ音楽堂ーーカタルーニャ音楽堂は建築家リュイス・ドゥメネク・イ・ムンタネーにより設計された、モデルニスモ建築である。ちなみにムンタネー

  • アントニ・ガウディの作品群

    2月の後半からヨーロッパ旅行に行きます!ということで旅行中に観光で行く予定の世界遺産についてまとめていきたいと思います!!目次基本情報構成資産ガウディの建築サグラダ・ファミリアグエル公園 ーー基本情報ーー・登録年1984年/2005年範囲拡大・登録基準(Ⅰ)(

  • リヒタースフェルドの文化的及び植物学的景観

    目次基本情報ナマ族 ーー基本情報ーー・登録年2007年・登録基準 (Ⅳ)(Ⅴ)・南アフリカ共和国リヒタースフェルドは南アフリカ北ケープ州にある山がちな砂漠地帯である。リヒタースフェルドは山がちな砂漠地帯であるものの、多様な動植物が生息している。この地は雨が降ることは滅

  • 聖山スレイマン・トー

    目次基本情報 ーー基本情報ーー・登録年2009年・登録基準(Ⅲ)(Ⅵ)・キルギス共和国キルギス第2の都市オシュ近郊にある山、スレイマン・トーはキルギス初の世界遺産である。スレイマンは聖書に登場する予言者ソロモン、トーはキルギス語で山という意味らしい。山腹には古代耕作跡

  • ビニャーレス渓谷

    目次基本情報 ーー基本情報ーー・登録年1999年・登録基準[1] (Ⅳ)・キューバ共和国ビニャーレス渓谷はキューバにあるカルスト地形の窪地。モゴーテ(断崖)と呼ばれる石灰岩の岩山や洞窟が点在し、伝統的な農業風景も広がる地域。農業は葉タバコの産地として有名である。ビニャー

  • オリーヴとワインの土地 ー バティールの丘:南エルサレムの文化的景観

    目次基本情報 ーー基本情報ーー・登録年2014年・登録基準[1] (Ⅳ)(Ⅴ)・パレスチナ自治政府バティールの丘はエルサレム南部にあり、オリーヴ、ブドウなどの段々畑が広がっている。石造りの壁、地下水を利用した灌漑システムを利用した畑もあり、古くから食料の供給地として繁栄

  • アルト・ドウロのワイン生産地域

    目次基本情報ポートワイン ーー基本情報ーー・登録年2001年・登録基準[1] (Ⅲ)(Ⅳ)(Ⅴ)・ポルトガル共和国アルト・ドウロ地域はドウロ川の上流に位置する。自然環境を生かしたブドウの段々畑が有名であり、2000年以上のブドウ生産の歴史を持つワインの生産地である。ドウロ川は川

  • ラヴォー地域のブドウ畑

    目次基本情報ワイン生産の歴史 ーー基本情報ーー・登録年2007年・登録基準[1] (Ⅲ)(Ⅳ)(Ⅴ) ・スイス連邦スイスのラヴォー地域にはスイス最大の湖レマン湖の湖畔に沿って広がるブドウの段々畑がある。この段々畑はローザンヌからシヨン城まで、レマン湖の斜面に沿って約3

  • メイマンドの文化的景観

    目次基本情報 ーー基本情報ーー・登録年2015年・登録基準[1] (Ⅴ)・イラン・イスラム共和国メイマンドはイラン中央山脈南端の渓谷、ケルマーン州シャフレ・バーバク郡にある村である。移住農牧業が営まれており、半乾燥地帯における自給自足の伝統的な文化がうかがえる。メイマン

  • コロンビアのコーヒー農園の文化的景観

    目次基本情報コロンビアのコーヒー ーー基本情報ーー・登録年2011年・登録基準[1] (Ⅴ)(Ⅵ)・コロンビア共和国4つの州と47の地域からなる世界遺産「コロンビアのコーヒー農園の文化的景観」では100年以上受け継がれてきたコーヒー栽培の様子が見られる文化的景観が広がっている

  • リュウゼツランの景観とテキーラ村の古式産業施設群

    目次基本情報テキーラの誕生テキーラについて ーー基本情報ーー・登録年2006年・登録基準[1] (Ⅱ)(Ⅳ)(Ⅴ)(Ⅵ)・メキシコ合衆国メキシコ中西部テキーラ地方にはテキーラ酒の原料となるリュウゼツランの畑が広がっている。2000年以上前から先住民によってアオノリュウゼツラ

  • 紅河ハニ族棚田群の文化的景観

    ・登録年2013年・登録基準[1] (Ⅲ)(Ⅴ)・中華人民共和国紅河ハニ棚田は、中国南部、雲南省紅河ハニ族イ族自治州の斜面に広がる棚田である。この棚田はハニ族が1300年近くの歳月をかけ作った世界最大の棚田である。世界遺産には総面積166㎢、3000段の棚田が登録されている。

