searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

Only in Kyotoさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
今日も損切り!徒然なる列車
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/155451
ブログ紹介文
損切、損切の人生であまり良い事も少なかったですが、そんな事は忘れて過去から今日までの鉄道旅や趣味の鉄道模型や地図の話、日常生活での発見や徒然に思い浮かんだ話とか、時間があったら書いてみます。
更新頻度(1年)

15回 / 365日(平均0.3回/週)

ブログ村参加:2019/11/30

本日のランキング(IN)
フォロー

ブログリーダー」を活用して、Only in Kyotoさんをフォローしませんか?

ハンドル名
Only in Kyotoさん
ブログタイトル
今日も損切り!徒然なる列車
更新頻度
15回 / 365日(平均0.3回/週)
フォロー
今日も損切り!徒然なる列車

Only in Kyotoさんの新着記事

1件〜30件

  • KTMカツミ製キハ82系レストア11 キシ80 塗装はがし

    キシ80その3厨房側の食堂関係者や食材積み込み等用ドアの右下にある通風口の工作を行いますが、その前に車体の半分ですが塗装を剥がしました。綺麗に塗装されていますが仕方ありません。車体の半分だけと言うのは試験的にと考えてです。金属製車体の塗料剥がしをググってみたら、昔からあるシンナーにドボンと言うのが多いようです。しかしながら大量のシンナーを容器に入れるとは言え数日も浸けて置くのは安全上からやりたくありません。また、市販のはがし液を使用している方もありますが、どのような商品を使用されているのかまではほとんど公開されていません。そこで、まずどのような剥離液が入手できるのか調べてみました。その結果、価格や効果、入手のしやすさからホルツの塗装はがし液を使用してみる事にしました。ヨドバシドットコムで250ml入1150円(...KTMカツミ製キハ82系レストア11キシ80塗装はがし

  • 自転車のタイヤ交換

    ゴールデンウィークの事です。県境を越える移動は自粛するように叫ばれているにもかかわらず愚息が横浜から戻って来ました。そして、近くのスーパーに買い物に行くために、彼が愛用の自転車に乗ろうとしたところパンクしているのに気が付きました。その10日ほど前に私が近所の業務スーパーに行った時に拝借したのですが、それ以来乗っていない事もあり全くパンクに気づきませんでした。以前だと家内の実家が自転車店をやっていたので、連絡すれば車で10分ほどの距離をやって来て修理してもらっていました。ところが、2、3年前に義父が高齢と膝をけがした事で店を畳んでしまいました。それで、パンク修理なら若い頃に何度かやったことがあるので、パンク修理セットをネット通販で購入しました。そして、いざ修理にかかろうとパンクしたタイヤをリムから外そうとした時で...自転車のタイヤ交換

  • KTMカツミ製キハ82系レストア10 キシ80

    キシ80その2前回の通風口を作った勢いで他の4カ所の作業も進めました。まず厨房側の丸窓の上にある通風口から着手しましたが、その前に丸窓も2mmほど位置が低いので修正しておきます。Φ3.5真鍮丸棒から切り出した小片で丸窓を塞いだ後正しい位置に穴を開け直します。開けた穴に木製の丸箸を差し込んで、Hゴムとしてライターで焼きなましたΦ0.4真鍮線を丸箸に沿わせて少しずつ曲げながらハンダ付けして行きます。丸窓の上の通風口は製品では省略されていました。前回ご紹介した方法で取り付けますが、何しろ小さな部分なので拡大鏡を使用していますが視力は限界、指先を使用する作業としても限界です。この部分が省略されたのも当時の技術では仕方なかったのかもしれません。他の部分にしても形は違っていても省略せずに表現しているだけマシだったのかも知れ...KTMカツミ製キハ82系レストア10キシ80

  • KTMカツミ製キハ82系レストア 9 キシ80

    キシ80その1自作キハ80の製作も一段落ついたので、これからは本格的にカツミ製のレストアにかかります。まずはキシ80からです。キシ80はヤフオクで単品で入手したもので、少しジャンク的な物だったので安い価格で落とすことができました。ジャンクと言っても車体は傷もなくきれいな状態でしたが、床板取付用のアングルが4か所の点付けで車体にハンダ付けされていたために、ハンダの経年変化でアングルの一部が車体から外れた状態になっていました。尤もレストアには好都合で、アングルを外す手間がかなり軽減されます。さて、レストアに当たって各車両の各部寸法を計測してみたところ、窓やドアに関して前後方向と窓の上辺はスケール通りです。ただ、窓の下辺の高さが0.25mmほど微妙に高くなっていますが、この程度なら誤差の範囲内でしょうか。修正するのが...KTMカツミ製キハ82系レストア9キシ80

