searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

あんなさんのプロフィール

住所
札幌市
出身
北海道

 秋の夜長というにはまだ早いが、日暮れが早くなっていることに気がついた。たいして忙しいわけでもないのに、夕焼け空を見上げる余裕もない日々年月が続き、そろそろ「あぁ、もう秋かぁ」などと少しもの思いにふけってみたくなった。  いつか、いつか書けたらいいなと思っていたことが、私の中のどこかにあって文字になりたがっている・・・つづく  (2017年9月6日 心のスケッチより)

ブログタイトル
心のスケッチ
ブログURL
http://anna-mama.net/?eid=1
ブログ紹介文
もうすぐ還暦、楽しい人生、山あり谷あり夢もあり!  小樽で過ごした日々のこと、乳がんのこと、一人暮らしの幸せな時間。 そんな心のスケッチです。
更新頻度(1年)

34回 / 365日(平均0.7回/週)

ブログ村参加:2019/11/23

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、あんなさんの読者になりませんか?

ハンドル名
あんなさん
ブログタイトル
心のスケッチ
更新頻度
34回 / 365日(平均0.7回/週)
読者になる
心のスケッチ

あんなさんの新着記事

1件〜30件

  • いつまでも夢を

     今から12年前のある日。駅前の商店街で「カフェあんな」という名の小さな喫茶店をやってた頃のお話。    「ママ、ちょっとねうちのモデルになって欲しいんだけど…」 一

  • 天狗山八十八ヶ所

      小樽は不思議な町である。ずっと住んでいるのに知らなくて、行ったことのない場所がある。そこにあるのが当たり前すぎて、よく知らないことがある。 どなたとどんな話をしていてそこへたどり着いたのかは、すっかり忘れて

  • 読書の途中で

     大人の恋愛小説らしい。Instaフォローしてる好きな俳優さんのオススメで読んでもいないうちからハートときめかせて本屋さんに行った。 読み始めるのがもったいなくて一晩寝かせた。 久しぶりのワクワク感。 

  • タイガーマスク

     外出自粛はしているけれどあって有り難いお仕事は、ライフラインに関わる職場。今日も満員バスに乗る。 そんな私にうれしい手作りマスクが届いた。タカノマスク。  SNSにアップされてたマスクを見て、イイな

  • 地獄と極楽

     風まだ冷たい北国の春。長引きそうな緊急事態。 おうちご飯を楽しもうと野菜をいっぱい買い込んできた。ジャガイモ、人参、玉ねぎ、キャベツ、しいたけ、カボチャ、ブロッコリー。 お芋の皮を剥いてたら、ふとあの世の食堂

  • 憧れの長い髪

     海を見つめていた。3年前の潮祭り市民レガッタ。    術後の経過も良好で、退院したのは夏真っ盛り。 バミコちゃんのチームの応援に、ひとり場違いなピンクの日傘。 ピンクの

  • 虹とアベベ

     白いスカートのマリリン・モンローよろしく、強烈に吹き上げる風に押し戻されそうになりながら、地下鉄の階段を下りる。かけ下りると書きたいところだが、重ねた歳のせいか下りはかけられない。膝が痛い。 札幌暮らしも早一年となり地

  • 風と共に

     はじめてその映画を見たのは、たしか中学生の頃。テレビの水曜ロードショーだったと思う。映画評論家の水野晴郎が番組の締めくくりに「いやぁ映画って、本当にいいですね!」と言うのがお決まりの番組だった。 その頃住んでたお婆ちゃ

  • 春は

     「春はあけぼの。 やうやう白くなりゆく山ぎはすこしあかりて、紫だちたる雲のほそくたなびきたる。」 いつのまにか夜明けが早くなっていて、そう、窓の外はとっくに明るい。 「春眠 暁を覚えず。 処処 啼鳥を聞く。」

  • 娘よ

      何がおしりセレブだ。     「お母さん、部屋の掃除しに来てー」娘からSOSの電話が入ったのは木曜の夜。  働き方だけ改革されて、仕事の量は改革さ

  • 記憶の中の雪景色

      もうこのまま春が来ると思い込んでいたら、節分過ぎて大雪。 あまりの雪の少なさに夏の水不足や農作物への影響を心配しはじめていたけど一安心。にしても一気にこんなに降るなんて。気温も上がったり下がり過ぎたり、昔の

  • 冬の雨と春の雪

     2018年3月20日節分を過ぎて立春を迎えたらもう気分は春なのに、いまだしつこく雪が降る。 お天気とご気分が上手くかみ合わない日々が続いている。 どんよりグレーの雲に覆われて隠れていたいのに、そんな日に限って

  • 節分まで

     やけに雪が少ない冬だけど、今年もやっぱり、大寒過ぎて節分までのこの時期は、立春からの新しい一年を迎えるためにちょっと修行をいたします。 だって今日まで生きて来て、生きてるだけであちらやこちらやそちら様にきっと迷惑かけて

