searchカテゴリー選択
chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

zakiologyさんのプロフィール

住所
兵庫県
出身
愛知県

自由文未設定

ブログタイトル
ZAKIOLOGY
ブログURL
https://zakiology.com/
ブログ紹介文
大学生の視点から、日常で感じたことや、読んだ本の感想、などを書いています。
更新頻度(1年)

170回 / 365日(平均3.3回/週)

ブログ村参加:2019/11/17

本日のランキング(PV)
フォロー

ブログリーダー」を活用して、zakiologyさんをフォローしませんか?

ハンドル名
zakiologyさん
ブログタイトル
ZAKIOLOGY
更新頻度
170回 / 365日(平均3.3回/週)
フォロー
ZAKIOLOGY

zakiologyさんの新着記事

1件〜30件

  • 自愛が足りない

    自愛が足りないみんな自愛が足りない。もっと自分を愛しても良い。安全なのかハッキリしているわけでもない治験中のワクチンを何も考えずに打ってしまうのはなんでなのか?自愛が足りないから。自分のことを本当に大切に思うのならそんなことはできないはずだ。自分のことを心底愛し、心底信じてあげていたら、自分の生命力を信じることもできるはず。みんな自愛が足りない。自愛が足りないから自分を信じられない。 僕は自分のことを理屈抜きに素晴らしい人間だと思っているし、今後なにがあっても素晴らしい人生を歩むことを確信している。 だから、ワクチンなんか打たなくても絶対になんとかなるし、そもそもワクチンなんか必要ない 理屈を…

  • 皇位継承問題について 男系継承しかあり得ない!

    女系天皇論について書いておく。まず、一つ言っておかなくてはいけないのが、男系継承しかありえない。ということ。女系が必要だとか言っている奴は日本人として恥を知った方が良い。 女系天皇はあり得ない! 女系天皇というのはあり得ない。日本の天皇家というのは万世一系と言って、ずーーーーーーーーっと男系継承がされてきた。もう2600年以上それが続いている。それを絶やすということの重みをまずは理解したほうがいい。日本は現存する国で最も長い歴史を持った国であり、それを支えてきたのは紛れもなく天皇家の存在だ。 女系天皇論というのはそれほどに日本の根幹をなす議論であり、安易に無知な人たちが議論すべきことではないの…

  • グーグルの情報統制がヤバすぎる件

    僕は、もうグーグルで調べるのをもうやめる。一切真実の情報が出てこない。まじでイカれてる。情報統制も行き過ぎるともはや清々しい。これが民主主義国家か。これが自由主義国家ねえ。なるほど(笑)マイクロソフトエッジのほうがまだマシ。ダックダックゴー推奨。試しにMicrosoft EdgeとGoogle Chromeで「ワクチン 無意味」 「ワクチン 危険」と検索してみると良い。比較してみると本当に面白い。本当に笑える(笑えない)驚きの結果に呆然とすることだろう。グーグルがいかに人々にワクチンを打たせたいかがよくわかる。ワクチンに対して完全にネガティブな情報を調べようとしてるのに、なかなかネガティブな情…

  • 【大学受験】完璧主義になりすぎて失敗した…。完璧主義の落とし穴とは?

    受験において、 よく言われるのが、”一冊を完璧に!”ということ。 しかし、”完璧に!”を求めるが故に、 完璧主義になってしまいがちです。 とかく受験生は完璧を求めすぎるものです。 完璧を求めるのは悪いことではありませんし、 それを目指す必要はあります。 しかしながら、”完璧主義”は落とし穴もあるのです。 僕も、受験生のときは完璧主義になってしまいがちでした。 そこで今回は、 なぜ完璧主義になってしまうと良くないのか、 なぜ失敗してしまうのか という”完璧主義の落とし穴”について書いていきます。 時間がかかりすぎるから ネガティブになりやすくなるから 最後に 時間がかかりすぎるから まず、完璧…

  • 【大学受験】参考書の浮気をすると失敗する理由! 