  • KTMカツミ製キハ82系レストア 8

    自作キハ80の製作7自作のキハ80に台車を取り付けてみました。ここまでキハ80の自作記事を書いて来ましたが、こんな面倒な作業をしなくてもヤフオクでカツミ製の中古なら結構安くで入手できます。そうしなかったのは、作りかけの車体を利用しないのはもったいないと言うのもありましたが、以前に作った廃車同然のキハ82から台車と床下器具を流用できると考えたからです。台車は小高製のDT31Aです。おそらく何かで塗装するか染めてあるとは思うのですが、金属そのままの素のような表面が小高の台車の特徴でした。長年の経過でか表面が粉を噴いたようにざらついていましたので、歯ブラシで表面をこすってある程度滑らかになったところでタミヤのマットブラックで塗装しておきました。見た感じが良くなりましたが、プレーン軸なのが気になるところです。床下器具も...KTMカツミ製キハ82系レストア8

  • KTMカツミ製キハ82系レストア 7 キハ80の雨樋

    自作キハ80の製作その6前回のキハ82系のブログから1年近くも経過してしまいました。家庭の事情で模型製作に割ける時間があまりなかったのに加えて、EF58の製作に集中していたのもあります。また、最近になって、長年仕事で使用していた作業台を処分したために、その作業台で行っていた模型製作が一時的にできなくなってしまったと言う事もあります。代わりに古い机と椅子を置いたのですが、どうも落ち着かないのと糸鋸で真鍮板を切ったりキサゲ作業とかで金属粉が飛散するのが嫌でなかなか作業を行う気になりませんでした。けれども、最近になって二つ折りにして収納できる高さ37cmのローテーブルを引っ越す愚息より譲り受けて模型作業を再開しました。。高さが低いと長時間座れば膝とか足が少し痛くなりますが、学生時代からこれくらいの高さの台で作業してい...KTMカツミ製キハ82系レストア7キハ80の雨樋

  • 今年も桜の話題を少し

    今年も桜の花咲く季節になりました。昨年ご紹介したすぐ近くでの光景です。咲きだしたのは去年と同じ頃なのですが、今年は暖かい日が続いているために長持ちしそうもありません。風が吹けばもう桜吹雪の状態です。この場所は奥の方にも見える桜の木との間にも以前は2、3本植えられていたのですが、普段あまり手入れされていなかったのか枯れたり台風で折れたりして切られてしまいました。それらの木々が存在していた頃は桜のトンネルでさぞかし見事だったでしょうね。今年も桜の話題を少し

  • 愚息の引っ越しに付き合って横浜1泊旅行 

    先日、愚息が就職のために横浜に引っ越すことになり、ベッドとか家具の組み立てを手伝って欲しいと言う事で出かける事になりました。京都6時51分発「ひかり636号」で立ち、グリーン車にこの歳になって初めて乗車しました。早特を利用すれば普通車指定席料金に少しプラスすればグリーン車に乗れるし、「こだま」なら自由席よりも安い値段でグリーン車に乗れるので愚息は学生にもかかわらずよく利用していたようです。昔と違って新横浜には全列車が停車するのですが、今回「のぞみ」でなく時間が掛かる「ひかり」を使ったのは事前に予約状況を調べたらかなり空いていたので、このコロナの状況下少しでも空いている車両を私が希望したためです。実際、乗車当日の乗車率は私たちを含めて新横浜下車まで10~15%位だったのではないでしょうか。新横浜からは横浜線に乗り...愚息の引っ越しに付き合って横浜1泊旅行

