searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール PROFILE

zakiologyさんのプロフィール

住所
兵庫県
出身
愛知県

自由文未設定

ブログタイトル
ZAKIOLOGY
ブログURL
https://www.zakiology.work/
ブログ紹介文
大学生の視点から、日常で感じたことや、読んだ本の感想、などを書いています。
更新頻度(1年)

145回 / 201日(平均5.0回/週)

ブログ村参加:2019/11/17

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、zakiologyさんの読者になりませんか?

ハンドル名
zakiologyさん
ブログタイトル
ZAKIOLOGY
更新頻度
145回 / 201日(平均5.0回/週)
読者になる
ZAKIOLOGY

zakiologyさんの新着記事

1件〜30件

  • 完璧にはできません。

    めちゃくちゃな授業がある。 その授業は、くそほどつまらん。 なのに、一回でも受講しなかったり、課題を提出しなかったら単位を認定しません。らしい。 まじで、むちゃくちゃやな。 こちとら、人間なんやぞ。 一回くらいは休ませろや。(笑) 特に、自分なんか、課題なん忘れるわ。 リマインドもしてくれない上に、自分の性格もあわさったらほんまに無理。 もうすでに単位を落としたやん。 つら。 ほんまにオンライン授業嫌。 誰か、リマインドしてくれ。頼む。 こんなことで悩むとか。(笑) 小事。 ほんまつまらんことで悩むよな。 意味ないやんってわかってるのに。 自分は昔っから、宿題なんて忘れてたし。 もう、しゃあな…

  • ボール物理化学 専門書のレビューをしてみた

    こんにちは。 今回は、ボール物理化学という物理化学の専門書について紹介します。 今、使っている真っ最中なのですが、結構わかりやすく、使いやすい。 使いやすいポイント 1.フルカラー まず、フルカラーなのが、めちゃくちゃ使いやすい。僕は結構飽きやすいタイプなので、図やグラフなどで色が使ってあることで飽きにくいのが使いやすいポイントです。 例題の部分だけ網掛けになってるので、例題だけ解きたいときも、探しやすい。 2.注が豊富 注がとにかく優しい。 こういう専門書って基本的には優しくないイメージでしたが、使ってみたら、かなり注が書いてあるのでかなり使いやすい。 例題にも注がついてて、どこの章で扱って…

  • オンライン授業の使いにくさ 大学生の率直な感想

    こんにちは。今回は、オンライン授業の使いにくさについて書いていこうと思います。 6月になり、緊急事態宣言も解除されましたが、神戸大学では、前期はずっとオンラインという噂すらたっており、6月は確実にオンライン授業ということになります。 そんな中で、感じているオンライン授業の使いにくさについて書いていこうと思います。 1.課題の提出を忘れる 2.データの管理が面倒 3.いちいち手書きからPDF化するのがだるい 4.パソコンが重い 5.目が疲れる 最後に 1.課題の提出を忘れる ただの不注意と言われれば、そうなのですが、かなり忘れます。 教授なんてリマインドしてくれる優しさなど持ち合わせてくれている…

  • 大人のYoutubeを活用した勉強法

    こんにちは。 今回は、大人のためのYoutubeを活用した勉強法について書いていこうと思います。 最近は、本当にYoutubeが充実していて、本当に勉強になります。 そんな中で、僕が実践していて、かつ実用的だと思っているYoutubeを活用した勉強法について書いていこうと思います。 1.登録チャンネルは、本の著者にする 2.見る時間は決めない 3.聞き流しを繰り返す 4.ネガティブな音声は聞かない 5.勉強にオススメのYoutubeチャンネル 1.登録チャンネルは本の著者にする 僕は基本的には、本の著者さんのYoutube以外は見ていません。 なぜならば、本を出している人は信頼できるからです。…

