searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール PROFILE

激辛ジョニーさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
激辛ジョニーのスパイス道
ブログURL
https://gekikarajohnny.com/
ブログ紹介文
激辛系YouTuber『激辛ジョニー』です。 ・辛いものと笑いに飢えてます。 ・全国の激辛グルメを食べ歩いています。 ・辛いものと欲望に正直な男です。
更新頻度(1年)

84回 / 171日(平均3.4回/週)

ブログ村参加:2019/12/06

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、激辛ジョニーさんの読者になりませんか?

ハンドル名
激辛ジョニーさん
ブログタイトル
激辛ジョニーのスパイス道
更新頻度
84回 / 171日(平均3.4回/週)
読者になる
激辛ジョニーのスパイス道

激辛ジョニーさんの新着記事

1件〜30件

  • 【超激辛辛麺】店舗最高記録105辛にチャレンジ!まさかのリタイア。。。【spicy ramen】

    『辛麺キッチン 彩』では、毎月辛さ増しのチャンピオンを決める『辛麺番付』を開催。 自己申告で辛さ増しをオーダーし、30分以内に完食すれば記録認定となる。 その月で最辛記録を保持すれば、記念撮影&辛麺キッチン彩特製のラーメン丼がもらえる。 ちなみに私が来店した時の最辛記録は『70辛』だった。

  • 【激辛】地獄らーめん完食で賞金3000円!辛さの次元がエグい。【spicy ramen】

    『おい、マジかよ』 スープが死ぬほど強烈。 辛過ぎる。 辛さの源は、過去に世界一辛い唐辛子としてギネスに登録された『キャロライナリーパー』 強烈な辛味の中にも魚介の風味を感じられた。 そんな流暢なことを言ってられたのは、最初だけ。 続いて麺をすすろうとするが、すすれない。 辛すぎてすすれないのだ。 『マジでやばい』

  • 【激辛】ギネスに登録された唐辛子使用!爆辛らーめんチャレンジ!【spicy ramen】

    会長らーめんのスープのベースは味噌。 一口運べば、味噌のコクのあとに唐辛子の刺激が、ガン!とくる。 『パンチ効いてますね〜?』 思わず女将さんに一言。 会長らーめんの完食者が、意外に多かった事と女将さんが『ジョニーさんが普段食べている激辛料理に比べたら、うちはそんなに辛くないですよ』とおっしゃっていたので完全にナメてた。

  • 【激辛マニアおすすめ】スパゲッティのパンチョ限定メニュー『ドMナポリタン』が旨すぎる♪

    お皿に山のように盛られた『ドMナポリタン』。 特製のソースに香辛料を合わせた一品。 一口食べたが、さすがナポリタン専門店。 洗練された味わい。 濃厚なナポリタンソースにこだわりの極太麺がよく絡む。 『んん〜美味しい♪』 肝心の辛さは唐辛子の辛味がピリッと感じる程度。 辛い料理が好きな方は、美味しく食べられるはずだ。

  • 【有吉ゼミ紹介】激辛担担麺『レッドモンスター』が尋常じゃないくらい辛過ぎる。

    噂の『レッドモンスター』 制限時間20分以内に食べると記念撮影をしてくれる特典がある。 20分いないを目指して勢いよく麺をすすったがこれ、超辛い。 辛すぎていつものようにズルズル啜れない。 唐辛子の辛さもさることながら、花椒の痺れも効いている。 具材には、半熟卵やネギやら様々入ってるが何を食べても辛い。 『ハア〜ヒ〜』 『辛い、辛過ぎる』 意気揚々と食べ始めたが、20分以内に完食の雲行きが怪しくなってきた。

  • 【制限時間10分】世界遺産の地で激辛パスタチャレンジ!【spicy pasta】

    日本一の桜の名所とも言われる吉野山。 吉野山とは、奈良県大峯連山の北の端から、南に約8Kmつづく尾根一帯をさす。 2004年7月には、吉野山を含む『紀伊山地の霊場と参詣道』が、ユネスコの世界遺産に認定された。 今回は、吉野山にある喫茶店『陽ぼっこ』を訪問。 ここ『陽ぼっこ』では、特典付きの『激辛パスタチャレンジ』が出来るそうだ。

