searchカテゴリー選択
chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

kuroさんのプロフィール

住所
埼玉県
出身
埼玉県

自由文未設定

ブログタイトル
Loopin' Talking Records
ブログURL
http://kuro1967.blog84.fc2.com/
ブログ紹介文
生粋の怠け者であるが故、大抵は退屈してます。 気まぐれに綴ってるブログなのでノンジャンルですが、 あえて括るなら“ガヤ”です。
ブログ村参加
2019/10/27
参加カテゴリ

哲学・思想ブログ

その他ブログ

オヤジ日記ブログ

※ランキングに参加していません

フォロー

ブログリーダー」を活用して、kuroさんをフォローしませんか?

ハンドル名
kuroさん
ブログタイトル
Loopin' Talking Records
フォロー
Loopin' Talking Records

kuroさんの新着記事

1件〜30件

  • Purr

    可愛い野良猫 テュペロがうたた寝してる。おだやかな日差し。かつて出会った人たち。かつて自分だったものたち。おだやかな日差しを浴びて ゆっくりまわっているよ。Looping, Looping.オニールの店では時々時間が止まる。でも別にここに限った話じゃなくて。どこにいても大丈夫。時間を切り取るのにはちょっとしたコツがいるんだけど難しくはないよ。誰にだってできるよ。退屈ならば ちょっと悩んだ振りをしてみるのもいいかもね。...

  • 血の轍 Pt.3 ~人降る街角

    ハーディ・ガーディ・マンと“幽体離脱ベイビー” ポイズン・アイヴィーがメイソン=ディクソンに到着したとき、すでにグリーンパワード・ヘル・タメ吉の姿はなかった。そこにはただ、切断された ザ・ラスベガスの頭部が転がっていただけ。「・・・なあ、ポイズン・アイヴィー?なにか、抵抗できない時代の意思みたいなものを感じないか?人類の歴史は一旦終わるのかもな。・・・俺たちニンゲンは最初から最後まで意思を持たない泥人...

  • 愛の注射

    俺様、ウィリー・ヒポポタマスは荒野を彷徨っている。現実世界ではモチロン、さらには心情的にも、だ。・・・こいつは、ダブルでキツい。LOGBOOK;[...

  • 血の轍 Pt.2 ~「好きにならずにいられない」が聞こえる。

    貧しい家庭に生まれたその少年はだが、己の声帯低音域を衝撃波に昇華変換し全ての生物のハートを自在に共鳴させるという特技を生まれながらにして身につけていた。そのうえ、少年は成長したのちに幻惑ヒップ・グラインドという禁断の秘技の習得にも成功した。この技はオス・メス問わず全ての生物に想像妊娠の症状を引き起こす壊滅的効果をもたらす。・・・つまり、もはや「無敵」である。彼は29歳のある日、“陰徳のプリズナー” ゴ...

  • Mellow Together

    メタルマシーン・キッドが町を行く。夜がやって来てだけど、傷を癒す寝床もなくただ歩いてる。並木通りでは女のコが怒ったような顔をしてチョコレートを噛んでいる。探しものがあるんだけどそれが何かはわからないんだってさ。それじゃあ、そうさ何も手に入らないね。想いはあまりも大きすぎるからそれはもう身体から飛び出しちゃって世界中を旅して回ってる言葉はあまりに空っぽすぎるから通りすがりの風に飛ばされちゃって世界中...

  • Toy Gun

    僕はおもちゃのライフルを抱え込んで部屋の中でそれを撃ちまくるんだズキューン! ズキューン!ダダダダダダダダダ玄関の外ではまだ小さい弟が乗れない自転車に乗ろうとしてる可愛い僕のペット、マイキーは弟のまわりで飛び跳ねてる高くジャンプしてる澄んだ11月息を潜めて僕は机の下に隠れて銃を撃ちまくるあそこに敵がいるんだぜヤバいぞ僕に気がついたソファの後ろまで転がって今度はそこで撃ちまくる僕は反動を感じる銃の重さを...

