searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール PROFILE

べるこさんのプロフィール

住所
未設定
出身
長崎県

自由文未設定

ブログタイトル
ガツンとくるやつ、ください。
ブログURL
https://madamkakikaki.hatenablog.com/
ブログ紹介文
映画の感想や考察を書いています。ほとんど外国映画です。
更新頻度(1年)

46回 / 101日(平均3.2回/週)

ブログ村参加:2019/11/19

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、べるこさんの読者になりませんか?

ハンドル名
べるこさん
ブログタイトル
ガツンとくるやつ、ください。
更新頻度
46回 / 101日(平均3.2回/週)
読者になる
ガツンとくるやつ、ください。

べるこさんの新着記事

1件〜30件

  • あなたの名前を呼べたなら

    あなたの名前を呼べたなら (2018年 インド・フランス) SIR【あらすじ】愛するあなたは雇い主。*********************昨日ニコやんのせいでマンディ化した脳内を浄化すべく タイトルからして胸キュンな映画を観たですよ。何事にも軌道修正は大事って昔じっちゃん言ってたもんね!さて、お話の舞台はインドのムンバイです。経済発展著しいインド最大の都市ですね。主人公のラトナ(ティロタマ・ショーム)は、大手建設会社の御曹司アシュヴィン(ヴィヴェーク・ゴーンバル)に仕える住込みの家政婦です。若くて結婚させられたものの早々に夫が病死し、19歳で未亡人となりました。以来 家政婦の仕事でお金を稼…

  • マンディ 地獄のロード・ウォリアー

    マンディ 地獄のロード・ウォリアー (2017年 ベルギー) Mandy【あらすじ】復讐する。*********************愛する妻マンディを狂ったカルト集団に惨殺された木こりの男が復讐のため立ち上がるお話。のっけから妙ちくりんな雰囲気です。じゃっかんスピリチュアル的な何か。もしくはアート。よくわからない。で、ミュージシャン崩れとその狂信的ファンで構成される変態カルト集団やら それに雇われた地獄の四騎士変態バイカーやらが出てきて、穏やかで幸せな二人の生活を一瞬にしてぶち壊します。と ここまでがまあ長い長い。一時間くらいあるんじゃないの、計ってないけど。というわけで、真面目に書くほど…

  • 超 感染 ファイナル・デッド

    超 感染 ファイナル・デッド (2018年 中国) 末世人間道 / LOST IN APOCALYPSE【あらすじ】とにかく逃げろ!!*********************この映画を作ったときはまさかこんな事態になるとは思ってもみなかったであろう中国発ゾンビパニック映画。『新感染』の二番煎じみたいな邦題なので観ようかどうしようかと迷ってたんですが、意外にも王道を行く真っ当なお話で面白かったですよ。わたしら日本人は漢字がわかるのだから『末世人間道』という原題のままで十分よかったんじゃないですかね。“超“ 感染とかさっぱり意味がわからん。本作では舞台が二つに分かれます。ある目的のため高級ホテル…

  • 潜水服は蝶の夢を見る

    潜水服は蝶の夢を見る (2007年 フランス・アメリカ) Le scaphandre et le papillon / The Diving Bell and the Butterfly【あらすじ】瞬きで本を書く。*********************世界的なファッション雑誌「ELLE」の名編集長だったジャン=ドミニク・ボービー氏の自伝を映画化した作品です。1995年12月、43歳という働き盛りに突然脳出血で倒れたジャン氏は ロックトイン・シンドロームという身体的自由を全て奪われた状態になり、唯一動かせるのは左目だけでした。この状態を彼は「潜水服に入っているようだ」と表現しています。そんな…

  • デッド・ウィッシュ

    デッド・ウィッシュ(2018年 アメリカ) The Final Wish【あらすじ】呼ばれて飛び出てジャジャジャジャーン的な何か。*********************それは呪われた骨壷じゃ。なんでか分からんが呪われた骨壷じゃ。それを手にした者は7つの願い事が叶うのじゃ。なんでか分からんが叶うのじゃ。なに、願い事が叶うなんて最高じゃないかって? ふはははは、お前もまだまだ甘いのう。その骨壷には恐ろしい呪いが封印されておるのじゃぞ。つまりお前が願い事をしそれが叶うたびに人が死ぬのじゃ。どうだ恐ろしいだろう。無意識に願ったことも叶えられてしまうからくれぐれも気をつけるがいい。ああ肝心なことを言…

