プロフィールPROFILE

RomoloJPNさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

ナポリ東洋大学の留学記。実際にはナポリを見ても死ぬことはありません。

ブログタイトル
ナポリを見たら死ぬ
ブログURL
https://www.napoli-muori.com/
ブログ紹介文
南イタリアはナポリの大学院留学ブログ。生のナポリ生活をお届けします。
更新頻度(1年)

22回 / 47日(平均3.3回/週)

ブログ村参加:2019/10/27

読者になる

RomoloJPNさんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 12/12 12/11 12/10 12/09 12/08 12/07 全参加数
総合ランキング(IN) 26,621位 32,823位 32,781位 32,885位 33,348位 37,044位 36,782位 980,494サイト
INポイント 20 0 0 10 10 0 10 50/週
OUTポイント 110 30 30 20 90 0 0 280/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
大学生日記ブログ 74位 104位 106位 109位 102位 120位 115位 11,319サイト
留学生 1位 2位 2位 2位 2位 2位 3位 399サイト
海外生活ブログ 1,157位 1,373位 1,370位 1,365位 1,374位 1,582位 1,584位 35,357サイト
イタリア情報 24位 29位 29位 29位 29位 30位 32位 542サイト
今日 12/12 12/11 12/10 12/09 12/08 12/07 全参加数
総合ランキング(OUT) 21,382位 26,658位 28,175位 29,049位 31,035位 46,380位 39,444位 980,494サイト
INポイント 20 0 0 10 10 0 10 50/週
OUTポイント 110 30 30 20 90 0 0 280/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
大学生日記ブログ 84位 120位 126位 130位 131位 193位 157位 11,319サイト
留学生 4位 4位 5位 5位 5位 7位 5位 399サイト
海外生活ブログ 1,316位 1,593位 1,669位 1,704位 1,796位 2,376位 2,144位 35,357サイト
イタリア情報 28位 34位 34位 31位 34位 48位 44位 542サイト
今日 12/12 12/11 12/10 12/09 12/08 12/07 全参加数
総合ランキング(PV) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 980,494サイト
INポイント 20 0 0 10 10 0 10 50/週
OUTポイント 110 30 30 20 90 0 0 280/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
大学生日記ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 11,319サイト
留学生 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 399サイト
海外生活ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 35,357サイト
イタリア情報 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 542サイト

新機能の「ブログリーダー」を活用して、RomoloJPNさんの読者になりませんか?

ハンドル名
RomoloJPNさん
ブログタイトル
ナポリを見たら死ぬ
更新頻度
22回 / 47日(平均3.3回/週)
読者になる
ナポリを見たら死ぬ

RomoloJPNさんの新着記事

1件〜30件

  • 大学から詐欺メールが届きまくっている

    たいていどこの大学にもあると思うが、ナポリ東洋大学にはCLAORと呼ばれる語学学習センターがある。留学生向けのイタリア語のコースを開講してくれたり、英語その他の言語を自主学習するための教材を提供してくれたりする大学内部の組織だ。 そのCLAORの名前を騙った詐欺メールが届きまくっている。CLAORというかなりピンポイントな名前を騙っているところや、実際にぼくがCLAORに登録されていることを考慮すると、CLAORからぼくのメールアドレスが流出したとしか思えない。 今日の昼前頃から突然メールが届き始め、「今月の給料」云々怪しい内容が書かれている上に不審なURLが記載されている。詐欺メール以外の何…

  • ィタリァ語でゎXゃKゎ使ぃません

    ローマ字は全部で26文字あるが、イタリア語では基本的に21文字しか使わない。イタリア語においては、J, K, W, X, Yの5文字はほとんど外来語を表記するときにしか使われないのだ。 ところがそんな文字を好き好んで使う連中がいる。とりわけXとKを。 Xは"per"、Kは"ch"や"c"の代用として使われるのだ。つまり、たとえばイタリア語では英語のbecauseはperchéなのだが、xkéと書くやつらがいる。同じくforはperだからxと書かれるし、接続詞のthatはcheなのでkeになってしまう。 そんなわけで、"Anche perché mi ha detto che 〜〜"「それに〜〜…

