プロフィールPROFILE

INSIGHT225さんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
INSIGHT225|個別株式と日経平均株価の予想
ブログURL
https://www.225i.net
ブログ紹介文
日経平均株価の構成銘柄から、セクター、業種別のボラティリティ等を解析。想定レンジと見通しを示します。株日記は日経平均採用銘柄で中長期保有のスタンス。日経225先物取引の参考にもなると思います。たまにAI予想も!
更新頻度(1年)

29回 / 27日(平均7.5回/週)

ブログ村参加:2019/11/10

INSIGHT225さんのプロフィール
読者になる

INSIGHT225さんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 12/06 12/05 12/04 12/03 12/02 12/01 全参加数
総合ランキング(IN) 24,277位 21,689位 21,656位 21,693位 21,720位 21,785位 21,669位 980,008サイト
INポイント 0 10 10 10 10 10 10 60/週
OUTポイント 20 70 40 40 90 140 100 500/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
株ブログ 682位 635位 628位 632位 634位 635位 630位 13,716サイト
株日記 147位 144位 140位 143位 144位 144位 137位 3,077サイト
株式投資情報 20位 21位 22位 25位 23位 24位 24位 1,126サイト
先物取引ブログ 176位 176位 176位 171位 173位 177位 177位 3,247サイト
日経225ミニ先物 56位 55位 56位 53位 53位 54位 55位 998サイト
今日 12/06 12/05 12/04 12/03 12/02 12/01 全参加数
総合ランキング(OUT) 15,315位 13,531位 13,094位 13,042位 12,493位 12,372位 12,841位 980,008サイト
INポイント 0 10 10 10 10 10 10 60/週
OUTポイント 20 70 40 40 90 140 100 500/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
株ブログ 699位 636位 631位 637位 612位 607位 612位 13,716サイト
株日記 172位 157位 155位 154位 152位 145位 145位 3,077サイト
株式投資情報 10位 8位 7位 6位 6位 6位 6位 1,126サイト
先物取引ブログ 205位 196位 190位 189位 185位 190位 191位 3,247サイト
日経225ミニ先物 65位 63位 60位 57位 55位 56位 56位 998サイト
今日 12/06 12/05 12/04 12/03 12/02 12/01 全参加数
総合ランキング(PV) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 980,008サイト
INポイント 0 10 10 10 10 10 10 60/週
OUTポイント 20 70 40 40 90 140 100 500/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
株ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 13,716サイト
株日記 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 3,077サイト
株式投資情報 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 1,126サイト
先物取引ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 3,247サイト
日経225ミニ先物 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 998サイト

新機能の「ブログリーダー」を活用して、INSIGHT225さんの読者になりませんか?

ハンドル名
INSIGHT225さん
ブログタイトル
INSIGHT225|個別株式と日経平均株価の予想
更新頻度
29回 / 27日(平均7.5回/週)
読者になる
INSIGHT225|個別株式と日経平均株価の予想

INSIGHT225さんの新着記事

1件〜30件

  • 今日(12月6日)の日経平均株価と採用個別銘柄の予想レンジ

    日経平均株価の予想値幅 23290~23510 【算定根拠】 (1)個別株の業種平均乖離率との差による補正値 日経平均株価を構成する企業には様々な業種があります。 これらの企業の株価動向は、極端な決算や需給改善等の特別な場合を除いて、日経平均株価に採用されるような出来高の多い銘柄は、業種別の平均に近い推移に回帰する傾向があります。 それを考慮して、業種別に算出した平均乖離率と個別株の乖離の差を用いて計算を行ったものです。 言い換えれば、対象銘柄すべてが業種別の標準的な変動をする仮定した場合、合計するとこの値分ずれていることが想定されるということです。 補正値 101 (2)個別株のボラティリテ…

  • 今日(12月5日)の日経平均株価と採用個別銘柄の予想レンジ

    日経平均株価の予想値幅 23080~23350 【算定根拠】 (1)個別株の業種平均乖離率との差による補正値 日経平均株価を構成する企業には様々な業種があります。 これらの企業の株価動向は、極端な決算や需給改善等の特別な場合を除いて、日経平均株価に採用されるような出来高の多い銘柄は、業種別の平均に近い推移に回帰する傾向があります。 それを考慮して、業種別に算出した平均乖離率と個別株の乖離の差を用いて計算を行ったものです。 言い換えれば、対象銘柄すべてが業種別の標準的な変動をする仮定した場合、合計するとこの値分ずれていることが想定されるということです。 補正値 81 (2)個別株のボラティリティ…