  • 鉄道模型社 EF58 車体は自作 10 モニターと抵抗器カバー

    昨年末以来の投稿になりましたが、早いもので1月も最終日です。屋根上のランボードは1枚目を取り付けて2枚目の短い物を取り付けるのに失敗して予定通り頓挫して制作ストップしています。ただ、他の工程を先に進めていますのでなんとか完全休止は免れています。以前に製作途中の抵抗器カバーをご覧いただきましたが、その後ベンチレーター(買い置きしていたひかり模型製)を取り付け、モニターとともに吊りフックを付けました。吊りフックは作業中に引っ掛ける恐れがあるので一番最後で良いのですが、抵抗器カバーとモニターは塗装中または後に取り付けるまで別途保管しておくので先に作ってしまいました。フックはΦ0.3真鍮線の間にt0.6真鍮板を挟むかたちで作りました。このフックは小さくて所定の高さに揃えてハンダ付けするのに苦労します。そこで以下のような...鉄道模型社EF58車体は自作10モニターと抵抗器カバー

  • 鉄道模型社 EF58 レストア 車体は自作 9 ランボード その1

    ランボードを作りますランボードは私が参考にしている鉄道模型趣味誌1970年9月号の折り込み図面では端から端まで3mm幅で描かれていますが、実車の写真を見ると前後がやや幅が広くなっています。そのため広い部分はKSモデルのt0.3×3.7mm幅のランボード用帯板を3.5mm幅になるように削りました。3mm幅はKSモデル製をそのまま使用しています。所定の長さに切り出したランボードの板は表になる部分に3mm幅の両面テープを付けて方眼紙に貼り付けます。脚はt0.3×0.5幅帯板を使用し、取り付け位置をランボードの板にけがきますが、方眼紙の目盛がガイドになってくれます。さらに万全を期すため脚の帯板の一方をセロハンテープで固定します。その上で目打ち等の先のとがった用具で脚を押さえながらハンダ付けします。ハンダはこてに付けずに...鉄道模型社EF58レストア車体は自作9ランボードその1

  • 鉄道模型社 EF58 レストア 車体は自作 8  雨樋

    雨樋の取り付け再び屋根上に戻って来てまず雨樋を取り付けます。t0.3×幅0.5mm真鍮帯板(KS)を使用します。取り付けは金属車体の定番の方法です。まず、ほぼ等間隔にセロハンテープでベタベタと帯板を所定位置に仮止めします。次にテープとテープの間にハンダを落として屋根に雨樋を固定します。セロハンテープを取り除いてステンレス定規を当てながら雨樋全体にハンダを流して行きます。定規を当てる事で多少の凹凸の修正を行いながら真っ直ぐに取付が可能になります。撮影のために写していませんが車体の右側はノートパソコンの端に軽く押し当てるように固定して作業を行っています。余分なハンダを除去して出来上がりです。次はランボードの工作になりますが、これが曲者でして、完成まであと一歩のところでEF61の製作が中断した原因の一つがランボードの...鉄道模型社EF58レストア車体は自作8雨樋

  • Three's Company スリーズカンパニーにハマっています

    最近Youtubeで見つけたアメリカで1980年前後に放送された「Three'sCompany」と言うタイトルのコメディーにハマってしまいました。いわゆるシットコム(sitcom=situationcomedy)で古くはルーシーショーとか最近ではフルハウスがそれに当たると思います。1977年から1983年まで8シーズンに亘って米国で放送された人気番組だったようですが、なぜか日本では未公開だったんですね。Wikipediaよりひょんな事から若い女性2人が暮らすアパートの一室に迷い込んだ男性ジャックが食事を作ることを条件に間借りすることから始まるドタバタ喜劇です。まだ異性間のルームシェアが広まっていない時代、階下に住む大家のローパー夫妻に間借りを認めてもらうためにジャックが自分はゲイだと偽るのですが、このシチュエー...Three'sCompanyスリーズカンパニーにハマっています

  • 鉄道模型社 EF58 レストア 車体は自作 7

    屋根上の工作に移ります開店休業状態だった鉄道模型の製作も秋の夜長と気候も良くなってきたので、家の整理とかまだまだ雑用が絶えない中ではありますが少しづつながら動き始めました。まずは前回作業中にキズを付けてしまってその補修にかなり悪戦苦闘して、嫌気がさして半年以上放置状態だったEF58から取り組みました。キズをつけた前面とおでこの修復を行い、破損したヘッドライトをボナファイデプロダクトの通販で入手して交換しました。今回は車体との仮止めにはジェルタイプの瞬間接着剤を用いました。さて、今回は雨樋やランボードと言った屋根上の製作を行いますが、その前に製作途中からの公開になりましたので既に出来上がっている部分についてご説明したいと思います。屋根上板はt0.4真鍮板から切り出してハンダ付け後Φ0.4真鍮線を植え込んでボルトを...鉄道模型社EF58レストア車体は自作7