  • アルティメットについて:イタリア代表選考会

    ぼくは今、ボローニャに向かっている。ナポリからフレッチャで3時間半だ。 フレッチャというのは写真の電車のことで、日本で言う新幹線みたいなものだ。今日は全国的な鉄道のストライキが実施されているのでどうなるかと思ったが、フレッチャには影響がなくて助かった。 なぜボローニャに向かっているのかというと、明日、パルマでアルティメットのイタリア代表選考会があり、それに参加するからだ。選考会が昼前から行われるので、前泊しないと間に合わないのだ。とりあえず今日のところはボローニャに泊まり、明朝さらにパルマまで北上する。ナポリのアルティメッターは楽ではない。 アルティメットというのはフリスビーを使ったチームスポ…

  • 紅葉とモーニング娘。と「日本スゴイ」

    今週のお題「紅葉」 そもそもぼくは「今週のお題」なるものがはてなブログに存在することを昨日初めて知ったのだが、知ってしまった以上はナポリの紅葉について書いてやろうと思ったは良いものの、まだナポリに紅葉シーズンは訪れていない。なんでも、紅葉は最低気温が8℃くらいになると進み始めるらしいので、もうしばらく先なのだろう。それともナポリでは紅葉は見られないのだろうか?いずれにせよぼくはまだ今シーズン、紅葉を見ていない。ではぼくは「今週のお題」に参加できないのか?そんなことはない。そもそも主題は紅葉ではないのである。結局、「紅葉」をテーマにして人が何かを語るとき、人は「紅葉」について語っているのではない…

  • 教授に怒られた

    来期、ぼくはイタリア言語学の授業を受講するのだが、その教授からぼくの在籍する学科の留学生全員にお怒りのメールが入った。 「すでにT教授やP教授から何度もメールがあったはずなのに、なぜ皆さんが返信されていないのか理解できません」というのだが、一度もメールで連絡されたことがないので返信のしようがない。冒頭から理不尽すぎる。 メールの内容自体は「来週、イタリア語の試験があるので必ず受験してください」というもので、先日P教授から口頭で伝えられていた内容だった。試験といっても成績に関わるものではなく、留学生向けの教育の質を向上させるための試みの一環だそうだ。ただ、P教授の話では試験は任意のはずだったのだ…

  • 大学の入学許可証を依頼するイタリア語メール

    www.napoli-muori.com このブログの最初の記事にも書いたのだが、ぼくはいま通っている大学院に入学するにあたって、個人的に教授にお願いして入学許可証を書いてもらった。イタリア語では"Lettera di idoneita' accademica"とか"Lettera di idoneita' all'immatricolazione"などと呼ばれるレターだ。このレターはイタリアへの留学手続き上、どうしても必要だった。 たとえば日本の大学に在学している学生が交換留学をするのなら、たぶん留学先の大学が正式な受け入れ承諾書みたいなものを発行してくれるのだろうが、ぼくみたいに文字通りの…

  • 6000匹のイワシ

    このところ、イタリアでは「イワシ」が話題となっている。それはぼくの地理の教授お気に入りの話題でもある。どういうことか? ある朝、4人の若者たちは決意した。マッテオ・サルヴィーニ率いるポピュリストは受け入れられない。もううんざりだ、と。サルヴィーニはイタリアの政党「同盟」の党首を務める政治家だ。移民への排外主義や、欧州懐疑主義によってここ10年ほどで支持を集め、一時は副首相の地位に就くまで至った。少なからず支持を受けているのだが、一方でフェイクニュースを垂れ流したりするので、反対勢力も極めて多い。でたらめは流す、差別的な表現をする、「ポンペイなんて石ころに税金を注ぐ意味がわからない」などと教養の…

