プロフィールPROFILE

まりも保育士さんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
まりも🍎こどものせかい
ブログURL
https://www.marimoblog-kodomonosekai.com
ブログ紹介文
子育てに悩んでいるお母さんやお父さん、保育士や学校の先生に対して”子どもとの関わり方”について発信していきたいという思いの詰まったブログです。11年間保育士をしながら7年間父親をしている経験をもとに具体的な子育ての情報となっております。
更新頻度(1年)

17回 / 50日(平均2.4回/週)

ブログ村参加:2019/11/26

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、まりも保育士さんの読者になりませんか?

ハンドル名
まりも保育士さん
ブログタイトル
まりも🍎こどものせかい
更新頻度
17回 / 50日(平均2.4回/週)
読者になる
まりも🍎こどものせかい

まりも保育士さんの新着記事

1件〜30件

  • 「イヤイヤ期って本当に大変!!」イヤイヤしてる子が素直になる魔法の言葉

    「イヤイヤ期って本当に大変!」 「どうすればいいかわからない!」 子どものイヤイヤって本当に大変ですよね。 ・服に着替えるのも嫌だ ・靴下を履くのも嫌だ ・ご飯を食べるのも嫌だ ・歩くのも嫌だ ・全部嫌だ もう全ての事が嫌になり、まったく話が通じなくなりますね。 「もう!話聞いてよ!」 「もう勝手にしなさい!」 関わることも投げ出したくなりますが、そんなことを言うとますますイヤイヤがひどくなる。 親としても感情的になり、とても悪循環ですよね。 そんな子どものイヤイヤ期を不思議に思ったことはありませんか? なぜ、子どもはイヤイヤ期になるのか?なぜイヤイヤというのか? 今回はそんなイヤイヤ期につい…

  • 「子育てがうまくいかない・・・。」

    「子育てがうまくいかない・・・。」 「自分が育てたからこんないたずらっ子になっちゃったのかな・・・。」 「他の人が育てたらもっといい子に育ったのかな・・・。」 どぉーも、おはこんばんにちは!まりもです。 今回のテーマは「子育てがうまくいかない」と感じている方へのメーセージです。 「子育てがうまくいかない」と感じている方へのメッセージは3つあります。 1つ目が、子どもの人生を自分の人生だと思っていないか 2つ目が、子どもの行動を制限するには限界がある 3つ目が、子育てにおいてやってはいけないことは1つしかない この3つです。1つずつお話ししていきますのでよろしくお願いします! 1、子どもの人生を…

  • ご飯!着替え!歯磨き!お風呂!実は子どもにやらせなくてOK♪気楽に楽しくシンプル子育て

    「ご飯食べさせなきゃいけない」 「着替えさせなきゃいけない」 「歯を磨かせないといけない」 「お風呂に入れなきゃいけない」 育児をする上でやらなければいけないことがたくさんあり、イライラしたり「もういい加減にして」と泣きたくなることってありますよね。 実はそう考えている人の特徴というのが”完璧にやらなきゃ”と思ってしまっているようです。 この”完璧にやらなきゃ”と思っている気持ちを”一回くらいやらなくていいか!”と思えるようになると見えてくる世界が180°変わってくるので『ご飯』『着替え』『歯磨き』『お風呂』という生活習慣についての”一回くらいやらなくていいか!”を考えていきたいと思いますので…

  • 子どもの「自分で!」を叶えてあげる親子で実践できる3つの習慣化

    「自分でやるの!」 「自分で!」 忙しいときに限って「自分でやりたい!」と主張する1〜4歳くらいの子どもたち。 「もー!こんなに忙しいときに・・・早くしてよね!」 とついついやってあげちゃうことってないですか? 今では7歳になり大きくなった長女が、丁度2歳くらいの時に私はこの「自分で!」という言葉にやられていました。 家族だけの用事であれば、いくら遅くなったとしても問題ないのですが、おばあちゃん家に遊びに行く時や結婚式に参加するなど用事があるときに「自分で!」が発動すると「あー!もー!やっちゃうねー!」と嫌がる娘を無視してやってしまっていたことがありました!(今ではとても反省しています) それ…