  • “カルピス”ハーヴェイ & 新生 Lil'T&A's

    “カルピス”ハーヴェイは退屈してた。・・・ちょっと前までは今よりもうちょっとだけ人生ってヤツを楽しんでたんだけどなぁ。グラストンベリー界隈ではちょっとばかし名前の売れてるバンド、Lil'T&A'sでハーヴェイはギターを弾いてたんだ。メンバーは全員オカマでイカレてて見に来る客も相当アタマのあったけーヤツらばかりだったけどあの頃は楽しかった。ボーカルとリードが突然失踪したせいでバンドは消滅した。まあ、ボーカルの...

  • モンタナ逆回転ブルース

    おかしいな。いろいろと変だ。ドンドゥルマ (15歳♂・元・家出少年)「僕は思ってたんだ。自己陶酔なんてのはさ、世間知らずで視野の狭い若者の特権なんだって。本人はいい気分だろうね。幸せホルモンがジャバジャバ湧き出て快適な眠りを約束してくれるし。だけど傍から見てて、これ程 間抜けで恥ずかしいものはないよ。」ハリー・ディーン「・・・オマエ、それ自分のこと言ってる?」ドンドゥルマ「僕の自己陶酔癖なんて可愛いも...

  • Neighborhood Bully

    TVで女のコが喋ってる。まだ14歳?15歳?・・・まあ、それぐらい。彼女は彼女なりに地球の未来のことを一生懸命考えていてその暗澹さについて真剣に憂いている。アンダスタン「モチロン、この世界では物事は単純じゃねえ。・・・複雑化する原因は概ね、ホモ・サピエンス特有の性質、“過剰な欲” だろうな。ホモ・サピエンスときたら、その特性として “過剰な欲” をいとも容易に発現させる。だけど、それをコントロールする能力は皆...

  • タメ吉の冒険

    むかし、むかし。あるところにタメ吉という男がいた。タメ吉は他のニンゲンとは少し違っていた。生まれつき、洞察力と危機回避能力が人より秀でていたのだ。彼が自分でその事に気づいたのは14歳のとき。彼はそこから更に自分のその “特殊能力” を磨き上げることにした。自分自身を磨き上げる日々。・・・それは辛くもあり、楽しくもある毎日。数年後、タメ吉は磨かれ研ぎ澄まされたその洞察力により数分後の未来までも正確に予知で...

  • Only One Blow

    ネコの手触りラジオから流れてきた夜https://twitter.com/ShuntaroT...

  • 近未来の空飛ぶマシン

    気のせいかもしれない。だけどあと1mmだけ深く踏み込むことができれば世界を覆うガラスが一斉に砕け散って新しい何かが顔を出すような気がしてるんだ。北回帰線フォトシンセシスシンギュラー・ポイントカブト虫毒リンゴレディオナイフテキサス・チェインソウ・マサカー融点降下パルミラ環礁フィリップ・シーモア・ホフマン葡萄酒十字路シンギュラー・ポイント世界中に砕けたガラスの雨が降り注ぎそしたら僕はパイロット帽とゴーグ...

  • 僕の犬、マイキーが聞いてきたこと

    ニトロを用意するんだ、マスター。そいつで俺たちの夢を加速させようぜ。だけど いいかい、ここだけの話夢に届くか or 届かないかそんなのたいした問題じゃないんだワン。大事なのは “手を伸ばす” こと。掴み取ろうとすること。その行為自体が気高く輝き俺たちに「意味」を与えてくれるんだワン。だからさ、さっき拾った この宝石みたいにとがった石で俺たちの胸にこの輝きを刻もうぜ。血を流すっていうのはそういうことさ。ホント...

  • Wish You Are Here

    これはな、ワシがまだ小さい頃、ワシのジイサンから聞いた話だ。ジイサンは、そのまたジイサンからこの話を聞き、そのまたジイサンは、そのまたまたジイサンから話を聞き・・・・・・まぁ、その、なんだ。そんな風にずっと我が一族に語り継がれている昔話だ。だからと言って、何か特別な教訓があるワケではない。この話を聞いたことでワシの人生が豊かになった、という事もない。・・・ただな、この話には “伝統” と “真実” がある...