  • 今日(12月4日)の日経平均株価と採用個別銘柄の予想レンジ

    日経平均株価の予想値幅 23150~23380 【算定根拠】 (1)個別株の業種平均乖離率との差による補正値 日経平均株価を構成する企業には様々な業種があります。 これらの企業の株価動向は、極端な決算や需給改善等の特別な場合を除いて、日経平均株価に採用されるような出来高の多い銘柄は、業種別の平均に近い推移に回帰する傾向があります。 それを考慮して、業種別に算出した平均乖離率と個別株の乖離の差を用いて計算を行ったものです。 言い換えれば、対象銘柄すべてが業種別の標準的な変動をする仮定した場合、合計するとこの値分ずれていることが想定されるということです。 補正値 -119 (2)個別株のボラティリ…

  • 今日(12月3日)の日経平均株価と採用個別銘柄の予想レンジ

    日経平均株価の予想値幅 23210~23560 【算定根拠】 (1)個別株の業種平均乖離率との差による補正値 日経平均株価を構成する企業には様々な業種があります。 これらの企業の株価動向は、極端な決算や需給改善等の特別な場合を除いて、日経平均株価に採用されるような出来高の多い銘柄は、業種別の平均に近い推移に回帰する傾向があります。 それを考慮して、業種別に算出した平均乖離率と個別株の乖離の差を用いて計算を行ったものです。 言い換えれば、対象銘柄すべてが業種別の標準的な変動をする仮定した場合、合計するとこの値分ずれていることが想定されるということです。 補正値 ー91 (2)個別株のボラティリテ…

  • 【投資メモ】出来高解析による抽出銘柄(11月29日終了時点)

    直近1ヶ月間の出来高の動きから抽出した銘柄 目先1~2週間で大きな値動きないし、トレンドが発生する可能性が高い。 (下げもあることに注意) 9008 京王電鉄 5101 横浜ゴム 5802 住友電気工業 4208 宇部興産 3401 帝人 7211 三菱自動車工業 9503 関西電力 4507 塩野義製薬 7261 マツダ 6752 パナソニック 9766 コナミH 5214 日本電気硝子 6758 ソニー 5019 出光興産

  • 今日(12月2日)の日経平均株価と採用個別銘柄の予想レンジ

    日経平均株価の予想値幅 23180~23410 【算定根拠】 (1)個別株の業種平均乖離率との差による補正値 日経平均株価を構成する企業には様々な業種があります。 これらの企業の株価動向は、極端な決算や需給改善等の特別な場合を除いて、日経平均株価に採用されるような出来高の多い銘柄は、業種別の平均に近い推移に回帰する傾向があります。 それを考慮して、業種別に算出した平均乖離率と個別株の乖離の差を用いて計算を行ったものです。 言い換えれば、対象銘柄すべてが業種別の標準的な変動をする仮定した場合、合計するとこの値分ずれていることが想定されるということです。 補正値 1 (2)個別株のボラティリティに…

  • 出来高でわかる!これから上がる株、下がる株。

    値動きを追い続ける超短期のデイトレードにはあまり向きませんが、比較的中短期での株式の投資先を選定する際に、出来高に着目することは重要です。出来高の大変動といえば、仕手株を連想する方もおられると思いますが、そこまで派手に動くことは稀です。それでも、株価の動向に出来高は大きく関与します。出来高に伴う値動きは1ヶ月程度以内に現れ始めるので、せめて、これぐらいの期間は待てる人向きだと思います。 例えば、あるものを気づかれにくいように買い集めたい時、どうするでしょうか?そのためにはとにかく目立たないこと。目立たないようにするには、その相場をあまり動かさないようにするものです。1日だけではなく、ある程度の…

  • 来週の相場はどうなる?現在の株式ポジション(2019年11月29日終了時点)

    まずは現在の株式ポジションから。 先週末からの比較です。 株は現物保有。 耐える 我慢する 忘れる これが鉄則。 ○信用の建玉:売り買い共に無し ○現物:あり コード 名称 取引値 損益 保有数 先週比 6701 NEC 4,375 32.58% 100 -3.33% 4503 アステラス 1,868 24.09% 500 1.86% 4507 塩野義製薬 6,438 6.41% 100 0.66% 8306 MUFG 578.1 -9.67% 200 0.85% 6954 ファナック 20,905 17.18% 100 1.65% 合計 17.27% 1.04% 保有数と損益率だけ示します。…