  • 鉄道模型製作は開店休業状態 パーツだけは増えて行きます KATOのダンパー

    ここしばらくブログの方も休んでいましたので現状報告をいたします。鉄道模型の製作は4~5ヶ月間休止状態です。理由はこの夏暑かったのでやる気が出なくなった事や軽い体調不良が挙げられます。しかしながら最大の要因は引っ越しを決断した事にあります。我が家は60年近く前に建てられた後、何回か改装を施して来ましたが老朽化も進んでおり自営業を営んでいた事もあって使い勝手の悪い間取りになっています。基礎部分からリフォームするにしても改築するにしてもかなりの費用も必要で、この歳になってローンも組めるはずがありません。娘や息子が地元に就職していたらまた違ったかもしれませんが・・・。そんな事で我が家は現在売り出し中です。(いつ売れる事やら・・・)そのため、現在週2日ほどになった勤め仕事の日以外は不用品の整理に追われています。特に自営業...鉄道模型製作は開店休業状態パーツだけは増えて行きますKATOのダンパー

  • 急行電車男 後編5 本線回りのC62と上り急行「とも4号」

    京都への帰りの列車は「長州」を諦めて三原発新大阪行の急行「とも4号」にしました。今回も始発の三原から乗車するために昨日に続いて山陽本線を西下しました。福山13時01分発の岡山発本郷行きに乗車し、車両は80系電車でした。この列車だと三原で「びんご」の発車まで1時間半も時間があるのですが他に普通列車がありませんので仕方ありません。ただ、そのおかげで貴重な列車を見る事が出来ました。公済出版社版の時刻表を見ると山陽本線の糸崎発14時04分発の323列車に蒸気機関車のマークが付いています。これを初めて見た時、ミスプリントではないかと思っていましたので、半信半疑で三原駅のホームでこの列車の到着を待っていましたら正真正銘のC62が牽引してやって来ましたすぐ傍にいたので体に響くような「ボゥォー」と言うものすごい迫力の汽笛一声で...急行電車男後編5本線回りのC62と上り急行「とも4号」

  • 急行電車男 後編4 急行「安芸」と糸崎界隈 その2

    この旅行ではオリンパス製のハーフサイズカメラを携行していました。当時はフィルムの値段が高かったので20枚撮りフィルムで40枚撮影できると言う事でこの手のカメラが結構売れていたようです。ただ、現像代も20枚撮りと同じ値段でしたが、プリント代が嵩むのがネックでもありました。そのため、糸崎に2時間近く滞在した間に特急、急行、普通、貨物といろいろな列車が通り過ぎて行きましたが、ほとんどカメラに収めていませんでした。それと、このハーフサイズカメラについて言えば欠陥があったのではないかと思うところがあったのですが、後ほどお話ししたいと思います。前面2枚窓のクハ86はよく見かけるのですが3枚窓は初めて見ました。(16時16分発広島行335M)広島行623列車を見送った後、帰りの列車の都合もあって急行「安芸」はホームで見ること...急行電車男後編4急行「安芸」と糸崎界隈その2

  • 急行電車男 後編3 急行「安芸」と糸崎界隈 その1

    京都に帰る前日の午後、蒸気機関車牽引の急行「安芸」を見るために糸崎まででかけました。本当は私一人で行きたかったのですが、従兄がお目付け役に同行することになりました。ひょっとして前日、自転車で出かけた帰りが遅かったので心配させたためかもしれません。従兄と言っても私より7つほど年上で、マツダ関係の工場で働いていてこの日は休みだったそうです。福山から糸崎まで何に乗ったのか全く記憶に残っていないのですが、列車を待つ間に向かいの上りホームにEF58に牽かれた大阪行きの客車鈍行が入って来たのをはっきりと覚えています。それから推測すると福山14時24分発の大阪発広島行のこれも客車鈍行だったようです。当時、姫路ー広島間の1往復と合わせて一日上下4本だけの貴重な客車鈍行でしたがどうもよく覚えていません。糸崎のホームに降り立った時...急行電車男後編3急行「安芸」と糸崎界隈その1

