プロフィールPROFILE

小夏さんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
ゆるゆる読書日記
ブログURL
https://hyuganatsu.fc2.net
ブログ紹介文
お茶を飲みながらゆっくり本を読む時間が大好きです。 読書感想、映画感想、日々のことなど書いてます。
更新頻度(1年)

7回 / 72日(平均0.7回/週)

ブログ村参加:2019/11/12

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、小夏さんの読者になりませんか?

ハンドル名
小夏さん
ブログタイトル
ゆるゆる読書日記
更新頻度
7回 / 72日(平均0.7回/週)
読者になる
ゆるゆる読書日記

小夏さんの新着記事

1件〜30件

  • 凍りのくじら

    タイトル:凍りのくじら 著者:辻村 深月さん本屋大賞を受賞した「鏡の孤城」の辻村 深月さんの作品です。あらすじ高校生の理帆子は、藤子・F・不二雄を敬愛していた。彼の残した「SFとは、『少し不思議な物語』なのです。」という言葉から彼女は周囲の人や物事に「スコシ・ナントカ」と性質を当てはめて過ごしていました。ある日、夏の図書館で「写真を撮らせて欲しい」という青年に出会い…ネタバレあります。...

  • 向日葵のある台所

    タイトル:向日葵のある台所著者:秋川 滝美さんあらすじ主人公は、学芸員の麻有子さん。娘の葵ちゃんと2人で暮らしています。実家とは折り合いが悪く離れて暮らしていましたが、突然、麻有子の姉鈴子から電話が…「母親が倒れたから引き取って欲しい」断るものの強引な鈴子はとりあえず来て欲しいとだけしか言わない。結局、母親は麻有子が引き取ることになる。折り合いの悪い母親との生活が始まる…ネタバレあります。...

  • 十角館の殺人

    タイトル:十角館の殺人 著書:綾辻 行人さん綾辻 行人さんのデビュー作です。ミステリー界ではこの作品以降を綾辻以降と呼ぶそうです!あまりにも有名なミステリー小説なのですがなかなか手を出しませんでした。でもミステリー小説が好きな友達から読んでないなら絶対読んだ方がいいとおすすめされたので読みました( ´ ▽ ` )もっと早く読んでればよかった!物語のあらすじです。大学のミステリー研究会に所属している7人は、...

  • ブラック・クランズマン

    2018年に公開された映画です。カンヌ国際映画祭やアカデミー賞を受賞しています。監督は、スパイク・リー監督。同時期に放映されていた「グリーン・ブック」も黒人の差別を題材にしていますが最後は心温まるお話でした。「ブラック・クランズマン」は違いました。公開期間中に映画館に行けなかったのでDVDを借りてきましたよ(*゚パ)ネタバレ込みの感想です!...

  • 「怒り」がスーッと消える本

    皆さんはイライラしてどうしようもないことってありますか><?わたしは、結構あるんです・・・イライラしてどうしようもないこと感情に任せてついひどい言葉を言ってしまうことそんな自分が不甲斐なくてまたイライラしちゃうことそして怒りの感情ってなかなか消えなくてずーっとこのことばっかり考えてしまって辛くなってしまうことその状態って結構ストレスですよね……その状態をどうにかしたくて読んだ本があります。...

  • 塩の街

    タイトル:塩の街著者:有川 浩さん  「図書館戦争シリーズ」や「空飛ぶ広報室」など 多くの作品がメディア化されてる有川さんのデビュー作品です。 有川 浩さんのお話を初めて読んだ時衝撃を受けました。 変な表現だと思いますが、「少女漫画じゃん!!」って。 恋愛をストーリーにがっつり絡めてある小説を あまり読んだことなかったからなのか 小説でこんなにきゅんきゅんしていいのって謎...

  • 心がホッとする本

    タイトル:木曜日にはココアを著書:青山 美智子さん / 宝島社最近は、図書館で借りた本を読むことが多かったのですが書店に立ち寄るとふと目に入ったのが「木曜日にはココアを」久しぶりに本を購入しました。短編集なので、あっという間に読めちゃいます。登場人物たちがみんな本当に暖かくて優しくて。読み進めているうちに思わず顔が緩んだり悲しいお話じゃないんだけど泣きそうになったり。自分の大事な人だから大切にしたい...

カテゴリー一覧
商用