  • 鈍感な世界に生きる敏感な人たち

    こんにちは。 今回は、鈍感な世界に生きる敏感な人たちという本をテーマに書いていこうと思います。 HSPとは 鈍感な人と敏感な人 敏感な人が鈍感な世界で生きるためには HSPとは HSPとは、生まれつき「非常に感受性が強く敏感な気質もった人」という意味で、「Highly Sensitive Person(ハイリー・センシティブ・パーソン)」と呼び頭文字をとって「HSP(エイチ・エス・ピー」と呼ばれています。 簡単に言えば、とても敏感に察知してしまう人のことです。 一般的な人よりも感覚が鋭敏な人という認識で大丈夫だと思います 。 ちなみに、僕はHSPではないけど、多少は敏感なところがあります。 病…

  • 労働収入と資産収入と「幸せ」と「輝く」

    こんにちは。 今回は、労働収入と資産収入について考えたことについて書いていこうと思う。 労働収入は、ダサくて、資産収入は、かっこいいみたいな考えを持っていたのだが、実は、そんなこともないのではないか。 そんな風に最近思っている。 僕は、普段から常に、これからのことを考えている。 今後どうしていきたいのか。自分なりに結論をだしたいのだろう。 しかし、大学生で、そんなに簡単に自分の進むべき方向性が見つかるはずもない。 いつも考えてはいる。 そんな時に、やはり世間的にかっこいい方がいい。という考えが全くない訳ではないのだ。 自分にも、世間を気にする視点は、必ず存在している。 話を聞いていると、僕は世…

  • 実家に帰省してみた

    こんにちは。 今日は実家に帰ってきました。 普段は、いつも神戸に下宿している。 今のうちに帰っておかなければ、いつ帰ることができるかも不透明であるので、今日帰ることにした。 僕の実家のあるところは、神戸に比べるとかなり田舎。 非常にゆったりとしているように感じる。 都会がいかに、都会なのかということを実感する。 昨日も電車に乗ったが、今日も今日とて、椅子には座らなかった。 新幹線もガラガラ。 自由席は混んでるみたいだったが、指定席は、本当にガラガラ。 みんな自粛しているから、逆に今が狙い目なのかと不謹慎にも思ってしまった。 みんなどことなく、口に出さないまでも、不安感をにじませた表情をしていた…

  • 電車にのって思ったこと

    今日はバイトで、電車に乗った。 衝撃だった。 席がガラガラ。 空いているわけではない。 立っている人が多いのだ。 つい2ヶ月前までは、誰もがイスを取り合っていた。 ここまで変わるものなのかと思った。 ここまで変わるほど、新型コロナは大きい存在なのだ。 気になる記事を目にした。 これは、面白い記事。日本の政府の無能対策が功を奏していたとは笑 https://t.co/jMwYGpXFvP— おざき (@zak10z) 2020年5月29日 僕がリツイートしたこの記事だが、 概要を話せば、ここまで日本人の感染が抑えられているのは、集団免疫がある可能性が高いらしい。 集団免疫とは、ある程度みんな感染…

  • 羽生善治「決断力」 羽生さんの本はマジ最高です。

    こんにちは。 羽生さんの「決断力」という本を紹介していこうと思います。 羽生さんの本マジ最高 羽生さんの本には毎回驚かされる。 非常に納得し腑に落ちた感覚になる。 羽生さんは本当にすごい。羽生さんの本は、絶対に読むべき本だ。間違いない。 それを感じた一端を今回は紹介していこうと思う。 はじめに 勝負所ではごちゃごちゃ考えるな。単純に、簡単に考えろ 知識は、「知恵」に変えてこそ自分の力になる 才能とは、同じ情熱、気力、モチベーションを持続させることである はじめに この本は「はじめに」の数ページを読むだけでも価値がある。 非常に引き込まれる。羽生さんの初めての名人戦への挑戦について書かれているが…

