searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

ahiruさんのプロフィール

住所
未設定
出身
大阪市

自由文未設定

ブログタイトル
Kintore Study
ブログURL
https://kintorestudy.com/
ブログ紹介文
筋トレ好きの大阪出身20代女子が運営するブログです。筋トレ情報を随時公開中です。
更新頻度(1年)

257回 / 365日(平均4.9回/週)

ブログ村参加:2019/10/26

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、ahiruさんの読者になりませんか?

ハンドル名
ahiruさん
ブログタイトル
Kintore Study
更新頻度
257回 / 365日(平均4.9回/週)
読者になる
Kintore Study

ahiruさんの新着記事

1件〜30件

  • 【床で行うダンベルフライのやり方】大胸筋に効かせるコツも解説

    フロアダンベルフライのやり方と注意点、大胸筋にうまく効かせるコツについて解説します。フロアダンベルフライとは名前の通り、床の上に寝転がって行うダンベルフライのことです。トレーニングベンチがなくても、ダンベルさえあれば自宅で大胸筋のトレーニングが出来ます。通常のダンベルフライのやり方よりも可動域が狭くなるので、なるべくダンベルの移動距離を意識的に長くしながら動かすことがポイントです。

  • 【就寝前のプロテイン】寝る前に飲む量はどのくらいがベスト?

    就寝前に飲むプロテインの摂取量について解説します。寝る前に飲むプロテインの量の目安は、20~30g程度のタンパク質が摂取できるくらいの量です。ハードなトレーニングをしたときは、就寝前にタンパク質を多く摂取することが重要。プロテインの種類に関して言えば、消化吸収が緩やかな「カゼインプロテイン」を選ぶのがおすすめです。

  • 女性向け【ラットプルダウン重量の設定方法】重さは何キロが目安?

    筋トレに取り組む女性向けに、ラットプルダウンの重さの目安について解説します。重量は何となく設定しているという人も多いのではないでしょうか?効果を確実に実感するためには、適切な負荷で鍛えることが非常に重要です。ラットプルダウンに初めて取り組むときは、約12~20kgが目安になります。フォームが固まるまでは無理をせず、軽めの重量で鍛えていきましょう。

  • 【トライセプスキックバックの重量・回数】何キロでやるのがベスト?

    トライセプスキックバックを行うダンベル重量と回数の目安について解説します。筋トレ初心者で初めて取り組むときは、男性は2~3kg、女性は1~2kgの重さのダンベルが目安になります。まずはフォームを習得することが重要なので、ダンベルの動きをコントロールできる程度の軽い重量に設定することがポイント。

  • 【トライセプスキックバックの筋トレ効果】ダンベルをコントロールせよ

    トライセプスキックバックで鍛えられる筋肉部位・筋トレ効果と、効果を高めるコツについて解説します。トライセプスキックバックは、上腕三頭筋の長頭と呼ばれる部位に高い効果があるトレーニングです。効果を高めるには、ダンベルを持つ腕・ヒジの位置をしっかりと固定して、コントロールした動作で丁寧に動かすことが重要なポイント。

  • 【トライセプスキックバックの効果的なやり方】効果を実感する方法

    トライセプスキックバックの効果的なやり方について解説します。トライセプスキックバックでは、上腕三頭筋にしっかり刺激を伝えることが重要です。そのためにも、ダンベルを持つ側のヒジは固定して、必ず上腕三頭筋を使ってダンベルを動かすことが重要です。背中が丸まっていると腰を痛めるリスクがあるので、十分注意してください。

  • 【トライセプスキックバックを両手でやるメリット】筋トレ中級者以上向け

    両手で行うトライセプスキックバックのやり方と、そのメリットについて分かりやすく解説します。前傾姿勢が難しいので腰に不安がある人には不向きですが、両手同時にトレーニングできるところがメリット。本来片手ずつ鍛えるトライセプスキックバックと比べて、上腕三頭筋を効率よく鍛えることができます。

  • 【レッグカールで効果がある筋肉部位】効果を高めるポイントも解説!

    レッグカールで効果が期待できる筋肉部位と、効果を高めるポイントについて解説します。レッグカールは主に、シーテッドレッグカールとライイングレッグカールの2種類のやり方があります。どちらもハムストリングスを鍛えるためのトレーニングですが、負荷の入り方や入る部位が少し違っています。レッグカールへの理解を深めて、効率よくトレーニングを進めていきましょう。

  • 【レッグカールで効果がある筋肉部位】効果を高めるポイントも解説!