  • 海外の銀行:N26を留学用口座として使う

    www.napoli-muori.com 以前にも紹介したN26。口座開設手続きは8分で済むうえに、スマホとパスポートさえあれば、サービスの展開されている国ならどこでも使えるというすごい銀行だ。その点で、ぼくは特にイタリア関係者のみなさんにN26をおすすめしたい。というのは、ほかの国の事情はしらないが、イタリアの他の銀行はしばしば口座開設手続きに「イタリア政府発行の身分証明書」が必要になるのだ。多くの場合、「滞在許可証」がその条件を満たす唯一の身分証明書となると思うが、銀行口座はすぐにでも必要なのに滞在許可証は半年たっても手に入らない、ということが平気で起こる。ぼく自身、少なくともあと3ヶ月は…

  • アックア・アルタという恥:モーゼ・プロジェクト

    「なぜイタリアでは何事も上手くいかないのか」というのは地理の授業の教授から投げかけられた問いである。とはいえ、それは誰もがしばしば考える問題なのだが。「他の国では解決される問題も、この国では決して解決しない」と教授は嘆く。「ヴェネツィアでの出来事、皆さんもご覧になっているでしょう。あれは、イタリアの恥ですよ。他の国ならあんなことはあり得ない」。日本でも報道されているようだが、ヴェネツィアでは先週頃から、アックア・アルタと呼ばれる高潮による市街への浸水被害が起きている。もともと、ヴェネツィアは潟の上に建設された街であるし、海抜も低いところにあるから、ちょっとした条件が重なって高潮が発生すると街が…

  • 異邦人になるということ

    www.napoli-muori.com 以前にも書いたのだが、ぼくはここナポリでは明らかに異邦人である。そして、異邦人としてそれ相応の経験をする。差別、ステレオタイプ、偏見。店先から「ニーハオ」と声をかけられるくらいのことはまだいい。東アジア人=中国人なのだろう。酷いと、すれ違いざまに暴言を吐かれたりするから、敵意がないだけマシだ。だが、悪意がなくても安心はできない。たとえば、「日本人は清潔だから」好きだ、というようなことを言われることがときどきある。じゃあ、韓国人や中国人だったり、ラオス人だったらどうなんだ、と思う。言外に、ほかの人たちに対する無意識な偏見を感じてしまう。こういうことを友人…

  • ナポリからポンペイ遺跡へのオススメの行き方

    ポンペイを観光する Villa dei Misteriのフレスコ画 ポンペイを観光する チケットの事前購入 ナポリからポンペイへの行き方 電車の切符について チケットの事前購入 ポンペイの入場券は現地でも買えるので、必ずしも事前購入しなければ入場できないわけではない。が、現地ではかなり並ぶので事前購入することをおすすめする。ぼくが先日(11月上旬)の昼前に行ったときにも、30分ほど待たされた。夏のハイシーズンには平気で1時間くらい待たされることになるだろう。 チケットの購入は公式サイトからできる。 公式サイト上部 公式サイトにアクセスすると上部にチケットが買えそうなリンクがあるのでクリックする…

  • ナポリを見て死ね

    ナポリを見たら死ぬか? Vedi Napoli e poi muori ゲーテは、南イタリアを旅して、その美しさを讃えた。その際、彼が引用したのがこの言葉である――ナポリを見て死ね。 ナポリはたしかに、本当に風光明媚だ。この街を知らずに死んではいけない。 だが、巷ではナポリを見たら死ぬなどと諧謔的に言われることがしばしばある。たしかに、"Vedi Napoli e poi muori"という句は、文法的には、「ナポリを見て死ね」とも「ナポリを見たら死ぬ」とも解釈できるうえに、ナポリのイメージはこの上なく悪い。ゴミだらけ、マフィアだらけ、治安が悪い、車が危険云々。だから、観光客には敬遠されている…

  • N26のカードがついに届いた

    www.napoli-muori.com N26のカードが届いた。ついに。苦節約2ヶ月。再配達を依頼すること5回。チャットで担当者に話が通じないこと数知れず。今日、ついに届いた。本当にありがとうございました。カードが半透明でかっこいい。これで余計な手数料を取られずに現金がおろせるようになる。ようやくかよ。