  • 「イヤイヤ期って本当に大変!!」イヤイヤしてる子が素直になる魔法の言葉

    「イヤイヤ期って本当に大変!」 「どうすればいいかわからない!」 子どものイヤイヤって本当に大変ですよね。 ・服に着替えるのも嫌だ ・靴下を履くのも嫌だ ・ご飯を食べるのも嫌だ ・歩くのも嫌だ ・全部嫌だ もう全ての事が嫌になり、まったく話が通じなくなりますね。 「もう!話聞いてよ!」 「もう勝手にしなさい!」 関わることも投げ出したくなりますが、そんなことを言うとますますイヤイヤがひどくなる。 親としても感情的になり、とても悪循環ですよね。 そんな子どものイヤイヤ期を不思議に思ったことはありませんか? なぜ、子どもはイヤイヤ期になるのか?なぜイヤイヤというのか? 今回はそんなイヤイヤ期につい…

  • ”保護者からのクレームは保育士が生んでいる!?”保育園が本当に大切にしなくてはいけないこと

    みなさんは保育士というのはどんな仕事と感じていますか? ”子どもと毎日一緒に遊ぶ職業” ”子どもに教育する職業” 私もそんなイメージを保育士に持っていましたが、11年間保育士という仕事をしてきて感じたことがあります。 それは”子どもと遊ぶ職業”ではなく、”保護者への子育て支援をする職業”という事です。 この意識を持つ前、私は保育士という職業にやり辛さを感じていました。 1、保育士の思い 2、保育士の思いと保護者の思いのすれ違い 3、子どもの幸せの正体 4、親の幸せが子どもの幸せ 1、保育士の思い 私の保育士として大事にしてきたのは ・子どもたちが1日楽しく過ごせること ・汚れることをたくさん経…

  • 「先生に怒られるわよ!」やってはいけない子どもへの注意の仕方

    お子さんを注意するときにはどんなふうに伝えていますか? 意外に人に注意することって難しいですよね。 「ちょっと!やめなさい!先生に怒られるわよ!」 「ちょっと!やめなさい!お店の人に怒られるわよ!」 ついつい人の手を借りてしまいがちですが、この伝え方をしていると、子どもは本当にやってはいけないことを理解する事ができません。 やってはいけないこととはなんなのか? 何を伝えたらいいのか? どうやって伝えたらいいのか? そんな悩みを抱えているお母さん、お父さん、保育士さんはたくさんいらっしゃいます。一緒に考えていきましょう。 1、やってはいけないことをはっきりとさせる 2、やってはいけないことは他人…

  • ”お友だちにおもちゃを貸さない子”は素晴らしい

    マニュアルの恐ろしさ 1、条件付きの愛情 2、責任転換 3、承認欲求 まとめ 「かーしーてー。」 「いーいーよー。」 「ごめんね。」 「いいよ。」 このやりとりが大人にとっての理想の子ども同士のやりとり。 この理想のやりとりを実現するために大人は言うのです。 「ごめんなさいは!」 「いいよは!?」 「かしてって言われたら貸してあげるのよ!それがお利口さんなんだから!」 そして、これらの言葉を子どもが言うと、こんなふうに子どもを褒めます。 「あら!いいよって言えたわね!お利口さんね!」 このような大人の誘導もあってか、子どもの友だちとの関わりマニュアルが出来上がっていきます。 「いいよって言えた…

  • 子どものお手伝いにイライラしてしまう理由とは?

    子どもが「お手伝いしたい!」と言ってきたら、皆さんはなんて返事をしていますか? お手伝いは成長のイベント 好奇心が成長しないとどうなるのか お手伝いはイライラするもの 子どもに望むこと お手伝いは成長のイベント 手伝うという意味は”仕事を助けて、上手くいくように力を添える”ということ。 しかし、子どもがお手伝いをするとなったら助けてくれるわけではありません。 仕事自体が遅くなったり、余計な失敗をしてかえって仕事を増やしたりして効率が悪くなる。「もう、イライラしてたまらん!」と叫びたくなって「あっちに行ってなさい」とか「余計な仕事増やさないでちょうだい」なんて言葉を言ってしまいがちです。 そんな…