    今回は、参考書の浮気をすると失敗する理由 ということで、書いていこうと思います。 参考書を何回も解いていくと、 必ずと言っていいほど 「他の参考書をやったほうがいいのではないか?」 という気持ちが湧いてくるものですよね。 しかし、その気持ちに負けてしまって、 他の参考書に手を出してしまうと、 本当に成績は上がらないです。 筆者の失敗談 これは僕自身も経験があるのですが、 高校一年生のとき、学校で配られる参考書が気に入らなくて、 自分でいろいろな参考書を調べて、書店で買ったりしていました。 でも、学校では当然ながら、 学校で配られる参考書から宿題が出されたり、 その中からテストが組まれるわけです…

  • 【大学受験】ノウハウコレクターは失敗する!ノウハウコレクターの落とし穴と解決策!

    今ではネットが発達して、 いろんな情報がネット上にあふれています。 これは良い面もたくさんありますが、 受験生にとっては、悪い面もあるのです。 それが、ノウハウコレクターになってしまうこと。 ノウハウコレクターとは、 ノウハウ=勉強法 の コレクター=収集家 ということです。 かく言う僕も、いろんな勉強法の本を読んだり、 ネット上の情報を片っ端から集めたり、 どうやったら効率的で どの参考書が良いのか? という情報のコレクターになってしまっていたことがあります。 でも、そういうコレクターだったときは 全くと言ってもいいほど、成績は上がっていませんでした。 今思うと、かなりの時間を無駄にしてしま…

  • ”大豆田とわ子と三人の元夫”が面白いから紹介してみた。

    プライムビデオで、大豆田とわ子が見れるようになっているので、 見てみた。 結論から言って、めっちゃ面白かった! 最近、僕は日本のドラマってたいしたことないな。 って思っていました。 何でかというと、 韓国のドラマと比べたときに、 あんまり面白くないなと思ってしまったから。 でも、大豆田とわ子に関しては、 全く反論の余地のないほど面白かった。 元々、僕はカルテットというドラマが大好きで、 味のある俳優さん、女優さんを集めたドラマは本当に面白いなと思いました。 確かに、ストーリーが面白いのもあると思うけれど、 相乗効果みたいなもので、 俳優さん達の演技力も面白さを押し上げているように感じました。 …

  • 過去1でバイト。青本と対決する日々。

    最近、過去1でバイトしている。そのせいで、毎日センター数学を解いている。 正確には、駿台の青本(実践問題集)を初見で解かなくてはいけない。 というか、自ら、志願して、 「たぶん普通に予習して授業するより、初見で解いてる様子を見た方が、感覚的なところが伝わりやすいと思うんだけど、そんな感じでこれからはやってみようか?」 と受験生に提案した。 なんでかわからんが、 たぶん受験生のときより大分楽に完答できるようになっている。 本当に、なんで?って思う。 受験生のときより解けるようになってどうすんねん。って、 いつも自分にツッコミをいれつつ、 めっちゃ真剣にガチンコ勝負で青本と対決している。もちろん時…

  • あなたがた大衆は狂っている

    もう自粛はやめましょう。今の社会はおかしいと思う。僕はずっと前から自粛不要論を言ってきました。 zakiology.com 例えば、こんなことを1年以上前からずっと言い続けている。コロナは怖いウイルスではないです。ハッキリ言わないと伝わらないと思うので、誤解を恐れず、ものすごくハッキリ言います。なんで我慢をずっとし続けられるのか僕にはわからない。みんな狂っていると思う。たぶん、多くの人から見たら、1年以上ずっと自粛不要だと言い続けてる僕の方が狂っているのだろうけど、僕からすれば、あなたがた大衆こそ狂っている。正直、本当に頭が悪いんだなと感じるところです。今まで、どれだけの我慢を強いられてきたの…

  • 逆境とともに生きる道②「親」

    前回から引き続き、 逆境とともに生きる道② 前回のテーマが「出生」だった。 今回は「親」というテーマで書いていく。 一見すると、 「親」と「逆境」は関連がなさそうに思えるかもしれない。 しかし、実は、 親が自分の人生の手かせ、足かせになってしまっている人は多いと思う。 親から刷り込まれた価値観、 ふとしたときに言われた言葉、 そういったものが、 「潜在意識」に影響を与えていることが多い。 誰でもそうだけれど、 生まれてから初めて築く人間関係は親だ。 だからこそ、親から大きな影響を受けることになるし、 それが潜在意識に大きな影響を与えることは避けられない。 だが、 そうはいっても、 ずっと親の価…