  • 【博多火炎辛麺赤神】ハバネロ大量投入!『赤神天獄』にチャレンジ!!【Spicy Ramen】

    こちらが噂の『バリ辛赤神 赤神天獄』 大量の唐辛子が振りかけられており、麺が全く見えなくなっている。 ちなみに、使用している唐辛子は『ハバネロパウダー』と『チリパウダー』だ。 このメニューは月に3人ほど挑戦者が現れるとのこと。

  • 【デスソース入り】珉珉の『死神チャーハン』の辛さが兵器レベルで辛すぎる。【spicy rice】

    チャーハンには、粗刻みにしたキャロライナリーパー(大さじ2杯)とサドンデスソース(ありえないぐらいかけてた)がまぶしてあり、仕上げにキャロライナリーパーの実が1つトッピングされている。 ちなみにこの実は、地元の農家で栽培されている唐辛子を使用されている。 恐る恐るチャーハンを一口食べたが、マジで地獄だった。

  • 【食べログ百名店】さぼてん食堂の『激辛火山キーマ』が旨すぎる。【Spicy curry】

    キーマカレーとは思えない、大ぶりな粗挽き肉が超おいしい。 口に運べば、ジューシーな肉汁が溢れる。 こんなキーマカレー初めて食べた。 『感動』 どうやらカレールー自体は辛くないようだ。 カレールーの上にトッピングされている、大量のカイエンペッパーをまぶした『火山玉葱』を一口。 『ああ〜辛い』 唐辛子の辛味に玉ねぎ本来の辛さが加わり、口の中がビリビリに痺れる。

  • 【激辛】大阪の『モジャカレー』辛さ1000倍にチャレンジしてみた【Spicy curry】

    大きな器にぎっしり詰まったネギビーフカレー辛さ1000倍。 見た目も大きくかなりボリューミー。 辛さの源は『チリパウダー』と『ブラックブラックパウダー』から来ている。 ハバネロといった、超激辛唐辛子を使用しているわけではないのに結構辛い。 思わず店員さんに『これ、ハバネロ入ってますか?』と聞いてしまうぐらい、パンチが効いてる。 実はひと昔前にモジャカレーでは、ハバネロを使った激辛カレーを販売していたそうだが、『体調不良者』が続出したため現在では販売中止になっている。

  • 超激辛カプサイシンソース使用!『大噴火麺マグマ3』が死ぬほど辛過ぎた。

    この『マグマソース』を入れてから、マジで地獄だった。 以上にとろみのある感じが不気味。 さっきまでの美味しい食事が一転した。 超激辛香辛料カプサイシンソースが麺によく絡みつく。 口に運べば、痛辛い。 もはや拷問だ。 カプサイシンソースは少量で辛さが出せるので、素材の味が壊れにくいのが良い点だ。 今回は味わう余裕もなくただただ辛さと格闘していた。

  • 【激辛】地の果てに突き落とされる?和歌山のオロチョンちゃんぽんにチャレンジ♪【Spicy Ramen】

    スープはラー油などが加わり非常に香ばしい。 初めてオロチョンちゃんぽんというものを食べたが、すごく美味しい。 野菜や海鮮類が豊富に入ってるので、ラーメンに比べるとあっさりした味わい。 スープもゴクゴク飲めるぐらいだ。 肝心の辛さは、口の中を突き刺すような鋭い辛さ。 身体が火照ってるくるのは感じられる程度。

  • 【完食率0.1%】救急搬送者が出た激辛ラーメン『白熊ファイヤー』の辛さがエグかった。

    ついにお目見え! こちらが、過去に救急搬送者を出した『白熊ファイヤー』 オーナーさんに救急搬送当時の話を伺った。 チャレンジした方は、日本に留学に来ていた中国人の方。 最初は興味本位で注文したのだろう。 食べ進めるうちにハバネロによる、強烈な胃痛が始まり震えが止まらなくなった。 数分後、嘔吐し病院送りになった。

  • 【丸源ラーメン新メニュー】野菜たっぷり『赤辛ちゃんぽん』を食す。【Hot Ramen】

    スープは野菜中心のあっさりスープ。 喉越しのよい麺がはズルズルとすすりやすい。 肝心の辛さはピリ辛程度。 程よい辛さ加減で美味しく食べやすい。

  • 熱々パリパリキャベツ『辛きゃべとん 激辛』にチャレンジしてみた。【Spicy Ramen】

    熟成された醤油の美味しそうな香りと共に『辛きゃべとん 激辛』と『ピリ辛からあげ』が運ばれてきた。 ラーメンのキャベツには、『きゃべとんラーメン』特製のきゃべとんだれがかかっている。 醤油と唐辛子などをブレンドしている。 早速スープを口に運ぶ。 程よいピリ辛具合が食欲を刺激する。 美味しい〜♪

