プロフィールPROFILE

Cozzyさんのプロフィール

住所
埼玉県
出身
東京都

自由文未設定

ブログタイトル
ADHDでも働いてます
ブログURL
https://adhd-cozzy.hatenablog.jp/
ブログ紹介文
幼少期からADHDの類似症状が多々あり、少年期、青年期を経て多少の改善は見られたものの、アラフィフ現在でも依然として症状と向き合ってます。
更新頻度(1年)

16回 / 44日(平均2.5回/週)

ブログ村参加:2019/12/12

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、Cozzyさんの読者になりませんか?

ハンドル名
Cozzyさん
ブログタイトル
ADHDでも働いてます
更新頻度
16回 / 44日(平均2.5回/週)
読者になる
ADHDでも働いてます

Cozzyさんの新着記事

1件〜30件

  • 収納ボックス

    今住んでる部屋のクローゼットに棚があって、引っ越してきた時から棚の上にインナー、靴下、下着を置いてたんですが、まぁADHDな人が綺麗に整頓された状態を維持出来る訳もなく、あっと言う間にゴチャゴチャになりました(笑) 洗った順に取り出そうにも、下の方に埋もれたのを取ろうとすると雪崩となって崩れ落ちてくるので、結局いつも洗ったばかりのやつを取り出して、前に洗ったのは埋もれたまま。。。 と言う訳でAmazonで収納用の箱を購入。 一番手前は一番よく取り出すインナーシャツ。 真ん中は靴下。 そして一番奥は下着です。 ちゃんと幅を計って出来る限りちょうど良いサイズの物を選んだので、3つでちょうど棚が埋ま…

  • 失くさない為に

    自分はカバンやリュックのファスナーを閉め忘れて全開の事がよくあります。 幸いにも今まではそれで財布を落としたり誰かに抜かれたりって事はないんですが、財布は財布でよく会社でコーヒー買いに行きがてら寄ったトイレに置きっぱなしのまま自販機まで行ってしまって慌てて取りに行く事もちょくちょくあるくらいなので、いつ失くしてもおかしくありません。 パートナーからは「チェーン付きのナイロン財布にしなさい」と言われてたんですが、小中学生じゃあるまいしさすがに良い歳してナイロン財布は、、、と言う抵抗感もあってずっと買い替えずにいたんですが、ネットを見てたら「これなら?」と言うのを見つけたので何年かぶりに買い替えて…

  • うなずき過ぎ

    土曜日、彼女と新築物件を見に行った帰り道、「今日は殆ど揺れてなかったし太腿を摩ったりもなかったけど、営業さんと話してる時にちょっとうなずき過ぎかな。1〜2回うなずけば十分なのに一回のコメントでうんうんうんうんて何度もうなずくし、自分が喋った時までうなずきながら話してる事がある。」と指摘がありました。 2〜3歩進んで1歩退がったって感じですかね。。。 でも課題がハッキリしてるので次回気をつけてみようと思います。

  • 多動と緊張の関連性?

    先日彼女と話している時に、「私と二人でいる時はあまり体が揺れないのに、不動産屋さんの応接室とか内見現場にいる時は体が揺れてた。警察に紛失届を出しに行った時も揺れてた。緊張してると揺れるの?」と言われました。 そう言われてみれば、会社で普段通りの仕事をしている時は多分揺れてないと思います。 歩いてる時に体を掻いたり指を頻繁にポキポキ鳴らしたりする事もありません。 多動と緊張には何か関連性があるんでしょうか。。。

  • 多動が酷い

    以前、 adhd-cozzy.hatenablog.jp でも書きましたが、自分の場合は多動がとにかく酷いです。 ADHDに理解を示していてくれた彼女ですら、「本当にこの人で大丈夫か?」と心配になるほど挙動不審に見えるようです。 例えば 体が前後に揺れる立っている時だけでなく、椅子に座っていても前後に揺れてるそうです。我慢すると足がムズムズしてきます。 指ポキ、首ポキが辞められない 太ももを摩るこれも我慢すると足がムズムズしてきます。 足と足を擦り合わせるカサカサしてるので音も大きいです。取り合えずハンドクリームを足の裏に塗ってみたところ、しっとりしたので音は小さくなりましたが擦ってしまう事に…