  • 文化的景観

    前回で世界で最初の世界遺産の紹介が終わりました。ここからは文化的景観となっている世界の遺産について紹介していきます!文化的景観とは、自然と人間が関係し合い、共に作り上げた景観、文化の表現を指す概念のこと。登録の上では文化遺産となっているが、文化遺産と自然

  • メサ・ヴェルデ国立公園、ランス・オー・メドー国立歴史公園

    世界で最初の世界遺産の紹介第5回です!今回で世界で最初の世界遺産の紹介が終わります。今回はアメリカの文化遺産メサ・ヴェルデ国立公園とカナダの文化遺産ランス・オー・メドー国立歴史公園について紹介します!!目次メサ・ヴェルデ国立公園ランス・オー・メドー国立歴史

  • ヴィエリチカとボフニャの王立岩塩坑、ゴレ島

    世界で最初の世界遺産の紹介第4回です!今回はポーランドの文化遺産ヴィエリチカとボフニャの王立岩塩坑、セネガルの負の遺産でもある文化遺産ゴレ島を紹介します!!目次ヴィエリチカとボフニャの王立岩塩坑ゴレ島 ーーヴィエリチカとボフニャの王立岩塩坑ーー・

  • アーヘンの大聖堂、ラリベラの岩の聖堂群

    ーーアーヘンの大聖堂ーー・登録年1978年・登録基準[1](Ⅰ)(Ⅱ)(Ⅳ)(Ⅵ)・ドイツ連邦共和国アーヘンはカール大帝によりフランク王国の首都であった。そのアーヘンにある大聖堂は北部ヨーロッパでは最古の大聖堂となっている。アーヘン大聖堂は786年に宮殿教会としてカール大帝に

  • 世界で最初の世界遺産③(キトの市街、クラクフの歴史地区)

    ーーキトの市街ーー・登録年1978年・登録基準[1](Ⅱ)(Ⅳ)・エクアドル共和国エクアドルの首都キト(サン・フランシスコ・デ・キト)は標高2850mの高地にある都市で保存状態が良く、高く評価されている歴史地区である。キトには元々先住民族であったキトス族が築いた街があったもの

  • 世界で最初の世界遺産②(ナハニ国立公園、ガラパゴス諸島)

    ーーナハニ国立公園ーー・登録年1978年・登録基準[1] (Ⅶ)(Ⅷ)・カナダナハニ国立公園は高緯度のツンドラ地帯であるが、穏やかな気候となっており、ハッカ、シオンといった植物、グリズリーやカリブーといった動物が生息している。ナハニ国立公園内にはヴァージニア・フォールズ

  • 世界で最初の世界遺産①(イエローストーン国立公園、シミエン国立公園)

    前回で日本の遺産の紹介が終わりましたので、今回から世界の遺産についてまとめていきます!!今回紹介するのは世界で最初の世界遺産です。1978年の第2回世界遺産委員会にて自然遺産4件、文化遺産8件の計12件が世界で最初の世界遺産として登録されました。その12件の世界遺

  • 屋久島

    ・登録年1993年・登録基準(Ⅶ)自然美や美しい景観を自然現象や地域である(Ⅸ)動植物の進化と発達において重要な過程を示すもの 屋久島は本土最南端である鹿児島県佐多岬の南南西約60km海上に位置する花こう岩が隆起してできた島。総面積約500㎢(日本の島で7番目の面積)のう

  • 小笠原諸島

    ・登録年2011年・登録基準(Ⅸ)動植物の進化と発達において重要な過程を示すもの小笠原諸島は東京都小笠原村の行政区域で日本列島から約1000km離れた30余りの島々である。世界遺産登録の範囲としては、父島・母島の集落近郊、硫黄島、沖ノ鳥島、南鳥島を除く小笠原諸島の陸域と

  • 白神山地

    ・登録年1993年・登録基準(Ⅸ)動植物の進化と発達において重要な過程を示すもの 白神山地は青森県南西部から秋田県北西部にかけて約1300㎢ほど広がっている山地である。世界遺産には白神山地の原生林の中心約170㎢が登録されている。白神山地には8000年前には現在の分布域に

  • 知床

    ・登録年2005年・登録基準(Ⅸ)動植物の進化と発達において重要な過程を示すもの(Ⅹ)普遍的価値を持つ絶滅危惧種の生息地、生物多様性を示す地域知床は北海道北東端にある長さ約70km、横幅約25kmの半島。知床は1年の内冬の期間のみ海氷が発生する季節海氷域に当たり、流氷が海

  • 琉球王国のグスク及び関連遺産群

    ・登録年2000年・登録基準(Ⅱ)文化的な交流が示されている(Ⅲ)文化的伝統、文明の存在の証明となっている(Ⅵ)意義のある歴史的な出来事、伝統、宗教、芸術、に関連するもの琉球王国のグスク及び関連遺産群は15~19世紀にかけて存在した琉球王国の文化を現在に伝えている文化

カテゴリー一覧
商用
読者になる