searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE

pppianissimo7さんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
笛吹きの日記帳
ブログURL
https://pipe-piper-pipest.fc2.net/
ブログ紹介文
フルートと歌舞伎の好きな60代です。母の介護とか自分の終活とかいろいろグチャグチャしてますが、なるべく前向きに捉えようとブログを始めました。
更新頻度(1年)

344回 / 344日(平均7.0回/週)

ブログ村参加:2019/11/21

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、pppianissimo7さんの読者になりませんか?

ハンドル名
pppianissimo7さん
ブログタイトル
笛吹きの日記帳
更新頻度
344回 / 344日(平均7.0回/週)
読者になる
笛吹きの日記帳

pppianissimo7さんの新着記事

1件〜30件

  • 戻ってきた楽団名♪♪♪

    今日は、「ばらの町フルートアンサンブル」の練習日でした。そうなんです!「ばらの町フルートアンサンブル」という楽団名を使い続けることになったんですよ♪主宰者さんが高齢を理由に楽団を引退されたのですが、その際、楽団名も一緒に引退させたいと仰って、私たち、新しい楽団名を考えることになりました。これが結構、盛り上って、いろんなアイデアが出てきて、なかなか決まらなかったんですよ…。そしたらね、主宰者さんの気が...

  • 少人数学級は、どの子にも目を届かせるためのもの

    昨日の朝日新聞に、少人数学級実現に向けて!文科省と財務省の攻防が激化してると載ってましたね。感染防止対策として密にならないようにってことですが、じゃ、感染が終息したら元の40人に戻す…なんてことはありませんよね?少人数学級は、ずっとずっと要望されてきたことです。私の小学生時代は50人学級でした。かなりのすし詰めでしたが、私より5年ほど上の世代は、もっとすし詰めで、午前と午後の2部制だったとか…。教室を増...

  • https://pipe-piper-pipest.fc2.net/blog-entry-345.html

    日本フルート協会の定期刊行誌が届きました。前号では、演奏会のお知らせが皆無でしたが、今回はチラシもいっぱい挟まってましたよ。オンラインじゃなくて、生の演奏を聴く機会が増えてきてますね♪学校への出前公演も再開してるようです。文化芸術は不要不急じゃなくて、育ちつつある小さな心に、今、必要なんです。アウトリーチ活動が停滞しませんように!...

  • エンタメにおける感染防止対策に官と民の差を感じる件

    国立劇場も10月から歌舞伎公演を再開しました。今日が千穐楽で、無事に終えられそうだという安堵感もあるかとは思いますが、歌舞伎座が8月に公演再開したときの緊張感に比べて、スタッフの対応などさほどピリピリしておらず、いつもの国立劇場でした。扉はちゃんと閉めての上演で、暗転もありましたよ。もちろん客席は市松模様ですが、そもそも国立劇場って、いつも客席はスカスカなんですよね。売店ではお弁当も筋書きも売ってる...

  • たかがタバコの吸い殻と思うなかれ! 深い哲学があるのっさっ!

    先日、朝日新聞のひととき欄に知り合いの投稿が載ってました。30年くらい前、まだ不登校という言葉がなくて、登校拒否児童とかってマイナーな言い方をされていた頃、そういう子どもたちの居場所作りをされた方です。バクの会って任意団体を作って、子どもたちの話し相手になったり、勉強のお手伝いをしながら、教育行政にも積極的に働きかけてこられました。この30年のあいだに、社会の不登校に対する扱いはずいぶん変わりましたよ...

  • 予防って、安心のためのお札みたいなもの?

    デイサービスから演奏依頼をいただいて、感染防止対策を考えています。編成は、ピアノ、小型ハープ、フルートで、歌もあります。ピアノとハープはマスクしたままで演奏OKなのね。歌とMCは、テレビで芸能人が使ってるマウスシールドってのを使おうかと…。そしてフルートですよ…。歌口に取り付ける飛沫ガードを用意いたしました!音や響きに影響ないそうです。ちょっとカッコ悪いだけ…。あとは、距離をとって、30~40分くらいで…。演...

  • 学んでも身に付かない体質

    今日は、カトリック所沢教会のHPのコンテンツ作りで、一日中パソコンの前にいました。そして時々、聖書を開きました。いつも聖書を傍らに置き、何はともあれ、まずは神さまの言葉に耳を傾ける、まるで「大草原の小さな家」のパパママみたいな方は、私の知り合いにはおりませぬ…。私自身も、このHPのお仕事のときしか聖書を開かなくなってますねぇ…。とゆーか、これがあるから、少なくとも月に1度は聖書を開いているのね。おかげさ...

