searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE

ポンド太郎さんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

「どうも、キャリアウーマンです」なワイフにライフを激しくコントロールされまくる、日々をまったり過ごしたいアラフォー終わりかけの中年男子です。職場の理解も快く得られ、晴れて休職。子供(姉・弟)と共に地球の裏側まで引っぱられ、ただ今初めての駐夫・専業主夫を経験中。ほぼ同内容のInstagram【ID : @pondotaro】をこちらで清書。渡英前の事なども順不同でつぶやきます。

ブログタイトル
人生の夏休み 〜ロンドン駐夫の記録〜
ブログURL
https://pondtaro.hatenablog.com/
ブログ紹介文
「どうも、キャリアウーマンです」なワイフにライフを激しくコントロールされまくる、日々をまったり過ごしたいアラフォー終わりかけの中年男子です。職場の理解も得られ晴れて休職。子供(姉・弟)と共に地球の裏側でただ今初めての駐夫・専業主夫を経験中。
更新頻度(1年)

102回 / 324日(平均2.2回/週)

ブログ村参加:2019/11/08

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、ポンド太郎さんの読者になりませんか?

ハンドル名
ポンド太郎さん
ブログタイトル
人生の夏休み 〜ロンドン駐夫の記録〜
更新頻度
102回 / 324日(平均2.2回/週)
読者になる
人生の夏休み 〜ロンドン駐夫の記録〜

ポンド太郎さんの新着記事

1件〜30件

  • 息子の交友関係に嫉妬する親父

    恐らくインド系のご家族なのだと思うのだが、そこの男の子がうちの息子ととても仲がいい。当初、息子はその子のことを「デデン」と呼んでいたのだが、息子の発音が良くなってくるにつれてその呼び方は少しずつ変化し、今は「ディレン」で落ち着いている。ディレンと息子はクラスが同じで、息子が学校のことを話す際、登場人物の8割はこのディレンである。ディレンも息子のことをとても気に入ってくれているようで、コロナ休み中も何度かWhatsAppのビデオチャットを掛けてきてくれたり、先日はリッチモンドパークのプレイグラウンド(遊具のある広場)にプレイデート(およばれ的なもの)に行きませんか?などとディレンママが誘ってくれ…

  • 体操着での登校

    息子のInfant schoolも、PE(体育)のある日は、朝から体操着で登校して良くなったそうで、そのお知らせが入っていた。 娘のJunior schoolは元々この運用で、それをInfantにも適用できないかと掛け合ってたママさん達がおられたようで、「素晴らしい!やったわ!!」って感じでWhatsAppが盛り上がっていた。学校で着替えて服を地べたに脱ぎ散らかしたり、先生が上手く着替えられない子の手助けをしたり、間違えて他の子の服を持って帰ったり、、、そう言ったリスクが減るのは感染リスクを減らすことにも繋がるから大変ありがたい。朝の学校準備も楽になるし! (にほんブログ村ランキングサイトへ飛…

  • 渡英前に売り払ったもの

    「あなたのいらないものは、誰かのほしいもの。」確かこんな感じのキャッチコピーが以前ヤフオクで謳われていた。なんともスバラしくエコ(略してセコ)なフレーズではないか。自称スーパーエコロジスト(略してセコロジスト)な、セコセコ人間の私の琴線ビンビン弾きまくりである。なんでも捨てたらそれで終わりだけど、それなりに値がつきそうなものは、セコロジスト精神に則り、これまでもちょいちょいネットオークションで売却してきた。そんな私にとって今回の渡英という機会は、断捨離も兼ねて一気に色々処分してしまう大チャンスであった。そして、色々と一気に売却した。中には売れずに廃棄するしかなかったものもあったが。本当に色々と…

