searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

伸楽福祉会さんのプロフィール

住所
明石市
出身
明石市

障害者当事者が運営する情報サイト「伸楽塾」です。施設での出来事や、障害、仕事、恋愛など当事者目線での情報を発信しています。

ブログタイトル
伸楽塾
ブログURL
https://shingakujuku.net/
ブログ紹介文
伸楽塾は、伸楽福祉会が利用者と共に運営する情報サイトです。障害のある方がそれぞれの個性を生かし、円滑に社会生活が送ることができるよう、当事者の声を大切にしながら、様々な情報を紹介していきます。
更新頻度(1年)

196回 / 365日(平均3.8回/週)

ブログ村参加:2019/12/04

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、伸楽福祉会さんの読者になりませんか?

ハンドル名
伸楽福祉会さん
ブログタイトル
伸楽塾
更新頻度
196回 / 365日(平均3.8回/週)
読者になる
伸楽塾

伸楽福祉会さんの新着記事

1件〜30件

  • 2021年とその先に向けて

    コロナに始まり、コロナに終わった2020年も過ぎ去り、2021年となりました。 これから我々は社会をどのように

  • 今年もジョブエルファームの収穫を行いました

    今年もジョブエルファームで野菜を収穫しました。獲れた野菜は、さつまいも、蕪、じゃがいもです。 さつまいもの収穫

  • まさみさんとさとみさん

    ドラマ「アンナチュラル」(2018) 【画像引用 ヴィデオノート】 その主題歌と共に、2018年に最も話題を呼

  • 時代はパーソナライズへ

    パーソナライズとは、マーケティング用語のひとつです。簡単に説明すると、1人1人の趣味やサイトの検索履歴などから

  • 「好き」と「必要に迫られ」のバランス

    「うちの子はゲームの技の名前やパスワードはすぐに覚えるのに、学校で習う漢字も算数の公式はなかなか

  • 質の高い教育とは何かを考える

    先日、国連が定めたSDGsの17の目標について大まかですが知る機会がありました。 SDGsの17の目標 【画像

  • コロナと共に生きた2020年

    ※この記事は2020年の12月中旬に執筆したものです。 2020年もあっという間に過ぎました。本来ならこの時期

  • アートシップ展へ行きました

    12月4日(金)に、明石市立博物館で行われているアートシップ展へ行きました。 コロナウィルスの影響で、今年は中

  • 2020 秋のボッチャ大会

    11月23日(月)に、ジョブエルメンバーで秋のボッチャ大会を行いました。 今回は、トーナメント戦でボッチャや障

  • 遅れてきた者と引用の花束

    ロイ・リヒテンシュタインの場合 ロイ・リキテンスタイン(1923~97)はアメリカの美術家です。最初は抽象表現

  • 天文科学館の清掃をさせていただきました

    以前「外部委託の清掃に挑戦しました」の記事で、柿本神社の清掃を行ったことをお話ししましたが、今回は明石市立天文

  • 調理実習でビーフシチューを作りました

    11月27日(金)にジョブエルで月1回の調理実習を行いました。 1か月ほど前に、ジョブエルの調理実習でクリーム

  • 短時間集中という特技について

    筆者は長時間集中して何かをするという事が苦手です。なので、何かをダラダラ話されたりすると、「要点と結論だけ言ってほしい」と思っていました。 その代わり、短時間に集中することは得意です。よく「女の買い物は長い」と言われますが、筆者は他の女性に比べると買い物の時間は短いと思います。 この「短時間に集中する」という特技は、日本社会ではあまり受け入れられないようです。まだまだ日本には、長時間労働を美徳とす

  • 日本の映画音楽(1)武満徹

    はなれ瞽女おりん(1977) 映画「はなれ瞽女おりん」より 【画像引用 Ameba】 「はなれ瞽女おりん」は水上勉(1919~2004)の原作(1975)による篠田正浩監督作品です。ストーリーは瞽女の女(岩下志麻(1941~))が脱走兵の男(原田芳雄(1940~2011)と恋仲になり、逃避行を行うといった内容の話です。 主人公の岩下志麻は夫である篠田正浩の監督作品に多く出演していましたが、この映画

  • 見切りをつけることも大切

    筆者が通った高校は、どちらかというと校則が厳しかったです。毎朝校門では、校則を破る生徒と守らせようとする先生のバトルが繰り広げられていました。 大人になった今振り返ると、「そんなに生徒に手を焼くのなら、校則を変えるか校則を守らない生徒に見切りをつけるかをすればよかったのでは?」と思います。 時代や世代によって、物事に対する考え方が変わったり、違ったりすることは当たり前ですし、高校生というもう少しで

  • 私の聴いてきたJ-POP(2)女性編

    おわりに 2回に渡って6人のミュージシャンを紹介してきました。興味があればまた聴いてみて下さい。 【画像引用 沖縄暮らしの記録】 *1 先天性食道閉鎖症 先天性食道閉鎖症 *2 ハートネットTV ハートネットTV

  • 私の聴いてきたJ-POP(1)男性編

    高橋幸宏(1952~) 【画像引用 Ameba】 高橋幸宏は1952年生まれのミュージシャン(ヴォーカル・ドラム)です。高校在学中から音楽活動を行い、加藤和彦(1947~2009)とサディスティック・ミカ・バンド、上述の坂本龍一、細野晴臣(1947~)とYMOなどで活躍しました。現在はソロのドラマーとして多くのミュージシャンと共演しています。高橋幸宏のドラムはこれまでの揺れ幅のあるロックビートに対

