プロフィールPROFILE

ポンド太郎さんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

「どうも、キャリアウーマンです」なワイフにライフを激しくコントロールされまくる、日々をまったり過ごしたいアラフォー終わりかけの中年男子です。職場の理解も快く得られ、晴れて休職。子供(姉・弟)と共に地球の裏側まで引っぱられ、ただ今初めての駐夫・専業主夫を経験中。ほぼ同内容のInstagram【ID : @pondotaro】をこちらで清書。渡英前の事なども順不同でつぶやきます。

ブログタイトル
人生の夏休み 〜ロンドン駐夫の記録〜
ブログURL
https://pondtaro.hatenablog.com/
ブログ紹介文
「どうも、キャリアウーマンです」なワイフにライフを激しくコントロールされまくる、日々をまったり過ごしたいアラフォー終わりかけの中年男子です。職場の理解も得られ晴れて休職。子供(姉・弟)と共に地球の裏側でただ今初めての駐夫・専業主夫を経験中。
更新頻度(1年)

5回 / 12日(平均2.9回/週)

ブログ村参加:2019/11/08

ポンド太郎さんのプロフィール
読者になる

ポンド太郎さんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 11/20 11/19 11/18 11/17 11/16 11/15 全参加数
総合ランキング(IN) 32,641位 33,558位 33,461位 33,443位 33,367位 37,105位 37,053位 978,518サイト
INポイント 10 0 0 0 10 0 10 30/週
OUTポイント 20 10 20 20 90 40 20 220/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
海外生活ブログ 1,508位 1,524位 1,527位 1,543位 1,522位 1,674位 1,666位 35,292サイト
ロンドン情報 15位 15位 16位 17位 17位 18位 17位 391サイト
海外駐在妻 45位 46位 47位 48位 43位 49位 48位 599サイト
家族ブログ 400位 415位 418位 415位 409位 491位 504位 16,216サイト
主夫 3位 3位 4位 4位 4位 4位 4位 118サイト
今日 11/20 11/19 11/18 11/17 11/16 11/15 全参加数
総合ランキング(OUT) 25,308位 26,702位 27,476位 28,244位 29,163位 35,454位 40,368位 978,518サイト
INポイント 10 0 0 0 10 0 10 30/週
OUTポイント 20 10 20 20 90 40 20 220/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
海外生活ブログ 1,734位 1,809位 1,818位 1,876位 1,895位 2,116位 2,360位 35,292サイト
ロンドン情報 15位 16位 14位 16位 17位 18位 18位 391サイト
海外駐在妻 54位 54位 57位 57位 57位 65位 71位 599サイト
家族ブログ 379位 404位 414位 436位 453位 550位 638位 16,216サイト
主夫 2位 2位 2位 2位 2位 3位 3位 118サイト
今日 11/20 11/19 11/18 11/17 11/16 11/15 全参加数
総合ランキング(PV) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 978,518サイト
INポイント 10 0 0 0 10 0 10 30/週
OUTポイント 20 10 20 20 90 40 20 220/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
海外生活ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 35,292サイト
ロンドン情報 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 391サイト
海外駐在妻 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 599サイト
家族ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 16,216サイト
主夫 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 118サイト

新機能の「ブログリーダー」を活用して、ポンド太郎さんの読者になりませんか?

ハンドル名
ポンド太郎さん
ブログタイトル
人生の夏休み 〜ロンドン駐夫の記録〜
更新頻度
5回 / 12日(平均2.9回/週)
読者になる
人生の夏休み 〜ロンドン駐夫の記録〜

ポンド太郎さんの新着記事

1件〜30件

  • 「いつ恋」ではなく「いつ瞬」

    「いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう」っていう月9のドラマがあった。調べてみたところ、2016年で3年くらい前の話。・・・うん、まあ体感的にもそんな頃かなぁ。 休職前は「いつも業務を思い出して顔で笑って心で泣いてしまう」って感じの平凡なリーマンライフだった。 それなりに忙しかったのであまりテレビを見る時間はなく、毎週タイマー録画していた「アメトーーク」「ゴッドタン」「本音ではしご酒」を、子供らが寝た金曜とか土曜の深夜に、晩酌しながら妻と一緒に見て、腹よじれるほど笑うってのが至福の時間であった。それも毎週ではなく時々ではあったけども。 なので、この「いつかこの恋を思い出してきっと泣いてし…