  • 業務スーパーで買ったゴミ袋(ショッピングバッグ)

    最近、不用品の整理で次から次へとゴミが出ています。これまでは、主にストックしていた行き付けの業務スーパーのレジ袋に入れてから市の指定のゴミ袋に入れていました。けれども、それも残り少なくなってきたのと7月1日からレジ袋の有料化が実施された事もあってamazon等のネット販売で適当なゴミ袋(レジ袋)を探していましたが、どうしても送料がプラスされるのでスーパーのレジで袋を貰った方が安いと言う結果になってしまうので二の足を踏んでいました。その時に業務スーパーで見つけたのが100枚入りのショッピングバッグです。ショッピングバッグと名が付いていますが材質や形状はレジ袋と全く同じです。厚さはレジでもらうのに比べたらほんの少し薄いような感じもしますが、一時保管用なので特に問題はありません。NO.40で178円+税です。あまりよ...業務スーパーで買ったゴミ袋(ショッピングバッグ)

  • 急行電車男 後編2 福塩線の8620

    父の実家に着いた翌日の午前中、自転車を借りて未舗装の細い土手上の道を上流に向かって探索に出かけました。以前にこの道沿いの河川敷にある畑には行ったことがあったのですが、その先がどうなっているのか見てみたいと思ったからです。けれども、この先には民家はなく、道も程なく車が通れない小道になっていました。少し不安感も出てきましたので引き返しました。途中、対岸にある取水口のために設けられた低い堰堤が水量も少なくて対岸まで渡れそうなので自転車を置いて土手を下りて行きました。堰堤を3分の1ほど進んだところで、水が流れ落ちるあたりに何か魚のようなものがうようよしているのが目に留まりました。しかしながらよく見ると魚ではなくてヒルのように見えたので大急ぎで河川敷に駆け上がりました。午後は家でぶらぶらと過ごしましたが、その間対岸を走る...急行電車男後編2福塩線の8620

  • 急行電車男 後編1 下り急行「とも3号」

    中学2年生終了後の春休みを利用して初めて父の実家への一人旅をすることになりました。元々は父と行く予定になっていたのですが、物理の補講と追試に引っ掛かってしまい、父の帰りと入れ違いに出発することになりました。そこまでして行こうとしたのには訳がありました。当時、全国的に電化やディーゼル化が進められて蒸気機関車の活躍が終焉を迎えようとしていて、山陽路でもこの年の10月には呉線の電化が完成する予定になっていました。呉線にはC59やC62とかの大型蒸気機関車が活躍していて、中でもヘッドマークを付けたSL牽引の急行「安芸」は何とか見てみたいと思っていました。弘済出版社の時刻表です。中学生の小遣いでは大版の交通公社製が買いづらかったのと弘済出版製ではSL牽引列車に印が付けられていました。今回は京都13時38分発の快速上郡行で...急行電車男後編1下り急行「とも3号」

  • 急行電車男 前編23(最終回)

    下り急行「第2関門」2回目と上り急行「びんご3号」その2海水浴に行った翌日、祖母が隣町の松永にある親戚の家へ行くと言うので私たち3人も一緒に同行することになりました。恐らく母は、この祖母の親戚の誰かと相識の間だったのかもしれません。祖母の親戚の家には私たち兄妹と同じ年齢の兄妹がいました。私たちはすぐに打ち解けて近くの小川で蟹を捕ったりして遊びました。周囲には田畑が広がり遠くに山陽本線の列車が望める長閑な農村地帯でした。帰りはバスで福山に引き返すのかと思ったら逆方向の尾道に向かいました。何やら母が千光寺公園に行きたいと言うのです。バスを降りてから坂道を上って公園とを結ぶロープウェイ乗り場に着いたらちょうど最終便が出た後でした。仕方なく今来た坂道を下って駅に向かう事にしました。山陽本線のガードを潜り抜けたところで下...急行電車男前編23(最終回)