  • イタリア人のアルティメット英語力

    今日、ぼくはボローニャでフリスビーを投げてきた。 どういうことかと言うと、アルティメットというスポーツのイタリア代表選考会があったのである。来年の世界選手権に向けて、代表選抜を行うとともに、外部コーチを招いてレベルの底上げをはかるイベントだ。一応、ぼくにも代表資格があるのと、悲しいことにナポリにはアルティメットチームが存在しないので、万一の可能性にかけるのと単純にアルティメットがしたいという気持ちで参加してきたのである。 さて外部コーチであるが、アルティメットフリスビー界という極めて狭い世界では有名な、Jimmy Mickleというアメリカ人を始めとする豪華キャストらが招かれた。「憧れのスーパ…

  • 失業者による失業者の就業支援

    ぼくが受講している地理の授業は、新たなフェーズに突入した。このところのテーマは"都市"となり、都市の発展やらそれに関わる人々の動きが取り上げられている。移民・難民が話題に上がる余地が減ったため、「恥を知りなさい」などと言われることがなくなったので、心に余裕ができるかと思ったが、そんなことはない。この教授は本当にツボを外さない。いつでもぼくの心を鷲掴みにする。良い意味でも悪い意味でも。 イタリアには南北問題という経済的な格差の問題が存在する。全世界レベルでも存在する問題だが、イタリア国内レベルで言うと、北部の発展した地域と、南部の発展が遅れた地域との経済格差の問題である。要因は無数にあるのでこん…

  • 滞在許可証申請中の出国について

    滞在許可証申請中の出国について あなたはイタリアから出国したり再入国したりできるのか? 結論から言おう。2019年11月7日現在、滞在許可証の新規発行申請中であれば、できる。もしも滞在許可証の更新申請中であると、話はややこしくなるが、できないことはない。 (この記事では学生ビザを念頭に置く。他のビザでは状況が違うかもしれないのであしからず。) どういうことか? 「滞在許可証がないとイタリア国外旅行ができない」というのは、留学生の間でまことしやかに囁かれる噂である。なんでも、旅先で入国拒否をされたり、イタリアに戻って来られなくなったりするというのである。一方で、許可証の申請中であっても半券があれ…

  • N26のカードが届かない

    napoli.hatenablog.com 一ヶ月半も前に書いたこの記事で、ぼくはN26という銀行を紹介した。ちょうどその数日前に、ぼく自身が口座を開設した銀行だ。手続きは全てオンラインで行われ、キャッシュカードは郵送で自宅に届く仕組みになっている。 ところが、キャッシュカードが届かない。一度目は無料配達で、二週間以内に届くことになっていたのだが、届かない。N26に問い合わせたら、もう一度同じ無料配達で発送してくれるという。まあ、一度くらい届かないのはイタリアの郵便事情を考慮すれば起こりうる話なので、ぼくにも話が飲み込めた。ところが、この二度目の配送も二週間たっても届かない。これはさすがに酷い…

  • ナポリ国立考古学博物館:古代ギリシア・ローマ文化と包茎について

    「このバカ、何を書くつもりなのか」と思った方へ 古代ギリシア・ローマ文化と包茎について ナポリ国立考古学博物館 包茎・なぜぼくはこの記事を書こうと思ったか ヘラクレス アキレウス パーン 包茎でも陰茎が小さくても気にするな 「このバカ、何を書くつもりなのか」と思った方へ まずは落ち着いて下さい。大丈夫です。あるいはあなたがもしも小さなお子さんをお持ちの方であっても、全く問題はありません。むしろ、お子さんのためにも一緒に読んであげて下さい。この記事は至って真面目です。職場で閲覧しても問題ないくらいに真面目です。あなたの職場でネットサーフィンすることが許されているかどうかは別問題ですが。 この記事…

  • 考えさせられるピッツァ、Sorbillo

    またしてもSorbillo(ソルビッロ)のピッツァを食べに行った。フランスに留学中の後輩がわざわざナポリに遊びに来てくれたので、ナポリナンバーワンのピッツァを食べないわけにはいかなかったのだ。ちなみに、ナポリはイタリア全土でピッツァが一番美味い街、とされている。その街の住民が、ナポリで一番のピッツァとして推すくらいだから、Sorbilloのピッツァの評価の高さがわかると思う。 前回訪問時より少し早く、開店三十分ほど前に着いたのだが、三連休の初日ということもあってか、行列が長めだった。開店と同時に入れるだけ客が入るのだが、ぼくたちは入りきれず、大人しく列をなして順番を待っていた。ところが、なぜだ…