  • 逆境とともに生きる道①「出生」

    逆境と言うと、 ネガティブな印象を持たれやすい。 逆境という言葉を辞書で引いてみると、 【逆境】 思うようにならず、苦労の多い境遇。不運な境遇。 と書いてある。 確かにネガティブなワードに違いないのかもしれない。 今後数回にわたって、 僕が経験してきた逆境について書いていく。 一回一回の記事は独立したもので完結させるつもりなので、 別に真面目にすべて読んでもらわなくてもかまわない。 何かピンと来るものから読んでもらえれば幸いだ。 まず、僕が初めて経験した逆境 それが、 「出生」だ。 なぜ、そんなところから逆境なのか? と言えば、 僕は流産しかけて生まれてきたらしい。 血の海に溺れながら、死にか…

  • 【2021年版】就活生にオススメの本12選!

    去年にこんな記事を書いていました。 zakiology.com この記事もオススメではあるのですが、 今ならもっとオススメできる書籍を選出できると思ったので、 今年バージョンの就活生にオススメの本を選びました! それぞれコメントを交えつつ、オススメするポイントについて書いていきますので、 ピンときた本があったら書店などで手に取ってみてください! 在り方ー自分の軸を持って生きるということ 極突破力 喜ばれる人になりなさい 面接の達人 20代を無難に生きるな 「頭のゴミ」を捨てれば、脳は一瞬で目覚める! ジーニアスファインダー 孤独になれば道は拓ける 成功は愛が9割! 20代で得た知見 チーズはど…

  • 【本の選び方】ビジネス書を選ぶときのポイント「原理原則」

    ビジネス書を選ぶときにオススメなのが、原理原則を網羅しているものを選ぶということ。 ビジネス書っていうのは 奇をてらったテクニック集みたいなものと本質的な原理原則について書かれているもの の2種類が存在する。 9割型はテクニック集だと言ってもいい。残りの1割は本当に名著というべき、原理原則の宝庫。 原理原則に立ち返る 迷ったら原理原則に立ち返るべきで、その原理原則を教えてくれる本というのは紛れもなく名著なのだ。 原理原則というのは普遍的で、一見すると当たり前のことだ。 例えば、カーネギーの「道は開ける」で、 道は開ける 文庫版 作者:D・カーネギー 創元社 Amazon 不眠症に悩まされないた…

  • 才能の原石は中学時代にある!? 自分の才能がわからないのなら、中学時代を振り返ってみよう!

    中学のころに読んだ本というのは、 今でも非常に思い出深い。 なぜかしらないけれど、 ものすごく記憶に残っている。 例えば、「蘇我氏の正体」 という本を中学時代に読んだ。 蘇我氏の正体 (新潮文庫) 作者:裕二, 関 新潮社 Amazon この本は、蘇我氏というのは、 実は悪い一族ではなく、 歴史から抹殺された不遇の部族であった という内容だった。 大化の改新の後、 大宝律令という法律が有名だが、 大宝律令の原案は蘇我氏が打ち立てた 屯倉の制(みやけのせい)というものだった。 なぜ、それほどの功績がありながら、 歴史から抹殺されてしまったのか? その謎にせまり、 さらには 歴史の黒幕について解き…

  • 自分の人生に責任を持って生きるということ

    コロナに飽きた - ZAKIOLOGYこの記事なんですが、なぜかFacebookでめちゃくちゃ共有されているんですよね。 僕の全くわからないところで拡散されていることに多少の恐怖と感謝を感じるところですが、 ぶっちゃけ本当にコロナには飽きて、自分の人生を大切にした方が良いと思います。 自分のせいで誰かが死ぬかもしれない。とか言うけれど、そんなこと言っているのなら自転車を運転することも、ましてや自動車など運転できないはずです。 そもそもウイルスなんて誰が誰にうつしたかなんて予想はついても決定的に証明することは難しいわけですから、そんなわけのわからんことで悩まなくて良い。 ちょっと荒っぽく言うと、…