  • お笑いのメンタリティ

    こんにちは。 今回はお笑いのメンタリティというテーマで書いていこうと思います。 公園で学んだお笑いの原型 こんな世の中だからこそ、お笑いのメンタリティが大事になってくるのかなと思います。 というのも、公園で筋トレと気晴らしをしていたら、子どもの会話が聞こえてきたんです。 キノコみたいな髪型の子どもがおって、まわりの子どもたちにキノコや!ってからかわれてたんです。 そしたら、その子は、 「俺は、しいたけか、松茸か、マッシュルームや!!(ドヤッ)」 って返してて、思いがけず、にやけてしまいました。 よくあるこどもの会話なのかもしれません。 でも、これって大事やなって思います。 どんな悪口も、からか…

  • 42日間ブログを一日一記事書こうというチャレンジを密かに達成しました

    こんにちは。 ↑パワポで遊ぶ日々 今回は、僕が密かに実践していた42日間チャレンジについて書いていこうと思います。 以前から、ゆにわ塾で、才能開花のプログラムがあって、 そこで言われていたのが42日間習慣を継続するというものでした。 3月くらいは、42日間毎日コーヒーを入れるということをやっていて、4月の半ばからは、ブログを毎日一記事書くということをやっていました。 まあ、大変でした(笑) 何度か、夜11時台まで書き上がらずに焦っていましたし。 それでもこの記事を書いたところで44日目です。 42日に込められた意味 それで、なんで42日なの?ってことなのですが。 よく言われるのが「習慣をつける…

  • 熱く生きる 天野篤先生に学ぶ生き方

    こんにちは。 今回は、最近読んだ本の中でダントツのオススメ本「熱く生きる」について紹介していこうと思います。 医者の鑑 ワーカホリックと天野篤先生の違い 結局道に生きる 覚悟で変わる 医者の鑑 天野先生は、まさに医者の鑑。 本当に、心が動かされた。 第一章に思いを磨けー世のため人のために生きろ と書いてあって、その文字を見た瞬間にうなった。 僕は、いつも世のため人のために生きたいと思っている。 世のため人のために生きるのは簡単なことではない。 かなり大変なことだ。使命感がなければすぐにエゴに支配されてしまう。 天野先生は、ほぼ毎日教授室で寝泊まりしているそうだ。 それを美しいと思ってしまう。そ…

  • 夏に頭がいたくなったとき、薬を使わずに直す方法

    こんにちは。 最近は、もう夏かなってくらい暑くて、熱中症になるんじゃないかみたいな暑さになってますよね。 そこで、今回は、夏に頭が痛くなったときに薬を使わずに簡単に直せる方法について紹介します。 夏の暑いときに頭が痛くなったら軽い熱中症 まず、前提として、夏の暑いときに、頭が痛いっていうのはほぼほぼ熱中症です。 熱中症っていうのは、軽症から重症までかなり幅があるので、わかりにくいですが、基本的には外に出てて、頭痛いっていうときは熱中症を疑うのが良いでしょう。 薬を使わずに軽い熱中症を直す方法 まずは、冷やす とりあえず、大前提として、熱中症かなと疑ったら、まず冷やすことが大切です。 熱中症って…

  • 大阪城に行ってきたので、少し語ってみた

    今回は、大阪城について少し語りたいと思います。 大阪城に行って来ました! 僕はお城が好きなので、少し、大阪城についての豆知識を語っておこうかと思います。 築城主豊臣秀吉築城年1583年(天正11年)主な改修者徳川秀忠主な城主豊臣氏、奥平氏、徳川氏 大阪城といえば大坂の陣 大阪城といえば!大阪の陣ですね。 大坂の陣は、非常におもしろい。 豊臣方の敗因 なぜ、難攻不落の城、最強の城と言われた大阪城が落ちたのか。 一つは、家康が大阪城の堀を埋めたということ。 一つは、権力構成です。 堀を埋めた家康 大坂の陣といえば、冬の陣、夏の陣がありますが、冬の陣のあと、家康はなにもしていなかったわけではないので…