  • 子供の英単語の勉強方法を考えてみた

    娘(Year5)の学校で毎週単語テストがある。 Year3&4で習った単語から、毎週ランダムで12問出されるそうだ。 先生が言った単語を書かなくてはいけないので、ただスペル練習しててもダメで、ちゃんと正しい発音も理解していないといけない。 今週、新学年になって初のテストがあったのだが、12問中2問正解という見事な成績を取ってきて、 「ブイブイ!ピースピース!」 と、全く反省の色がないばかりか、2点をアピールする始末の娘。 どうしたもんかと考えて、パワポのテキスト読み上げ機能を使った学習ツールを作ってみた。 正直、私が解らん単語もちょっと混じってたりしてて、レベルの高さにビビってるのだが、ネイテ…

  • 妻の放言(バリカン失敗)

    「あっ」と、一言。放言じゃないですかね、コレは。 自宅でバリカンでカットしてもらってるので、こう言うことも十分あり得ます。まあ、私には見えないところなんで気になりません。知らぬが仏って感じですね〜。 (にほんブログ村ランキングサイトへ飛びます)

  • フォニックス

    は? フェニックスじゃなくて?と、全然知らなかったので最初聞いた時そう思ったフォニックス。息子が昨年の9月、Year1として現地校通学を始めてから2,3カ月たった頃、「クッ、アッ、トッ。クァット。」という感じで、ある単語を見て発声した。最初、何言っとんじゃコイツ??と思ったわけですが、その先にあった単語は、 CATそれを言うなら、「シー、エー、ティー。キャット。」じゃないのか?と、無知だった私はそう思ったわけです。後に学校からのプリントやメールで知ることになったのですが、子供が習うアルファベットの発声練習法としてフォニックスなるものがあり、それを息子が授業で習っているそうだ。 それまでも時折、…

  • ニューカマー

    わが家が建っているのは、そこそこな広さのプライベートエリアの一角で、そのエリアの中には共用スペースとして、これまたそこそこな広さの水場と、そこそこな広さの緑地がある。緑と水のスペースが充実していることから、そこに居付きの野生動物(ほとんど鳥)もそこそこな数生息している。この春から夏にかけ、これら野生動物にたくさんのNewcomer達がやってきた。Coal Titの雛、Blue Titの雛、Robinの雛、バンの雛、マガモの雛、モリアカネズミ、リスの子供、アナグマ親子。他にもカケスやマグパイの若鳥などもよく見かける。このNewcomer達が、単調なコロナ巣籠り生活に彩りを与えてくれ、退屈なはずだ…

  • 木の枝をカットすることに

    お隣りのお婆さんから「うちの方にはみ出している木の枝をカットして欲しい」とのお願いが大家さんにあったらしく、不動屋経由でうちにもその旨連絡があった。 スズカケと言う名前の木らしいのだが、この木は落葉がスゴイ。そして落葉だけじゃなく落枝もスゴイ。強風の翌日なんかは庭に折れた大枝が落下していることもしばしば。小枝なんかは日常的に落ちてきていて、きっと隣の庭でもこれと同じことが起きているのだろう。んで、ひとまずの現場確認のために大家さんがやって来た。ちょうど強風が吹いた翌日で、まさに大枝が落下している日だった。 スズカケだけでなく、隣の杉の木の枝も一緒にカットした方が良さそうとのことで、両方とも枝を…

  • ハリーポッターを今さら鑑賞するまでの道のりが呪いのように長い(後編)

    【第三の関門 メガ進化!!!】 順調に鑑賞が進み、ドロロン閻魔君のシャポーじいとしか思えない喋る帽子が登場し、ハリーのグリフィンドール寮入りが決まった。この辺りは見覚えがあるので、まだまだ新たな領域には進んでいないわけだが、ここで問題発生。最近ポケモンGOをスマホにインストールしてハマり気味の奥様が、 「近所にメガリザードンが出たよ!!!」とリビングに駆け込んできた・・・。このメガリザードンは、40分以内くらいで終わってしまうイベント。つまり 鑑賞中断して捕まえに行こうよ!という話である。 まあ、しょうがないか、メガリザードンだしな、カッコいいしな、俺も持ってないし欲しいしな、ということで中断…

  • ハリーポッターを今さら鑑賞するまでの道のりが呪いのように長い(前編)