  • 出来ないハズはない

    今は受け入れてますが、自分にとって「発達障害」と言う言葉はやはり重く、どうしても「発達障害=普通の人より劣っている」と感じてしまうので自分は自己評価がとても低いです。 そのせいか、自分が出来ることに対して「欠陥だらけの自分なんかでも出来るんだから他の人も出来て当たり前。出来ないのはやる気がないからだ。怠けているからだ。」と思ってしまう所があります。 いや、思ってしまうだけでなく、そう思うと衝動的に口から言葉として出てしまいます。 それが原因で公私ともに周囲と軋轢を生んでしまいがちです。 もっと自分に自信を持てればもう少し違ってくるんでしょうけど、なかなか難しいですよね、 だって本当に人として色…

  • 苦手な人

    元々人付き合いが得意な方ではないので、苦手なタイプが多いです。 嘘つき、約束を守らないなどそもそも人として致命的に常識が欠けてる人がダメなのはもちろんですが、自分が特に苦手なのは付き合いが浅いのにいきなりパーソナルスペースの中にまでズカズカ入って来ようとする人です。 恐らくですが、ADHDの人の多くは定型発達の人と比べてパーソナルスペースは広め、つまり入ってこられると不快感じるエリアが広い傾向にあると思います。 自分をガードする円が凄く大きくて、少しでもその円の中に足を踏み入れようとすると「それ以上入ってこないで!」と一気に警戒心が高まってしまいます。 そんなパーソナルスペースに、ズカズカと無…

  • 致命的に片付けられない

    ADHDの最たる症状、それが「片付けが出来ない」じゃないでしょうか? 恐らくADHDの大部分の人がそうなんじゃないか?って気がします。 自分も基本、ゴミ部屋です。いや、厳密に言うと所謂「ゴミ」はないです。 飲み掛けのペットボトルだとか、スナック菓子の空き袋とか、弁当のガラだとか、そういうものはないです。そもそも部屋で食事するのが嫌いな人なので。 単純に物で溢れかえってるんです。書籍、CD、DVD、自転車のパーツ、洋服、etc...。 物量が収納に収まりきらないレベルなのですぐに溢れかえり、溢れかえったものを収納する為の収納を買い、後から置いた収納のせいで本来空くべき扉が開かなくなり、そして後か…

  • ADHDの恋愛観

    この人と決めたら一生、結婚前提なんて当たり前、そう思うのが普通の事だとずっと思ってました。 だから1回1回の恋愛期間が長いし、自分から嫌いになったり心が離れた事は一度もありません。 でも、周りを見渡すとどうやらそうじゃない人が多い。 一生の愛を誓った筈なのに何で離婚するんだろう?? 不思議で仕方なかったです。 もう一つ不思議な事があって、それはヤキモチと言う感覚が昔から良くわかりませんでした。 今付き合ってる彼女は友達が多くて、自分と電話してる時以外は他の人と電話してると言っても過言じゃないくらい電話してます。しかも長いです。 自分と電話してる時も2時間、3時間は当たり前です。5時間くらい話し…

  • 遅刻しないために

    子供の頃は学校に着く時間はいつもギリギリでした。 と言うか間に合わない事も多々ありました。 でも社会人になってからADHD由来の遅刻は一度もありません。 通勤もそうですし、友達との約束でも待ち合わせに遅れたことは一度もないです。 よくADHDの人へのアドバイスで、「普段より少し早めに家を出る」なんて意見を見かけますが、ハッキリ言ってそれは無意味だと思います。 ADHDの人が少しばかり早めに家を出るように努力してみたところで、結局準備してる最中に興味のある物が目に入ったらそっちに気が移ってしまって結局いつもと同じことの繰り返しになるだけです。 では自分の場合、どうして遅刻が無くなったかと言うと、…

