searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール PROFILE

よそいさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
ハなす、ハなせば、ハなすとき
ブログURL
https://talk.nogame-nolife.online
ブログ紹介文
もっと人に伝えたい!話し方に悩みを持っている人、人前で緊張してしまう人、伝えることで悩みを抱えている人と、『いっしょに悩む』ブログです。三流プレゼンターが知ったかぶり知識と、恥ずかしい体験談を提供します。
更新頻度(1年)

2回 / 85日(平均0.2回/週)

ブログ村参加:2019/11/24

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、よそいさんの読者になりませんか?

ハンドル名
よそいさん
ブログタイトル
ハなす、ハなせば、ハなすとき
更新頻度
2回 / 85日(平均0.2回/週)
読者になる
ハなす、ハなせば、ハなすとき

よそいさんの新着記事

1件〜30件

  • ドキドキするシーンを思い出してみる

    自分がどういうときにドキドキするのか、思い出してみると、一定の決まりがあります。 それが判れば、考え方も変えられるかもしれません。 普段は何事もなく話しているのに、ある時、心臓が鷲掴みにされる、心臓がドキドキする瞬間があります。 それがいつなのか。走った時のように、身体の動きなら分かりやすいですが、どうやらそうでは無いようです。 どんなシーンが自分にとってのキッカケなのか、考えてみます。 シーン1 言うことが決まっている これ、一番多いです。定型文や、言わなきゃいけないことが予め指定されていると、ドキドキです。 なぜか?決まっているということは、間違う可能性があるということです。間違えるかもし…

  • 朝礼の話し方 恒例イベントは悪魔か天使か?

    話し方を学ぶときに、必ずと言って良いほど話題が出る「朝礼」緊張しいには地獄のようなイベントです。ですが、チャンスでもある。見知った人と話す機会を生かしましょう。 このブログをみている人にとって、「朝礼」と聞くと、ゾッとするかもしれません。身近にある話す機会。人前で何かをしゃべらないといけません。 私もゾッとするタイプの人間です。来週朝礼だなーと思うと、頭の片隅に少しずつ残る。話題を考えながら、何を話そうか考える。 そこまではいいのですが、数日前になると、本番でもなんでもないのに、動悸が強まる機会が出てきます。緊張、体の準備が早くも始まります。 武者震いでござるよ!と言いたいところですが、そうで…

  • セミナーに参加してみよう

    話し方をしっかり学びたいと思ったらセミナーに参加してみる。 学校の勉強のように、専門の人に考え方を教わるのが近道かもしれません。 話し方を学校でイチから教わった人! まあ、少ないですよね。 専門家として、プロフェッショナルとしてその道に進んでいなければ、話すは日常の一部。かつ、それ以上のものではありません。 必要最低限のノウハウは生きる中で身についても、それ以上は会得する事はないでしょう。何しろ、必要ありません。 独り暮らしの料理に似ていますね。最低限、不味くない食べ物は作れるようになっても、美味しい料理を作るとなると、そうはいかない。別のモチベーションが必要です。 ただ、困ってしまうのが、実…

  • コミュ障を、学んで一歩目

    失敗談から学ぶ。話し方の体験を知るならこの一冊です。 「コミュ障」だった僕が学んだ話し方 (集英社新書) 作者: 吉田照美 出版社/メーカー: 集英社 発売日: 2017/12/15 メディア: 新書 この商品を含むブログを見る 話し方の質をあげたい。人に自分の考えメッセージを伝えたい。 そう思っていたら、まず手をのばすのは、その分野の本です。専門書少し重すぎる。専門用語が並んでいても、そのレベルに至っていない私からしたら、まるでニーズに合っていません。 そんな中役に立つのが新書です。しゃべり言葉で書かれているものが多く、専門知識というよりは、実体験からの知恵を教えてくれます。しかも体験談付き…

  • 『話す』を見直すためのブログです

    こちらは『話す』ということにコンプレックスを持っている人ための、話し方ブログです。 心の重荷を少し減らし、会話を楽しむきっかけにしてください。 話し方 気にしている方は日本にどれくらいいるのでしょうか? アナウンサーやラジオバーソナリティにとどまらず、『人と話す』という機会が無い方はほとんど居ないのではないでしょうか。 私もそう。15年以上サラリーマンをしてきて、人と話すことは何度あったか数え切れません。 接客のとき、取引先との商談、奥さんのご家族との懇親。公私ともに誰もが体験する行為です。 ですが、話し方において、自分はプロフェッショナルか? そう聞かれたら、迷わずNOと言える自信があります…

カテゴリー一覧
商用