    言わずと知れたハリーポッターシリーズ。私も名前は当然知っているし、世界的に有名なのも知っている。が、私はこのシリーズに大した興味はないので、内容についてはよく知らない。イギリスに移り住むまで、この作品がイギリス生まれだということも知らなかった。自信をもって知っていることを羅列してみてると、、、ダニエルラドクリフが主人公のポッター役であること。他にもメインメンバーが二人いて、そのうち女の子役のエマワトソンはとても可愛いこと。でも、エマワトソンの役名は思い出せないし、もう一人の男の子については名前も役名も思い出せない、というか思い出すも何もそもそも知っていたかすら怪しい。メインメンバー3人の顔はわ…

  • カモにカモられるオヤジ

    家の前の水場にいるカモ一団(今季三団目)。先の二団と違い、今のところ引っ越す気配もなくどうやら居付きになった模様。当初七匹だったヒナは徐々に減り、今は三匹。この一団、完膚なきまでに餌付けされており、私の姿を見つけるとわざわざ池から這い上がって来て、私めがけて一直線に猛ダッシュしてくる。 ヒナたちは私に対して愛想ふまりまきまくりだ(たぶん)。で、もう、その姿が、、、 カワイイ!めちゃくちゃカワイイ!!わけだ。そして、走りながら明らかに、「貢いで!貢いで!貢いで~~~!!」と言っている。気のせいではない、完全にこう言いながら走ってくる(・・・気がする)。この可愛さがたまらん単純なオヤジは、毎日食パ…

  • ついに渡英1年、その日に起こったこと

    ちょうど一年前、この家の前に立って最初に思ったのが、 ドアノブが無い??であった。防犯なのか、流行りなのか、伝統なのか、ここいらだけなのか分からんが、とにかく玄関のドアにドアノブが無いのだ。少し驚きはしたものの、こういうのを初めて見たわけではなかったので、鍵を差して回したら同時にドアも開くタイプだとすぐに察しはついた。このタイプは要はオートロックなので、ついうっかり鍵を持たずに玄関を閉めようものなら締め出しをくらう。平常時は妻は会社、子供らは学校。家にいるのは私だけということもあり、玄関から外に出る際は常に注意を払い、ポケットの中に鍵がある事を確認してからドアを閉めることが習慣になった。しかし…

  • バンの幼鳥を看取った話(後編)

    (三日目 Jul. 31) 小鳥用の餌やパンくずなどを与えると、動けないけどよく食べる。よく食べ、よく出すので、お尻の汚れを落とすために、再び水浴び。今回は泳力も見てみようと思い、少し広めのプラケースに水を張って、そこに浸からせてみた。昨日、泳いではいたものの、水から上がりがっているような素振りも見せていたので、少し浅めにし、足場としてレンガを置いてみた。そうすると、どうも水の中は不安みたいで、すぐに足場の上に登り始め、なんとか自力で登り切った後にそのままレンガの上で座り込んでしまった。やはり足に力は入らないようだった。(四日目 Aug. 1)朝一、元気な様子であったものの、心なしか食欲がない…

  • バンの幼鳥を看取った話(前編)

    ちょっと前の事。結末はタイトルの通りですが、野鳥をほんの数日保護しました。初日(Jul. 29)通学路途中にある池で、娘が動けなくなったバンの幼鳥を発見した。生まれたてのヒナよりは大分顔つきがしっかりしていて、生後2週間くらいは経っている感じであった。他の鳥に攻撃されたのか?はたまた何かにぶつかったのか?原因はわからないけど、池のすぐそばの芝生の上でバタバタと小さい羽を動かしていた。足が全く動かないようで、人間が近づいても移動する気配がない。近くにいた親鳥に餌を与えてみると、親鳥が自分で食べてしまった。いつもであれば、その餌を自分の子供へ与えるのだが、そういう行動は取らなかったところから、なん…

  • 妻の放言(庭の木の実)