  • 正しいサーフサウンド

    僕は思う。どうもこの世界は、歪んでる気がしてならないぞ。・・・でも。不思議なんだ。同時に、この世界は時々、完璧で美しい。朝、目が覚めてから。あるいは、ランチのあとボーッとしてるとき。今日は何をしようか、って考えてみる。僕の思考がまるで飛び散ったクラスター爆弾の破片のようにアタマの中で宇宙みたいに拡散していく。僕らは呆れるほど自由でそれは もう、自分自身の存在をも持て余す程だね。・・・どこかで誰かが...

  • Shooting Star Tonite

    今夜はとても静かで冷たくてまるで世界中で僕ひとりぼっちみたいだったら、自分の事だけを考えてもいいよなそれか、何も考えないか外の空気に触れたくなってベランダに出てみれば夜の空にポツポツと輝く星たち舗道を見下ろしてみればそこには子どもたちが昼間遊んでたおもちゃが忘れられて置き去りにされてる心細い街灯に照らされてそれらは とてつもなく孤独にみえたあーあ。でも見方によっては本来いるべき場所に落ち着いた、と...

  • Little Bit of Witch pt.2

    アンジィ・ドメルグが得意げに解説を続けてる横でナイト・スゥイミングがそっとタカシに囁いた「・・・ところで、僕にはさっきから少し気になってることがあるんですけど。」ファックユー・タカシ「ほう。奇遇じゃな。ワシもじゃ。」ナイト「その魔女って・・・もしかしたら僕、知ってるかも。」今回は「Logical Q 解答編」後半です。出題はコチラ↓ LOGBOOK 15; [ Little Bit of Witch pt.1 ]「さて、ここからがキモだよ。ここま...

  • Little Bit of Witch pt.1

    「・・・首領はこの謎が解ける前に死んじまった。あちきら幹部もいくら考えてもチンプンカンプンさ。結局、首領の死と共に 山賊団は解散したよ。幹部3人、それぞれが魔女のお宝をひとつづつ預かってね。うちらは民主的なのさ。平等さは大切だろう?そして、3人のうち誰かが謎を解いたときに再会をする約束を交わした。・・・あれから10年。あちきはその謎について考え続け・・・とうとう、遂に!謎を解いたのさ!」今回は「Logica...

  • ドフト・エフスキーの遺言

    [ 前回のあらすじ ]“黄金の街” を目指して旅をしている2人のクソ野郎。「ファックユー・タカシ」 : 元“片目のウィリー海賊団”航海士。ジジイ言葉で話す凶悪超速ガンマン。「ナイト・スゥイミング」 : 元“片目のウィリー海賊団”見習い。サイコパスな悪魔的ナイフ使い。旅の途中、仲間に加わったのは敵か味方か、ワケありの謎の女。元・宿屋の女主人で元・山賊の アンジィ・ドメルグ。キケンな空気を更に孕んだ “黄金の街” への旅...

  • Sad Day

    道を歩いてたら道端に咲いてる花を見つけたんだ名前は知らないコンクリートのすきましゃがみこんで顔を近づけてみたらちょっとだけいい匂いがしたんだちょっと甘い感じの匂い都会のコンクリートのすきまベビーカーでおかあさんと散歩中の赤ちゃんは笑ってるし傲慢な気持ちはよくないぜなにか大きなもので繋がってるその宇宙はぐるぐるまわっているんだぜ今日が悲しい日だって言われてもそれってきっと気のせいさ...

  • 戦争が始まる。

    チップとデールはロスデヴィルスを飛び立った。目指すはカンザスシティ。そこでジョン・スミスという男と会い、改めて今回のターゲットの情報を得る。・・・こんな回りくどい手順を踏むのは初めてだ。相当な大物が相手だと予想できる。俺らもバカじゃないからな。待機中に得た情報から それなりに推測はできてるよ。ティファナか、アウトフィットか。トルネイド・ラヴビーム はもうこの世にいない。彼の身体はバラバラに刻まれ、セ...

  • Request Livestock (愛の戦争)

    これは、「愛」に関する事件だ。・・・「愛」と言えば近頃は誰もかれもが「愛」という言葉を使いすぎている。おそらくは、そういう時代なのだ。「愛」という言葉には奇妙な満足感が含有され、それで全てを説明したかのような強迫性をも放つ。ひとつのウェポンとして使用される機会も多い。まさしく独り善がりな今の時代に相応しい。かつて俺はスーパーヒーローだった。・・・俺が愛の為に戦い、疲れて休憩をとっていたときひとりの...