  • ベットの上から

     2017年の6月は暑い日が多かった。インスタグラムの投稿は、屋台村のバミコdeあんなの写真に「珈琲かビールかそれが問題だ」とか書き込んでいる。29日に入院で30日に手術と決まっているのに、問題はそこだったのか。 &nb

  • 日帰り小樽芸術の旅

     行きたいところがあって、この日は小樽と決めていた。  スタートはこちら。UNGA↑縁起の良いお名前の粋なお店。   入ったとたんにいつもお世話になっておりますお友だちに

  • 月とアサヒと朝ドラと

     いつものようにスマホでSNSのタイムラインを流れていたらとっても残念なニュースが目に飛び込んで来た。 「ニッカウヰスキー 竹鶴の一部販売終了へ」 なんとも哀しいニュースである。  &nbs

  • チコちゃんに聞いてみたい

     「ねえねえ、おかむらー」「結婚してる人のお話だけどね、夫は妻のこと、妻は夫のこと、配偶者って言うわよね、書類に書くときとか」「あれ、どして配偶者って言うの?」 唐突ですが、配偶者って意味、語源、ご存知でありましょうか?

  • 命、預けます。

      娘盛りを渡世に賭けた緋牡丹のお竜さんではないけれど、命をどこに預けるか、考えたことはおありだろうか?  検査の結果が癌と出て、さてどうしたらいいものか。病院に来てしまったら手術、抗がん剤、放射線療

  • きーちゃんと風の時代

     彼が出て来たとたん、急にテレビに引きつけられた。 なんとなく見ていたNHK紅白歌合戦。彼だけなんだか波動が違う。 輝いていた。 どうしちゃったの?何があったの?  限界突破!&n

  • 行進曲にのって

        毎年恒例、元旦夜のお楽しみ、ウィーンフィル交響楽団ニューイヤーコンサート、ラデツキー行進曲に今年も参加できました。テレビの前でですけれど。(動画は数年前のものです)  元気

  • そして紅白

      大晦日。 22階のお風呂の窓から街を見下ろして、2019年を洗い流した。   今年、勇気を出して開いた扉は思いもかけない世界に続いていたり廻り道して戻って来たり2020年の夢へ

  • 三度目の年越し

    駆け抜けたのか、流されたのか、2019年ももうすぐ暮れようとしている。 一年だけを振り返るつもりが、あれから何年経つんだろうかと指折り記憶を遡る。 一昨年の出来事だった。  気になっていた胸のしこりの

  • 年忘れ物忘れ

     サンタクロースを見送って、歳神様を迎える前に、あれもこれもと気持ちばかりが忙しい。 仕事を無事に納めたら郵便局に立ち寄って年賀状を出すはずだったのに、家に帰ってかばんを開けたらまだ年賀状が入っていた。 「あー

  • さっちゃん

     その人にはじめて会ったのは高校二年の初夏だったろうか。 我が子を置いて行ってしまうような人になんか会いたくないよとツッパってはみたものの、泣いてあんたに会いたがってるとしつこく言われ続け、仕方あるまい会ってやらぬでもな

  • 思い出のメロディ

     無料のアプリで好きな音楽聴き放題。iPhoneあれば何も要らぬと教えられ、引っ越しの時、断腸の思いでステレオとレコードを処分して来た。 四半世紀、いやもっと暮らした街を離れ、久しぶりの都会生活。しばらくは音を楽しむ余裕

  • 静屋通りと都通りと

      「あんなさん、あんなさんは都通り、うちは静屋通り、堺町なんて関係ないって思うべ、な。でも、違うんだ。堺町に観光客が来なくなったら小樽みんな、俺たちんとこもダメになるんだ! わかるべ。したから俺たちは自分たちの商売だけでなくて・

  • はじまり

     ん? なんじゃこりゃ! 何の気なしに触れた右の胸にしこりがあった。え、何?こんなのあったっけ? すっかり忘れていたけれど、36歳のとき子宮頸癌を患っている。幸いにもお医者様も驚くほどの初期発見で、切

  • デトックスランチ

     そうだ!小樽行こ。バスに揺られて小樽行こ。 お茶でもしましょと言ったまま、なかなか会えなくて気になっている人にも会いたいし。突然だけど連絡をして。  ランチ決定、まり食堂。身体に優しく美味しいご飯の

  • 夢の中のポチ

       ボッテガ・ヴェネタかエルメスか。 ブランド品にはご縁が薄い半生だったけれど、そろそろちょっと品よくかっこ良く、背筋伸ばして歩きたい。 素敵なバックが欲しいなと、思う心に北国の冬。トートバッグに雪

  • 熱い思いを

     「あんなさん、今日の夜、暇かっ?」朝いただいた1本の電話で私はその夜小樽へ向かった。 10月10日 木曜日 午後八時 小樽都通り商店街集合。【オタル食べないけど飲まナイト 駅下コース】 小樽観光協会主催のミニ

カテゴリー一覧
商用
読者になる