  • 「子どもがなかなか寝てくれない」実はその思いが逆効果!?親子でぐっすり眠れる3つの方法

    親「ねーもう寝ようよー」 子「やだ!」 親「もう11時だよー」 子「もっと遊びたいの!」 親「明日起きれなくなってもいいのー?」 子「いいよー!」 親「はぁー困ったなー…。朝全然起きてくれないのよねー…」 こんな経験があるのではないでしょうか?保育園の保護者さんからはこのようなエピソードをたくさん聞きます。子どもが全然寝てくれなくて困り果ててよく相談をしてくれていました。絵本の読み聞かせをして寝るまでの習慣を作ろうとしてみたり、きつく言い聞かせてもダメ。寝る前にテレビも見せていないのになぜか元気に遊び始める。 そんな子どもにお付き合いをして、親の方が寝不足になり心底疲れ果てている方がとても多い…

  • 「返事だけ!ダラダラしてる!」子どもにイライラするのは危険なサイン?心を楽にする3つの行動

    親「ねー学校の準備したのー」 子「うーん」 親「本当に!?…ちょっと!!全然準備できてないじゃない!!」 子「うーん」 親「今日ある授業の教科書も入っていないし!体操着も準備してないじゃない!」 子「うーん」 親「もー!!しっかりしてよね!!」 子「…。」 親「返事は!!?」 子「…うん」 親「はー…なんでうちの子って全然私の言ってること理解してくれないのかしら…。」 こんなやりとりを一度は経験したことがあるのではないでしょうか。何回も同じことを言っていても次の日には同じ間違いをしたり、忘れて全然準備をしようとしないなど毎日こんなやりとりをしていたらウンザリしてしまいますよね。 親としては「怒…

  • 「子どもがごはん食べてくれない」原因は親にあり!?食事の時間が楽になる3つの思考法

    親「ご飯の時間よー!」 子「やだー!」 親「おもちゃ片付けて食べるわよ!」 子「遊んでるの!」 親「食べなきゃいけないんだから!」 子「…。」 親「話聞いてるの!!?」 子「…。」 親「はー、どうやったらご飯食べてくれるのかしら…」 子どもがご飯を食べてくれなかったり、食に対して興味がなく「どうやったら食べてくれるのかしら」と悩んでいる方は多いのではないでしょうか。食べてもらえるようにたくさん調べて、時間をかけて料理したとしても子どもが食べることを嫌がり「食べたくない」と言っていたら、作った身としてはとても悲しい気持ちになりますね。 しかし、この気持ちの元には親の複雑化した思いがあるから「悲し…

  • 「着替えてくれない」子どものイヤイヤ期で困っている親が楽になる3つのシンプル化方法

    親「お洋服着替えようね」 子「やだ!」 親「パジャマのままなんてだめ!着替えましょ!」 子「いやだ!」 親「ほらこの間ママとパパが可愛いお洋服買ってきたのよ?」 子「いやだーーー!」 親「はー…どうやったらお着替えしてくれるんだろ…」 ”イヤイヤ期”の到来でお子さんがお着替えをしてくれなく困っている方はたくさんいらっしゃいます。こんな会話を一度はしたことがあるのではないでしょうか? 朝の時間がないときに準備しておいた服を着ることを嫌がったり、せっかく買った服を着たくないと言ってみたりされるとイライラしてしまいますよね。 「なんでもいいから早くして!」そう感じてしまうものです。 しかし、このイラ…

  • 「うちの子ってなんで何回言っても理解してくれないの?」子どもに説明するときの3つの注意点

    「何度言ったら分かるの!」「さっきも言ったでしょ!」同じ質問をしたり、同じ失敗を繰り返したりするお子さんに悩んでいる方はたくさんいるのではないでしょうか。 また「なんで?と何についても質問をしてしつこくて困ってます」と子どもの質問に対してもストレスを感じている方もたくさんいます。 文として言葉を話せるようになってくる2歳〜4歳くらいのお子さんに見られる傾向なので成長の一つと考えることが必要になってきます。そんな中「大人が我慢しなくてはいけない」というわけでもなく、そんな子どもたちだからこそ返事の仕方にコツがあるのでお話ししていきます。 ◆子どもに話すときの3つの注意点 ①1分にまとめて話す ●…

