searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール PROFILE

maison_nさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
バスと日常の風景
ブログURL
http://bus-huukei.blog.jp
ブログ紹介文
停留所に止まるバスの写真メインのページです。 私が実際行った場所のみです。
更新頻度(1年)

49回 / 98日(平均3.5回/週)

ブログ村参加:2019/11/18

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、maison_nさんの読者になりませんか?

ハンドル名
maison_nさん
ブログタイトル
バスと日常の風景
更新頻度
49回 / 98日(平均3.5回/週)
読者になる
バスと日常の風景

maison_nさんの新着記事

1件〜30件

  • 湯村温泉(阪急バス)

    兵庫県北部にある湯どころ、湯村温泉。かつてのNHK連続テレビ小説「夢千代日記」の舞台でした。湧出時の湯温は98℃という日本最高温度の温泉です。旧町名は温泉町、中心街の字名は「湯」という、まさに温泉の町です。ちなみに現在の町名は「新温泉町」です鉄道はありませんが

  • 沼津駅(富士急シティバス)

    富士山周辺の静岡県、山梨県界隈に路線を広げる富士急行グループのバス。沼津地区は富士急シティバスの名称です。沼津駅前にあるこのバス乗り場は旧富士急百貨店の一部です。沼津にはかつて百貨店が富士急、西武の2店がありましたが、富士急百貨店の閉店に続き西武百貨店も閉

  • 熱海駅(伊豆東海バス)

    日本有数の温泉地 熱海の街を走る東海バスです。

  • まほろばの湯(宍粟市、運行はウエスト神姫)

    宍粟市にはいくつかの温泉があります。そのうちの一つがここです。

  • 山崎(神姫バス)

    山崎は旧山崎町、今は宍粟市の中心地区です。姫路方面、網干方面からのバスと宍粟市各地へ向けての路線の乗換点です。

  • ぬくもりの里(げろバス金山、運行は濃飛バス)

    ここは旧金山町の温泉施設の前です。ぬくもりの里、ゆったり館と2軒が道路に面して並んでいます

  • 藤並駅東口(有田川町観光施設巡回バス、有田鉄道受託)すでに廃止

    有田川町はかつてJR紀勢本線藤並駅より観光施設巡回バスを土日中心で運行していました。全線乗ると2時間近い路線ですが、藤並駅にある有田川町観光協会で申請すれば無料で乗車できました。バスはレトロ調のバスを使用していました。

  • (奈良)県庁前(奈良交通)

    奈良県庁は有名な観光地、興福寺の真向かいですので見たことがある方も多いかも、写真は周遊バスの「ぐるっとバス」です。

  • 亀岡駅前(京阪京都交通)

    亀岡駅前、新設された東側の出口からは、馬路~JR千代川駅への路線が運行されています。

  • 国道中山(京阪京都交通)

    国道中山の「国道」は国道9号線です。国道9号線には京都市内~亀岡を運行する路線バスが今も走り、バスによる都市間路線があった時代を偲ばせます。

  • 桂駅東口(京阪京都交通)

    阪急桂駅は京都市西京区の中心的な駅です。駅前は少し窮屈ですが、洛西団地方面への路線バスが発車します。西京区のバス路線は京都市交通局、および京阪京都交通の運行です。写真は京阪京都交通、三ノ宮街道(西京車庫)行です。

  • 武芸川温泉(岐阜バス)

    武芸川温泉は関市内、旧武芸川町にある日帰り温泉施設です。関市内、および岐阜市内より岐阜バスが運行されています。

  • 洞戸栗原車庫(岐阜バス、板取ふれあいバス)すでに廃止

    岐阜バスの岐阜から来るバスはここ洞戸栗原車庫が終点です。ここから旧板取村方面へは板取ふれあいバスに乗り換えです。板取ふれあいバスの再編に伴い、乗換点もこの手前、ほらどキウイプラザ前になり、現在は洞戸栗原車庫は使用されていません。

  • 稲荷(福鉄バス)

    稲荷は福井県今立郡池田町の中心地です。ここへは福井市内方面へは京福バスが、越前市(武生駅)方面に福井鉄道バスが運行されます。写真は越前武生駅行の福井鉄道バスです。

  • 福井駅前(京福バス)