  • 21グラム

    21グラム (2003年 アメリカ) 21 Grams【あらすじ】ドナーを探しただけなのに。*********************ショーン・ペンです。ベニチオ・デル・トロです。ナオミ・ワッツです。そしてシャルロット・ゲンズブールです。いやー豪華だな!!相変わらずナオミ・ワッツはいい脱ぎっぷりだなぁおい! (そこじゃない)「移植された心臓」を巡って出会うはずのなかった3人の男女の運命が思いもよらぬ結末へと導かれる。これは運命のいたずらかそれとも自業自得か、はたまた最初からこうなると決まっていたのか。覆水盆に返らず、巻き戻しのきかない人生でやれることはただ二つ・・・再生か、もしくは停止か。そう…

  • ザ・マミー

    ザ・マミー (2017年 メキシコ) VUELVEN / TIGERS ARE NOT AFRAID【あらすじ】ストリートチルドレンの生き様。*********************えーと、とりあえずね、「ママが殺しにくる」なんて的外れどころか大嘘の、お前ほんとに映画観たんか?と小一時間問い正したくなるようなキャッチコピーつけた担当者はママに謝れ。なんならいっそトラに食われてしまえ!!ちなみに原題は「戻ってくる」というニュアンスの言葉だそうです。おい担当者、間違ってもママは殺しになんか来ねえからな。ギレルモさんやステキンさん(なんやヒカキンみたいだな) が絶賛したのはわかりますよ。ジャンルは…

  • 彼らは生きていた They shall not grow old

    彼らは生きていた (2018年 イギリス) THEY SHALL NOT GROW OLD 【あらすじ】第一次世界大戦の記録。*********************テレビ番組や映画の中に挿入される戦争の記録映画といえば、モノクロ、無音、経年劣化により不鮮明な映像・・というのが殆どで、何も知らない子供の頃は「鉄砲担いだおじさんたちがちょこまか動いてておもしろい」なんて思っていましたけれどほんとすいません。兵隊さんもさることながら従軍カメラマンというのは非常に危険な命懸けの任務なんだなあとあらためて思う次第です。ね、渡部さん。(渡部陽一さん)で、彼ら従軍カメラマンが命懸けで撮影した記録映像に命…

  • ニーゼと光のアトリエ

    ニーゼと光のアトリエ (2015年 ブラジル) NISE - O CORACAO DA LOUCURA【あらすじ】みんなで絵を描こう。*********************精神疾患の治療においては、今でこそ薬以外に絵を描いたり物作りをしたりといった作業療法やアニマルセラピーなど 患者の気持ちを解放していく いわゆる“心の治療“ が有効であると認識されていますが、かつてはロボトミー手術や電気ショックで患者の知能を低下させるといった 荒っぽいと言うより非人道的なやり方が最先端の医療技術だとされていた時期がありました。ロボトミー手術と言えばディカプリオ主演の『シャッターアイランド』を思い出します…

  • アルファ 殺しの権利

    アルファ 殺しの権利 (2018年 フィリピン) ALPHA, THE RIGHT TO KILL【あらすじ】殺します。*********************先日メキシコの麻薬戦争を描いた『ボーダーライン』を観て身体中の毛という毛が逆立つほどの戦慄をおぼえたのは記憶に新しいところですが、本作の舞台はフィリピンです。ご承知のとおりドゥテルテ大統領の「麻薬密売に関わってる奴は即刻MINAGOROSHI」という強硬策が何かと問題になっておりますね。死刑の認められていないフィリピンにおいて司法手続きを経ないで殺すわけですよ。警察のみならず民間の自警組織による殺害もあるというのだから恐ろしい。まさに…

  • マーウェン

    マーウェン (2018年 アメリカ) Welcome to Marwen【あらすじ】おじさんの空想世界。*********************ヘイトクライム(憎悪犯罪)の後遺症とたたかう実在の写真家 マーク・ホーガンキャンプの伝記的ファンタジー映画。冒頭からがっつり人形劇です。いや、人形劇と言ってもモーションキャプチャで作ってありますからリアルな動きで表情も豊かですよ。マークさん(スティーブ・カレル)が自宅に作ったミニチュアの町マーウェンで日々繰り広げられるのは、G.I.ジョーのホーギー大尉と5人の女戦士(バービー人形) が迫り来るナチス親衛隊と戦うという 若干なんじゃそりゃと思わんでもな…