  • 雅(みやび)を感じる心と「おかえり」という感情

    ああああああ、8月になってしもうた。もう8月かあ。 最近コロナが増えているみたいですね。僕はもうあれは記録更新を楽しむゲームだと思って楽しんでいます。 昨日も新規感染者数の記録更新を楽しんでいました笑 そういう視点でニュースを見ると、 ネガティブにもならないし、ただのお笑いとして見れるのでオススメです。 記録更新したら「お、コロナ頑張ってるなあ!いいね!」って心の中でつぶやきます。 それで心の平安が保てるのだから、面白いもんです。 さて、皆さんは、 唯物主義か神秘主義どちらでしょうか? 僕は知っての通り神秘主義者であり、神道家です。 目に見えるものだけを信じてはいけないよ人生の岐路に立つ標識は…

  • 400記事書いたらしい。

    今回のテーマは、タイトルの通り。 なんか400記事書いたらしいよ。っていう話。 別に頑張って書いてきたわけではなく、 ひたすらわけのわからないことを言い続けてきただけだ。 昨日の記事なんて、 渡辺名人の定石講座がすごかったから、 ただただそれを褒めちぎっただけ。 最近は、もっぱら検索からの流入しかないから、 こんな記事書いても無意味なので、 あんまり書く必要ないのだけれど、 とりあえず記念っていうことで、 書いてみている。 400記事も書いてきて、 起きた変化なんてたかが知れている。 1年前は一日に10PVあったら良い方だったのが、 最近では30PVが当たり前になった。 それでもまだ、月に10…

  • 【将棋】渡辺名人の思考回路が垣間見える!渡辺名人の定石講座がすごすぎた。

    youtu.be 待て待て待て待て! こんなん見れて良いのか? っていうくらい出し惜しみしていないのが、もうすごすぎる。 渡辺名人の頭の中を少し垣間見たような気分。 圧倒的なものを見せつけられ、ちょっと感覚が飛躍した感がある。 AIは評価値を教えてくれるだけで、 なぜという理由を教えてくれるわけではない。 というのは非常にAI論の核心を射抜く言葉で、説得力がまるで違う。 説得力というのは、完全にその人の背景に拠る。どれだけのシンプルな言葉であっても、その人の背負う、激情がその言葉にのる。 AIが発達したら、人間は考えなくても良いのではないか。と思うのは浅い。結局、AIは計算をしたり、 何かを評…

  • 文系でも得意にできる数学の勉強法! 受験数学はセンスではない!

    数学が苦手で、文系を選ぶ人は多いですよね。 でも、上位の国公立大を狙うとしたら、数学は必須だし、 二次試験でも出題されたりします。 文系なのに数学かよ…って思っている人もいるのではないでしょうか。 自分には数学は向いていないし、、、 と諦めてしまうにはもったいない! やり方次第で、かならず数学はできるようになります! そこで、今回は、文系でも数学が得意になる勉強法について、解説していきます! 数学は才能ではない! 数学の初歩 数学の基礎 数学の応用 最後に 数学は才能ではない! まず、大前提としておさえておいてほしいのが、 数学は才能ではない!ということです。 多くの人は数学はセンスだと思い込…

  • 自殺とSNS

    最近では交通事故で死ぬ人より自殺で亡くなる人が多いらしいですね。 昔よりも、snsとかの発達でいじめとかも変わってきていて、いじめも巧妙になっています。 僕が中学の時とかは、line とかが流行りだしたときで、みんなやっていました。 そのときのいじめは、嫌いな人をグループから退会させたり、裏のグループとかがあってハブったりしていたのを覚えています。 僕自身はいじめをやっていたわけではなくて、傍観してたと思います。 傍観しつつ、自分がそうなるのを恐れていたのかもしれません。 もう大人ですし、大学ではいじめはないですが、中学とかでは全然あるのかなと思います。 いじめは中学がピークなのかなと思います…