  • 「子どもがなかなか準備をしない…」子どもが学校の準備を時間までに終わらせる5つのポイント

    「いつまでも学校の準備をしてくれなくて困っています!」「のんびり屋なのはいいんだけどいつまでもご飯を食べていて学校に遅れそうになります。」など子どもの学校に行く準備について悩んでいる方が非常に多いです。言っても言っても早く準備をしてくれなく、挙げ句の果てにはのんびりしている。焦っているのは親だけ!こんな状態になって困っているのではないでしょうか。 実は何か期限のあるものに子どもが間に合うようになるとても効果的な促し方があるのでご紹介したいと思います。ぜひ、最後までご覧ください。 ①やることリストを作る ②終わる時間を設定する ③時計にタイムリミットマークを貼る ④声をかける回数を少なくする ⑤…

  • 「旦那が家事を全くやってくれない・・・。」パパが家事を率先してやってくれるようになる3つの方法

    「うちの旦那って子どもとは遊んでくれるけど、家事は全くやってくれないのよ。」「うちなんて子どもとも遊んでくれなくて寝てばっかりなのよ!」と自分の旦那さんがこんな状態だったり、主婦友達同士でこんな話が一度は出たことがあるのではないでしょうか。 昔から”家事は女の仕事”と言われてきましたが、その気持ちや習慣が抜けきれずに女性の方に任せきりになっているのが現実です。 そんな男性にも家事をやってもらいたい!ということで”パパが家事を率先してやってくれるようになる3つの方法”をご紹介していきますので、ぜひご覧ください。 ①「困ったなー」相談する ②「なるほどー!」共感する ③「ありがとう!」褒めるのでは…

  • 「上手だねー!」褒めることって実は危険!?3つの危険な褒め言葉  こども🍎育て方

    「自分はできる!」と子どもが自信を持てるように褒めることって大人にとって日常的に行っていることだと思います。 「上手だねー!」 「お利口さんだねー!」 「さすがお姉ちゃんだね!」 と子どもを褒めますよね。 しかし、実は”褒める”にも色々な褒め方がありまして、褒め方次第では子どもに自信を与える褒め方と子どもにプレッシャーを与える褒め方というものがあります。 わかりやすく”褒めない”と書きましたが、褒めることはとても大切で人に自信を与える行為でありますが、一歩間違うと自信を奪いながら、プレッシャーを与える行為でもあるのです。 ①「上手だねー!」の危険性 ②「お利口さんだねー!」の危険性 ③「さすが…

  • お母さんを子育ての悩みから守る3つの方法 

    どんどん便利な世の中になっている中、一つ全く変わらないことがあります。それは育児です。泣いている子どもをあやしてくれたり、夜泣きをした時にオムツを取り替えてくれたり、おっぱいやミルクを作って子どもに与えてくれたりしてくれるロボットがいるわけではありません。もしも、そんな人工的なロボットが開発されたとしても、その乳幼児期の対応をロボットに任せるべきではなく母親の愛を子どもに伝える必要があると思っています。 お母さんの力というのは絶大であり、子どもの心の形成はお母さんの愛情がなくてはなりません。 しかし、世のお母さんはとても疲れてきています。仕事をしながら、家事をしながら、役に立たない旦那さんのお…

  • 本当にやりたいことを発見し、集中力が身につく3つの方法 子ども🍎育て方

    「最近の子どもはやる気がないのね」「小学校の授業に全然集中できないみたい」子どもの様子を見て、不安を感じてしまう事がありますが、そんな”意欲”と”集中力”というのは子どもの頃にどれだけ好きな遊びを長く集中して遊べたかで決まると言われています。 と言っても、好きな遊びを長く集中して遊ぶというのは意外に難しいですね。「一つの遊びや習い事など全然集中して長続きしないのよ」と感じる方もいらっしゃるのではないでしょうか。 そこで意欲と集中力が身につく3つの方法をご紹介したいと思います。 1、「いつまでやってるの!」と大人が感じる遊び 2、「やってみる?」と問いかける 3、”やりたいこと”をするために”や…

  • 「心の性教育」子どもの性的な衝動について 

    「子どもに対して性教育とかした方がいいの?」「いろいろと教えてあげた方がいいのかしら」ひと昔流行っていた”援助交際”、自分の体を売る行為など安易に他者と性的な関係を持つ子どもがいますね。 「自分の子どもにはそんなことはして欲しくない」 そう願いながら、今回は小さい頃から子どものありのままを受容するという親の姿勢の大切さのお話です。 子どもたちの現状 子どもと性的な衝動 新生児期の性的な欲求を満たしてあげる”スキンシップ” スキンシップのタイミング ・朝の目覚め ・着替え ・「いってきます」 ・テレビを見ている時 ・お風呂 まとめ 子どもたちの現状 高校2年生の全国調査 ・万引きをしたことがある…