    近頃、リスが鳥の餌場に現れなくなった。もともと小鳥向けの場所なので、リスが来ないことは喜ばしい事ではあるのだが、なんかちょっと寂しい。 来なくなった理由ははっきりしていて、奴らは今が旬の木の実に夢中なのだ。あっちでボリボリこっちでボリボリボリボリボリボリボリスジョンソンよろしく木の実食べ散らかし放題である。 プラムの小ちゃいやつをよく食べていて、庭にその残骸が結構転がっているのだけど、この赤い小さい実もよく食べている。そんなリスの食事を見て、出ましたよまた、奥様の放言。奥「あの赤い小さい木の実あるじゃん?リスが食べてるやつ」私「うん」奥「あれ、食べてみたらいいじゃん!」 な、な、な、何言い出す…

  • 英国レックウザ ゲットだぜ!

    今更のポケモンGOを始めて苦節2カ月ちょい!くらい!初めてレイドバトルで伝説のポケモンをゲットしました! レックウザ!か、か、か、かっこいい~~~!!う、うう、う、うれすぃ~~~!!!ツヨ~~~いポケモンは、日時場所ランダムに発生するレイドバトルというイベントでしか手に入らない。そりゃあもう、ツヨ~~~いわけですから、1対1じゃ到底勝てないわけで、本来はその場に集まったプレイヤー10名とかで袋叩きにしてなんとか倒すのだけど、こんな郊外じゃ誰もいないので毎回タイマン。。。ゾウ 対 ヒト みたいな感じになってしまって、まっっったく歯が立たないわけで、時々現れるレアポケモンも恨めしく眺めるだけだった…

  • 外食半額補助政策

    8月の月火水に外食すると半額分値引きされる!!ただし一人当たりmax£10!!ってことを、インスタフレンドの皆さんの投稿で知り、願ってもないお得情報には入れ食いな我が家は、ここぞとばかりにそそくさと滅多に行かない外食へ繰り出しました。最初、韓国焼肉のTree Stoneという店に行こうとしたのだけど、どうやらこの店の仕組み(隣の精肉店で買った肉を持ち込んで焼く)が災いして、焼肉の肉には今回の半額補助は適用されないらしい。。。いーみなーいじゃん!!通常時はこの仕組みがとてもいいんですけどね・・・。 ということで焼肉はまたの機会にして、この一年、幾度となくその前をただただ素通りして来たパブに初訪問…

  • 東進オンライン学校の恩恵にあずかる

    巣籠り期間からそのまま夏休みに突入したわけですが、子供らを机に向かわせるのに毎日苦戦しております。そんな中、駐夫つながりのコミュニティで情報提供いただいた、東進オンライン学校の授業サービスが非常に助かっています。なんといっても無料。しかもただの無料ではなく、卒業するまでずーーーっと無料っていうのがムチャクチャ太っ腹。さらには海外在住でも登録できるようにしてくれているという視野の広さが有難すぎる。 特に、勉強開始させるまでに泣きべそかきながら 「絶対ヤダ!絶対やらない!」を連発して必死の抵抗を見せる息子も、いつの間にかノリノリで先生の話を聞いて、大声で画面に向かって答えを言っていたりして、、、そ…

  • パスタマシンが最高過ぎる件

    コロナで巣ごもり生活をするまでは、「料理を粉レベルから作り上げる」 なんてことを自分がするようになるとは想像すら出来なかったのだけど、丁度いい塩梅の生の餃子の皮(冷凍ものは韓国食材店で見かける)が手に入らないといった環境要因もあり、自ら小麦粉をこねて棒で延ばすということをやり始めるなようになった。延べ棒で自作する餃子の皮は、日本の市販のものと比べやや厚く、仕上がりは餃子というよりは、焼き小籠包のような感じになってしまう。まあ、これはこれで十分旨いのだが、延べ棒で毎回60枚近く餃子の皮を作るという工程が、なんともしんどい。適当なサイズにちぎった小麦粉のこね玉を、延べ棒に体重をかけながらぐりぐり延…