  • 不安定に生きる 時代の大変革期をどう生きるのか

    こんにちは。 今回は、不安定に生きるというテーマで書いていこうと思います。 安定したいという欲求 人は誰でも安定したいという感情を潜在的にもっていると言われています。 これは、人類の発展を考えれば、当たり前なことで、不安定なときには多くの命が失われてきました。 日本で言えば、明治維新や戦国時代。 もっと言えば、原始時代なんて、不安定の極みみたいな感じですよね。 なので、人間には潜在的に、命を守るためにも安定したいという欲求があるわけです。 時代は大変革期 しかし、今の時代は、大変革期です。 とても不安定な時代だとよく言われます。 そんな時代では、安定志向だと取り残されてしまいます。 価値観もが…

  • 良い働き方とは何かということについて考えてみた

    こんにちは。 今回は、本当に良い働き方とは何かを考えてみたというテーマで書いていこうと思います。 良い仕事の定義 僕にとって、良い仕事の定義は、自分が他者貢献できているという感覚をもてるかどうか。です。 多分人によって、良い仕事の定義は異なると思うので、自分にとって本当に良い仕事とは何かを考えてみると面白いと思います。 いい仕事の要素分解してみた 1.労働収入か資産収入か 労働収入か資産収入というのは、実際に仕事をして、その対価として収入を得るか、自分が持ってる資産によって収入を得るかという違いです。 労働収入は、バイトとか、普通のサラリーマンとか。 資産収入は、ブログとか、youtubeとか…

  • 剣道家から見る柔道 柔道はJUDOではない

    こんにちは。 今回は、剣道家から見る柔道というテーマで書いていこうと思う。 結論から言うと、剣道は柔道のようになってほしくない。 オリンピックや世界大会を見ていて、非常に気持ち悪い感じをうける。 あれは、柔道ではない。 ただの柔術だ。 以前、道と術に関して書いた。 www.zakiology.work 柔道とJUDO 道が術に成り下がる 柔道は柔術に成り下がってしまっている。世界は、柔道をしらないのだ。柔道ではなく、JUDOしか知らない。JUDOは柔道とはかけ離れている。 剣道はそうなってほしくない。剣道は決してKENDOではないのだ。そもそも、なぜ英語にする必要がある?必要ない!剣道は剣道だ…

  • 泣くことが少なくなった

    泣くことが少なくなったのはいつからだろうか。 中学まではたくさん泣いていたように思う。 いわゆる泣き虫だった。 小学生のときは、ひどくて。 何かの発表で、人前に出たら泣く。怒られたら泣く。ドラえもんの映画で泣く。 本当にたくさん泣いていた。 でも、最近は泣く機会はめっきり少なくなってしまった。 心が鈍感になったのだろうか。 鈍感にならざるをえない。 いろいろなことに慣れてしまったのかもしれない。 ドラえもんの映画も、人前で発表することも、怒られることも。 感覚が麻痺しているのかもしれない。 現実の社会、いわゆるストレス社会を生きるには、感覚を麻痺させざるをえない。 いちいちストレスに感じていた…

  • 鬼滅の刃終わり方が雑

    こんにちは。 今回は、今週のジャンプの話。鬼滅の刃がついに終わりました! それで、鬼滅の刃の終わり方が非常に残念だったという話。 ネタバレになるので、嫌な人は読まないでください。 では、本題に入ります。 率直な感想 鬼滅の刃、先週で終わった方が絶対よかったじゃん。 なんか、先週、最後のヒトコマで意味深にして、まだ続くの!?って期待させて、このざま。 絶対、先週終わった方がきれいでよかったやん。 変な終わり方。雑。 わざわざ一週伸ばす必要なかったでしょ。 完全に無惨倒して、炭次郎も生き残って、よかったねって終わればよかったやん。 まじで、今週のは意味わからん。 なんで、わざわざ輪廻転生させたん。…