    レッグカールで効果が期待できる筋肉部位と、効果を高めるポイントについて解説します。レッグカールは主に、シーテッドレッグカールとライイングレッグカールの2種類のやり方があります。どちらもハムストリングスを鍛えるためのトレーニングですが、負荷の入り方や入る部位が少し違っています。レッグカールへの理解を深めて、効率よくトレーニングを進めていきましょう。

  • ダンベルがあれば自宅で出来る!【ダンベルレッグカールのやり方】

    ダンベルレッグカールのやり方について解説します、ダンベルレッグカールとはダンベルで負荷をかけて行うレッグカールのことです。ジムに通わなくてもダンベルさえ用意できれば、自宅でトレーニングを行うことができます。自宅トレーニングを行っている人で、ハムストリングスを効果的に鍛えたいなら、ダンベルレッグカールをおすすめします。

  • ダンベルがあれば自宅で出来る!【ダンベルレッグカールのやり方】

    ダンベルレッグカールのやり方について解説します、ダンベルレッグカールとはダンベルで負荷をかけて行うレッグカールのことです。ジムに通わなくてもダンベルさえ用意できれば、自宅でトレーニングを行うことができます。自宅トレーニングを行っている人で、ハムストリングスを効果的に鍛えたいなら、ダンベルレッグカールをおすすめします。

  • シーテッドレッグカールとライイングレッグカールの4つの違いとは?

    シーテッドレッグカールとライイングレッグカールの違いについて解説します。 結論から言いますと、主な違いは以下の4つです。 筋肉の長さが違う 体幹の安定感が違う 腰への負担が違う 刺激の入り方が違う 最後まで読んで理解を深め、うまく使い分けら

  • シーテッドレッグカールとライイングレッグカールの4つの違いとは?

    シーテッドレッグカールとライイングレッグカールの違いについて解説します。 結論から言いますと、主な違いは以下の4つです。 筋肉の長さが違う 体幹の安定感が違う 腰への負担が違う 刺激の入り方が違う 最後まで読んで理解を深め、うまく使い分けら

  • 【チューブレッグカールのやり方】自宅でハムストリングスを鍛えるトレーニング

    自宅でも気軽にハムストリングスを鍛えられる、チューブレッグカールのやり方を解説します。チューブレッグカールとは、トレーニングチューブの張力を使って、ハムストリングスに負荷をかけていくトレーニングです。ヒザを曲げるときに、一番強い負荷がかかります。

  • 【チューブレッグカールのやり方】自宅でハムストリングスを鍛えるトレーニング

    自宅でも気軽にハムストリングスを鍛えられる、チューブレッグカールのやり方を解説します。チューブレッグカールとは、トレーニングチューブの張力を使って、ハムストリングスに負荷をかけていくトレーニングです。ヒザを曲げるときに、一番強い負荷がかかります。

  • 【レッグカールでふくらはぎがつる原因】ハムストリングスへの効かせ方

    レッグカールでふくらはぎがつってしまう人向けに、ふくらはぎがつる原因と、ハムストリングスへ効かせるコツについて解説します。主な原因は、ハムストリングスではなく腓腹筋を使ってしまっていることです。そのため、皮膚基金の関与をできるだけ減らすことが重要です。

  • 【シーテッドレッグカールの重量の目安】筋トレ初心者は何キロから?

    シーテッドレッグカールの重量の目安について解説します。初心者の場合は、男性で30kg、女性で15kgから始めるのがおすすめ。フォームを習得して動作にある程度慣れてきたタイミングで、少しずつ重量を重くしていきましょう。ただし無理に重くしすぎるとケガにつながる恐れがあるので注意が必要です。

  • 【ダンベルフライの重量設定】目的別の回数とセット数も解説

    ダンベルフライの重量設定方法と重量の目安について解説します。ダンベルフライはダンベルプレスなどの種目と違って単関節種目に分類されるので、中程度の重量で回数をこなすことが目的になります。大胸筋という1つのメイン部位に対して、集中して負荷をかけられるところがメリットです。ダンベルプレスでは、プレス系の種目で使用するダンベルより少し軽めに設定しましょう。

  • 【ダンベルローイングが効かない原因】背中に効かせるコツを解説!

    ダンベルローイングで背中にうまく効かせられない人向けです。ダンベルローイングが効かない原因について詳しく解説します。効かないと感じるときは、①背筋に意識が向いていない、②肩甲骨を寄せられていない、③前腕が垂直になっていない、④背筋を追い込めていない、などの原因が考えられます。ダンベルを引くときは、腕ではなく背中を使うことが重要です。

  • 【ワンハンドダンベルローイング初心者の重量】ダンベルの重さは何キロ?