  • Mensa Occupata、あるいは占拠された大学食堂

    Mensa Occupata ナポリにある一番大きな大学は、フェデリコ二世・ナポリ大学という。そのナポリ大学や、ぼくの通うナポリ東洋大学の建物が集まっている、Mezzocannoneという通りがあるのだが、ここは「活動家の聖地」だとかいう話を聞いた。正直なところ全く知らなかったし、ほとんど毎日のように通っていながら、いままで気にもかけていなかった。ところがたしかに、通りに面した建物の壁にそれらしいメッセージが記されている。冒頭写真のメッセージを訳す。 階級対階級……勝利する時まで 敵は経営者、 ファシストと投機家だ 肌の色が違う者ではない Mensa Occupata なかなか刺激的なメッセー…

  • Sorbilloのピッツァ

    Sorbilloのピッツァを食べてきた。ナポリで一番有名といってもいいピッツェリアで、ナポリ中心部のVia Tribunali(トリブナリ通り)に面している。 このピッツェリアはSorbillo一家が経営しているもので、ナポリには3つ店舗があるのだが、今回行ったのはGino e Toto Sorbillo。ここが一番美味しいと評判だからだ。ナポリ人に言わせると、ほかの有名なピッツェリア、たとえばDa MicheleとかDi Matteoなんかよりも、Sorbilloのほうがはるかに美味しいとのことだったので、非常に期待は高かった。 Sorbilloの場所: 19時開店なのだが、10分ほど前に着…

  • イタリア文学とヨーグルト

    金曜日、ぼくは4つの授業を受けている。イタリア地理、イタリア文学、古典文学の文化、イタリア語。どれも面白い授業なので満足なのだが、1コマ2時間で、朝から夕方までぶっ通しで授業なのでそこそこタフだ。しかも問題なのが、授業間に休憩時間がないうえに、4つの授業がそれぞれ別の建物で行われることだ。 イタリアの大学ではいわゆる講義棟が街中に分散していることが多い。ナポリ東洋大学も4つの建物を持っていて、それぞれお互いから歩いて5〜10分くらいの距離にある。 なので、授業が連続していると困ったことになり得る。時間割的には、授業間に休憩時間がないからだ。たとえば、12時半に授業が終わり、次の授業が12時半に…

  • Homo sum.

    今期、ぼくはイタリアの地理の授業を受けていて、テーマとして移民やらイタリアにおける環境主義の目覚め、持続可能な開発、などが扱われている。どれもとても重要なテーマなのだが、しばしば、これらのメインテーマから派生する話題へと教授の話が横道にそれていく。たとえば、南北格差とか貧困とかいった話題だ。そして、そうした脱線話のたびに、僕を含めた学生たちは恥辱に塗れることになる。どういうことか? たとえば、南北格差。「世界の南側では、毎年1,500万人が餓死している一方で、北側では4分に1回、低カロリー食品の宣伝がされている」と教授は話し始める。「1,500万人ですよ。私には、たった一人でも、お腹を空かせて…

  • 醤油を飲みたい

    こちらへ来て一月が経った。外食はせずに、毎日自分で調理したものを食べている。 だが、自炊に飽きた。自分の作る料理は美味しい。まあ自分の口に合うように作っているのだから当然だ。美味しい、けど何かが足りない。カレー、ビーフシチュー、ワイン煮込み、諸々のスープ、野菜炒め、じゃがいも、ステーキ、諸々のパスタ等々、それなりにレパートリーを備えているつもりだから、毎日同じものを食べるのに倦んでいるわけではない。でも、物足りない。 今日、食料品の買い出しにスーパーへ行ってきた。ふと、醤油が陳列されているのが目に留まった。飲みたいな、と思った。足りないのは、日本食なのかもしれない。ここ数日、唐揚げが食べたくて…