  • 緊急車両の見学とバーベキューを行いました

    11月19日(木)にジョブエルメンバーで遠足に行きました。とはいえ、コロナの関係で大人数での長距離の移動は難しいので、今回は明石市消防局中崎分署で緊急車両の見学と海辺でバーベキューです。 午前中は明石市消防局中崎分署で緊急車両の見学です。消防車や救急車に備え付けてある設備の説明を受けました。 消防車のホースは1本が20メートルで数本を繋いでより長いホースにすることも可能だそうです。火災の際は消防士

  • 本格ミステリーへの招待

    新本格ミステリーとの出会い 「十角館の殺人」綾辻行人 【画像引用 あっこの本棚】 島田荘司の作品を読んでいくうちに、1980年代の中ごろから再び日本で謎解き重視の本格ミステリーが連城三紀彦(1948~2013)、栗本薫(1953~2009)、竹本健治(1954~)笠井潔(1948~)といった作家によって掻かれていることを知りました。また私と同じ年代のミステリー作家が1987年に発表された綾辻行人(

  • お金が掛かることが当たり前という考えを持つこと

    以前、「服のレンタルをしてみました」という記事を書きましたが、服のレンタルをすると筆者の姉に話したときにこう言われました。 「月額が結構な額だね」 もちろん、筆者の姉はただ事実を聞いて、思ったことを口にしただけです。ただ、筆者はこの姉の言葉に少し引っ掛かりを覚えました。 現代社会は色々な面でお金のやり取りによる消費が成り立っています。いうなれば、お金が掛かって当たり前の社会です。 筆者がレンタルを

  • 親との葛藤の日々

    安寧の日々 その後私は大学に進学し、ボランティアを行い、その後福祉の仕事を始めました。この時代の頃は(1980年代の中ごろ)はボランティアや福祉の仕事をするのは、奇特な人がやると思われていたのですが、両親は人の役にたつ仕事をしていると手放しで喜んでくれました。また障害者の女性と結婚したいと話した時も、そのことより私が結婚するということが信じられなかったようで(笑)、これも手放しで喜んでくれました。

  • 個性が社会の垣根を超える時代へ

    町を歩いていると、ランドセルを背負った小学生たちとすれ違うことがあります。 昔の小学生と現在の小学生が大きく変わった部分は、やはりランドセルの色でしょう。ここ数年で、様々な色のランドセルを背負う小学生たちを見かけるようになりました。 テレビを見ているとイスラム圏の女性たちはヒジャブと呼ばれるスカーフを巻いていますが、黒のヒジャブだけではなく、様々な色や模様のヒジャブを巻く女性たちがテレビに映るよう

  • J・S・バッハとバロック音楽

    音楽の楽しみ 筆者は最近153枚組(!)のバッハ作品全集のCDを買いました(輸入盤なのでロープライスなお値段でした)。少しずつ聴いていますが、筆者にとっては至福の時間です。 バッハが務めた聖トーマス協会とバッハの彫像 【画像引用 ドイツ情報サイト】 *1 レガート レガート *2 スタッカート スタッカート

  • 服をレンタルしてみました

    普段、通勤などに何を着ていいか分からない。そんな方には、プロのスタイリストの人が選んだ服のレンタルサービスがおすすめです。 今回は、筆者が服のレンタルを利用してみた体験談を書いてみようと思います。 今回、筆者が利用したのは「エアークローゼット」というレンタルサービスです。 服をレンタルするにもどこが一番いいか分からなかったので、試しにネットで口コミ評価が1位だったこのサービスを利用してみることに

  • あえて何もしないという選択もあり?

    「ご飯できたからテーブルを片付けて」、「お父さんがお茶飲み終わったから湯飲みを持ってきて」。 これ、筆者が生前の母に言われていた言葉です。端的に言えば、「それくらい察しなてやりなさい!」です。 法事で親戚が集まれば、姉共々「お客様にお茶を持って行って」などと言われていました。 昭和の田舎で育った筆者の母にとっては、家事も法事の雑用も女性がやって当然という考えや、姉と筆者が将来結婚した時に嫁ぎ先で困

  • 障害者の割引事情

    JR 障害者手帳で1種であれば、本人及び同伴者が半額になります。同伴者がいない場合は100キロ以上の距離であれば、やはり半額になります(ちなみに京都―西明石間の新幹線が98.7キロで、折り返して明石まで行くと100キロを超えます)。対象になる障害者は、身体・療育のみで、精神障害は適応されません。現在精神障害も対象にしようという動きもありますが、現段階では未定の状況です。 私鉄 私鉄ごとに割引料金が

  • 今年も調理実習でシチューを作りました

    10月30日(金)に、ジョブエルの自立訓練で、月に1回行う調理実習を行いました。今回は調理実習の様子を書きます。 メニューはクリームシチューを30人前です。2019年にも一度作りましたが、自立訓練のメンバーもかなり変わっているので、もう1度挑戦します。 新型コロナウィルス感染防止と衛生のために、手袋をして料理します。 シチューは最初に材料を切りますが、これには皆さんかなり苦戦していました。 料理を

カテゴリー一覧
商用