    ワンハンドダンベルローイング初心者の重量の目安について解説します。ある程度フォームの練習をして動作にも慣れてきたら、ダンベルを適切な重さに設定しましょう。まずは余裕が持てるくらいの軽めの重量から始めることをおすすめします。フォームがだいぶ安定してきたら、トレーニングの効率を上げるためにも、1番効かせられる重量を探してみてください。

  • ワンハンドダンベルローイングで効果のある筋肉部位【効かせるコツも解説】

    ワンハンドダンベルローイングで効果が期待できる筋肉部位について解説します。ダンベルローイングでは、主に広背筋や僧帽筋といった背筋群が鍛えられます。広背筋をより集中的に鍛えたい場合は、可動域を広くとれるワンハンドダンベルローイングがおすすめです。僧帽筋にも効かせたいなら、頭側を高くしたベンチにうつぶせの状態で行うインクラインダンベルローイングに取り組みましょう。

  • ダンベルローイングをベンチなしで行うやり方!自宅でもできる4種目

    ベンチなしで行うダンベルローイングのやり方について解説します。ダンベルさえ用意できれば、トレーニングベンチがなくても自宅でトレーニング可能です。椅子や台などで代用すると、前傾姿勢も作ることができます。腰を痛めないように注意しながら、自宅でトレーニングを行いましょう。

  • 【ワンハンドダンベルローイングのやり方】角度の違いによる4つのバリエーション

    ワンハンドダンベルローイングの上半身の角度の違いによるバリエーション種目を4種類と、それぞれのやり方について解説します。通常のワンハンドローイングの場合、ダンベルは床に対して垂直方向に上げますが、上半身の角度を変えると、斜め方向に上げることができますベンチの代わりに壁に手をついて行えば、ベンチなしでもダンベルローイングが可能です。

  • ベントオーバーローイングのグリップ・手幅による効き方の違い

    ベントオーバーローイングのグリップ・手幅による効き方の違いについて解説します。基本のやり方では、サムアラウンドグリップで握り、手幅は肩幅から少し広げます。僧帽筋にも効かせたいときの手幅は狭め、広背筋を強く収縮させたいときは狭めがおすすめです。正し個人差もあるので、自分で様々なグリップ・手幅を試してみて、効かせたい部位に効くやり方を見つけることが1番効果的です。

  • 【ランジ初心者の回数・セット数の目安】おすすめの目的別メニューも公開

    ランジ初心者向けに、目安となる回数・セット数と、目的別のメニューについて解説します。ランジ初心者は、自重のみのランジから始めてみましょう。ダンベルなどで負荷を増やすのは、フォームを習得して、かつ自重のみでは物足りなくなったときです。楽にこなせるようになるまでは、自重のみで10回ⅹ3セットを目安にトレーニングを続けましょう。負荷が足りなくなってきたらダンベルで加重します。

  • 【フロントランジとバックランジの違い】効果・使い分け方は?

    フロントランジとバックランジの違いについてまとめました。足を踏み出す方向はもちろん違いますが、その他にも重心の位置や重心移動の有無、効果のある筋肉部位などが違っています。足を着地させるときや、足を踏み込元に戻すときの負荷のかかり方が大きく違っているので、鍛える目的に合わせて使い分けることが重要です。

  • ダンベルランジの重さは何キロが目安?目的別の回数・セット数も解説

    ダンベルランジ初心者の重量の目安と、目的別の重量設定方法について解説します。ダンベルの重量は、次の3つのタイミングで段階的に増やしていくことをおすすめします。①ランジのフォームを習得して慣れたきたとき、②自重のみのランジを余裕でこなせたとき、③負荷が物足りないと感じたとき、の3つです。

  • 【ランジの効果】お腹周りの引き締めも!女性に嬉しいダイエット効果

    女性に嬉しいランジの効果について解説します。   ランジにはどんな効果がある?ダイエット効果もあるの? こんな疑問にお答えします。 ランジはスクワットと似た動きを行いますが、足を前後に大きく開く分、体幹やバランス力も求められます。

  • 【ランジとブルガリアンスクワットの違い】大殿筋への効果は?

    ランジとブルガリアンスクワットの効果の違いについて解説します。ランジもブルガリアンスクワットも大殿筋に効果的なトレーニング種目で、片足ずつ鍛えるのが特徴です。見た目はとても似ている種目ですが、実は①スタートポジションのフォーム、②負荷がかかる長さ・タイミングなどが大きく違っています。どっちか一方だけでなく両方取り組めば、大殿筋に強い刺激を与えることができますよ。

  • 【ダンベルプレスとダンベルフライの順番】どっちが効果的?重量の違いは?

    ダンベルプレスとダンベルフライを行う順番、扱える重量や効果の違いについてまとめました。結論から言うと、複数の筋肉と関節を同時に動かすことで高重量を扱えるのがダンベルプレス、1つの筋肉と関節だけが使われるので、大胸筋に集中して負荷をかけられるのがダンベルフライになります。そのため、ダンベルプレスを先に行い、その後にダンベルフライを行うのが効果的な順番です。

カテゴリー一覧
商用