プロフィールPROFILE

onechanさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
onechan's blog
ブログURL
http://onechans.blog.jp/
ブログ紹介文
仮想通貨や社会批評、男女問題について鋭くえぐってまいります。
更新頻度(1年)

119回 / 90日(平均9.3回/週)

ブログ村参加:2019/10/26

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、onechanさんの読者になりませんか?

ハンドル名
onechanさん
ブログタイトル
onechan's blog
更新頻度
119回 / 90日(平均9.3回/週)
読者になる
onechan's blog

onechanさんの新着記事

1件〜30件

  • 【ビジネス】本当は仕事をしないということが一番難しい話。

    会社ごっこの話とか仕事を作る話は以前しましたが、本当は仕事をしないということが一番難しいという話をいたします。たとえばなんですが、朝、電車に乗って通勤します。ですが、駅まで歩いて行ったり、電車に乗っている間って売上や利益を生んでいなかったりします。んで、会社側も従業員が来ようが、来なかろうが本当は関係がないのです。

  • 【メンタルヘルス】【ジェンダー】不倫や浮気や別居を悪いと主張する人の頭の中の話。

    不倫や浮気や別居を悪いと主張する人たちがいまだにいます。んで、それ自体は心情的に理解できますし、同情したい気持ちもありますが、お気持ちをお察ししますとしか言えない現状があります。というのも、TwitterやSNSの発達によってある程度の結婚や離婚に関する情報がオープンソース化されたおかげで、あまりにも幼稚な意見になってしまったからです。

  • 【ビジネス】【金融】日銀の預金封鎖に備える話。

    政府と日銀が結託しておかしな事をしている話はこちらとこちらで書きました。んで、ことの発端はデフレという物価下落に対する異次元緩和という日銀の政策でした。これの意味するところは、デフレで物価が下落しているので、紙幣を刷れば紙幣を刷った分、物価の下落はなくなり、上昇に転じるとする目論見でした。

  • 【メンタルヘルス】【医学】母性と父性の話。

    母性的社会ってあって、それは多様性を認める社会だったりします。ですが、多様性だからと言ってすべてが許されるワケではなかったりします。んで、これってアドラーの嫌われる勇気にも似ていて、人の目を気にしないと言っても、それはストレス下や気にし過ぎて決断できない場合のみ取り入れた方がいい話で、普段から人の目を気にしない人たちはあまり積極的に取り入れない方がいい話しだったりします。

  • 【ビジネス】【人件費】日本の人件費が世界に比べて超絶安い理由の話。

    デフレという物価下落の為に、物価を上昇させる目的で日銀が紙幣をたくさん刷っている話はこちらとこちらとこちらでしました。平たく言うと、物の価値を下げる為に紙幣をたくさん刷っていると、物の価値も下がりますが、そのことは同時に、労働力の対価である人件費も下げられていることに気づいていない人が多い印象です。

  • 【ビジネス】【メンタル】発想を変える話。

    今って世の中が激しく変化していて、パラダイムシフトと言いますか?すべての前提になる発想さえ崩れかけています。んで、働いて豊かになるのが前提でしたが、働いてお金を稼ぐよりは何かに投資して豊かになるのが理論的に証明されております。

  • 【メンタル】【高齢化】人生はそんなに甘くない話。

    日本って高齢化なので、人生はそんなに甘くないって言うとけっこう共感されちゃったりしますが、でもそれって高齢者の意見なのであまり参考にしないでスルーが正解な話だったりします。んで、人口の比率にもよると思いますし、高齢者の割合が多い地域やメディアと、若者の割合が多い地域やメディアとでは言ってることが真逆になっている事実に直面することが多々あります。

  • 【メンタル】【ジェンダー】人間関係の始まりと終わりの話。

    人間関係って続いている人は続いていると思いますし、学校からの友だちは多い方がいいの謎理論で継続したりしていますが、実際はそんなに多くなくていい話だったりします。んで、なんでそうなるのかと言うと、極端な話、学校であれば学校で同じ世界を見ているので自然と共通の話題や共通の価値観になりやすいのですが、社会に出ると違う世界を見始めるので共通の話題や共通の価値観になりにくい結果だと思います。