    当時の福井駅前のバス乗り場です。現在は駅前ロータリーが整備されたためこのバス乗り場は「駅前大通り」の名前になっています。写真は大野線、(越前)大野駅前、ヴィオ行きです。60分毎に運行されており、本数の少ないJR越美北線をカバーしています。

  • 番外編 福井駅前(福井鉄道)

    福井駅前を走るドイツシュツットガルトの路面電車ドイツシュツットガルト→土佐電鉄→福井鉄道と移籍主に春から秋の間の土日に「レトラム」として運行

  • 芦原温泉駅(京福バス)

    JR芦原温泉駅は芦原温泉から数キロ離れています。温泉へは京福バスで移動します。バスは芦原温泉→芦原湯町→三国→東尋坊方面行です。

  • 白浜駅前(明光バス)

    白浜駅と白浜温泉とは数キロ離れており、バスで移動になります。写真は明光バスカラーです。左側に黄色いバスがありますが、これは近鉄バスからの移籍車両でそのままの色で使用されています。

  • 市波(京福バス)

    市波は福井市内、九頭竜川沿いの集落です。JR越美北線とバスが地元の足です。写真は1日1本のみ運行の稲荷行、この先で県道2号線に入り、越前和紙で有名な池田町方面に向かいます。稲荷からは福井鉄道バス越前武生方面に乗り換え可能です」

  • 田辺駅(明光バス)

    JR紀伊田辺駅前のバスの風景です。この系統はすでに廃止になった市鹿野経由(紀伊)日置駅方面への路線です。朝来駅の先より県道36号線→県道37号線と走り、日置川の上流から紀伊日置駅に向かう系統で1日1本でした。

  • 紀南病院(明光バス)すでに廃止

    和歌山県田辺市にある基幹病院、紀南病院にはかつて明光バスが乗り入れていました。

  • 岡山駅(両備バス)

    中国地方の交通の要衝、岡山駅です。写真のバスは宇野駅行ですが、国道30号線経由ではなく、児島湾締め切り堤防を経由する系統です。終点まで乗りとおしたのは私一人でした。

  • アクアイグニス(三重交通)

    湯の山温泉の南、旧片岡温泉が移転して、温泉にシェフの店やパティシエの店、いちご狩り等の体験施設を加えた新しい形の温泉施設を作りました。これがアクアイグニスです。湯の山温泉駅から歩いても10分ほどですが、バスの運行があります。途中停留所なしのバスです。

  • 谷汲口駅(揖斐川町コミュニティバス(名阪近鉄バス)

    樽見鉄道の谷汲口駅、谷汲山華厳寺方面への路線バスはここで乗車します。名鉄谷汲線亡き今は、ここが谷汲山への玄関口です。名阪近鉄バスの車両ですが、実際は揖斐川町のコミュニティバスです。

  • 上之保温泉(関シティバス(運行は岐阜バス))

    関市を走る多くのバス路線は、関市主導の「関シティバス」です。車両的には岐阜バスの車両を使用しています。関市の東、上之保地区を走る路線、ここには温泉があり、数本の路線は温泉敷地内迄入ってきます。

  • 川合車庫(岐阜バス)

    上之保温泉に行く路線の終点がここ川合車庫です。バスが止めれる車庫があります。

  • 関シティターミナル(岐阜バス)

    関市のバスの中心地。ここが関シティターミナルです。長良川鉄道関駅裏にあります。名鉄美濃町線の廃止跡を使っての整備になります。

  • サンピア姫路ゆめさき(神姫バス)

    書写山の北にある宿泊施設、旧年金保養施設ニューサンピア姫路です。1日2本のみ神姫バスが乗り入れています。

  • 和歌山駅東口(和歌山バス)

    和歌山駅にはMIO和歌山のある側がメインですが、裏側、和歌山電鉄の側にも東口があります。関西空港方面のリムジンバスと、紀伊風土記の丘、和歌山信愛短期大学向けの路線が走ります。写真は紀伊風土記の丘行です。

  • りんくうタウン駅前(和歌山バス)

    大阪府泉佐野市、りんくうタウン駅前にあるバス停、写真は2013年より一時期運行されていた和歌山駅前~イオンモールりんくう泉南~りんくうタウン駅前の100系統です。国道26号線~府道63号線を走行し、イオンモールりんくう泉南~ノーリツ鋼機前がノンストップというなか

カテゴリー一覧
商用