  • ベルルスコーニによるグレタの評価

    https://video.repubblica.it/politica/chiedono-a-berlusconi-un-parere-su-greta-thunberg-lui-racconta-storiella-su-viagra-e-donne-svedesi/345743/346327 ベルルスコーニはイタリアの首相経験者で、色々とスキャンダルが多すぎたので日本でも名前程度は知られていることだろうと思う。もう83歳のおじいさんなのだが、今も政治家として第一線で(多くのイタリア人からは望まれない)活躍をしている。 冒頭のURLは、そんなベルルスコーニへのインタビュー映像だ。最近話題の…

  • 日本人留学生

    昨日から大学で開講されている外国人向けのイタリア語の授業に参加している。とくに単位がもらえたりするわけではないけれど、留学生なら無料で受講できるので、参加しない手はないだろう。 そのイタリア語のクラスに、日本人の女子学生がいた。話を聞いてみると、なんと僕の母校の学生だった。直接は知らないが後輩だ。いまは3年時で、派遣留学生として我らがナポリ東洋大学に来ているそうだ。話していて、もう何年も前のことだが、自分自身が同じように初めて留学していたときのことを思い出して懐かしくなった。まあ、僕の場合は派遣留学でもなかったし、大学ではなくて語学学校に通っていただけだったけれども。 ところでイタリア語の授業…

  • ムッソリーニの孫娘

    べニート・ムッソリーニは誰もが知っているファシストのヤバいやつだが、その孫娘の存在は日本ではほとんど知られていないと思う。 その孫娘、アレッサンドラ・ムッソリーニは、祖父と同じく政治家として活動している。さすがに、ファシストとして活動するほど突き抜けてはいないが、LGBT差別っぽい発言をしたり、ベルルスコーニと仲良くしたりと、まあわりと右寄りではある。かなり嫌われているのだが、イタリアの国会議員を務めたり、果ては欧州議会議員になったりするなど、政治家としてはそこそこ活躍(?)している。 そんなアレッサンドラ・ムッソリーニだが、じつは政治家になる前は芸能人として活動していて、プレイボーイでグラビ…

  • ダンテ、ストーカー

    僕が受講しなければならないイタリア文学の授業は、教授が資料も板書もなくひたすら話し続けるという地獄の様相を呈している。当然一度ではわかるわけもないので、授業を録音してあとから復習するようにしているのだが、僕の近くに座っていた生徒が「わからない。全くわからない」とボヤいて退出する模様まで録音されていて笑ってしまった。いや確かに話が脱線して、なんだか思いつきで話しているような印象すら受けるので、本当にわかりづらい。 ともかくこのイタリア文学の授業では、主にダンテ、それからダンテに影響を受けた作家が扱われることになっている。みなさんもダンテの名前くらいは聞いたことがあるだろうと思う。もしかすると『神…

  • 異邦人

    僕はイタリアでは外国人だ。おまけにアジア系なので人種的にもマイノリティに属する。異邦人である。 なので避けがたくステレオタイプや差別や偏見と対峙することになる。頻繁に中国人として扱われたり、まれに道端で煽られたりする。あるいは僕が日本人であると知れると、信用されていると感じることがある。 悪意がなかったり悪意があったり、あるいは善意があったりもするのが、いずれにせよある種のレッテル貼りを受ける瞬間が少なからずある。 これが僕には耐え難い。トヨタだ、アニメだ、お辞儀だなんだ、僕はそのいずれでもない。僕は裸になりたい。僕のものでない属性を取り外したい。日本人を捨てたい。アジア人を捨てたい。礼儀正し…

  • Palmisciano教授

    今日、Palmisciano(パルミッシャーノ)教授による初めての授業があった。僕が裏ルート(?)の入学許可証を個人的にお願いした教授だ。ちゃんと顔を合わせてお礼がしたかったので、授業後にあいさつをしに行ったら、大変激励され、また非常に丁寧に対応してもらったので、あっという間に教授に心掴まれてしまった。授業内容もとてもわかりやすかったし、一生ついていきたい。授業は半期だけだけど。 ところで教授によると、僕は学科で初めての日本人留学生であるらしい。意図せずしてパイオニアになってしまった。感慨深い。

カテゴリー一覧
商用