  • ホース・ソルジャー

    ホース・ソルジャー (2018年 アメリカ) 12 Strong【あらすじ】馬で来た。*********************9.11で崩壊した世界貿易センタービルの跡地(グラウンド・ゼロ)には「馬に乗った特殊部隊」の銅像が建っているそうであります。これは 9.11直後にCIAとアメリカ陸軍がアフガニスタンに秘密裏に送り込んだ精鋭部隊で、移動手段がまさかの馬だったので「ホース・ソルジャー」と呼ばれてるんですね。ちなみに本作の原題は『12 Strong』です。12人て! タリバン勢5万に対し12人て!!いくらグリーンベレーが生え抜きの屈強な男たちでもそりゃ無理だろうと思ったら、米空軍が空爆で援…

  • アンノウン・ソルジャー 英雄なき戦場

    アンノウン・ソルジャー 英雄なき戦場 (2017年 フィンランド) TUNTEMATON SOTILAS / UNKNOWN SOLDIER【あらすじ】地獄の歩兵連隊。*********************第二次世界大戦中、フィンランドと旧ソ連の間で1941年から1944年まで戦われた「継続戦争」を兵士たちの目線でリアルにかつ精巧に描いたド迫力満点の作品です。本物の銃器や戦車を使用、雪深い森林原野に鳴り止まぬ爆音。フィンランド国防軍が全面協力しエキストラの数は延べ14,000人以上、また1テイクに使用した爆薬の量はギネス世界記録というから驚き。気合い入ってますよ。この戦争はもともとソ連がフ…

  • 僕の中のあいつ

    僕の中のあいつ (2019年 韓国) 내안의 그놈 / Inside me【あらすじ】俺がお前でお前が俺で。*********************ある日突然誰かと入れ替わってしまうという設定は今や珍しくも何ともないんだけれど、パク・ソンウンが高校生と入れ替わると聞けば観ないわけにはいかんじゃろ、と早々にレンタルしてきました。そしたらね、まあこれが面白かったんですよ奥さん。偶然の事故で一流財閥の社長パンス(パクソンウン)といじめられっ子高校生ドンヒョン(ジニョン)がそっくり入れ替わるんですが、パンスは意識不明で入院してますのでほぼドンヒョンが出ずっぱりで頑張ります。でも中身はパンスなのでドン…

  • パピヨン

    パピヨン (2017年 アメリカ・セルビア・マルタ・モンテネグロ) Papillon【あらすじ】脱獄する。*********************フランスの作家アンリ・シャリエールの実体験に基づく壮絶な脱獄劇を描いた “脱獄映画の金字塔“ 「パピヨン」(1973年)のリメイク。オリジナル版のスティーブ・マックイーンをチャーリー・ハナム、ダスティン・ホフマンをラミ・マレックが演じています。子供の頃オリジナルを観た(親に観せられた)ような気もしますがいまいち覚えていません。当時のフランスに限らず昔の刑務所というのは罪状が軽かろうが重かろうが囚人の扱いは似たようなものだと思いますけれど、これが無実…

  • ディアスキン 鹿革の殺人鬼

    ディアスキン 鹿革の殺人鬼 (2019年 フランス) LE DAIM / DEERSKIN【あらすじ】ジャケット王に俺はなる!!*********************「お前は着るな、俺がキル!」なんていうポンカス臭漂うキャッチコピーに一瞥をくれ「どうせあれだろ?鹿革では物足りなくなって人を殺して皮を剥ぐ変態の話だろ?」とか思いながら借りてきました (借りたんかい)。いや新作100円期間だったし。ジャン・デュジャルダンだし。ちなみにジャケ借りするときケースの裏は見ない派です。さて、鹿革に魅せられたジョルジュさんは、家族を捨て貯金をはたいて念願の超イケてるジャケットを手に入れます。← ちょっと…

  • アルキメデスの大戦

    アルキメデスの大戦 (2019年 日本) The Great War of Archimedes【あらすじ】天才数学者あらわる。*********************アニメ『宇宙戦艦ヤマト』に痺れまくった子供時代。「日本には本当に戦艦大和があったんだよ」と親から聞いて、巨大戦艦カッケー!日本すごいな!なんて戦争の何たるかも知らず無邪気に喜んでいたあの頃を思い出します。冒頭のVFX映像はなかなかよく出来ていましたねえ。沈みゆく大和と乗船員の悲痛な叫びがよく表されていました。血で染った海水がダーッと流れるあたりは (演出として)良かった。大砲を撃つところはさすがにCG感が拭えませんが、まあ仕方…

  • ガリーボーイ

    ガリーボーイ (2019年 インド) Gully Boy【あらすじ】ラッパーになる。*********************『ガリーボーイ』とは「路地裏の少年」の意味。主人公ムラドの芸名です。どっかで聞いたことあるなと思ったら、浜田省吾のデビューシングルのタイトルが「路地裏の少年」でした。なんてことは置いといて・・・。主演はインドのドル箱スターで濃厚男前のランヴィール・シン。実力派女性監督ゾーヤー・アクタルがメガホンをとり、アメリカのラッパーNASがプロデューサーを務めたという何とも贅沢で本格的なラップ・ミュージック映画です。ムンバイのスラム街で暮らす青年ムラド(ランヴィール・シン) が、ひ…