  • 庭掃除に見る息子の成長

    何度目かの庭掃除。 一応、月一で庭師が来てくれることになっている。芝刈り、剪定、清掃、なんでも御座れのガーデナーなのだが、彼にやってもらいたいのは芝刈り。 夏はそんな心配は不要だったのだが、秋以降は落ち葉があまりにも多く、落ち葉のじゅうたん状態で庭師が来てしまうと、おそらく落ち葉掃除だけで時間になってしまい、その場合きっと芝刈りはスキップされてしまうだろう。 そんな事態は極力避けたいので、本日も庭掃除に勤しむ。5歳男児にも手伝いをさせたところ、私の作業を見て覚えたのか、なかなか上手に熊手を使って落ち葉を集めてくれた。 パワー的にはDQ2のサマルトリアの王子級ではあるが、ゆっくりながらも着々と作…

  • 痛服(その3)

    イタ飯(メシ)じゃなくて痛服(イタフク)。 ちなみにイタ飯のことは、けっこう最近まで、焼肉やお好み焼き、もんじゃ焼き等の、鉄板焼き系のご飯の総称が「板飯」だと勘違いしていた。そんな過去をついでに告白しておく。 渡英前に、英国人にウケそうな、日本っぽい服はなんだろうか?と思いを巡らせ、何着か購入したものシリーズの第三弾、これが最後。 これはイタ服というか、、、その上のランクのヤバ服といっても差し支えないのではないかと思う。キャプテン翼も風神雷神もイタイはイタイのだが、日本でこれを着た人がその辺を歩いていてもおかしくは無い。・・・いや、歩いていたらおかしいし、プッて笑っちゃうとは思うんだけど、なん…

  • 痛服(その2)

    痛風(ツウフウ)じゃないよ、痛服(イタフク)だよ。 渡英前に、英国人にウケそうな、日本っぽい服はなんだろうか?と思いを巡らせ、何着か購入したものシリーズの第二段。繰り返しになるが、、、当然ながら普段使いするつもりで購入したわけではなく、何か適切な機会があればシャレで着用しようと思って購入したものである。 二着目は「風神雷神の絵ってカッコいい!」という、完全に私の嗜好からくるものだ。 好きならそういう服を着ればいい と言われるかもしれないが、いい年した普通のおっさんが風神雷神のデザインの服を着ていたら相当イタイ。こんなものを着ていたら暴走族にあこがれるイタイ中年、もしくは旧車会の一員と誤解される…

  • 痛服(その1)

    イタシャ(痛車)ならぬ、イタフク(痛服)。 渡英前に、英国人にウケそうな、日本っぽい服はなんだろうか?と思いを巡らせ、何着か購入したものがある。 当然ながら普段使いするつもりで購入したわけではなく、何か適切な機会があればシャレで着用しようと思って購入したものであることを、予めご了承いただきたい。 さて、 イングランドといえばベッカム。ベッカムといえばサッカー。サッカーといえばキャプテン翼。 見事な三段論法で、あっという間に キャプテン翼関係の服なら英国人にも理解してもらえるのではないか? と言う仮説にたどり着いた。 サッカーに関しては、セリエ・アーでもアニエス・ベーでもどっちでもいいよ、くらい…

  • リアルガチ5歳児

    息子が 「遊んでくれてありがとう」って英語でなんて言うのか?と尋ねてきた。なぜそんなことを聞くのかと確認したところ、 「いつも学校で仲良く遊んでくれる女の子の友達にお礼の手紙を書きたい」という理由を述べた。これを聞いて父が思ったことは こ、こいつヤバイな、なんか末恐ろしいな・・・ すごい女ったらしになるんじゃないだろうか、、、 やべぇな、マジやべぇな・・・である。 ただ、こんな純真無垢な動機を踏みにじることは、いくら薄汚れた中年オヤジでもできないわけで、そのへんの紙に Thank you for playing with me! と、英作文して渡したところ、僕には難しくて書けないからパパが書け…

  • 落ち葉は続くよいつまでも~

    掃けども掃けども次から次へと積もる落ち葉。未だ終わりは見えず。 一体いつまで続くのか? と、ちょっと落ち着いて考えてみたら、あのでかい木々の葉っぱが全部落ちるまで続くという、至極当たり前のことに気が付いた。。。 もう掃きたくなぁ〜いよぉ〜。。。掃きすぎで吐きそぅ〜〜〜。