  • 今日(11月29日)の日経平均株価と採用個別銘柄の予想レンジ

    日経平均株価の予想値幅 (1)個別株の業種平均乖離率との差による補正値 日経平均株価を構成する企業には様々な業種があります。 これらの企業の株価動向は、極端な決算や需給改善等の特別な場合を除いて、日経平均株価に採用されるような出来高の多い銘柄は、業種別の平均に近い推移に回帰する傾向があります。 それを考慮して、業種別に算出した平均乖離率と個別株の乖離の差を用いて計算を行ったものです。 言い換えれば、対象銘柄すべてが業種別の標準的な変動をする仮定した場合、合計するとこの値分ずれていることが想定されるということです。 補正値 -4 (2)個別株のボラティリティによる想定変動幅 個別株は、各々が特徴…

  • 今日(11月28日)の日経平均株価と採用個別銘柄の予想レンジ

    日経平均株価の予想値幅 (1)個別株の業種平均乖離率との差による補正値 日経平均株価を構成する企業には様々な業種があります。 これらの企業の株価動向は、極端な決算や需給改善等の特別な場合を除いて、日経平均株価に採用されるような出来高の多い銘柄は、業種別の平均に近い推移に回帰する傾向があります。 それを考慮して、業種別に算出した平均乖離率と個別株の乖離の差を用いて計算を行ったものです。 言い換えれば、対象銘柄すべてが業種別の標準的な変動をする仮定した場合、合計するとこの値分ずれていることが想定されるということです。 補正値 -21 (2)個別株のボラティリティによる想定変動幅 個別株は、各々が特…

  • 今日(11月27日)の日経平均株価と採用個別銘柄の予想レンジ

    日経平均株価の予想値幅 (1)個別株の業種平均乖離率との差による補正値 日経平均株価を構成する企業には様々な業種があります。 これらの企業の株価動向は、極端な決算や需給改善等の特別な場合を除いて、日経平均株価に採用されるような出来高の多い銘柄は、業種別の平均に近い推移に回帰する傾向があります。 それを考慮して、業種別に算出した平均乖離率と個別株の乖離の差を用いて計算を行ったものです。 言い換えれば、対象銘柄すべてが業種別の標準的な変動をする仮定した場合、合計するとこの値分ずれていることが想定されるということです。 補正値 -33 (2)個別株のボラティリティによる想定変動幅 個別株は、各々が特…

  • 今日(11月26日)の日経平均株価と採用個別銘柄の予想レンジ

    日経平均株価の予想値幅 (1)個別株の業種平均乖離率との差による補正値 日経平均株価を構成する企業には様々な業種があります。 これらの企業の株価動向は、極端な決算や需給改善等の特別な場合を除いて、日経平均株価に採用されるような出来高の多い銘柄は、業種別の平均に近い推移に回帰する傾向があります。 それを考慮して、業種別に算出した平均乖離率と個別株の乖離の差を用いて計算を行ったものです。 言い換えれば、対象銘柄すべてが業種別の標準的な変動をする仮定した場合、合計するとこの値分ずれていることが想定されるということです。 補正値 18 (2)個別株のボラティリティによる想定変動幅 個別株は、各々が特徴…

  • 今日(11月25日)の日経平均株価と採用個別銘柄の予想レンジ

    日経平均株価の予想値幅 (1)個別株の業種平均乖離率との差による補正値 日経平均株価を構成する企業には様々な業種があります。 これらの企業の株価動向は、極端な決算や需給改善等の特別な場合を除いて、日経平均株価に採用されるような出来高の多い銘柄は、業種別の平均に近い推移に回帰する傾向があります。 それを考慮して、業種別に算出した平均乖離率と個別株の乖離の差を用いて計算を行ったものです。 言い換えれば、対象銘柄すべてが業種別の標準的な変動をする仮定した場合、合計するとこの値分ずれていることが想定されるということです。 補正値 18 (2)個別株のボラティリティによる想定変動幅 個別株は、各々が特徴…

  • 現在の株式ポジション(2019年11月24日)