  • ダイ・ビューティフル

    ダイ・ビューティフル (2016年 フィリピン) Die Beautiful【あらすじ】死化粧は日替わりで。*********************2014年にフィリピンのトランスジェンダーが殺されたジェニファー・ロード事件。事件後SNS上では「トランスジェンダーだから死んであたりまえだ」などという言葉が飛び交ったそうです。それに心を痛めたジュン・ロブレス・ラナ監督がトランスジェンダーに対する人々の理解が深まることを願って作った映画『ダイ・ビューティフル』、観よう観ようと思っていて今になっちゃいましたけど、いやーこれは素晴らしい。そして美しい。どんなに蔑まれても美しく生きることを懸命に貫き夭…

  • メン・イン・キャット

    メン・イン・キャット (2016年 フランス・中国) Nine Lives【あらすじ】猫になった。*********************仕事人間で傲慢で家庭も顧みないお父ちゃんが、とあるアクシデントで猫になってしまったことをきっかけにいろいろ反省するお話。監督が『メン・イン・ブラック』シリーズのバリー・ソネンフェルドなので『メン・イン・キャット』という邦題にしたんですね。ちなみに原題の『 Nine Lives 』は「a cat has nine lives(猫は9回生まれ変わる)」という猫の生命力を表す諺からきています。先日『グランピーキャットの最低で最高のクリスマス』という同じく猫が喋る…

  • 暁に祈れ

    暁に祈れ (2018年 アメリカ・イギリス・中国・フランス) A Prayer Before Dawn【あらすじ】刑務所でムエタイ。*********************ドラッグに溺れたイギリス人ボクサーがタイの刑務所で地獄の洗礼を受けたという実話。映画のラストで、原作者のビリー・ムーア氏が面会に来る父親役でチラッと出ています。刑務所が出てくる映画はいろいろ観てきましたけど、まあこのタイの刑務所の恐ろしいこと、恐ろしいこと。古参の囚人が新人をいびるとか弱いやつは掘られるとか(!) 看守を金で買収するとかは普通ですが (普通って言っちゃいかんのだけれど)、何を置いても囚人たちのビジュアルが凄…

  • ノーボーイズ, ノークライ

    ノーボーイズ, ノークライ (2009年 日本・韓国) 보트 / No Boys No Cry【あらすじ】お金がほしい。*********************小さなボートで韓国から日本に荷物を運ぶ仕事をしているヒョング(ハ・ジョンウ) と、彼を日本で出迎える亨(妻夫木聡) の二人の男が主人公です。10年前の作品なので二人とも若く、特に髪を赤く染めたハ・ジョンウのすっとぼけた顔が最高にいいです。てか二人とも薄ら汚い!!仕方ないけど。日本が舞台なので、ヒョングがカラオケで浜崎あゆみの「M」を歌ってたり、亨と二人カラオケ大会に飛び入りしてPUFFYの「アジアの純真」を変な振り付けで歌ったりと、当…

  • ハウンター

    ハウンター (2013年 カナダ) HAUNTER【あらすじ】無限ループ。*********************タイトルがまんま『ハウンター(幽霊) 』なので、かわい子ちゃんが幽霊屋敷でビビりまくる話かと思いきや、主役が幽霊だったというのが斬新でした。しかも自分が幽霊だと気付いていない (途中で全てを悟ります)。主人公のリサ(アビゲイル・ブレスリン)は、ある日自分と家族がある特定の一日を繰り返していることに気付きます。それは彼女の16歳の誕生日の前日。勘のいい人なら何となく察するかもしれませんが、実はリサの家族は全員死んでいます。なんだよネタバレじゃん、と言われるかもしれませんが、本作のキ…

  • 工作 黒金星と呼ばれた男

    工作 黒金星(ブラック・ヴィーナス)と呼ばれた男 (2018年 韓国) 공작 / The Spy Gone North【あらすじ】情報戦。*********************北朝鮮の核開発を巡り朝鮮半島がピリピリしていた1993年の韓国。核の実体を突き止めるため、北の上層部に潜入したスパイのお話です。実話をもとにしたフィクションとは言え、実際に黒金星(ブラック・ヴィーナス)という暗号名のスパイが表向きは対北事業家として工作活動をしていたことは事実のようです。派手なアクションシーンがない代わりに、いつバレるかと こちらもヒヤヒヤドキドキの中で見せる黒金星の役者っぷりがとてもいいです。ファン…