  • 急行電車男 前編22

    下り急行「第2関門」2回目と上り「びんご3号」その1昭和42年(1967年)にも8月の盆を過ぎてから母と妹と3人で父の実家へ行きました。その時には京都発の普通列車広島行は無くなっていて、前回と同じ新大阪発の急行に乗ることに黙って従うしかありませんでした。前回と同じく京都9時44分発の快速に乗りました。この時もボックス席に座ったように思います。新大阪で乗り換えのため18番線に行くとこだま型の特急電車の「第1しおかぜ」が停まっていました。前回見た「みどり」は前年の10月ダイヤ改正で登場した寝台電車581系に置き換えられて新大阪の発車時刻も1時間繰り上げられ、逆に「しおかぜ」が1時間繰り下げられました。また、私たちが乗る「第1関門」の新大阪発も4分繰り上がっています。この時、ホームのアナウンスで特急列車の自由席の設定...急行電車男前編22

  • 我が鉄道模型製作の現状をお話しします

    製作ペースが遅い言い訳をたらたらと申し訳ありませんブログを復活して1年になります。その間少しずつですが読者の方も増えてきて大変感謝しています。今年の正月のブログで、勤め先を変え、勤務日数も減らしたいようなことを書きましたが、今の勤務会社との話し合いで5月以降かなり勤務日数を減らして続けることになりました。そのためにこれまでよりは自由な時間が増えたわけですが、その時間をすべて鉄道模型の製作に当てると言う訳にも行きません。ここしばらくキハ82やEF58の製作ブログがストップしていますが、少しずつですが進行はしています。ただ、どちらもハンダを盛ってヤスリによる整形を繰り返しているために時間が掛かっています。尤も、集中してやれば数日でできるのかもしれませんが。その代わりにこの3週間ほど「急行電車男」と題したブログを集中...我が鉄道模型製作の現状をお話しします

  • 急行電車男 前編21

    下り急行「第1関門」1回目と2回目の上り「びんご2号」その2この時、父の実家で何をしたのかほとんど記憶がありません。小学生になってからも幾度か訪れた中で最も印象の薄い旅でした。それでも何とか記憶に残っているのが近くの芦田川でメダカを探したり、土手や河川敷でツクシやヨモギの葉っぱを母と採ったりしました。この頃になると辺りの農家にも変化が訪れていました。以前は夕方になると各農家で飼われていた牛を河川敷まで連れて行き暫しの間放牧をしていました。けれどもほとんどの家で牛を処分してしまいそんな光景も見られなくなくなってしまいました。叔父、叔母やこの地域の他の人たちも昼間働きに出るようになり、休日に田畑を耕す生活に変わったので牛の面倒を見られなくなったのかもしれません。そのおかげで土手や河川敷には牛の排せつ物がほとんど無く...急行電車男前編21

  • 急行電車男 前編20

    下り急行「第1関門」1回目と2回目の上り「びんご2号」その1前年の春に続き、昭和42年(1967年)の春休みにも母と妹と3人で父の実家に行く機会がありました。この時も当然京都始発の普通列車広島行きに乗るものとばかり思っていましたが、新大阪発の急行で行くと言う事を聞いてかなり抵抗しましたが覆りませんでした。私としては少しでも長く列車に乗っていたい気持ちと、レールから伝わる客車鈍行の重厚な走行音には子供ながらに惹かれる物がありました。しかし、今になって思えば夜の早い田舎の家に午後9時ごろに訪れるのには母としては気が引けたのでしょう。それと前年の春に妹と母とが遅れてやって来た際に利用して乗り換えとかの要領が分かっていたからでしょうか。今回は当時の時刻表がありますのでそれを見ながら話を進めます。確か京都を9時44分に発...急行電車男前編20

  • 急行電車男 前編19

    立山黒部旅行7昨日は全く気付かなかったのですが、トロッコ列車の宇奈月駅の側線には真新しい箱型の新型車両が停まっていました。駅の掲示板にはこの秋から運転開始とありました。新型車両をバックに撮ってもらった写真です。私の背後に立っているのは祖父のベトナム帰りの知人で、左端に写っているのが祖父です。宇奈月では少し時間があったので土産物を物色したりしてから一昨日泊まった河内屋旅館に向かいました。恐らく大きめの旅行鞄は預かって貰ったのでしょう。その時、旅館が注文を取っていた土産用の蒲鉾も受け取りました。昆布を巻き込んだちょっと凝った感じの蒲鉾でした。帰路敦賀に停車した時に、ビールのつまみに祖父らがホームの売り子から買ったのに釣られて私も買って帰った蒲鉾もあったのですが、母の感想では食べ慣れたシンプルな形の敦賀の蒲鉾に軍配が...急行電車男前編19