    不定期更新の株式ポジションでしたが、最近の相場の挙動を見ると、あまり放置すると手痛い目に合いそうなので、週間程度に見ておこうと思います。 先週末からの比較です。 株は現物保有。 耐える 我慢する 忘れる これが鉄則。 ○信用の建玉:売り買い共に無し ○現物:あり コード 名称 取引値 損益 保有数 先週比 6701 NEC 4,485 35.91% 100 3.33% 4503 アステラス 1,840 22.23% 500 2.26% 4507 塩野義製薬 6,398 5.75% 100 1.80% 8306 MUFG 572.7 -10.52% 200 -1.54% 6954 ファナック 2…

  • 今日(11月22日)の日経平均株価と採用個別銘柄の予想レンジ

    日経平均株価の予想値幅 この予測値は機械的に計算しただけのものですが、相場の世界では、機械的に戦っていくことは重要です。相手は機械(AI)だから。 (1)個別株の業種平均乖離率との差による補正値 日経平均株価を構成する企業には様々な業種があります。 これらの企業の株価動向は、極端な決算や需給改善等の特別な場合を除いて、日経平均株価に採用されるような出来高の多い銘柄は、業種別の平均に近い推移に回帰する傾向があります。 それを考慮して、業種別に算出した平均乖離率と個別株の乖離の差を用いて計算を行ったものです。 言い換えれば、対象銘柄すべてが業種別の標準的な変動をする仮定した場合、合計するとこの値分…

  • 今日(11月21日)の日経平均株価と採用個別銘柄の予想レンジ

    日経平均株価の予想値幅 (1)個別株の業種平均乖離率との差による補正値 日経平均株価を構成する企業には様々な業種があります。 これらの企業の株価動向は、極端な決算や需給改善等の特別な場合を除いて、日経平均株価に採用されるような出来高の多い銘柄は、業種別の平均に近い推移に回帰する傾向があります。 それを考慮して、業種別に算出した平均乖離率と個別株の乖離の差を用いて計算を行ったものです。 言い換えれば、対象銘柄すべてが業種別の標準的な変動をする仮定した場合、合計するとこの値分ずれていることが想定されるということです。 補正値 37 (2)個別株のボラティリティによる想定変動幅 個別株は、各々が特徴…

  • 今日(11月20日)の日経平均株価と採用個別銘柄の予想レンジ

    日経平均株価の予想値幅 (1)個別株の業種平均乖離率との差による補正値 日経平均株価を構成する企業には様々な業種があります。 これらの企業の株価動向は、極端な決算や需給改善等の特別な場合を除いて、日経平均株価に採用されるような出来高の多い銘柄は、業種別の平均に近い推移に回帰する傾向があります。 それを考慮して、業種別に算出した平均乖離率と個別株の乖離の差を用いて計算を行ったものです。 言い換えれば、対象銘柄すべてが業種別の標準的な変動をする仮定した場合、合計するとこの値分ずれていることが想定されるということです。 補正値 -34 (2)個別株のボラティリティによる想定変動幅 個別株は、各々が特…

  • 今日(11月19日)の日経平均株価と採用個別銘柄の予想レンジ

    日経平均株価の予想値幅 (1)個別株の業種平均乖離率との差による補正値 日経平均株価を構成する企業には様々な業種があります。 これらの企業の株価動向は、極端な決算や需給改善等の特別な場合を除いて、日経平均株価に採用されるような出来高の多い銘柄は、業種別の平均に近い推移に回帰する傾向があります。 それを考慮して、業種別に算出した平均乖離率と個別株の乖離の差を用いて計算を行ったものです。 言い換えれば、対象銘柄すべてが業種別の標準的な変動をする仮定した場合、合計するとこの値分ずれていることが想定されるということです。 補正値 -104 (2)個別株のボラティリティによる想定変動幅 個別株は、各々が…

  • 今日(11月18日)の日経平均株価と採用個別銘柄の予想レンジ

    日経平均株価の予想値幅 (1)個別株の業種平均乖離率との差による補正値 日経平均株価を構成する企業には様々な業種があります。 これらの企業の株価動向は、極端な決算や需給改善等の特別な場合を除いて、日経平均株価に採用されるような出来高の多い銘柄は、業種別の平均に近い推移に回帰する傾向があります。 それを考慮して、業種別に算出した平均乖離率と個別株の乖離の差を用いて計算を行ったものです。 言い換えれば、対象銘柄すべてが業種別の標準的な変動をする仮定した場合、合計するとこの値分ずれていることが想定されるということです。 補正値 -14 (2)個別株のボラティリティによる想定変動幅 個別株は、各々が特…