  • 僕たちは希望という名の列車に乗った

    僕たちは希望という名の列車に乗った (2018年 ドイツ) Das schweigende Klassenzimmer【あらすじ】退学の危機。*********************ベルリンの壁が建設される5年前、1956年の東ドイツのお話です。検閲はあるものの比較的自由に東西ドイツを行き来できた頃。ハンガリーで起きた民衆蜂起にソ連軍が武力介入し多数の人々が死んだことを知った高校生テオが、犠牲者の哀悼のためクラスメートに呼びかけて2分間の黙祷を行ったところ、体制への反逆行為として当局の調査が入り、言い出しっぺを明かさなければ全員退学させると脅されます。「はあ、何だそれ」と思いますが、当時の東…

  • ある戦争

    ある戦争 (2015年 デンマーク) Krigen / A War【あらすじ】交戦規則違反で裁判にかけられる。*********************見どころ・おすすめポイント↓↓↓CGやセット撮影、回想シーンなどを一切排除しドキュメンタリータッチで撮られているので超リアルで緊迫感が半端ない。これぞ映画の原点。素晴らしい。紛争が続くアフガニスタン。主人公は国連の平和維持軍に参加しているデンマーク陸軍の部隊長クラウス(ピルウ・アスベック)です。平和維持活動(PKO)というのは、テロリストの殲滅を目的とする対テロ戦争ではなく、現地住民の保護という人道目的をもってなされますが、タリバンが襲撃してき…

  • ボーダーライン / ボーダーライン:ソルジャーズ・デイ

    ボーダーライン (2015年) / ボーダーライン:ソルジャーズ・デイ(2018年) アメリカ / Sicario, Sicario:Day of the Soldado【あらすじ】麻薬戦争を仕掛ける。*********************見どころ・おすすめポイント↓↓↓いい人そうだけど何だか胡散臭いジョシュ・ブローリン、目つきと佇まいだけで人を殺せそうなベニチオ・デル・トロ。激シブおじさん二人のガンアクション。メキシコの麻薬カルテル殲滅のため国防総省主導のもと編成された特別チームが、カルテルの奴らや買収されたメキシコ警察とドンパチします。映画自体はフィクションですが、メキシコの麻薬戦争の…

  • メソッド

    メソッド (2017年 韓国) 메소드 / Method【あらすじ】相手役を好きになった。*********************見どころ・おすすめポイント↓↓↓美しい、ちょっと長めのキスシーン。ハムハムしてる!ハムハム!!ポスターからしてただならぬ妖艶な危うさの漂うこの映画、監督・脚本が『容疑者X 天才数学者のアリバイ』や『マルティニークからの祈り』のパン・ウンジンだと知ってちょっと驚きました。この人は劇団出身の女優さんでもあるんだけども、登場人物の心情を繊細に描くことに長けた監督でありますね。本作は俗に言うBLを扱っていますが、LGBTとは違う。あくまでも「俳優の演技」のお話なのでね、わ…

  • パーティーで女の子に話しかけるには

    パーティーで女の子に話しかけるには (2017年 イギリス・アメリカ) How to Talk to Girls at Parties【あらすじ】異星人と恋に落ちる。*********************見どころ・おすすめポイント↓↓↓とにかくエル・ファニングが可愛い。劇中の音楽もいいよ。パンク大好きだけど内気な少年エン(アレックス・シャープ)がパーティーで一目惚れした女の子(エル・ファニング)に話しかけるために頑張るのかと思いきや、想像のはるか斜め上を行くトンデモなお話でした(ほめ言葉)。てかたぶん冥王星あたりまでぶっ飛んでるんじゃないの。で、ええと、この映画の根底にあるのはパンクです。…

  • ゴールデン・リバー

    ゴールデン・リバー (2018年 アメリカ・フランス・ルーマニア・スペイン) The Sisters Brothers【あらすじ】おじさんたちの砂金探し。*********************見どころ・おすすめポイント↓↓↓フランス人監督が撮った異色のウェスタンならではの深い味わいが良き。ストーリーに惚れ込んだジョン・C・ライリーが、自ら演じるという条件を付けて映画化の権利を買ったというこの映画。ゴールドラッシュに湧く1851年のアメリカ・オレゴン州が物語の舞台です。イーライ(ジョン・C・ライリー)とチャーリー(ホアキン・フェニックス)は凄腕の殺し屋兄弟。まずこの二人の名字が “シスターズ…

カテゴリー一覧
商用