  • 「道」という曲から深めるあれとこれ

    道 っていう曲が好き。 宇多田ヒカルのも好きだし、 EXILEのも好きだし、 向井太一のも好きだし、 GReeeeNのも好き。 こう考えると、 道っていうテーマは深いっていうことがわかる。 宇多田ヒカルの道の解釈は、 「私の心の中にあなたがいる いついかなるときも 一人で歩いたつもりの道 でもはじまりはあなただった」 あなた って誰?ってことですが、 これは解釈がいくつか可能で、 メンター的な師匠かもしれないし、 自分の魂的な存在かもしれない。 僕的に気に入っているのは、 自分の魂っていう方で、 何でかというと、 自分の魂ってある意味、メンターだからです。 自分の魂の欲する願い、本音、 そうい…

  • 【アニメ】「オッドタクシー」の風刺が絶妙すぎる!

    変わり者の運転手 Amazon オッドタクシー というアニメをご存じだろうか。 今日、一気に見たのだが、非常に面白かった! 現代の風姿的アニメと言っていいと思う。 非常に特徴を捉えており、面白かった。スリル満点かつ、ちょっとしたツッコミがじわる。 オッドタクシーの裏テーマ odd taxiの裏テーマ、裏メッセージとして僕は、人間世界って、まるで動物園のようだ。ということがあると思う。 動物園のように個性豊かな動物たちであふれている。 猫っぽいひともいれば、犬っぽいひともいるし、カバっぽい人もいることだろう。ゴリラっぽいひともいるし、猿っぽい人もいる。 人間という一つの動物としてくくるには、多様…

  • 【お題スロット】捨てられないもの

    お題「捨てられないもの」 マジで最近書くことがなくなってきたので、 お題スロットというものを使ってみた。 そんで出たのが、「捨てられないもの」 捨てられないものって何。 僕には捨てられないものなんてたくさんある。 ありあまるほどある。 本が捨てれない 思い出も捨てれない 良い意味のこだわりと悪い意味のこだわり 本が捨てれない 例えば、本。 本なんてマジで捨てたいと思ってるのにも関わらず捨てられない。 さすがにこの本は読む気ないし、もういらんやろ。 っていう本ですらとっておきたい性分。 さすがにそろそろ捨てたい。 本棚一杯だし、また本棚かうスペースもあんまりないし。 思い出も捨てれない 他には、…

  • 【映画】サマーウォーズがアマプラで見れるなんて幸せすぎた

    opti サマーウォーズ 神木隆之介 Amazon サマーウォーズがアマプラで見れる!なんていうことだ。よもやよもやだ!毎年見ても一切飽きない、あの最高の映画が見放題なんて!っていうか、毎年毎年もっと好きになっていく。ちなみに、僕はサマーウォーズは高2の夏に10回くらいリピートした異常者です笑10回リピートした後も、ずっと毎年2回以上は見続けている異常者です笑サマーウォーズって本当に良い映画。わざわざ言語化する必要もないのかもしれないけれど、あえて言うなら、人の温かみっていうのがテーマになっているのだと思う。現代は、何かと、人の温かみを感じられないようになっている。それは仕方のないことかもしれ…

  • 情熱なんていらん。むしろ、ない方がうまくいく人もおるんちゃいますかね。

    僕は、何かと自分のためにはやる気が出ない性格なんですよね。 勉強も、他の活動も、ブログも何もかも、「自分だけのため」という意識でいると、 本当に続かない。 何か、世の中的には、 情熱を持って何かに取り組むのが良いこと とされることが多いと思うけれど、 僕は、情熱というものがあまりない。 どっちかというと、バクマン。の平丸さん みたいな感じで、人に操縦してもらって、なんとか頑張れることほうが多いんです。 やりたいことなんて特にないし、 別にお金に対する絶対的な欲望もないし、 今の生活が嫌だとは思わない。 現状に大きな不満もなければ、 かといって何か燃えるものがあるわけでもない。 そういうことって…