  • No Direction Home

    メタルマシーン・キッドには “家” がない。彼は自分が帰る場所をずっと探しているんだ。彼はニンゲンによって造られたブリキ製のロボット。だけど彼が造り出されたその場所は、彼の “居場所” じゃなかった。「俺は間違った場所に生まれてきた。」彼は自分の生みの親を殺した。そうしなければ 前に進めなかったから。ニンゲンは自分で自分にウソをつける。だから何とかやっていけるのさ。メタルマシーン・キッドにはそんな機能はつ...

  • 宇宙の話

    3人は一列に並んで夜の荒野のハイウェイを歩いている。月と星とが協力して厳かに荒野をぼんやりと照らしてる。神秘的な夜。・・・でも、そんな夜の雰囲気を楽しみたいのとは違う。歩きたくて歩いてるわけじゃない。仕方ないんだ。クルマが通る気配はなく。太古の昔から変わらない、砂埃を含んだ空気の郷愁の匂い。満天の星空に照らされてジョシュア・ツリーたちが影絵みたいに浮かび上がる。「ねえ。今、この星空を見てたら アタ...

  • Harvest Pt.3 ~REDBEAR

    [ Harvest Pt.2 ~Oiljamon ]「あいつらだッ!あいつらが私の父と母を殺したんだァッ!」アルセア人のひとりがこちらを指差して叫んだ。その目には怒りの輝き。どうやらあの日、あの集落で生き残ったひとりなのだろう。「ガン」。アルセア人たちの新しい殺戮兵器。・・・たいして時間はかからなかった。オイルハモンが指揮する12人の銃撃隊がレッドベアの部族に向け発砲を開始した。男も女も老人も子供も次々と全身に銃弾を受けた...

  • ラジオの国

    ザザザザザーノイズ。チューンダイヤルを必死に回してるジョニー。ザザザザザーガーーープシ。ジョニー「おいおい。おいおいおい。こいつは一体どうしちまったっていうんだよ。DJの一斉ストライキか?それとも世界中のラジオ局が突然、跡形もなく消滅しちまったとでもいうのか?」キャンディ「アタシには とうとうそのオンボロ・ラジオにもお迎えのときが来た、ってことのように見えるけど。」ジョニー「なあ、キャンディー、ハニ...

  • Harvest Pt.1 ~Strong Spirit

    この国は「暴力」によって生まれた国だ。そこがスタート地点なのだ。何年、何十年、何百年経とうがその事実は変わらない。平和はいいなあ。“みんな仲良く。いつでもニコニコと。”それが最高だ。理想だね。だけど、それをいくら望もうとも、それをどれほど強く欲しようとも、その伸ばした両手はどこにも届かないさ。当たり前だ。オマエら種族の中核にあるのは「暴力」なんだからね。そう。それは呪いのように、オマエらと「暴力」を...

  • ヘラデルヘア波浪高潮注意報

    “ヘラデルヘアの不沈艦” と呼ばれた女がいる。両親共に殺し屋という一家に生まれ、わずか3歳のときにその両親を殺害し以降ひとりきりでこの世界を生き抜いてきたという伝説を持つ。身長1m96cm、体重200kg。あの悪名高き “ラ・コーサ・ノストラ” の幹部さえすれ違いざまに思わず道を譲ってしまったという伝説も持つ。闇世界の女帝。邪悪のカリスマ。・・・その名はビッグパンツ・カロライナ。彼女は10代の頃から主に請負殺人業...

  • 逆光ジョンソン&ジョンソン

    ボゴタにあるジョンソン&ジョンソン探偵事務所。所長はスティープリー・ジョンソンという男だが、これは実は表向き。浮気調査とか経歴調査とか人探しとかネコ探しとか要人の送迎とかごく一般的な探偵事務所の体裁を取り繕ってはいるが、これもまた表向き。形式上 “調査員” として雇われている隻腕の男ミシェル・モナハンはカポ・ブラザーズのクソ哲学的クソヒーロー談義を1時間近く聞かされ、その末に ようやく必要と思われる情報...

カテゴリー一覧
商用