  • 「苦手、嫌いと言わない子に育てたい」勇気を与える子どもの育て方🍎

    「えー、できないからやらない」「どうせ、自分にはできないし・・・。」と自分に自信がなく何事にも挑戦できない、挑戦することが難しい子どもや大人の方って多いですよね? 新しいことに挑戦することで人は向上していくものと思いますが、向上しようという気持ちを持つことができていないということになります。 そんな子どもや大人の方が少しでも自信を持って新しいことに挑戦できる子になる育て方をご紹介します。 1、抽象的に「褒める」ではなく具体的に「褒める」 2、自分の子どもの印象を下げなくても良い 3、子どもの遊びに時間をかける 1、抽象的に「褒める」ではなく具体的に「褒める」 人間は褒められることがとても大好き…

  • 「なんでなの?」子どもの行動に不満を感じてしまう3つの原因と3つの対応 こども🍎育て方

    「なんでそんなことするの!」「なんで言っても聞かないの!」 お子さんが自分のいうことを聞いてくれないことに対して、悩みストレスを感じている方は多くいます。愛を与えてほしいと育児本などではよく書かれていますが、どうしても子どもの行動に対して不満を感じてしまうものです。 それはどうしてか?それは同じ人間であり、別の人間だからであります。当たり前のようで当たり前に感じていない事実であります。 家族というコミュニティーの中で生活しているため、親近感があり信頼関係もあると感じていますが、実際は出会って数年しか経っていない別の人間です。 お腹の中にいて血も繋がっているという理由でなんでも通じ合って、分かり…

  • ”子どもが食に興味がない3つの原因”と”食べることが好きになる3つの方法”🍎

    「うちの子、食に対して全然興味なくて・・・」「食べなくて困っちゃいます・・・」お子さんが食事に対して興味がなくて困っている方は多いと思います。そんなお子さんが楽しく食事ができるように献立や調理方法、テーブルクロスをつけてみたりお花を飾ったり・・・。それだけではなく、お子さんの好きなキャラクターのアイテムを置いたり、テレビをつけながら見ている間に口に運んだり・・・。様々な方法を試して苦労されている話をたくさん聞きます。 そこで今回は”食べる”ことの大切さや私たち大人が子どもたちのためにできる3つのサポート方法をお話ししていきたいと思います。 ①多人数で食べると食欲が増進 ②食欲の出る方法 ③食事…

  • 「子どもが泣いて困る・・・」”泣く”ことの大切さの話

    「子どもの声が本当に耳ざわり!」「なんでいちいち泣くの!?」日々生活する中で、子どもの泣く声に悩ませているお母さん、お父さんは多いのではないでしょうか。「泣いちゃった!どうしよう!」と泣くことをよくないことと感じてしまいますが、泣くことは成長する上でとても大切な行為であるため、泣くことに対して悲観的になる必要は全くないのです。 ”泣く”は表現する力 ”泣く”は助けを求めているということ 泣きたい時には泣くことが必要 ”泣く”は表現する力 人は生まれて一番最初にする行為は呼吸と泣くという行為です。生きていく上で呼吸することと同じくらい重要なことであることがわかります。では表現とはなんでしょうか。…

  • よく聞く”子ども一人ひとり”ってどうゆうこと?子ども🍎育て方

    「はぁー、またこの時期が来たかー」「提出期限いつだっけー」と保育士にとって憂鬱になる指導計画がありますね。毎年、毎月、毎週、毎日など保育園によって取り入れ方の違う指導計画というものがあります。大体の人は参考書などを読んで、当てはまる文章を寄せ集めて記入していくのですが、その中の文章によく使われるのが”子ども一人ひとりを見る”という言葉です。 ”子ども一人ひとり”を目でジロジロ見るということではないというのは皆さんわかると思うのですが、実際に”子ども一人ひとりを見る”というのはどうゆうことなのか?私なりの考えを実際の保育の場面に照らし合わせてお話ししていきたいと思います 遊びの中の”一人ひとり”…