  • 【男女問題】【ビジネス】小泉進次郎環境大臣の育休取得を労働力調査を元に論理的に考えてみる話。

    男性の育児休暇が取得しづらいのは当然の話で、多分、男性なら取得しづらい空気があるのはご存知だと思います。それというのも統計局の労働力人口をご覧になればご納得いただけると思います。

  • 【メンタル】【地方移住】貧乏と健康の話。

    貧乏な原因って不健康だったりします。それって肉体的にも健康だし、精神的にも健康と言う意味です。んで、いまだに医療リテラシーの低い人は精神的な不健康を精神力で治す発想だったりしますが、一応、脳も肉体なのでフィジカルなのです。

  • 【法哲学】【自己責任】泥棒とか万引きの話。

    日本人って大麻なんかで芸能人が逮捕されると、非常にけしからん的な勢いで、芸能界から抹殺するぐらいの批判をしたりします。でもでもなんですが、大麻取締法とか、法律と言うかコンプライアンスの問題であって、それは人格の問題ではなかったりします。んで、そもそもなんですが、大麻って薬物で、何かしらいい思いのできる薬物を使用されていて、その使用を止める義務は国民にはなかったりします。

  • 【男女問題】【メンタル】モラルハラスメントの話。

    モラルハラスメントって言うのがあって、道徳観の違いによる言葉の暴力だったり、嫌がらせだったりします。んで、それが夫婦間で起こったりってなるので、宗教上の違いと同様難しい話だったりします。んで、モラルってけっこう個人の価値観によるところが大きく、生まれた環境や生い立ちによって左右されたりするので、モラルが違えば合わせることは難しいのだと思います。

  • 【行動経済学】【メンタル】感情が高まる話。

    資本主義って合理的でロジカル(論理的)だったりします。なので、論理的に考えるとそんなにお金を使う必要がなかったりします。食べ物とか家賃は論理的に考えたところでなくなりませんが、飲み会とか遊興費なんかは使わなくていい気がしています。

  • 【メンタル】【メンタルヘルス】悩むのはムダな話。

    悩んだりしてくよくよ考える事があったりします。んで、42年生きてきてたどり着く結論は悩んでも何も解決しないし、悩んだりしてもその通りには行かないのでムダだという話です。

  • 【ビジネス】【株式】当事者意識に欠けている話。

    けっこう偉い人が頭を下げる場面が目立つ世の中になって参りました。んで、偉い人に対してけっこう辛辣な意見と言いますか、よく言われることは当事者意識に欠けた発言だったりしています。んで実際、今の偉い人たちって、どちらかと言うと会社員のエリートでビジネスマンのエリートではないと言う話です。

  • 【メンタル】【人間関係】意地悪な心理の話。

    意地悪な人がいたりします。んで、他人の足を引っ張ったり、嫌がらせをしたり、邪魔をしたりする人がいます。んで、それを喜んだりする人もいます。んで、こういうのってよくないよね?って話になったりするんですが、こういう人がいるってことはこういう欲求があるって言うことを知らなかったりします。

  • 【仮想通貨】【ブロックチェーン】クレジット(信用)とトランザクション(履歴)の話。

    信用経済になるって言われています。 クレジットって信用っていう意味なんですが、その信用って今のところ支払い履歴だったりします。んで、日本人って現金が大好きなんでキャッシュレスにすると逆に使い過ぎるなんて謎意見が出たりしてますが、今って逆に家計簿アプリも出てきたので、逆にクレジットで支払った方が家計簿を付ける必要がなく、支払い履歴が残る仕組みとなりました。

  • 【メンタル】【人間関係】超シンプルに考えると人生とは幸せを追求する話。

    どんよりと暗い顔した人が多い世の中になってしまったのですが、それっていろんなしがらみに取り憑かれているだけだったりします。んで、幸せってお金で買える物ではないですし、結局、パワーゲームで、求めれば求めるほど再現がなくなる話はこちらでしました。

  • 【ビジネス】【高齢化】赤信号みんなで渡れば怖くない話。

    地方なんかに住んでいると、人口は激しく減っていて流出しているのに、そこに信号機があるからと言って口をポカーンと開けて黙って待っている高齢の方がいたりします。秋田県の人口減少が止まらない話はこちらです。