  • グレイヘアデビューは時期尚早だったかと迷いが生じてしまった件

    4年前の今日は、所沢市民音楽祭デビューの日でした。パユさまや高木綾子さま(どちらも憧れのソロフルーティスト)も立たれた所沢ミューズのアークホールで、パイプオルガンを背に演奏したのです。何だか、すごい昔のことに思えます。さて今日、市内のデイサービス施設のレク係さんからボランティア演奏の依頼をいただきました。コロナ感染を恐れてばかりいないで、楽しい時間を作りださなくちゃね♪それで、ふと心配になったがグレ...

  • とりあえず今日をしっかり生きよう! としか言えない。

    2年前の今日、兵庫県豊岡市の出石(いずし)まで、片岡愛之助率いる永楽館歌舞伎を観に行ってました。ずっとずっと行きたいと思っていて、やっと実現したんです。嬉しかったデス‼️‼️ 楽しかったデス‼️‼️そして、来年も必ず来よう、再来年も、その先も、毎年、観劇するぞ!と決めてたのに…。去年は、母が大腸がんの手術を受けることになり、入院やらリハビリやらで、大阪と埼玉を往復する日々が続き、永楽館歌舞伎どころではありませ...

  • ムーミン谷の秋は実をつけた草花から始まります。

    先週の土曜日、TBSの『世界ふしぎ発見!』で埼玉県飯能市とフィンランドの思いがけないつながりを紹介してましたね。ダサイタマと言われてる埼玉県の、しかも埼玉県人からもド田舎だと思われてる飯能(はんのうと読みます)に、ムーミンバレーパークやメッツァビレッジ、トーベ・ヤンソンあけぼの子どもの森公園などのお洒落スポットがあるって、全国的に驚きのウェーブが起きたかしら…?その調査(?)も兼ねて、ムーミン谷に行ってき...

  • 図太く生きて、繊細を目指す。

    2週間が経って、新宿へフルートレッスンを受けに行きました。新宿の活気はほぼ戻ってますね。キャンパスでの対面授業が始まったらしく、ラフな格好の若者たちの姿もありましたよ。ボザの「アリア」は次回、先生の前で、本番の気持ちで、吹くことになりました。バシッと決めて…と先生は必ず仰います。聴く人の心に音楽を届けることが練習のゴールなんですよね。もう、だいたい出来てると思ったら、先生からバシッと…のゴーサインが...

  • 楽しい時間を共有してるからって、思い出話ができるとは限らない。

    ここ数日、facebookが6年前の思い出を掘り起こしてくれてます。当時87歳だった母と楽しんだ、にっぽん丸のクルージングです。8年前に、初めて参加して以来、年に2~3回、神戸発着の短いクルーズに母と二人で参加してきました。高齢の母には船の旅がちょうど良かったんです。でもね、写真を見せて、覚えてるか聞くと「そんなことがあったような気がする…」という程度の思い出なんですよね。私も、さほど鮮明に記憶してるわけで...

  • 高齢化は明らかだけど、だからって何?

    今日は、4週間に1度のミサに与れる日曜日でした。10月から、感染防止対策が少し緩和されて、75歳以上の方もミサ参加OKになりました。4カ月におよぶ自粛が解除され、公開ミサ(非公開でミサは続けられてたのね)の再開を検討するとき、65歳以上は出席免除(ミサは信者の義務なので、禁止じゃなくて免除なのね)と決まりかけてたそうです。でも、そんなことしたら出席者は数人ですよって指摘されて、75歳以上に変更になったとか…。こ...

  • コトコトほほ肉♪ほろほろシチュー♪

    今日は12月中旬なみの寒さだったそうですね。こんな日は温かいシチューって思う方が多いのか、スーパーにハインツのデミグラスソースを買いに行ったら売り切れてました…。藤井寺の焼肉屋さん『じゅうじゅう万』を切り盛りしてる友だちが、ほほ肉を送ってくれました。焼肉屋さん的にはツラミと言うそうです。それで今日、ほほ肉の赤ワイン煮を作りました。下ごしらえは昨日の夜から始まりました。ジップロックに、ほほ肉と赤ワイン...