  • マクミランカフェを手伝ってみた

    子供らが通う学校で Macmillan Coffee という謎のイベントがあるらしく、そのボランティアを募集していた。例によって、ちょっと何言ってるかわからないイベントなのだけど、開始時間が14:15で14:55に終了、そのまま15:00に子供のPick upに移れるという、親にとって都合が良い、なんともparents friendlyな時間帯で開催されていたので、何か発見でもあればと思い参加してみた。 会場に行ってみると、このイベントの責任者(といっても生徒の母親)の方が1名と、ボランティアが私含め5,6名。私にあてがわれた仕事はコーヒー・お茶の販売員。PTAの範囲内でのユルいイベントなので…

  • ハロウィンに参加してみた

    日本でも、ここ10年くらいの話ではないだろうか?それまでは夏の花火が終わったら、次のイベントはクリスマスだったのだけど、ちょーーーどイベントレスで間延び感があった秋にハロウィンがスポッとはまって一気にメジャーになったのは。 個人的には、日本版ハロウィンと言うと、コスプレや仮装した方々の一部がバカ騒ぎして警察のご厄介になる恒例イベント、というイメージが強い。 まあ、そういう恥部みたいな報道が目を引くし、目立つところに掲載されるし、メディアにいいように誤解させられているだけなのかもしれないけども。 そんな、まことに残念な印象の日本版ハロウィンと違って、英国版ハロウィンはとても良かった。 何より本来…

  • ハロウィンあるある👻

    ハロウィンあるある👻、というよりは、初心者ゆえの失敗だと思うので、ハロウィン初心者あるあるといったほうが適切かも。 10/31のハロウィンに向けて様々な店の売り場でハロウィングッズが売られている。 うちは特にグッズは購入していないのだけど、カボチャくらいは体験しておこうと思ってガーソンズファームという農場へ遊びに行った際に2つ購入。 そして翌日早速カボチャをほじくり返してジャックオーランタン🎃を作成。それが先週の日曜日(10/20)の話。 そして数日経過・・・。 腐っとるやん🎃! カビとるやん🎃!! 潰れとるやん🎃!!! ということで、ハロウィン本番まで1週間を残してめでたくゴミ箱行き。 ちょ…

  • 色鳥々

    色とりどり、鳥だけに。家の近所や、通学路でたくさんの鳥達に会える。上手く撮影できたらアップしようかと思っていたのだけど、スマホの付属カメラでフレームに収められる写真のクオリティなんて知れてるし、開き直って拾い捲った写真も混ぜて整理。 ロビン(ヨーロッパコマドリ) 鳴き声がなんとも美しい、胸がオレンジという強烈な個性がある、そして見た目もかわいらしい。日本で置き換えるならウグイスでしょうか。なんかの野鳥人気投票でトップになってた英国ではおなじみらしい小鳥。秋口になって見かけるようになり、今は毎日のように。ロビンマスクのロビンは、やはりここから来てるのかっ!?? おしどり 言葉は良く聞けども、おし…

  • キノコの季節

    10月半ばになってからは、朝起きたら薄暗く、毎日曇天模様が続いており これぞイギリス! と、私の中の前評判とも合致するグレーな日々。 そうそう、このアンニュイな枯れ葉舞い散る灰色な風景が思い描いてたイギリスっぽいよ!いいよキミ!イイよキミィーー!(決してディスっているわけではない) と感じながら、毎朝夕にお子様の送迎を繰り返している。 通学路には大きな庭を備えた家がたくさんあり、木々の彩の移り変わりや、越冬前だからなのか分からないけど、やたらと木の実を物色する野リスなど、見て楽しめる変化や小動物との遭遇も多く、毎日同じ道でも今のところ飽きが来ない。 そして、子供達が先週・今週と騒ぎ立てるのが「…

  • 隣人からの手紙

    お隣に老婦(以下、M婦)が一人でお住まいで、一度お茶会と称して家族を招待してくれたり、こちらの生活面で困ったことはない?などと気を使ってくれたり、色々と良くしてもらっている。10年ほど前にご主人は亡くなっていて、娘さんは結婚して家を出て、孫もいて、友達との交流もあって、、、と、まあ、傍目からはいわゆる幸せな余生をお過ごしのように見えるし、実際そうなのだと思う。 先日、その隣人から手紙が届いた。隣なので、歩いて投函しに来たのだろう。こっちに来て3ヶ月弱、手紙というか、グリーティングカードというか、ご近所間での簡単な連絡や挨拶をこういった書き物でやり取りするといったことが数回あって、どうやらこの界…