  • 不完全なAIの株価予想1弾目のその後(5か月後)

    今年の6月21日に抽出したAI銘柄。 当時、pythonにはまっていて、tensorflowを使ってパソコンを酷使していました。 計算を回し始めるとパソコンが使えなくなるので今は抑えています。 その後はいかに?? 対象は東証。 抽出日は6月21日でした。 コード 名称 9948 (株)アークス 9880 イノテック(株) 3050 DCMホールディングス 3205 (株)ダイドーリミテッド 3926 (株)オープンドア 7545 (株)西松屋チェーン 8203 (株)MrMaxHD 3920 アイビーシー(株) この間、日経平均は 6月21日終値 21258.64 11月15日終値 23303…

  • 現在の株式ポジション(2019年11月17日)

    不定期更新の株式ポジションでしたが、最近の相場の挙動を見ると、あまり放置すると手痛い目に合いそうなので、週間程度に見ておこうと思います。 前回は6月から5ヶ月経過の完全放置でした。 株は現物保有。 耐える 我慢する 忘れる これが鉄則。 わきまえます。 ○信用の建玉:売り買い共に無し ○現物:あり コード 名称 取引値 損益 保有数 6701 NEC 4,375 32.58% 100 4503 アステラス 1,806 19.97% 500 4507 塩野義製薬 6,289 3.95% 100 8306 MUFG 582.5 -8.98% 200 6954 ファナック 21,115 18.36%…

  • 現在の株式ポジション(2019年11月17日)

    不定期更新の株式ポジションでしたが、最近の相場の挙動を見ると、あまり放置すると手痛い目に合いそうなので、週間程度に見ておこうと思います。 前回は6月から5ヶ月経過の完全放置でした。 株は現物保有。 耐える 我慢する 忘れる これが鉄則。 わきまえます。 ○信用の建玉:売り買い共に無し ○現物:あり コード 名称 取引値 損益 保有数 6701 NEC 4,375 32.58% 100 4503 アステラス 1,806 19.97% 500 4507 塩野義製薬 6,289 3.95% 100 8306 MUFG 582.5 -8.98% 200 6954 ファナック 21,115 18.36%…

  • 今日(11月15日)の日経平均株価と採用個別銘柄の予想レンジ

    日経平均株価の予想値幅 (1)個別株の業種平均乖離率との差による補正値 日経平均株価を構成する企業には様々な業種があります。 これらの企業の株価動向は、極端な決算や需給改善等の特別な場合を除いて、日経平均株価に採用されるような出来高の多い銘柄は、業種別の平均に近い推移に回帰する傾向があります。 それを考慮して、業種別に算出した平均乖離率と個別株の乖離の差を用いて計算を行ったものです。 言い換えれば、対象銘柄すべてが業種別の標準的な変動をする仮定した場合、合計するとこの値分ずれていることが想定されるということです。 補正値 -28 (2)個別株のボラティリティによる想定変動幅 個別株は、各々が特…

  • 今日(11月14日)の日経平均株価と採用個別銘柄の予想レンジ

    日経平均株価の予想値幅 (1)個別株の業種平均乖離率との差による補正値 日経平均株価を構成する企業には様々な業種があります。 これらの企業の株価動向は、極端な決算や需給改善等の特別な場合を除いて、日経平均株価に採用されるような出来高の多い銘柄は、業種別の平均に近い推移に回帰する傾向があります。 それを考慮して、業種別に算出した平均乖離率と個別株の乖離の差を用いて計算を行ったものです。 言い換えれば、対象銘柄すべてが業種別の標準的な変動をする仮定した場合、合計するとこの値分ずれていることが想定されるということです。 補正値 25 (2)個別株のボラティリティによる想定変動幅 個別株は、各々が特徴…