  • 「ねぇ、見て見て」って子どもの声を思い出す空でした。

    今日は見事なうろこ雲でした。こういうのを見ちゃうと、ひとりで黙って見てるのがもったいなくて、誰かと分かち合いたいって思ってしまいます。たまたますれ違った方に「きれいですね」なんて話しかけたりね!もちろんソーシャル・ディスタンスで…。...

  • この花♪何の花♪

    久々の着物リメイク教室でした。今日から、母の絵羽織をワンピースにリメイクします。その絵羽織の花柄が、さて、何の花なのかって話になったのですよ。私、梅だと思ってました。でも先生はヤマボウシだとおっしゃるのです。花びらの先っぽが尖ってるでしょ、って…。よく見たら、花びらが6枚です。梅って5枚ですよね。じゃ、ヤマボウシ…?そしたら、もう一人の生徒さんが「ハナミズキに見えるわ」と…。「えっ!? 昔の着物の柄にハ...

  • 生きるって大変!

    お散歩コースに保育園があります。今日は2歳児クラスが外遊びしてました。最近の保育園児は、ビラビラ布の下がってる運動帽をかぶってますよね。旧日本軍兵士みたいな…。あれって紫外線対策なのだとか…、子どもを取り巻く脅威ってウイルスだけじゃないのね。色も、昔は紅白で、組分けしたら、すぐに帽子を裏返して、紅組、白組に別れる…なんてことしてましたが、今はいろんな色で、最初から決められてるらしい…。その青帽くんと緑...

  • 新しい健康生活?

    さいたま市に稽古場のある劇団ミュージカル座でクラスターが発生しましたね。ステージに夢をつなぐ若い人たちが70人近く感染したようです。もちろん皆さん、症状は軽い、でも、公演は中止です。悔しいでしょうね…。歌舞伎役者さんのブログに、歌舞伎座の感染防止対策の厳しさを、ちょっと愚痴ってる記事がありました。胡蝶蘭の鉢の並ぶ華やかな楽屋に、入れ替わり立ち替わりご贔屓筋が差し入れを持って訪ねてくる…、なんてことはと...

  • マスクの裏でも微笑みを…。

    今朝、鏡を見て、ほうれい線が深くなっているような気がしたのですよ。ま、高齢者ですからね…。でもね、マスクをするようになって、ますます深くなったような気もするのですよ。マスクをしてるから、顔半分はお化粧しないって人もいるらしいですが、マスクしてると、顔半分が弛んでしまってるのではないかと思うのですよ。例えば電車のなかで、窓ガラスに映った自分の不機嫌な顔に気付いて、ゾッとすることありませんか?口角だだ...

  • アマチュアも感染防止対策せねばならぬのだよ。

    笛友さんの演奏会に行きました。この時期、吹奏楽だし、人数多いし、練習場所を確保するのも大変で、でも中止しても払い込んだ会場費は返って来ないし…、ということで、4曲+アンコール1曲の1時間足らずのプログラムならと、開催を決めたそうです。そして、楽団として感染防止のためのガイドラインを作り、練習段階からきちんと守って、今日の本番を迎えています。そのガイドラインの細かくて厳しいこと!客席は、もちろん前後...

  • 想い出はもう終わってると思ったら大間違い、それが今に続いてる。

    今朝もFacebookが想い出を掘り出してくれました。去年の今日、母は大腸がんの手術を受けたのでした。92歳で…。それまで介護保険を使うこともなく、1人暮らしを続けていたものですから、入院中の母に市から『元気はつらつ頑張る高齢者表彰』なるものが届いたのですよ。しかし、そのあとは坂道を転げ落ちるように認知症が進み、骨折して車椅子を使うようになり、1年後の今は老人ホームに入居しています。感染防止のために、最近は...

  • 前向きな気持ちが免疫力アップになるそうです。

    11月にgo to travelで関西方面の旅行を計画しているのですが、予約した帰りの飛行機が欠航になってしまいました。すぐに、次の便に変更できたものの、羽田着が、ちょうど帰宅ラッシュの時間になりそうで、う~ん…。でも、しょうがない、空港リムジンバスを使えば密にはならないだろうし、換気も万全だそうだし…。だいたい、リスク覚悟のgo to travelですものね。ま、最終日の現地滞在時間が2時間ほど延びることをラッキーと考えま...