  • 妻の放言(カモと私)

    近所の池に野生のカモが10匹ほど生息している。この春に孵化した雛たちを、親ガモが育てている一団である。時々、悪くなってしまったパンを千切ってあげたりするのだけど、同じようなことをしている人は他にも大勢いるようで、この一団は人間の姿を見ただけでワラワラと近寄って来て餌をねだるようになってしまっている。そして餌を食べ尽くしたら、餌の切れ目が縁の切れ目と言わんばかりに、速やかに散らばり去っていく。彼らの行動に、遠慮や謙虚さや恥じらいは無い。一ミリも無い。一ミクロンも無い。ただ食欲に正直に生きている姿しかない。そんな一団の姿を見て、色々とお疲れの奥様が放言しはりました。「・・・カモはいいよねー、餌もら…

  • コロナで変わったエトセトラ(私の場合)

    3月末のロックダウン以降、家からあまり出なくなり、これまで外出で得られていた刺激が極端に減った。結果、これまで気にもしなかった身近なものに目が行くようになった。以前、退職された元上司の方と久々にお会いした際、「ずっと家にいるようになって、今まで気にならなかったものが妙に気になってしょうがなくってね~、、、例えば包丁を研いだりとかしているよ。」などと言っておられたのだが、この生活になってみて、なるほどこんな感じなのか、と妙に納得した。この生活で、目に見えるモノ見えないモノ、どちらもたくさん変化した。「風が吹けば桶屋が儲かる」的な変化である。 気軽に外出ができなくなり、庭によく出て遊ぶようになった…

  • 学校で息子が絵本を貰ってきた(The Cave)

    学校は17日の金曜日で終了し、夏休みに突入。夏休み直前に、息子が学校で絵本をもらってきた。どうやら無料で配っていたみたいで、下校時に他の友達も同じ本を持って帰っていた。 どんなもんか? と思い、ざっと読んでみると、一匹のオオカミと、洞穴から出てこない正体不明の動物がいて、オオカミはその動物をなんとか外におびき出して食べてしまいたいと思っていて、あの手この手で外におびき出そうとするのだけど、なかなか出てこない。ドーナツでやっとこおびき出したと思ったら、出てきたのはオオカミよりも大きなクマ!逆に食べられかねない状況に陥り、今度はオオカミが洞窟に入り込んで出てこなくなってしまった・・・というオチ。絵…

  • 今日で1年

    庭のデイジー(ヒナギク)が咲き誇っています。 去年の今日もこんな感じで私と子供らを迎え入れてくれたのを覚えていて、今後の人生でもこの花を見たら、気分ウキウキ、身体ヘトヘトで渡英した日を思い出すと思います。 今日でちょうど渡英して1年。 職場復帰が再来年5月なので、このラブリーライフは恐らくあと1年半くらい。コロナの影響で行動範囲は狭いままですが、貴重な残り時間を満喫していきたいと思います🔥🔥🔥 (にほんブログ村ランキングサイトへ飛びます)

  • 庭に来る鳥(モリバト・閲覧注意!)

    うちによく来る鳥の中に、鳩もいる。記録に残すついでに調べたところ、鳩は世界で300種類もいるそうな。 そのうち日本に生息するのは6種類で、よく公園とかで見るのはキジバトとドバトの2種類。うちの庭によく来るのは、このどちらでもないモリバトという種類。素早く活発な他の小鳥や中型の鳥と違って、常に豆鉄砲食らったような、起きてんのか寝てんのかすら分からんくらいボーーーッとした顔付きでノソノソと動き回るコイツは日本には生息していない。第一印象は、忘れもしない「デカい」である。 日本の鳩を「舞の海」級とするならば、こいつは「小錦」級の貫禄がある。そのデカさ故なのかは分からないが、地上での動きはのんびりして…