  • 青唐辛子使用!湯島の『激辛らーめん 大辛』に挑戦してみた

    見た目は激辛らーめんとは思えない美味しそうな普通のらーめん。 山のように盛られた白髪ネギが美しい。 スープは情報通りあっさりした味わい。 レンゲで救い上げてみると透明感のあるスープだ。 肝心の辛さは、青唐辛子の辛さがビリっと感じる。 確かに突き抜けた辛さだ。 口の中に痺れを感じるが、ギネスに登録されるような唐辛子を使用していないので、安心して食べられる。

  • 【完食者0人】超激辛ラーメン!地獄谷閻魔 大魔王7丁目が死ぬほど辛すぎる!

    見た目は美味しそうなラーメン。 コクのある味噌の味わいのあるスープだが、辛さが強烈だ。 キャロライナリーパー特有の苦味も感じる。 『これは、やばい』 身の危険を感じる辛さだ。 ピリ辛程度の辛さならリズムよくすすれるのだが、辛さが強烈だとうまくすすれない。

  • 唐辛子8本分使用!タイ屋台料理『ガパオライス 』を激辛仕様で食べた結果。

    今回オーダーしたガパオライスは、タイ産の唐辛子『プリッキーヌ』を8本分使用している。 様々なスパイスににんにくの香りが食欲をそそる。 香ばしく炒められたひき肉がパラっとしたタイ米によく合う。 確かに辛いが美味しい♪ 何口か食べていると、徐々に唇が痺れてくるのが心地よい。

  • 【超激辛カプサイシンソース入り】辛麺真空の『山 10辛』の辛さがエグかった。

    辛麺真空では、途中からでも辛さをプラスすることが可能だ。 カイエンペッパーとカプサイシンソースを足してみた。 辛味成分を抽出した『カプサイシンソース』の良さは、素材本来の旨味を壊さないことにあると、店員さんが教えてくれた。 確かに辛さを増す為に、大量の唐辛子パウダーを足していく手法を取るお店は少なく無い。 そうなると、料理が粉っぽく感じたり素材の味が薄まってしまう場合も。 『辛さを増したいが、素材の味は失いたく無い』 少しの量で辛さ増しが出来る、『カプサイシンソース』は、このジレンマを解消してくれるのだ。

  • 3つの香辛料地獄!『新潟三宝亭』の咖喱麻婆飯10辛に挑戦!

    ご飯に合うカレーと麻婆豆腐。 それぞれの料理を食べたことがある方は多いが、一度に一緒に食すことは、ほとんど無いはずだ。 口にすると麻婆豆腐の唐辛子と山椒のビリっとくる刺激、さらにカレースパイスの刺激も感じる。 3つの香辛料が口の中を刺激する、新感覚の料理だ。 味は、想像の通りカレーと麻婆豆腐。 肝心の辛さは、激辛唐辛子ハバネロを使用してるだけあって、パンチが効いている。 山椒とカレースパイスが合わさり、余計に辛く感じる。

  • 唐辛子で真っ赤なのに辛くないラーメンを食べてみた【中華そば 殿】

    スタミナそば超激辛! 赤い!赤すぎる!過去1くらいに赤い! これが辛くない訳が無い。 好奇心と恐怖に苛まれながら、一口スープをゴクリ。 地獄のように真っ赤なのに、不思議と辛さはそこまで感じない。 唐辛子の粉は表面上にだけ、振りかけられているのでスープ自体には溶け込んでいないようだ。 どうやらこの唐辛子は、韓国産の上級唐辛子を使用しているとの事。

  • 【京都激辛商店街】『珉珉』の伝説の激辛チャーハンに挑む!