  • 好きな漫画ベスト15!!! 漫画愛があふれる

    こんにちは。 ↑画像も頑張りました。(笑) 今回は好きな漫画ベスト15ということで、ランキング形式で、個人的に好きな漫画を紹介していこうと思います。 興味がある作品は是非読んでみてほしいなと思います。 15位~11位 第15位 プリズンスクール 監獄学園(1) (ヤングマガジンコミックス) 作者:平本アキラ 発売日: 2013/02/15 メディア: Kindle版 男子のバカな日常。男子高校生のロマンの結集。 本当にバカバカしいのが好き。最初の頃の副会長にやられまくるのが好き。 小生が、好きなキャラは、練馬1の智将。ガクトでござる。 東京都郊外にあり、共学化したばかりの元女子高・私立八光学園…

  • 他人との比較 ポジティブな比較とネガティブな比較

    他人との比較は良くない。と自己啓発ではよく言われる。 自分の価値を下げてしまうことにつながるからだ。 しかし、僕は、ポジティブな比較とネガティブな比較があると思っている。 ポジティブな比較とは、 自分の尊敬する人と比較することだ。 つまり、自分を高めるための比較と言える。 対して、ネガティブな比較とは、 自分と同レベルくらいの人との比較で、妬みを持つことだ。 僕は、ポジティブな比較は積極的にして行くべきだと思う。 他人との比較をせず、自分のコンフォートゾーンに安住しているのは、逆によくない。 自己啓発のいう他人との比較は、ネガティブな比較に対することだと思う。 他人との比較にも、メリットデメリ…

  • 嫌われる勇気 現代人の悩みをすべて解決してしまう魔法の一冊

    こんにちは。 今回は、言わずと知れた名著 嫌われる勇気の書評をして行こうと思います。 この本は、本当にすごい。 異例のベストセラーとなっています。 もうすでにお読みになっている方も多いかと思います。 嫌われる勇気は、アドラー心理学を解説した本で、対話形式になっています。 最近買ったのですが、実は今回は二冊目です。 一冊目を1年前に買ったのですが、それは家族にあげてしまって、最近になってまた読みたいなと思ったので、二冊目を購入しました。 何回読んでも素晴らしいです。 この本のすべてを語るのはかなり困難なので、一部大事な部分だけを切り取って、できるだけカンタンに解説していこうと思います。 重要な3…

  • 大学のオンライン授業の実態と、今後オンラインは普及するか考えてみた

    こんにちは。 今回は、大学のオンライン授業を一週間受けての感想と、今後のオンライン授業について書いていこうと思います。 オンライン授業の実態 良い点 楽 とても楽。大学に行かなくても良いし、わざわざ朝起きないといけない訳でもないので、出席などを気にしなくても良いので、その点は非常に楽です。 楽すぎて、今まではなんだったんだとなります笑 時間的な自由 時間的に自由なのが本当にありがたいです。 僕は、結構夜型なので、夜に授業受けたりできるのが良いところです。 空間的な自由 僕は普通に下宿先で授業を受けていますが、ほかの人は結構実家に帰省していて、帰省先で授業も受けられるので、空間的な自由度が高いこ…

  • 新型コロナとも和合していく日本

    こんにちは。 最近はやっと、新型コロナも落ち着いてきたように思います。 僕は、以前から自粛は不要であるということを再三言ってきました。 今回は、群馬県の緊急事態宣言の継続要望についての僕の見解を書いていきたいと思います。 www.nikkei.com 先日以下のような記事を執筆しました。 www.zakiology.work 上の記事の要点 ✔自粛しすぎると、自粛がデフォルト化してしまって、自粛明けがなかなか難しい。 ✔メディアが不安をあおった結果、人々の意識に恐怖がすり込まれていて、自粛をやめられない人も出てくるだろう。 ということです。 今回の群馬県のニュースを受けて 恐怖心の刷り込み 今…

  • 論語と算盤を実践するお店を大事にしなければ、日本はおわります。

    こんにちは。 今回は、渋沢栄一の論語と算盤について書いていきたいと思います。 渋沢栄一の論語と算盤は、全国民必読と言っても過言ではない。 それくらい、今の世の中に大切な考え方が詰まっている。 これから、渋沢栄一が一万円札の顔になるが、偶然ではないと思う。 渋沢栄一の論語と算盤の中で、一番大事な考え方が、商人道と武士道の調和。 実業と精神性という一見、相反する二つの事象を調和させていくことについて、書かれています。 道理と実利の両立を説いた書物とも言える。 これからの社会では、道理と実利を調和させていくことが重要になるというメッセージでもあるのではないでしょうか。 昨日、ウルフオブウォールストリ…