  • たん♪たん♪誕生日はお肉♪

    今日は夫の誕生日です。69歳になります。藤井寺の焼肉屋さんの友だちがステーキ肉を送ってくれました。古稀のお祝いだそうです。数え年だと70歳なのね。今では、70歳まで生きるのは稀なことじゃないし、たぶん家族でお祝いなんかしないな~だいたい、娘たちは我が子のことで手一杯の時期ですものね。受験もあれば、反抗期もあるし、経済的にもこれからが正念場…!爺さんと婆さんは、穏やかに健やかに、二人仲良く暮らしましょう。...

  • マスク以外は、とてもフツーな銀座でした。

    十月大歌舞伎の第三部『梶原平三誉石切』を観てきました。1幕を1時間以内におさめてあるのは、九月の『引窓』と変わらないのに、何だかテンポ良く、最後の見せ場まで一気に運んで、そのあとしんみりと時間を止めて、温かい気持ちになったところで幕となり、良かった~と充実感いっぱいで歌舞伎座を出ることができました。仁左衛門さんは演出も上出来!上方歌舞伎の皆さん、久々の舞台で、テレビ出演やネット配信などもせず、引き...

  • 3連休から2週間経って感染者数は…?

    あっという間に2週間が経ち、フルートレッスンを受けに新宿に行きました。前回は国民の祝日でしたから、副都心界隈は閑散としていましたが、今日は働く人々で活気がありましたよ。牛丼の吉野家さんも、ラーメンの日高屋さんも満席のようでしたし、ビルの駐車スペースではキッチンカーに行列が出来てました。日常が戻ってますねぇ~、みんなマスクしてるけど…。歌舞伎町から新宿アルタのほうへ出てみたら、ところどころ遠慮がちに...

  • 幸せを呼ぶシルバーヘアだぞ!

    今日は美容院でした。シルバーヘア計画も最終局面となり、もうすっかり白髪のお婆さんが、ちょっとメッシュを入れてる風になってきました。美容師さんが「自由に切らせてもらえて、毎回、楽しかったわ♪」と…。こんな風にやれば、白髪染めを止めても、隠さずに、オシャレに、中途半端な時期を過ごせるって勉強になった、とも…。これまで、シルバーヘアデビューを考えてるお客さんには、あまり積極的に勧めてこなかったそうなんです...

  • 再開、復活、回復とはいえ…。

    国立劇場から『あぜくら10月号』が届きました。来月の演目が載ってる冊子ね。11月は、一部に吉右衛門さん、二部に仁左衛門さんと、顔見世興行みたいに豪華です。国立劇場では、役者さんの飛沫がどこまで飛び散るのか実証実験をして、感染専門医のお墨付きをもらってるそうです。go to なんちゃらで、エンタメ系の感染防止対策も少しずつ緩和されるはずなのですが、観客が安心できなければ、劇場に足を運んではもらえないってことで...

  • 名は体を表し、血はあらそえず、歯は芸能人の命

    ばらの町フルートアンサンブルの活動再開にあたって、この会を創設された方が引退表明をされました。もう年だから…、というのが引退理由です。ご高齢なので、感染を心配されての自主規制ってことは一番にあるでしょうね。そして、フルート演奏におけるざざまなこと、技術とか体力などに自信がなくなってきたとか、会の運営にまつわるいろんなことがめんどくさくなっちゃったとか…。年を取ったら呑気に好きなことだけして暮らしたい...

  • やっぱりアンサンブルは楽しい♪

    今日は、ばらの町フルートアンサンブルの練習でした。2月以来、7カ月ぶりですよ。1月に、今年はベートーヴェンイヤーだからって『エグモント』序曲を練習し始めて、それっきり…。もう、あと3カ月でベートーヴェンイヤー終っちゃいますよ!もう1曲は、ドヴォルザークの弦楽四重奏曲第12番ヘ長調『アメリカ』です。今日から始めて、4楽章コンプリートは来年の秋ごろかな?希望がどんどこ湧いてきましたよ~...

  • みんな同じが、みんな良い…。

    歩いてると、どこからか金木犀の香りが漂ってきたりしますよね。お散歩が楽しくなる季節です。保育園では運動会の練習をしてましたよ。孫の学校では、学年ごとに時間を区切って、父兄の応援が密にならないようにしたそうです。もちろん組体操も騎馬戦もなくて、リレーもしなかったとか…。それでもアノ自粛期間の、公園で遊ぶことも憚られた時を思うと、屋外で思いっきり身体を動かせるようになって、ホント良かったですよね。でき...

カテゴリー一覧
商用