  • 今日(11月13日)の日経平均株価と採用個別銘柄の予想レンジ

    日経平均株価の予想値幅 (1)個別株の業種平均乖離率との差による補正値 日経平均株価を構成する企業には様々な業種があります。 これらの企業の株価動向は、極端な決算や需給改善等の特別な場合を除いて、日経平均株価に採用されるような出来高の多い銘柄は、業種別の平均に近い推移に回帰する傾向があります。 それを考慮して、業種別に算出した平均乖離率と個別株の乖離の差を用いて計算を行ったものです。 言い換えれば、対象銘柄すべてが業種別の標準的な変動をする仮定した場合、合計するとこの値分ずれていることが想定されるということです。 補正値 85 (2)個別株のボラティリティによる想定変動幅 個別株は、各々が特徴…

  • 今日(11月12日)の日経平均株価と採用個別銘柄の予想レンジ

    日経平均株価の予想値幅 (1)個別株の業種平均乖離率との差による補正値 日経平均株価を構成する企業には様々な業種があります。 これらの企業の株価動向は、極端な決算や需給改善等の特別な場合を除いて、日経平均株価に採用されるような出来高の多い銘柄は、業種別の平均に近い推移に回帰する傾向があります。 それを考慮して、業種別に算出した平均乖離率と個別株の乖離の差を用いて計算を行ったものです。 言い換えれば、対象銘柄すべてが業種別の標準的な変動をする仮定した場合、合計するとこの値分ずれていることが想定されるということです。 補正値 127 (2)個別株のボラティリティによる想定変動幅 個別株は、各々が特…

  • 今日(11月11日)の日経平均株価と採用個別銘柄の予想レンジ

    日経平均株価の予想値幅 (1)個別株の業種平均乖離率との差による補正値 日経平均株価を構成する企業には様々な業種があります。 これらの企業の株価動向は、極端な決算や需給改善等の特別な場合を除いて、日経平均株価に採用されるような出来高の多い銘柄は、業種別の平均に近い推移に回帰する傾向があります。 それを考慮して、業種別に算出した平均乖離率と個別株の乖離の差を用いて計算を行ったものです。 言い換えれば、対象銘柄すべてが業種別の標準的な変動をする仮定した場合、合計するとこの値分ずれていることが想定されるということです。 補正値 139 (2)個別株のボラティリティによる想定変動幅 個別株は、各々が特…

  • 現在の株式ポジション(2019年11月10日)

    不定期更新の株式ポジションです。 6月から5ヶ月、経過の放置プレイ。 株は現物を持っていれば、 耐える 我慢する 忘れる ができるんですよね。 これが鉄則。 たまに銀行株みたいなのつかむと。。 ○信用の建玉:売り買い共に無し ○現物:あり コード 名称 取引値 損益 保有数 6701 NEC 4,340 +31.52% 100 4503 アステラス製薬 1,819 +20.86% 500 4507 塩野義製薬 6,336 +4.73% 100 8306 MUFG 590.5 -7.73% 200 6954 ファナック 21,590 +21.02% 100 合計 +18.19% 保有数と損益率だ…

  • 現在の株式ポジション(2019年11月10日)

    不定期更新の株式ポジションです。 6月から5ヶ月、経過の放置プレイ。 株は現物を持っていれば、 耐える 我慢する 忘れる ができるんですよね。 これが鉄則。 たまに銀行株みたいなのつかむと。。 ○信用の建玉:売り買い共に無し ○現物:あり コード 名称 取引値 損益 保有数 6701 NEC 4,340 +31.52% 100 4503 アステラス製薬 1,819 +20.86% 500 4507 塩野義製薬 6,336 +4.73% 100 8306 MUFG 590.5 -7.73% 200 6954 ファナック 21,590 +21.02% 100 合計 +18.19% 保有数と損益率だ…

  • 今日(11月8日)の日経平均株価と採用個別銘柄の予想値幅

    日経平均株価の予想値幅 (1)個別株の業種平均乖離率との差による補正値 日経平均株価を構成する企業には様々な業種があります。 これらの企業の株価動向は、極端な決算や需給改善等の特別な場合を除いて、日経平均株価に採用されるような出来高の多い銘柄は、業種別の平均に近い推移に回帰する傾向があります。 それを考慮して、業種別に算出した平均乖離率と個別株の乖離の差を用いて計算を行ったものです。 言い換えれば、対象銘柄すべてが業種別の標準的な変動をする仮定した場合、合計するとこの値分ずれていることが想定されるということです。 補正値 41 (2)個別株のボラティリティによる想定変動幅 個別株は、各々が特徴…

カテゴリー一覧
商用