  • 友達

    結論から言うと社会人になるまで友達はいませんでした。 小学校、中学校の9年間は結構なイジメにあっていて、高校の頃はイジメとまではいかなくとも同じクラスの人達からは完全に下のポジションにマウントされていたと思います。 第一に自分はとても太っていました。いましたって言うと過去形みたいですが、身長が低くて丸々と太っていて、「あっぱれさんま大先生」に出ていた頃の内山信二みたいな体型でした。(今も十分太ってますが身長が181㎝あり、筋肉も付いたのでプロレスラーや柔道家のような体型です) 当然、何をやってもどん臭くて運動会の徒競走は万年最下位。次のグループの全員からも追い抜かれた事すらあります。 体育以外…

  • 空気を読めない

    パートナーに言われるまで気づかなかったことは沢山あるんですが、中でも一番ショッキングだったのは 「人に対する配慮が出来てない」 と言う事でした。 例えばですが、カラオケスナックのようなお店で別のテーブルの誰かが歌を歌ってたとします。 「そう言う時に「ママお会計」って言っちゃうでしょ?」 と言う事を言われました。 そう言うお店に行くことがないですが、おそらくは席を立ってお会計しちゃうと思います。 「そう言う時はね、その人が歌い終わって拍手してからお会計するのがそう言う場での暗黙のルールなの」 と言われてまさに目から鱗でした。 他にも、ファミレスで席を立つ時にほぼ同時に周りの席の人が立ったらお会計…

  • 彼女からの指摘

    彼女と電話で話していると、「今、太ももすりすりしてるでしょ?」とすぐバレます。 初めて会った時から気づいていたそうなので、音ですぐわかるそうです。 ファミレスとかで体が前後に揺れてるのも言われました。 さらに、「ずっとじゃないけど、たまに「ん・ん」って息を止めてるような、一瞬いきんでるような音を出すことがあるよ。」と言われました。 トゥレット症候群、いわゆるチックって言うやつです。ビートたけしの肩をクイクイ動かすのとか、石原慎太郎の激しい瞬きとかと同じです。 もちろん、彼女にADHDであることはカミングアウト済みです。 自分も治せるものなら治したいとは思ってるし、彼女も「お友達とかだと気づいて…

  • 自分の症状

    一口にADHDと言っても人によって症状は様々です。 自分の場合、幼少期は ・お習字を習ってた時に勝手に席を立って他の子の所に行って話しかけていた(母親談。お習字の先生に困ってると言われたらしい) ・忘れ物が異常なレベルに激しい(AD) ・お片づけ出来ない(どっち?) ・吃音(どっち?) ・毎日通学班の集合が一番最後(AD) ・物をよく失くす(AD) 見事にADとHDの両方ありますね😅 少年期は席を立って動き回ると言うのは無くなってた筈です。 それ以外は全部あったと思います。 青年期になって、新たに ・じっとしてられなくて身体を揺らす(HD) ・太腿をさする。特に右側に偏りあり(HD) ・左肩が…

  • ADHDって何?

    ADHDとは注意欠陥・多動性障害と言う脳の発達障害です。 Attention-Deficit(注意欠陥) Hyperactivity Disorder(多動性障害)の頭文字を取ってADHDです。 2つの言葉が連結しているように、一口にADHDと言ってもADのみの人(ADの傾向が強い人)もいればHDのみの人(HDの傾向が強い人)、もしくはその両方の人と様々です。 また、ADとHD、それぞれに特徴的な症例がありますが、すべてが当てはまるのがADHDと言う訳ではなく、ある症例には当てはまっててもある症例には全く当てはまってないと言う場合もあります。 また、ADとHDのいずれも幼少期から少年期、青年期…

  • はじめまして

    はじめまして、ADHD(注意欠陥多動性障害)持ちのCozzyです。 2019年12月現在、49歳です。 独身ですが一応彼女らしきパートナーがいます。 仕事はネットワークSI会社で情シスをやってます。 ADHDですが障碍者枠ではなく一般枠で働いてます。 当ブログではADHDとは何ぞや?からADHDとどのように向き合い、どんな工夫で社会生活を送っているかを紹介していくことで、同じ発達障害で悩んでいる人に少しでも力になれたらと思ってます。 フィリップス 鼻毛/耳毛カッター 本体丸洗い可 NT1140/15 発売日: 2016/12/10 メディア: ホーム&キッチン

カテゴリー一覧
商用