    噂の激辛チャーハン辛さレベル3。 死神チャーハンへの挑戦権を獲得するためには、避けては通れない道。 激辛登竜門だけあって、正直辛さはイージーモード。 辛さの源は、ハバネロで調節している。 豆板醤も入ってるので、キムチチャーハンのような風味だ。 これぐらいの辛さであれば、美味しく食べられる。

  • 【完食者2名】福井県にある地獄の2丁目らーめんがアホすぎるぐらい辛すぎた。【歩】

    美しい盛り付けで見た目は、辛そうではなく美味しそうだ。 しかし、匂いがやばい。 ギネスに登録されるような、キャロライナリーパーやブートジョロキアなどの超激辛唐辛子特有の『苦い風味』が、このらーめんにもするのだ。 『危険』 身体がそう察知した。 まずは、手始めにスープをごくり。 『うおおお〜〜!』

  • 【激辛】福井県『もりた』の陳麻婆天飯辛さ5に挑戦してみた

    一口食べると一瞬カレーかと思うような味わい。 所々に散らばる、黒い玉のような山椒をかじると一気に口の中が痺れに襲われる。 天津飯の玉子はフワフワ食感。 たまらない。 食後の唇のヒリヒリ感が心地よい。 水を飲むと口の中が、余計に痺れる。 もりたさんやりますねえ〜

  • 【制限時間10分】金沢名物の『ハントンライス』激辛チャレンジ!

    辛さは置いといて、ボリュームたっぷりな具材は、男の胃袋をわし掴みにする。 一押しはいそべ揚げ。 噛んでるうちに海苔の風味が、鼻から突き抜ける。 ビストロソースは、ビーフシチューのような味わい。 このソースが、揚げ物のジャンキー感を無くして、上品な味わいにまとまる。 肝心の辛さだが、チョリソーがピリ辛に感じる程度。 激辛チャレンジメニューにしては、良心的な辛さ。

  • 【超激辛】鬼金棒のカラシビ味噌らー麺の『鬼増し』の辛さがエグい!

    カラシビ味噌らー麺辛さ、痺れ鬼増し。 真っ赤な地獄色のスープは、赤鬼を彷彿させる。 とても辛そう。 中心に乗っているヤングコーンは、鬼の金棒をイメージしてトッピングしているのだと言う。 スープを口に運んだ瞬間から桁外れの辛さと痺れに襲われる。 辛いだけならまだしも、超痺れるので余計に辛い。 『うおお〜』 食べ進めるうちに呼吸が、どんどん荒くなっていく。

  • 日テレ『ZIP』でも紹介された『フジヤマドラゴンカレー』の激辛ハバネロ20辛が危険すぎる。。。

    真っ赤な大きな器に美しい富士山のように盛り付けられている。 早速一口食べる。 『あっこれヤバイ』 『辛え〜!!!!』 ハバネロが強烈過ぎる。 あの18禁カレーに匹敵するほどの辛さの強烈さがある。 たちまち口の中が、ビリビリに痺れてくる。 辛さを緩和しようと頂上に乗っている生卵をすくおうとする。 この生卵は、濃厚で全く崩れない。 若干辛さが和らいだところで、ヒーヒーハーハー言いながら食べ進める。

  • 【完食者0人】富山のエアストリームの『辛味噌ラーメン50辛』に激辛チャレンジ!

    エアーストリームの激辛メニューの辛味噌ラーメンは、 ・辛さレベルが選べる。 ・辛い!旨い!でも辛い! ・ピリ辛なビジュアルなのにぶっ飛ぶ辛さ などなど感想がずらり。 辛味噌ラーメン10辛を食べた人の感想によると、『富山で食べた中で一番辛いかも』と言わしめるぐらいの強烈な辛さ。 味も辛さも評判のお店のようだ。

  • 1日限定5食の激辛スープカレー『アクエリアス』は異次元の辛さだった。

    大量の唐辛子が入ってるせいか、スープカレーにしてはドロっとしたスープ。 唐辛子とカレーのスパイスの刺激を感じるものの、それ以上にここのスープカレー旨すぎる。 豊富な野菜類はどれも新鮮な味わい。 じっくり煮込まれた骨付きチキンは、持ち上げるとほどけるように柔らかい。 ご飯との相性は最高だ。 食べ進めていくうちに、身体の内側から温まるのが実感できるメニューだ。

  • 唐辛子30本以上!金沢市にある『梅梅』の超麻辣担々麺にチャレンジ!

    麺より唐辛子の方が多いんじゃない?と思うぐらい、大量に唐辛子が投入されている。 この大量の唐辛子は、風味付けのような役割を果たしており、食べるものではない。 口に一度運べば、ピリッとくる麻辣の刺激、コクのある味わいが口に広がる。 洗練された味だ。 よく炒められたひき肉が、芳しく香る。 これは、美味しい。

カテゴリー一覧
商用