  • メンタリズムをかじった私の失敗と、孫子の兵法並みのことを言っていた娘の話

    休職前、職場では人様を評価する立場にいたこともあり、人との対話で課題を感じることがよくあった。 こりゃあ色々と勉強せなあかんなぁ〜。 と思い、その手の本を何冊か読むうちに、勉強のベクトルが心理学の領域へも向いていった。 心理学の本は面白く、結構色々読み漁ったわけですが、その中にはメンタリストDaiGoの著書もあり、冒頭に次のような事が書かれていた。 ==========男性脳はモノタスク、女性脳はマルチタスクあれもこれも同時にこなすマルチタスクが得意な女性脳のスピードに、モノタスクしかこなせない男性脳はついていけない。女性の機嫌を損ね、一度にいろいろな事を言われてフリーズする男性。これは男性の…

  • 芸は身を助く(散髪)

    この諺、英語だと、 Learn a trade, for the time will come when you shall need it.(技を覚えよ、技が必要な日が来るだろうから) An occupation is as good as land.(職業は土地に匹敵する) と言うそうだ。 芸と言っても、私の芸では無く、妻の芸。このコロナ巣籠りで図らずも役立っていた『必殺バリカンスキル』である。 以前、私が会社の先輩と雑談していた時に、 先「俺、散髪は三面鏡とバリカンを使って自分でやってるんだよ」私「え!!??マ、マ、マ、マジっすかぁ!!??」 という入りで激しく盛り上がったことがあった。…

  • イギリスでの歯の手入れ

    海外で虫歯になるのが怖いので、、、海外で虫歯になるのが本当に怖いので、子供らの歯の手入れは親がやっています。 今は巣篭もりなので、夫婦で分担してますが、学校が通常運営だった頃は、登校前に私が2人分歯ブラシして、さらに糸ようじもやって、しかも2人ともふざけるので余計に時間がかかり、毎朝歯の手入れで15分くらいかかってました。 子供2人の歯磨き、、、慣れれば生活のルーチンになってきて、メンタル負荷は減ってきますが、それでもなかなかの面倒くささです。 でも、もし虫歯になろうものなら、、、 歯医者もNHSで無料で受信はできるようですが、近所の歯医者は半年~1年とか待たされるらしく、もう、そんな歯医者無…

  • クワガタを発見

    先日子連れで散歩していたところ、娘が突然 「あ!クワガタ!」 と叫んだ。 下を見ると、私の足元でのそのそ蠢くクワガタのメス。危うく踏んでしまいそうな至近距離。何度見ても本当にクワガタである。 そうか、イギリスにもクワガタがいるんだなぁ。 カブトムシもいるのだろうか?? で、子供らが捕まえたいとせがんできたので、 「え~、捕まえんの可哀想だしやめておきなよ~」 と諭してみたものの、そんな理屈が小学生以下に通用するわけもなく、2対1でもめもめ。。。 「じゃあ、、、とりあえず持って帰るけど、家の庭に逃がすんだよ!」 ということで納得させて持ち帰り。帰宅後にネットで調べてみた所、❝ヨーロッパミヤマクワ…

  • いろいろ拾う神

    コロナで巣籠もりし始めた当初、大掃除や整理整頓など、普段からやろうと思っていても、なかなか手を付けないでいたことに手を出して過ごしていました。・・・が、そういう思考に至るのは当然ながら私だけではない訳で、椅子、箪笥、机、自転車、工具、、、などなど、家の肥やしになっている様々なものを家の外に運び出して、ここぞとばかりに激しく整理整頓している方々がよくいらっしゃいます、うちの界隈での話ですけど。で、そんな断捨離作業をしていると、「いらないけど捨てるのが勿体ないもの」 または「いらないけど捨てるのが面倒くさいもの」が出てくるわけで、そういったガラクタ一歩手前の感じのものを、「ご自由にお持ちください」…

  • リスの気持ちを代弁してみた

    鳥の餌のカゴに入り込んで出られなくなったリス。僭越ながらその気持ちを代弁してみました。 最終的にはちゃんと脱出します。 リスの気持ちを代弁してみた (にほんブログ村ランキングサイトへ飛びます)

カテゴリー一覧
商用