  • 追加の予防接種を受けて来た

    GP(かかりつけ医)登録の際に、子供の予防接種記録を提出する必要があり、日本で会社の産業医が発行したエビデンスを提出した。一度、手違いでその紙をシュレッダーにかけられてしまい、再提出する羽目に陥ったりしたのだけど、無事登録は完了し、先日新たな通知がきた。 息子の方が、英国の予防接種プログラム上は不足があり、2種類追加接種対応が必要であるとのこと。 どこの子供でもそうなのだろうけど、うちの子らも強烈に注射を嫌がる。私自身も、注射に対して割り切って接種できるだけの度胸が付いたのは小3だった。 以前、娘がまだ保育園児だったころ、暴れまくって一度お医者さんが刺した針が抜けて、無駄に二回針刺されたことが…

  • 子供の勉強のサポート

    全くもって予想外だった、というか予想するだけの想像力が無かったのですが、、、とにかく子供らの勉強をサポートする負荷がかなり高い。 チョー大変。マジチョーーーー大変である。 ★現地校の宿題★【姉】読本(毎日10分)、英単語練習(12個/週)、算数の課題(週1)、選択式の宿題(絵や作文など隔週で1つ)【弟】読本(毎日1冊渡される)、英単語練習(毎週5,6個) 当然全て英語なので、ほぼ付きっ切りでサポートをしなくてはいけない。これに加えて、保護者宛の連絡事項がメールとかプリントとかでドカッと英語で届いた日にゃあ、、、もう吐きそうになってしまう。 更に!姉に関しては、毎週末の日本人塾の宿題もガッツリあ…

  • 日英の学校事情比較

    イギリスの学校制度は、日本のそれとは色々と違いがあって、その中でも一番驚いたのは、近所の公立校に必ずしも入れるわけではないと言うこと。小学生なのに・・・!!学童が定員に達していれば、いかに近くに引っ越してきても、例えそれが隣であろうが、お向かいであろうが、その学校には通うことはできない。観念して空きのある公立校へ通うか、私立校へ通うしかない(もしくは待機児童となるか)。 また、学年制度が異なるのも大きな違いの一つ。地域で差があったりするようなのだけど、概ね日本の学年との比較はこのようになる。 Infant School 【4-5歳:年中:Reception】 【5-6歳:年長:Year 1】 …

  • 落葉落枝

    「らくようらくし」と読むそうな。1週間経ってまたそこそこ落ち葉が溜まったので、庭の端っこから掃き掃除。プラスチック製の熊手で、搔き集るように落ち葉を集めること約30分。 そしていつ落ちたのか分からないのだが、なかなかの大きさの枝も落ちていた。枝と言うには大きく、木と言うにはやや小さいのだが、2m超くらいのサイズの落枝で重量もなかなか。頭に落ちて来たら漏れ無く大怪我間違いなし‼️落枝の場所から見上げると折れた箇所が確認でき、そのすぐ横に落下待ちの折れ枝を発見・・・。これまた大怪我サイズ。この折れ枝が落下するのも怖いけど、強風の日には枝が折れて落下してくる可能性があるわけで、子供にぶつかったりしな…

  • 衝立

    ついたて、と打つとこんな漢字が出てきました。合ってんのかな?わかりませんが、ツイタテの話。 姉弟共に学校が始まり、姉は週末の日本語塾も始まり、その宿題が色々とある。平日、下校後に家のダイニングテーブルでその宿題をやらせる必要があるのだけど、、、まぁ〜とにかく物事が進まない。子供達は宿題をする、その間、父は晩飯の準備を進める。この計画は机上の空論ですね、ハイ。ムリです。全くもって普通に進みません。 「その消しゴムは私のだ」「そのエンピツは僕のだ」「僕のノートを汚した」「私の筆箱を投げた」 ・ ・ ・ と、よくもまあそこまで揉めるネタがあるもんだと呆れていると、「お菓子食べたい」「テレビみたい」「…

  • 子供がイギリスの現地校に入ると?