  • 【メンタル】【家族】親のこころ子知らず、子のこころ親知らずの話。

    テレビなんかで帰省のニュースを見ていて思う話なんですが、あまり帰省はしたくなかった話です。んで、おじいちゃんとかおばあちゃんに会いに行くのはいいんですが、子どもってあまりそのことを望んでいなかったりしています。多分…。

  • 【ビジネス】緊迫した世界情勢の話。

    世界って今不景気で、アメリカなんかも株価は上がってますが、世界ってやっぱ二極化していて、富裕層と貧困層の格差が激しくなってきています。んで、ケインズの経済学の頃からも労働生産性よりも資本の生産性の方が上回るようになってきていて、単純に労働で稼ぐよりは投資した方が稼げるという論理的な結論に到達しました。そのことはトマ・ピケティの『21世紀の資本』に詳しいです。

  • 【ビジネス】【教育】本質的に考える話。

    学校教育の影響からか、世に認められた物から勉強したり、ランキング大好きなんでランキングに入っている本から勉強したり、んで、その道の権威にどれからやってみればいいか?聞いてみたりなんて勉強方法が好きみたいですが、けっこう時代遅れだったりします。んで、今って戦略的学習方法がもっとも有力で、いち早く取りかかった方がいい課題だったりします。

  • 【ビジネス】【教育】気づく人と気づかない人の話。

    世の中学歴社会と言うよりは、どちらかと言うと気づく人と気づかない人の間で格差が広がっていて、どんどん差がついていっているような気がします。んで、学校教育の影響からか、気づかない人にも配慮をしなければいけないので、気づく人が逃げ出しちやってる現状なんだと思います。

  • 【メルカリ】【売上】12月度売上報告の話。

    今月はメルカリに特化して売上を強化しました。6月からブログを更新し、アドセンスもやっておりますが、私自身ではメルカリの方が売上を取りやすいことに気づいてしまいましたので、今後もメルカリ中心で売上をとってまいります。

  • 【ビジネス】電話とFAXと名刺の話。

    在職中は現場にいたのでまったく気づかなかったのですが、電話とFAXと名刺って日本の企業文化で諸悪の根源だと思います。んで、職場にメールの環境が整った時点で廃止にすればよかったし、なんか併存して、それに特別な意味を与えてしまったのが、ハンコと同じ末路だと推測しています。

  • 【メンタル】きれいごとの話。

    日本ってけっこうきれいごとを引きずっているのでストレスが溜まるんだと思います。んでなんでそういう事を思うのかというと、ツイッターとかで海外の情報も入手できますし、何よりも日本だけがきれいごとにこだわって、少しおかしくて、かなりズレているという点です。

  • 【ビジネス】自分で自分の事を教育する時代の話。

    人権なんかの話があって法律的に他人の人権は侵害してはならない時代になったと思います。昔だったら大体標準的な人間像があって、それに近づけるように教育者なんかが手助けを行なっていたのですが、それも法律とか人権的に、どちらかと言うと法律や人権の方が優位になってしまった為、あまり厳しいことは言えなくなってしまった時代でもあります。

  • 【ビジネス】学校の先生がいらなくなる話。

    今って教員いじめがあったり、学校が学校でない感じと言いますか、けっこう教育現場自体、崩壊な傾向にあるのだと思います。んで、やっぱ学校の先生がおかしい話もしましたし、んで、やっぱ優秀な人って優秀な所にいっちゃうので、そもそも先生を目指さなかったりします。

  • 【ビジネス】【哲学】元哲学科卒がマルクスを哲学的に解釈する話。

    マルクスってマルクス経済学とか資本論で有名でどちらかと言うと経済学者に分類されたりしますが、多分なんですが、私は哲学者の分類の方が正しいと信じて疑いません。マルクスは哲学者です。多分…。

  • 【ビジネス】思うことと事実の話【主観と客観の話】

    高校卒業後、あんま働きたくなかった際に出会ったのが青木雄二で、青木雄二の話の所でしました。なんかおかしな世の中で、働くことに希望を見いだせない社会って、やっぱおかしかったりします。

カテゴリー一覧
商用