  • 臆病な子どもに勇気を与える方法(自己肯定感) 子ども🍎育て方

    「うちの子、何に対しても臆病で新しい遊びにも中々挑戦しないし、親の後ろに隠れてばかりいるの」子どもの様子を見て、このような悩みを抱える大人が増えているようです。「やだ」「やりたくない」「見てる」と目の前に様々な遊びがあったとしても、挑戦せずに見ているだけ、ということはありませんか? その子どもの様子を見て「やる気がない」と感じる方もいらっしゃるかと思いますが、それは”やる気がない”のではなく自分に自信がないだけなのです。自分に自信がないから、目の前に様々な遊びがあっても「自分にはできないや」「どうせ失敗するし」と感じてしまい中々挑戦する事ができないという事なのです。 では、自信がない子が様々な…

  • 「察する」ことの危険性!? 子ども🍎育て方

    「察する」という言葉には他にも「気がつく」なんて言い方もありますね。 「気が利くねー!」なんて褒め言葉にも使われ”察する事ができる”ということは、とても能力が高いことと感じますね。もしかしたら”察する”事ができる、というのは個人的には能力が高いのかもしれません。しかし”察する”事ができるというのは人を育てる上で必要がないのです。 どうゆうことかというと”察する”行動をした上で先回りをした行動をとってしまうと、その相手が育たなくなってしまう危険性があるのです。 その危険性の5つをご紹介します。 1、言葉の発達が遅れる 2、経験する機会がなくなる 3、責任感が育たない オススメの方法 4、忘れる事…

  • ”自律心”が大切な理由と伸ばす方法 こども🍎育て方

    の”ジリツ”のイメージは”自立”ではないですか? この”自律”というのは”自分を律する”ことであります。 ●自立…他人の力を借りずに一人で物事を行うこと ●自律…自分のたてた規範に従って自分の行いをコントロールすること 実は大人になる上で一番必要なことは”自立”ではなくて”自律”なのです。 なぜ”自立”ではなく”自律”が大切なのか ”自律”の必要性とは? なぜ”自律”の力が育っていない大人が多いのか? ■”自律”の力を育てるアイテム”目覚まし時計” 1、目覚ましをセットする 2、目覚ましが鳴り、起きる ”自律心”は責任感を持つ上でとても大切な心 なぜ”自立”ではなく”自律”が大切なのか 「自分…

  • 「こどもが好き嫌いが多くて困る…。」実は好き嫌いを気にしないことが好き嫌いを減らす方法!? 子ども🍎育て方

    「うちの子、本当に嫌いなものが多くて困っちゃうのよねー!」 「好きなものしか食べないのよねー!」 この悩みは本当に多いですね。保育園の保護者さんでもほとんどがこの悩みを抱えております。この子どもの様子から”嫌いなものをなくしていくことがいいこと”と、なんとなく嫌いなものを子どもに食べさせなきゃいけないと思ってしまいますね。 この食事については本当に様々な考え方があります。精神科の医者、栄養学の専門家、教育学の人たち皆違う意見を言っています。 そんな中、今回は私の考えをお伝えしたいと思いますのでよろしくお願いいたします。 1、好きなものを美味しく食べると楽しい時間となる 2、大人になると嫌いなも…

  • 「子どもになんて声をかけてあげたらいいかわからない」声かけの3つの方法   子ども🍎育て方

    世の中には理想的な子どもへの声の掛け方や対応の仕方などいろいろな情報を知ることができますが、どれも難しく「結局なんて声をかけてあげたら良いの?」と悩んでいる人が多いのではないでしょうか? 保育士歴11年、父親歴7年で体得してきた声の掛け方を紹介していきますので、ぜひ最後までご覧ください。 大きく分けて3つあります。 1、赤ちゃんへのオウム返し 2、言葉を話すようになったら、オウム返し+簡単な質問 3、大きくなったら簡単な質問 4、まとめ 1、赤ちゃんへのオウム返し なぜ、生まれたばかりの子どもにも声掛けは必要なのかというと ・共感というなの信頼関係を築く ・言葉の獲得 この二つを獲得するために…

カテゴリー一覧
読者になる