    幼少の頃、父の仕事の関係で台湾は台北に8年半住んでいたことがあるのだけど、日本人学校に通い、日本人塾に通い、放課後遊ぶのも日本人。日本の民放のレンタルビデオ屋が、当時はそこかしこにあって、テレビもそればかりを見ていた。当然の結果として、今も北京語は全く話せない。そりゃ、バカとかウンコとか、小学生男子御用達の単語は覚えてはいるけども、こんなもの小学生男子から笑いを取るときしか使えない。 「ただ住んでいるだけでその国の言葉を話せるようになるわけではない」 という事実を、幼少の8年をかけて自ら証明してしまっている私としては、この度の英国生活においてもそのような過ちを繰り返してはいけないと強く思ってい…

  • キツネの頭蓋骨

    無限落葉地獄。庭の落ち葉がスゴイ。スゴイっていうかヒドイ。これからの季節、いったいどうなるのか? とにかくヒドイので、子供らと少し掃き掃除。そしたら何かの頭蓋骨💀発見。。。なんじゃコリャ?? サイズ的にキツネか?と思いググってみたら、どうやら正解。 ダレが持ってきたのか??犯人もキツネかな?やっぱり🦊 掃いても掃いてもまだまだ落ち葉だらけの庭。掃いてるそばから散ってくるし、 正に無限地獄だ。また明日か明後日にでも続きをやろう・・・気が向いたら。 なんて思ってたら翌日、月一訪問の庭師の方が来て、めっちゃキレイにしていってくれた。 スゴイ‼️さすがプロ‼️

  • そら似?パクリ?

    最寄の駅前にミニストップがある、、、んだけど、これはあのミニストップなのだろうか?? もちろんソフトクリームやハロハロなんか売ってない。 ちょっと気になってロゴを調べてみたら、、、なんか右の方が違う。日本のコンビニのは雲だけと、ここのは木だ。なんだろう、これ。やっぱり真似してんのかな??謎だ。 まあどうでもいいけど。

  • 俺の英語ヤバイ件(ベッド購入編)

    借りている家は家具備え付けで、もちろんベッドもある。でも、マットレスの質が悪く、もうちょっといいベッド使いたいという奥様の意向があり、休日に近所にある家具屋へ見に行った。我々夫婦の習性として、大きな買い物をするときは蛇のように質と価格を調べて出来る限りいい買い物をすることに努力を惜しまない。「損したくない!」という強烈なネガティブ思考がこのモチベーションの根底にある。もうホント、蛇のようにしつこく調べる。蛇っていうか、もうヤマタノオロチ位にしつこく調べる。調査してる時間のほうがもったいないのではないか?と言うくらい調べる。幸いこういう作業を楽しめる性分なので、苦ではないし、しつこいが「損したく…

  • 家の設備がよく壊れる件

    引っ越してきて1ヶ月の間に色々と家具・設備の不調があった。 ダイニングテーブルの破損入居時からグラグラしていたのだが、ある日テーブルの足が一本外れた。最初は外れた足をはめ直したら何となく元に戻ったので様子を見ていたのだけど、またすぐに外れてしまい、継続使用は困難と判断。。。素人には修理不能。 キッチンの椅子破損椅子の補強棒が一本が外れた。補強用箇所の破損なので、一応座ることは出来るのだけど、、、座り続けるのは不安。 トイレの洗浄レバーレバーの効きが悪く、レバーを回しても少ししか水が流れない。何度か連続して回すことで、ようやく水が流れる。まるで水を吸い上げる井戸のよう。まあ、コツさえわかれば機能…

  • 渡英前の宿題(二郎系ラーメン)

    ロンドンにも一風堂などメジャーなラーメン屋の支店があるようなのだけど、渡英後にそうホイホイ行けるわけでもなさそうだったし、お値段も当然ながらお高め設定のようだったので、日本にいるうちにラーメンは楽しんでおこうと思っていたわけで、今やラーメンと言えばラーメン二郎なわけで、行ける範囲で二郎系を攻めておいた記録。 私の二郎系デビューは遅く、2018年です。独特の注文ルールがある二郎系の店舗は、未経験だった私にとっては「変なこと言ったら笑われたり怒られたりするんじゃないのか?」といった不安を覚えてしまうほど心理的な高い壁を感じていた世界であり、できれば最初は経験者の友人に連れて行って貰いたいなぁ、なん…