  • アマゾンプライムでオススメの映画「ウルフオブウォールストリート」

    ウルフオブウォールストリートをみた。 とても面白かった。 何が面白いって、すべてにおいてぶっ飛んでる。 ざっくり、あらすじ アメリカの金融系の大成功者の成功と失敗。 資本主義の行き過ぎたところを描いていると思う。 主人公はレオナルド・ディカプリオ演じる、ジョーダンベルフォード。 この映画から学んだこと 資本主義の良いところと、悪いところを学んだ。 資本主義の良いところは、自分の実力でのし上がることができるところ。 悪いところは、中毒性。 ジョーダンベルフォードは、良くも悪くも、資本主義に飲まれた。 一回、自分が勤めていた証券会社が倒産して、そこから、自分のセールス力で一気にのし上がる。 ここま…

  • 守るべき日本の型

    日本の武道の教えに、「守・破・離」がある。 守の段階は、基本的な型を反復し、型を身につける。 破の段階は、身につけた型を、破っていく。 離之段階は、型から離れて、自由になる。 という考え方。 日本にも、守るべき型があると思う。 今の日本は、破ばかりに目を向けている。 基本をおろそかにしているのだ。 昔から守り抜いてきた伝統、習慣、を失いつつある。 基本の型が身についていない段階では何をしても裏目に出るのが、オチだ。 受験でもそう。 基本的な解法、公式を知っているからこそ、難しい問題にも対処できるわけ。 基本的な解法、公式も知らずに、難問に対処しようとしているのが、今の日本だ。 基本的な解法の一…

  • 古き良き日本を取り戻していく

    今、日本の古き良き伝統が失われつつある。 聖徳太子は、「和を以て貴しとなす」という言葉を残した。 和とは、和みである。 和を大切にしていこう。というのが日本の伝統だ。 それを失いかけている。 和とは、調和である。 「わたし」は昔は「私」ではなく、「和多志」であった。 たくさんの志が和合する存在。それが「わたし」であると考えたのだ。 自分という存在と、他人という存在の隔たりがなかったとも言える。 自分の願望も、他人の願望も、すべてはつながっていて、それは和合しているものだった。 だが、現代はどうだろうか。 人と人とのつながりは希薄になり、「我」をもった存在としての「私」がまかり通っている。自分と…

  • やってみたいことは即やる

    やってみたいことは、やれるうちにやらなほんまに損。 ア、コレ、ヤッテミタイて思ったら即やる。 お金が関係するんやったら、多少考えなアカンけど、お金が大してかからへんやってみたいことは即やらな、機会損失になる。 ほんまに人間の命なんていつなくなるかわからないねん。 今やれること、今やってみたいことを必死にやったらそれでいいやん。 人の目気にしたりとかほんまにアホくさい。 本気で今、目の前の事に集中して、一日を大事に生きよう。

  • 読書家を気取ってるけど、読み切れていない本たち

    こんにちは。 今回は、読書してるけど、読み切れなかった本たちについて書いていこうと思います。 読みたいとは思うんだけど、なんか読めないっていう本を一部だけ紹介します。 読書めちゃめちゃしてるつもりだけど、実際はこんな感じ。っていうリアルなところを感じてもらえたらと思います。 1.クリスマスキャロル ディケンズ著 2.若きウェルテルの悩み ゲーテ著 3.ゲーテとの対話 エッカーマン著 4.方法序説 デカルト著 5.知の旅は終わらない 立花隆著 6.歴史とは何か E.H.カー著 7.カント入門 石川文康著 1.クリスマスキャロル ディケンズ著 この本は、結構有名。 最近で言うと、ホリエモンさんが舞…

カテゴリー一覧
商用
読者になる