  • 【マンガ】バクマンの平丸先生が好きすぎるw

    バクマン。の平丸というキャラをご存じだろうか。 いまさらバクマンかよ。 と言わずに聞いてほしい。 (プラチナエンドもアニメ化するらしいし) かの有名な「ラッコ11号」の作者であり、 バクマン。の中で最も面白いキャラである。 バクマン。の中で最も好きなキャラは新妻エイジだが、最も面白いキャラは平丸先生だ。 平丸先生と吉田氏のやりとりは爆笑ものである。 最高に面白い。もはや夫婦漫才のようだ。 平丸先生は典型的な平成世代と言ったところだろうか。 働きたくなくて、たまたま電車で見かけたジャンプを手に取り、自分にも描けそうという動機でジャンプで連載している強者である。 ところがどっこい、ご存じの通り、漫…

  • 【書評】「在り方 自分の軸を持って生きるということ」 永松茂久さん

    在り方 ということを、意識したのはいつだろうか。 僕は4歳のころから剣道をやっていた。 だからか、武士道精神みたいなものが好きだった。 剣道の前後の黙想が大好きだった。 幼少期は、あんまり剣道には乗り気ではなく、 どちらかというと、野球の方が好きだった。 しかし、剣道の前後の黙想の時間だけは大好きだった。 シンとした張り詰めた空気、蝉の鳴く声、風の音、隣の人の呼吸、 そういった普段は聞こえないふりをしているものの声なき声を聴いているようなあの恍惚とする気分。 それが大好きだった。 なぜだろう。 在り方という言葉で浮かんでくるのはそういう情景なのだ。 在り方とは、道である。 道と術があるとするな…

  • 【大学生】親のスネはかじれるだけかじった方が良い

    親のすねかはじった方が良い。 と言うと、嫌悪感を持つ人もいるかもしれません。 しかし、僕はそれでも、 親のすねをかじれるうちは、かじっておいた方が良いと思っています。 親のすねをかじるにしても、 お金の使い方を考えれば何も悪いことではないからです。 たとえば、 毎月、3万円くらい親のすねをかじってお小遣いを得られるのなら、 本を買う、 旅をする、 何かの活動資金にする。 そういう使い方をすれば良いんです。 親のすねはかじれる内にかじっておかないと損です。 これは考えればわかりますが、 月3万を時給1000円のバイトで稼ごうものなら、 30時間かかります。 丸一日以上かかるわけです。 たしかに、…

  • 【数学】偏差値が爆上がりする!実力アップ問題集の使い方

    合格! 数学II・B実力UP! 問題集 改訂6 作者:馬場 敬之 マセマ Amazon 合格! 数学I・A実力UP! 問題集 改訂5 作者:馬場 敬之 マセマ Amazon 合格! 数学III実力UP! 問題集 改訂4 作者:馬場 敬之 マセマ出版社 Amazon 筆者自身も、「実力アップ問題集」をやりこんだことで数学の偏差値が65を超え、神戸大学にも合格することができました。 非常に思い出深い相棒のような参考書です。 この記事を通して、効果的な使い方を知っていただき、ぜひ成績を上げてほしい! 実力アップ問題集をやる前に マセマの参考書シリーズ※買い間違え注意! 具体的な使い方 問題を解くとき…

  • 【書評】村田沙耶香さん「地球星人」 「宇宙の目」で眺めてみよう

    地球星人(新潮文庫) 作者:村田沙耶香 新潮社 Amazon 「宇宙人の目」で世の中を見てみると、 なんとも滑稽なものだ。 世間一般で「常識」とされているものは、 「地球人の目」で見たもので、 ただの偏見だ。 それを共有しているだけ。 地球星人は、いろんなしがらみを抱えて生きている。 進学、就職、結婚、出産、子育て、転職、出世…et cetera そんなものは、地球星人が作り出した幻想で、 宇宙人からしたら、そんなものには価値がない。 僕は研究室の抽選に落ちた。 昨日は絶望した。 だけど、落ち込まないようにした。 なぜなら、地球星人のしがらみなんて、 ポハピピンポボピア星からみたらちっぽけなも…

カテゴリー一覧
商用