  • きゃないじょいん

    子供達が学校に行くようになって5日目。娘は嬉々として登校するのだけど、息子のほうはまだ少しぐずる。 でも、 初日 :母からしがみついて離れない(先生による引っぺがし強制登校)二日目 :父の足にコアラ状態で離れない(先生による引っぺがし強制登校)三日目以降:泣きながらも、日本の保育園でやっていたお別れの儀式(タッチとギュッ(ハグ))を自ら行い、自分の足で教室へ!! のように、明らかな順応を見せている。泣かずに登校できる日も近そう。 登校初日に迎えにいった際、 「いーれーて、って英語でなんていうの?」 と息子から質問された。息子が最初に知りたいと思った英語表現がこれなのは、ちょっと感動。涙出る方向…

  • 船便その2が到着

    待望の船便その2が到着。屈強な感じの日通マン達があっという間に運び込み去っていきました。簡単な組み立てや開梱はやってくれるので大変有り難い。 ・・・しかし全56箱。 私を思考停止&現実逃避させるには十分すぎる量。とりあえず思考再開のキッカケと、心の整理も兼ねて撮影アンド投稿。まずは台所からですかね、、、いや、その前にコーヒー休憩だな。。。

  • 俺の英語ヤバイ件(GP編②)

    前回、色々記入漏れの指摘を食らったわけで、その場で解決できるだけの英会話力はないものの、家で落ち着いて読めばまあ何とか書き込めるわけで、書類を再提出しに行ってきた。 で、めでたく受理されたと思いきや、、、 「○×▽◆”$)%=”#/@_& ?」 と、追加で窓口の嬢が、またよくわからん事をのたまっておられる。 「ホニャララ サンプル」と言っているのは聞こえて、プラスチックの筒を渡されたので、 ああ、これは検尿だな と察する。子供は不要、大人(私)だけ提出が必要。 どうしよう、お出かけ前にはちゃんとおトイレに行く好習慣が身についているので今は出せない。。。と、思っていたら、今日じゃなくてもいいし、…

  • いつの間にか交通違反

    ようやく子供達の学校が開始。初日と言うことで私の100倍は英語堪能な奥様付き添いの元、初登校。 姉は堂々としたもので、にこやかに新しい世界へ飛び込んでいきました。こんな年齢のころから女性は強いです。弟はやはり予想通りにかなりグズりまくり。でもさすが学校の先生、他の子もいるのでこの小僧にだけかまってられません。親からベリッと引っぺがされ、あえなく強制登校。保育園の先生バリに頼りになります。 無事子供達を送り届け、これからお迎えの15時まで約6時間のフリータイム獲得! 小泉純一郎元首相はクラシック音楽を聴くのが趣味で、 在任中に聴くクラシックと全然違う、同じ曲だけどこうも違って聞こえるものか、、、…

  • ウィンブルドンのテニス会場まで歩いてみた

    そろそろ子供たちの学校が始まる。待望の、待望の学校だ。。。6初に妻が渡英して、主夫業を本格的に開始してから3か月・・・。喉から手が出るほど待ったぜこの時を・・・。やっと24 hours with kids! Everytime, everywhere with kids! な生活から解放される。長かった。。。もう解放感しかない。寂しいとか微塵もない。(燃え尽きて灰になりかけ)子育て主婦はとても大変だとマジで思った3か月だったぜ・・・。 そして、この生活の締めくくりの遠足としてウィンブルドンのテニス会場まで遠足してみた。 家から子連れの徒歩で、道中寄り道、休憩もはさみながら2時間ほどかけて到着。…

  • 35年ぶりの再会

    台北在住時代の知人と、ロンドンで再会しました。父親同士が同じ職場だったことから、家族で交流が深かった方々。 どのくらいの深さの交流かと言うと、、、現在は私の妻の実家のすぐそばにお住まいということもあり、数年前ほど前に一度家にお邪魔させてもらったのだけど、久しぶりだったものですから必要以上に盛り上がり、死ぬほど節操無く飲み食いさせてもらい騒ぎ散らしまして、その様はまるで大原部長邸の新年会にお邪魔した両津勘吉その人のようであった、 と自分自身で振り返ってしまうくらい、そのくらいの深さで交流がある方々です。ちなみに、人生でその日のうちに二日酔いになってしまったのは、後にも先にもあの日だけである。あの…

カテゴリー一覧
商用