  • 急行電車男 前編18

    立山黒部旅行6旅館は尾根を越えて黒部川に注ぐ支流の方に少し下った僅かばかりの平坦な場所に建っていました。二階建てで昨夜泊まった河内屋とは比べ物にはなりませんが、一応4枚引き戸の入り口がそれらしい雰囲気を醸し出していました。通された部屋は見晴らしが良く、周囲の山々や斜め下には黒部川に注ぐ川の谷に架かるトロッコ列車の鉄橋が見えました。旅館の主人と祖父らとの会話を聞いていると、この旅館は冬期は休業で、利用者は関電関係の人や登山客が主で観光客はそれほどでもないとの事でした。それにしても今なら「ポツンと一軒家」のテレビ番組にも出てきそうな旅館をだれが見つけて来たのか、旅行会社の勧めだったのか今になっては知る由もありません。鉄橋が眺められたので矢印の当たりに旅館があったのではと思います。(Googlemapより)夕食前に風...急行電車男前編18

  • 急行電車男 前編17

    立山黒部旅行5夜行列車での寝不足のせいで室堂からの帰りのバスでは居眠りをしていて弥陀ヶ原辺りしか記憶にありません。ケーブルカーでは中間付近のトンネルを抜けると高所恐怖症からかホッとした気分になったのを覚えています。千寿ケ原からは一旦富山に戻るのかと思ったら宇奈月行きの直通電車に乗り換えました。冬期運休の季節運転とは言え、現在までに多くの地方鉄道が縮小、廃止されてきた中で現在でも引き続き運行されている事にいささかの驚きと運行会社に対して敬意を感じます。車両は朝乗ったようなシルヘッダーのある旧型車でしたが、座席はロングシートではなく4人掛けのボックス席になっていました。この後、また居眠りをしていたようであまり記憶に残っていません。ただ、上市がスイッチバック駅で「なんでこんなところで方向転換するんだろう」と言う疑問は...急行電車男前編17

  • KTMカツミ製キハ82系レストア 6

    自作キハ80の製作その5床板を車体に取り付けます。まず車体に取り付けたアングルにビス止めするために床板の端から2mm弱の位置に2mmネジの下穴と同じΦ1.6のドリルで穴を開けます。穴あけ作業には、ずっとピンバイスを使用しています。ボール盤があれば楽なのですが、たまにしか使用しない物に無駄な出費はできませんし占拠する場所の余裕もありません。ただ、1mm厚ともなるとピンバイスでは長時間の作業になって手や指が痛くなるのも経験しています。それで何か良い方法はないかと調べて見つけたのがプロクソンのミニルーター用小径ドリルチャックです。これなら0.5~3.2mmのドリルで穴開けができます。ミニルーターはかなり以前から所持していましたが、回転数が高すぎて穴開けなんか無理だろうと思っていました。使用に当たっては行き成りルーター...KTMカツミ製キハ82系レストア6

  • KTMカツミ製キハ82系レストア 5

    自作キハ80の製作5アングルの入手に時間が掛かると思っていましたが、意外なところから早く入手できました。鉄道模型の製作を再開して1年になりますが、この間パーツ類の入手は主にModelsImonとエコーモデルの通販を利用してきました。注文は先になりますが、今回もそのつもりでYahooJapanでアングルの検索をすると、KSモデルのアングルが並んでいるヤフーショッピングの画像が目に入りました。詳しく見ると少量ならネコポスで発送となっています。必要なKSの帯板もあったのでさっそく合わせて注文しました。鉄道模型も少し扱う規模の小さな雑貨店と言ったところですが、何でこんなちょっとマニアックと言っても良いような商品を取り扱っているのか興味を引くところです。アングルの取り付け前に車体裾のカーブの折り曲げ位置にアングルと一緒に...KTMカツミ製キハ82系レストア5

カテゴリー一覧
商用